銀行預金が危ない?「早く行動して資産を守ろう!」

銀行預金が危ない?「早く行動して資産を守ろう!」

2019.10.28

おはようございます。川畑です。

日銀は、マイナス金利を導入した時に
個人の預金は、マイナスにならないと説明していました。

預金がマイナスになる?

その当時
「マイナス金利を導入すると、銀行の経営が悪化するので、
手数料が高くなる可能性はある」と考えていました。

銀行の手数料が高くなれば、金利面ではマイナスに
ならなくても
預金者にとっては、実質的にはマイナスですよね。

それが、いよいよ現実になるかもしれません。

口座維持手数料の検討?!

最近「口座維持手数料」を検討する報道を
ニュースや記事で見ることがあります。

「日銀が追加緩和を打ち出した場合、
これ以上緩和されると銀行側の経営が圧迫されるため、
通常の預金口座にも維持するための手数料が導入されるのではないか」
という話しです。

そうなると、銀行に預けるだけで
お金が目減りしていってしまいます。

だから、銀行に預金しないで、タンス預金が
いいということでは、ありませんよ?

現金を持っていると、盗難や火災など危険性があります。

預金以外にできること

では、どうしたらいいのか?

預金だけでは、お金が目減りしてしまうので
投資を取り入れ、リターンを上げるしかありません。

また、銀行預金だけでなく国債など
安全性の高い債券に資金を移動させる必要もあります。

債券は、保有していても管理料はありませんので!

ただし、債券だけではリターンが少ないので
株式に連動する金融商品も保有しないと

資産が目減りするということです。

具体的には、株式を保有するのか
株に連動する投資信託を保有することです。

保有資産をトータルで考えることが
これから先、重要になってきます。

これから先どうすればいいのか

口座維持管理料が必要になったとしても

銀行口座ナシでは、生活はできません。

銀行は、大リストラを進めて
経費削減の努力はしていますが

それでも「手数料」に着手しないと
経営が成り立たないかもしれません。

制度が決まってから、動くのでは遅すぎます。

早く行動することで、
お金はちゃんと増えてくれます。

まだ日銀が政策を打ち出すかどうか決まったわけではありませんが、
今の内からニュースなど気にしておくと、より早く行動することができますよ♪
毎朝の通勤時間や、家事のひと段落したタイミングなど
ニュースのチェックをするようにしてみましょう!

ここまでお読みいただきありがとうございました。

    Sponsored Link

2児のお母さんファイナンシャルプランナー 川畑明美
この記事のライター 2児のお母さんファイナンシャルプランナー 川畑明美
2児のお母さんで6年で2000万円もの資産を作った川畑明美さんです。普段はファイナンシャルプランナーとして活動しており、お金のプロフェッショナル。

家計を強くするには3つの方法しかありません。

1,支出を減らす 2,収入を増やす 3,投資する

投資するには↓

関連キーワード