第2話 命を削って挑んだ特許翻訳。3億円の融資への架け橋になりました。星野陽子さん・インタビュー

July, 11, 2018

記事が良かったらシェアして下さいね♪

見事にライフワークを手に入れることができた星野さん。しかし待っていたのは、まともに寝ることも許されない毎日でした。ですが努力は実るもの。自分の不動産を所有することに繋がりました。子どものために命を賭けるお母さん、ぜひ見習いたいです。

ライフワークを見つけたのに、なんで不動産投資を始めたのですか?

フリーの特許翻訳者になってそれなりに稼ぐことができましたが、仕事の依頼を断ると次の仕事がもらえなくなるかも?と恐れて、限界まで引き受けていました。当時は徹夜で仕事をすることもしょっちゅうで、起きている間はずっと仕事をしていて、気がついたらパソコンの前で椅子で寝ていたり、椅子から滑り落ちて床で寝ていたりという感じ。「命を削っているかも」と思うぐらいでした。翻訳でそれなりを稼ぐには、時間を犠牲にしてやるしかなかったんです。そんなこともあり、「不労所得」を考えるようになりました。義理の父に教えてもらった不動産のことはずっと頭の片隅にあったんですね。お金はある程度貯まってきていたので、「今ならできるんじゃないかな?」と思いました。

最初の不動産は、株の投資を教えてくれた「株の師匠」が薦めてくれた区分のワンルーム。現金で440万円で購入しました。6年間所有して、465万円で売却できたんです。所有期間の家賃収入が約450万円でしたので、単純に倍になりました。毎月約5万円が労働無しに入ってくるのは嬉しかったです。家賃収入はいいな!と実感し、2008年にはマンション1棟を3億1千万円で、2010年にはマンション1棟を3億円で銀行の融資を使ってフルローンで購入しました。

でも融資は簡単ではなかったんですよ。自分ひとりで銀行に行ったときは門前払いでした。2年ぐらいうまくいかなくて心が折れそうだったとき、ある方にアドバイザーになってもらいました。私は「シングルマザーでも融資をしてもらえますか」と聞いてしまっていましたが「翻訳の仕事を法人でやっている経営者という面をきちんと伝えるべき」とアドバイスをしていただいてくれました。銀行に持っていく資料も作りこみました。そのおかげで、銀行の方からは、「星野さん。私たちは数字で判断しますから。シングルマザーとかそういうのではないのですよ」と言っていただき、融資に繋がりました。時間がかかってしまいましたが、諦めなくて本当によかったです。

もし、主婦やパートの方が不動産投資を始めたい場合、何から始めたらいいですか?

まずは不動産投資の勉強。不動産の世界は戦場のように怖いところがあるので、知識で武装して欲しいですね。

それからお金。「キャッシュ・イズ・キング」と言われていたりしますが、やはり現金をたくさん持っていると強いので貯金をがんばるといいかと思います。

銀行からお金を借りて不動産投資を始めようとする場合は、ご家族などの資産、資金、連帯保証などといった協力がないと、不可能ではありませんが、主婦やパートの方ですとちょっと厳しいかもしれませんね。

そうすると現金で買えるものになるかもしれませんが、築古の戸建物件を安易に買ってしまうと、シロアリや水漏れなどで、大きな修繕費が必要になってくる場合もあります。横浜市の住宅を売ろうとした人が大手不動産会社から売却を断られたという記事を先日読みました。横浜みたいなところでも空き家が多く物件が売れないという話はショックでした。売却ができないという最悪の事態も考えなくてはならないですね。

今は少々高いかもしれませんが、立地の良い中古ワンルームを買う方が出口といって売る時のことを考えると安全かもしれません。

また節税になると言われて会社の設立をする方もいらっしゃいますが、こちらも安易にしない方がいいと思います。もちろん、築古戸建や法人設立がよくないと言っているわけではありません。出口まで考えずに安易に取り組むのは、やめた方がいいと思います。

次回へ続く

前回はこちら


星野陽子 プロフィール

著者。特許翻訳者。ユダヤ人富豪の義父に学び、自らも6億円の不動産資産を築いた不動産投資家という顔も持つ。東京都出身。外資系メーカー、シティバンク勤務を経て、イスラエル国籍のユダヤ人と結婚。子ども二人に恵まれるも離婚。在宅で翻訳の仕事をフリーランスとしてしながら、シングルマザーとして子ども達を育てた。東欧からの移民の子で、14歳から働き、資産ゼロから財産を築いたユダヤ人の義父からは不動産投資を学び、投資物件(6億円)などの資産を築いた。

星野陽子さん公式サイト「星野陽子オフィシャルサイト」はこちら!

マネサロ オンラインサロンはこちら!

星野陽子さんのFacebookはこちら!

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

記事が良かったらシェアして下さいね♪