無理せず節約してしっかり貯金!続ける為のポイントやコツは?

無理せず節約してしっかり貯金!続ける為のポイントやコツは?

家計の知恵 2019.01.17

食費以外にも節約できることが多い

なかなかお金が貯まらないから食費を切り詰めて節約をしよう、という方は少なくありませんが、実は食費以外にも節約出来るポイントはたくさんあります。食費以外にも節約出来るポイントや、貯金をする為に大切な節約のコツをご紹介します。

節約で貯金した後の目的をはっきりさせよう

節約を成功させる為には、はっきりとした目的を作る事が大切です。何と無く節約を始めると、何と無くしかお金が貯まりませんので、どうしてお金を貯めるのか、目的を明確にしましょう。例えば、このような目的を作るとお金が貯まりやすくなります。

車やマイホームの購入のため

車やマイホーム購入など、必要なものを買う目的で貯金をすると、月々いくら貯めるべきなのかわかりやすくなります。考えなしにただ節約をしてしまうと、中々続けるのが難しいです。何かを買うために節約をするとなると、計画的にお金を使うようになりますので、お金を使うこと自体にもポジティブな感情が持てるようになるのが魅力です。

購入する物は車やマイホームに限らず、家電や家具代などでも構いません。自分が本当に欲しいと思う、ある程度大きな買い物商品を目的にすることで、節約が楽しくなります。目的達成のために節約をしても苦じゃ無いと思えるような物を目標にすることで、節約を続けやすくなるでしょう。

子どもの教育資金のために

将来子供を欲しいと言う方は、お子さんのために貯金をするというのもおすすめです。子供はどうしてもお金がかかりますので、お子さんを満足な環境で育てたいという方こそ、きちんと貯金をすると良いでしょう。

例えば、食費やおむつ代、オモチャ代などの普段利用する物だけでは無く、習い事や塾、病院代に、進学などにもお金がかかります。私学にいく場合は特にお金がかかりますので、ある程度の教育資金を貯蓄しないと苦労するでしょう。

お子さんによって学生時代に部活動を行う場合もありますが、部活動によっては年間数十万円単位でお金がかかる場合もあります。運動部でも文化部でも必要となる用具を揃えるのにお金がかかりますので、初期費用も考えないといけません。その他、修学旅行などのイベントもありますので、お子さんの教育資金は多めに貯蓄する必要があるでしょう。定期積み立てなどを利用すると、よりお得に貯蓄が出来ます。

家族と楽しむ旅行のため

旅行のために節約をするとなると、家族一丸となって頑張れます。多少窮屈な思いをしても、その分旅行でパーッと楽しめますので、家族皆で節約をする為には最適です。旅行の場所によってもかかるお金は変わりますので、家族皆の意見を集めて、どこに行きたいか考えるようにしましょう。

レジャーでお金を使う際には、節約をしてはいけません。使う時にしっかりと使わないと節約の苦しみが言えませんので、使う時には遠慮無く使いましょう。もちろん使う金額は事前に決めておき、その分貯蓄しておくことが大切です。

自分たちの老後資金に

経済状況が何かと安定しないからこそ、老後の生活に対する不安を抱えている方は少なくありません。シニア世代になってから後悔する事が無いように、老後資金目的で貯蓄をしておくことも大切です。

老後資金を貯蓄する際には、定年退職を迎えるタイミングから逆算して貯蓄を始めるといいでしょう。老後に全く働かなくなっても安心出来る程の蓄えがあれば一番ですので、平均寿命を85歳前後と考えて、必要になる資金を逆算してみて下さい。この時、年金を加えないで計算をしておくと、余裕を持って貯蓄出来るでしょう。

貯金のためにはまず固定費の見直しを

貯金をするためにはまず支出を見直す所から始めましょう。最も節約出来るポイントとして挙げられるのが固定費です。固定費を見直す事で月々数万円単位で節約出来る場合もありますので、まずはこれらの固定費をチェックすると良いでしょう。

スマホ代に1人あたり8,000円以上

docomoなどキャリアのプランによるスマホは、月々平均8,000円が相場です。ですが、格安simを利用する事で、月々の固定費を半額以下にすることができます。格安simでも問題無く使えますので、特にこだわりが無いという方はこちらの固定費から見直すといいでしょう。

格安sim取扱ショップは数多くあります。大抵のお店が安心出来るお店ですが、ショップによってはいかがわしい所もありますので、安心して利用出来るお店かどうか事前に情報収集する事が大切です。

キャリアプランのスマホ 格安simを使ったスマホ
安くとも月々8千円前後 月々4千円前後

(半額近くお得!)

