一度決めたルール変えてない?「優柔不断な投資は最も危険!」

タグ :  / / January, 27, 2020

記事が良かったらシェアして下さいね♪

3年で100万円くらいの利益が出ました

おはようございます。川畑です。

2014年1月から始まったNISA口座。
2015年2016年と積立投資信託と株式投資、
ETF(株のように上場していて時価で買える投資信託)で運用をしてきました。

投資信託も株式投資も非常に利益が出ていました。
2017年は、自己資金をほとんど入れなくても
「利益確定」した資金でNISA口座での限度額120万円近くで再投資できました。

つまり、3年間で利益が100万円くらいあったのです!
かなりリターンは高いですね。

私の投資のベースは積立投資信託ですが、株式投資も取り入れると、
資産を増やすスピードが上がります。
ただし、株は「リスクの高い」金融商品ですから
株に投入している資金の割合は、資産の10%以下です。

投資をする上で大事なこと

投資を始めたら、儲かるか・損するか、この2つに1つしかありません。

投資をするということは、
自分自身で投資に、全面的な責任も利益も損失も負うということです。
誰もあなたの損失を肩代わりしてくれないからです。

損失を避けるには、自分のルールを崩さないこと。

もしも、自分のルールが確立されていなかったら誰かのマネをしてもいいのですが
マネするのでしたら、徹底的にマネすること。

どんな投資方法でも、ずっと増え続けることはあり得ません。
投資は、価格が上がったり・下がったりするものですから
保有している間は、ルールを守ることです。

なので投資で一番良くないのは「優柔不断」なこと。
一度決めたことを覆すのは、最も悪い手です。

売却のルールも決めよう

まずは慣れるためにも1.1倍くらいになったら売却するなどご自身のルールを決めるといいです。
私は2倍になったら売却すると決めています。

独自の探し方で見つけるのですが時期によっては、1?2年で売却できています。
2倍で売却しますが過去に売却した銘柄を見たところ、
私が購入した価格よりも約5倍になっていたこともあります。
ルール通りに売却していますが少し待った方がよかったかな?
なんて思ったりもしますが(笑)

あまり注目されていない銘柄なので投資関連の情報にも載りません。
まだ注目されていない銘柄を見つけるのは割と楽しいです。

まとめ

誰かのマネでも自分でルールを確立できたとしても、共通することは「ルールを崩さない」ことです。
まだ、自分のルールが決まっていない人は信用できそうだなという方の手法をまずはマネするところから始めると近道ですよ。
学校の勉強も最初は先生のマネから始めましたよね。
そして投資は全て自己責任ということも忘れないでくださいね♪

私は二児のお母さんファイナンシャルプランナーとして、無料のオンラインスクールを開校しています。
スクールの中で私の投資方法も解説していますので、よかったらルール作りの参考にされてくださいね。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

2児のお母さんファイナンシャルプランナー 川畑明美

2児のお母さんファイナンシャルプランナー川畑明美です。長期投資で6年で2000万円の資産を作ることができました。普段はファイナンシャルプランナーとして活動しており、お金のプロフェッショナルです。

記事が良かったらシェアして下さいね♪