投信でお金を増やしたいのに銘柄が選べない「そんな時は◯◯に注目」

タグ :  / February, 03, 2020

記事が良かったらシェアして下さいね♪

はじめに

おはようございます。川畑です。

私は子どもの頃「おむすびコロリン」という童話が大好きでした。
小さい頃「東京こどもクラブ」という
月に1回届くレコード付の絵本頒布会を取っていて何度も繰り返し聞きました。

きこりのおじいさんが、ネズミの穴の中におむすびを何個も入れ、
お礼として欲しいものをなんでも出してくれる
「打ち出の小づち」をもらうという話です。

投資はおむすびコロリン?

私は、投資は「おむすびコロリン」に似ていると思っています。

気に入った企業に資本を提供して
そのお金で企業が利益を上げることで、
配当金を貰ったり、利益が上がって株価も上がるのです。

投資は、会社も必要な資金を得ることができ革新的な商品やサービスを生むことで
社会一般の人も便利になり、その利益で自分も潤うという皆が豊かになるものなのです。

本当に「打ち出の小づち」を手にできるので
皆さんにも手にして欲しいと想い、投資のはじめかたを教えています。

ただし、大きく利益を得ようとするならば、1点大事なことがあります。
革新的な商品やサービスを生む企業を見つけなければいけないことです。初心者が見つけるのは大変なことです。それに1つの企業に投資を集中してしまうと、その企業の業績が下がった時など、投資した資産が減ってしまう個別リスクもあります。
私はその個別リスクを避けるために、分散して投資をすることをオススメしています。

分散することでなぜリスクを避けられるのかというと、卵(銘柄)を1つのカゴに盛っていると考えてみてください。複数のカゴに分けておくと、カゴをひとつ落としてしまっても他のカゴの卵には影響が出ず、被害を避けることができますよね。投資もそれと同じなんです。

もし自分で見つけられない人は?

もし自分で何ヵ所も見つけられないよという人は、「日経平均株価」と「NYダウ」という数値に注目してみましょう。

日本国内であれば「日経平均株価」という、日本を代表する225もの会社の株価に合わせて動く数値があるんです。この数値に対応する銘柄に投資するだけで、ソニー、パナソニック、セブン&アイ、イオン、JR、トヨタ、キッコーマン、日本ハムなど有名企業225社の株を間接的に手にできるんです。

海外であれば「NYダウ」という、アメリカの代表的な30社に合わせて動く数値があります。この数値にはウォルト・ディズニー・カンパニー、マイクロソフト、apple、ナイキ、アメリカンエキスプレス、VISA、マクドナルド、など誰もが名前を聞いたことがある会社が含まれています。NYダウに連動する投資信託を購入すれば、このような世界的に有名な企業30社の株を間接的に保有することになります。

それぞれに対応した投資信託1つに投資するだけで有名企業に分散投資することができるんです!
あなたが投資をしたお金で、世界のみんなが革新的なサービスや商品が手に入るお手伝いをするワケです。そう考えると、投資ってワクワクしませんか?

おわりに

投資は、みなさんが想像している以上にとっても楽しいコトなんです!

株式投資だと何十万円も必要になってしまいますが、投資信託なら月3000円程度でスタートもできます。あなたもぜひ始めてください。
一緒に打ち出の小づちを手にしましょう!

詳しくは無料オンラインスクールで解説していますので、ぜひご覧ください♪

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

2児のお母さんファイナンシャルプランナー 川畑明美

2児のお母さんファイナンシャルプランナー川畑明美です。長期投資で6年で2000万円の資産を作ることができました。普段はファイナンシャルプランナーとして活動しており、お金のプロフェッショナルです。

記事が良かったらシェアして下さいね♪