お金の機能をご存じですか?

タグ :  / / December, 03, 2020

記事が良かったらシェアして下さいね♪

お金の3つの機能

こんばんは。川畑です。

ずっと昔はお金は存在していませんでした。
それが不便だったのでお金が生まれたのです。

お金には大きく分けて3つの機能があります。

1つ目は、保存の機能です。

お金を銀行に預けたり、金庫に入れておけば富を蓄えることができます。

2つ目は、交換機能です。

お魚を持っている人がお肉を欲しいと思っても、
お肉を持っている人がお魚を欲しくなければ交換は成立しません。

お金が誕生することで、「お金とお魚」「お金とお肉」などと交換できるようになりました。
お金で決済することができるので決済機能とも呼ばれます。

3つ目は、価値の尺度機能です。

世の中で販売されている物やサービスにはすべて値段がついています。
一般的に値段の高い商品やサービスほど、私たちが感じる値打ちも高くなります。

お金に感情が乗ってしまうと?

そもそも昔のお金は、金や銀で作られていてお金自体にも価値はありました。

ですが、金や銀は重くて持ち運びが大変なのと、
お金を作るのにも資金が必要になるため紙幣が生まれました。
紙幣になると、お金はただの便利なツールなのです。

なのに、私たちはお金に価値を感じています。
お金を落としてしまったら、必死で探しますよね。
また、悔しいと思います。

無駄使いをしてしまった時も後悔します。

それは、お金にあなたの感情が乗ってしまっているからなのです。

なので、お金に負の感情が乗っているとなかなかお金が貯められなかったりします。

投資も同じで、減らしてしまうのを異常に意識してしまうと、
投資にお金を割くことができなくなってしまうのです。
 

お金は大抵の悩み

お金は、「便利なツール」つまり道具なのですが、
あなたの感情が入ってしまうと道具でなくなってしまうのです。

お金という紙切れに対して誰もが感情的な思いがあります。

「お金=成功だったり、お金=悪だったり」

以前、参加したセミナーでこんなことがありました。

「あなたが、成功者と思える人は誰ですか?」

という質問に対して、
孫正義さん、イチローさん、ビル・ゲイツさん
スティーブ・ジョブズさん等が上がりました。

確かに成功者ですし、お金持ちでもありますよね。
成功者=お金持ちという認識は誰もが持っている感情なのでしょう。
大抵の人の悩みには、お金がついて回ることが多いからです。

お金を稼ぐことにブレーキありませんか?

多くの人はもっと稼ぎたい、もっとお金を増やしたい……」
など、お金をもっと欲しいと思っています。

ただ、ほとんどの方が満足できるほどのお金を持っていないのは、
便利な道具としてのお金を正確に捉えていないからです。

道具としてのお金をしっかりと捉えていないとお金を稼ぐことに対して心でブレーキをかけたり、
お金を持っていることについて罪悪感があったりします。

心理セラピスト宮岡真由美さんに伺うと、
お金についてのトラウマは、子どもの頃にできることが多いようです。

例えば、お祭りに行って綿あめを買ったらお母さんに
「無駄遣いをして!」なんて言われたりすると
「お金を使ってはいけない」というトラウマが「無意識の内」にできてしまうそうです。

しかもそれは、潜在意識に刷り込まれていて
自分のブレーキが認識できないケースが多いそうです。

便利な道具として正確に捉えることができていれば、今よりも自由で豊かな生活を送るために投資への足がかりになりますし、稼ぐことへの罪悪感を無くすことができます。

お金へ感情を乗せすぎないように意識してみてはいかがでしょうか?

まとめ

お金のトラウマ、ブロックについてお話ししてきました。
ところが私はそんなブロックがあまりありません。

恵まれていたこともあるのだと思いますが、
比較的に若い頃から便利なツールとしてのお金と捉えることができていました。

私はコーチでもありますので、皆さまへお金の本来の姿が見えるための考え方もお伝えしています。

詳細は次回以降の記事や、無料オンラインスクールでお伝えしますのでご期待くださいね♪

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

2児のお母さんファイナンシャルプランナー 川畑明美

2児のお母さんファイナンシャルプランナー川畑明美です。長期投資で6年で2000万円の資産を作ることができました。普段はファイナンシャルプランナーとして活動しており、お金のプロフェッショナルです。

記事が良かったらシェアして下さいね♪