マイナスの時期こそ焦らないで!「時間を味方にして始める投資」

タグ :  / / February, 17, 2020

記事が良かったらシェアして下さいね♪

はじめに

おはようございます。川畑です。

前回は「投資でお金を増やした!」
という話を聞き、私もやってみたい!と思った場合どうすればいいのか。
焦って投資するのではなく、まずは銘柄についてしっかり調べましょうとお伝えしました。

私もやってみたい。そう思うのは当然ですが、
お金を増やした人は、マイナスの時期を我慢して過ごせた人なのです。
でも、「マイナスの時期を我慢したんだよ!」とはワザワザ教えてくれませんよね。

せっかく投資を始めても、マイナスの時期を我慢できなければ意味がありません。

トータルリターンを気にしよう

なぜマイナスの時期を我慢しなければならないのか。
投資とは、時間を味方にして「確実に増やす」ことを目的としているからです。

なので短期的なマイナスは、あまり気にしないことが大切です。
保有している銘柄のトータルでのリターンで考えて欲しいのです。

そして、お金を使う時期に合わせて利益確定した資金を現金化していくことです。
使いたい時に使えるお金になっていることが重要なのです。

まだ、お金を使う予定がないのでしたら、
利益確定した分の資産は、いま安くなっている資産に買い直しましょう。
これをリバランスと言います。

リバランスのコツ

リバランスを行うことはとても大切です。
なぜならリバランスを定期的にすることで、リターンは見違えるほど大きくなるのです。

リバランスのポイントはニュースや投資信託の価格の変化を見て適切なタイミングですることです。

ただしタイミングなど練習しないと難しいのです。
まずは失敗してもいいと思える金額を売却して、練習をしてみてください。

そうして、コツコツ時間をかけて増やしていくことが「確実」で、
10年で資産を2倍にすることなのです。

それを途中でやめずに続けていれば、20年では4倍、
30年では10倍とドンドン増えるのです!

投資信託の中でも30年続いているものは少ないので、
30年間ずっとほったらかしにすることではありせん。
しっかり利益確定やリバランスを行っていきましょう。

投資を続けるには

投資信託を保有し始めたら利益確定やリバランスをしつつ、
10年くらいで2倍にすると思って、あまり利益を期待しない方が上手くいくんです。

なぜなら、期待するほどマイナスになってしまった時に焦ってしまい、
耐えられなくなって売却してしまうことがあるからです。

例えば、仮想通貨がにぎわっていましたが、
急にマイナスになって1日で大損したという話も聞きますよね。
まだまだ、未来が見えない仮想通貨にお金をつぎ込むのは、どうか? と、思うのですが。

現状では、仮想通貨は「投資」とは言い難いと私は思っています。
もちろん怪しいものではありませんが、まだまだ法的な整備もなかなか進んでいないので、
せめて仮想通貨をするのでしたら、つぎ込む資産は無くなってもいいと思える金額にしておいてくださいね。

投資は時間を味方にすることで確実に増やしていけるものです。
マイナスの時期も焦らず我慢してコツコツと続けていきましょう!

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

2児のお母さんファイナンシャルプランナー 川畑明美

2児のお母さんファイナンシャルプランナー川畑明美です。長期投資で6年で2000万円の資産を作ることができました。普段はファイナンシャルプランナーとして活動しており、お金のプロフェッショナルです。

記事が良かったらシェアして下さいね♪