第2話 資産2000万円と不労所得を得ている実践型ファイナンシャルプランナーの川畑明美さんインタビュー

第2話 資産2000万円と不労所得を得ている実践型ファイナンシャルプランナーの川畑明美さんインタビュー

インタビュー 2018.03.22

娘の願いは可能な限り叶えてあげたい

「ママ!わたし私立中学に行きたい!」と言われたらどうしますか?娘のためにがんばるお母さん!娘の願いは可能な限り叶えてあげたいというのは、日本中のお母さんも同じ気持ちだと思います。でも、うちにはお金の余裕がないから・・・と諦めてしまうのではなく、じゃあどうすればいいのか!を考えると答えはきっと見つかります。それを体現しているのが川畑さんです。

第一話 はこちら

助言してくれる人がいないままの投資信託は大暴落してしまった。

本当に落ち込みましたよ。でも、ここで負けちゃダメですよね。幸いにも私は株の投資信託、主人は債券の投資信託だったんです。債券の投資信託は一旦下落しましたが、割とすぐに元の金額に戻りました。けれど私のインド株式は、ずっと半分以下の価格でした。これはなんでだろう・・・って調べはじめました。

経済の仕組みを調べていくと、なるほど!なるほど!なるほど!一つの銘柄に投資するのはダメで分散投資の重要性も理解できました。そういうことだったんだ!って。調べられるリスクはすべて調べました。投資するにあたる手数料まで1円単位でも。そうして投資を続けていくうちに、資産がゆっくり確実に増えだしたんです。投資は損しないことが一番大切。損しなければ着実に増えます。時には一気に増えますがそれはそれ。おまけみたいなものと考えて、勝つことよりも損しないことを軸に繰り返していきました。

気づいたら6年で資産2000万円!子供が私立中学に通いはじめた現在では3000万円まで資産を増やしています。不労所得までもらえちゃってるんですから自分でも凄いと思っています。いまとなってはお金の悩みはまったくなくなりました。株やFXの短期トレードだと、今年は勝って、来年は負けるなんていうこともあると思いますが、私のやっている投資は「損しないこと」を前提にしているので大勝ちはありませんが、負けはありません。だから、資産はゆっくり確実に増えて行きます。ゆっくり増えるといっても貯金するだけよりは数倍はやく増えて行きますからね。

仕事と投資と家庭をバランス良く!と思っていたんですが、突然会社をクビになっちゃいました。

投資で順調に資産を増やしていって、仕事もそれなりにがんばっていたんですよ。でも、ある日突然お前クビだ!って。小学生になった子供達の学校のお泊まり会でPTAが夕ご飯を作らなきゃいけなかったんです。だから、会社に半休くださいってお願いしたんです。でも、たまたま会社が忙しくなっちゃって、半休できなくて1時間だけ早退させてもらいました。そしたら、翌日「お前クビだ!」って。どなり散らされて、もうこんな会社いたくないなって思いました。でも、あまりにもおかしいので、労働基準局に相談に行きました。もう続ける気はなくなったので会社都合の退職にしてもらい会社勤めを辞めました。

それがいいキッカケになったのかもしれません。投資でも成功していたので金銭的な不安はありませんでした。だから、自分のやってきたことをもっと多くの人に広めていきたいと思いファイナンシャルプランナーの資格を取りました。私が投資をはじめたころは、投資を教えてくれるファイナンシャルプランナーさんが世の中にいなかったので、私は投資を教えられるファイナンシャルプランナーになりたかったし、私にしかできない仕事だと感じました。いまの仕事に誇りを持っています。

娘からの突然の私立中学も、リーマンショックで損したときもそうですし、人生でやばいっ・・・と思った時ほど成長できるチャンスなんですよ。ピンチはチャンス!だから、これからも何か会った時ほどチャンスに変えられるよう努力はしていきたいですね。

投資のキッカケを作ってくれた娘さんは川畑さんの仕事を理解していますか?

娘は4月に高校生になるんですが、まだ反抗期なので、親に反発していて理解しているのかどうかは不明です。でも株主優待には興味があるみたいです。たまたま私が持っている株主優待が10代のファッションブランドなんです。その株主優待で洋服の割引券がもらえるんですが、私はさすがに着れないので娘にあげると喜んでくれてね(笑)そんなその他にも、娘のお年玉も全部投資信託で運用しているのですが、すっごい増えてるんです。娘にちょうだいって言われるんですが、まだあげていません。

投資って、会社を応援して株を買い、その会社が儲かったら、配当をもらう。だから三方良しなんです。ぜひ、世の中のママたちもしっかり勉強して強い家計を作っていって欲しいです。もし、わからないことがあったら私に聞いてくれてもいいですし、投資に強いファイナンシャルプランナーさんに相談してもらってもいいので、お金は苦手!と逃げないできちんと向き合って欲しいです。

そして、投資をする上で一番大切なことは、投資をしていいお金と、現金で持っていないといけないお金をわけて考えること。投資ですから100%はありえません。私のやっている投資信託の積立も損しにくい方法ですが、100%損しないわけじゃないんです。だから、収入がなくなっても半年くらい生活できるくらいの貯金は別に確保して、それ以上のお金で投資に取り組んで欲しいです。


川畑さんにもっと話しを聞きたい方はこちら

プロフィール 川畑 明美

家政学科の短大卒業後、出版社ワールドフォトプレスに11年勤務。結婚・出産後、小規模な出版社を経てパッケージデザイン会社の経理を担当。ふたりの子供を抱えながらもフルタイムで働いている間に、投資信託の積立投資で2000万円の資産を構築する。その後、投資信託を利益確定した現金とボーナスを頭金にしてアパート1棟目を取得する。2013年にファイナンシャルプランナー資格を取得。雑誌、WEBメディアを中心に執筆活動を行う一方、積立投資の選び方と積立設定までをマンツーマンで教える家計のコーチングサービスを展開。

    Sponsored Link

UKANO家計のクリニック 院長 鈴木雅博
この記事のライター UKANO家計のクリニック 院長 鈴木雅博

PICKUP CONTENTS

特集記事