家賃や住宅ローンなどの住居にかかる費用

家賃や住宅ローンを見直す事も固定費節約に繋がります。家賃であればより安いところを選ぶのがポイントです。今より少し狭くなるけれどその分安くなる、駅から少しだけ遠くなるけれど安くなる、というように、どこかを妥協すれば家賃が大幅に変わります。その分自転車などを購入しても、結果プラスになるケースが多い為、今住んでいる場所は節約に適して居るかどうか見直してみましょう。また、住宅ローンは借り換えによって月額金額を減らすことができます。

生活に負担をかけず、貯蓄出来る余裕を作る為には、家賃は手取りの4分の1以下が目安です。手取り20万〜40万であれば家賃は5万〜10万、手取り40万〜50万であれば10万〜12.5万が妥当ですので、収入に合わせて住むところを変えると良いでしょう。また、住宅ローンの場合は、平均9万以下、月収の2割ぐらいが妥当ですので、定期的にプラン見直しを行う事が大切です。

家賃見直しで節約出来る相場価格 保険料見直しで節約出来る相場価格
月々1~3万円前後 月々千円~4千円程度

自動車の必要性

自動車は保有しているだけで、自動車税や管理費、駐車場代や自動車保険など、様々な固定費がかかります。本当に自動車を保有する必要があるかどうか考え、必要が無ければ手放してしまうのも1つの手です。

たまに車を使う程度であれば車を手放してしまい、使うときはレンタカーやシェアカーを利用するなど方法があります。週に一度乗るか乗らないか程度であれば特に、固定費を考えると車は必要ないでしょう。車を手放すだけで数万円単位の節約になります。

掛けている保険

意外とかかっている固定費としてあげられるのが保険料です。月々の保険料は適切かどうか、保証内容と保険料が見合っているかどうかチェックを行い、定期的にプランの見直しを行いましょう。

保険をいくつか契約している場合は特に、保証内容が被っている事も多いため、保険そのものを解約してしまった方が賢明です。いくつかの保険を契約するよりも、1つの保険で全て賄っているようなタイプがあれば、保険を1つにまとめてしまった方が結果としてお得になるでしょう。

保険料見直し前 保険料見直し後(1つにまとめる)
月々6千円~1万円程度 月々2千円~8千円程度

主婦が実践できる節約術は

日頃の支出を見直す事はもちろん、日々の生活にちょっとした節約術を取り入れるだけでも、節約が捗ります。主婦が実践できる節約術にはどんな物があるか、おすすめ節約術をご紹介します。

キッチン道具は必要最低限に

キッチンにあれもこれもと調理器具があっても、全てを使っているご家庭はほとんどありません。鍋、フライパン、圧力鍋、土鍋のみと調理器具をシンプルにすることで、見た目がすっきりすると共に、お金の節約、スペースの節約にも繋がります。

ルクルーゼなど、高級なお鍋を1つ持っていると、高級なお鍋だけで満足出来てしまうため、余分な調理器具を購入する気持ちが無くなるでしょう。初期投資をした結果、大幅な節約に繋がりますので、最初に調理器具を揃える段階で良い物を買ってしまうというのも1つの手です。良い調理器具はほとんど買い換える必要もありませんので、結果として節約に繋がります。

1週間分のレシピをまとめて考えて材料を購入

安いときに食材を買いだめするという方もいますが、食材を使い切れずに捨ててしまうのではそれこそ無駄遣いです。必要な食材だけを買えるように。一週間分のレシピをまとめて考えてから材料を購入すると、無駄遣いを減らせます。レシピを考えたら必要に応じて作り置きをしておくことで、時短にも役立つでしょう。

食費を節約するためには、外食を切り詰めることもポイントです。外食をさせないようにお弁当を作ることで、大幅な節約になります。毎日お弁当は大変というようであれば、おにぎりなどの簡単な料理や、週に一度はコンビニ弁当にするなど、無理の無い範囲で構いません。少しでも変えることが、結果として節約に繋がります。

日用品はネット通販

重くてかさばるものが多い日用品は、ネット通販を利用する、買い物の労力を省くことも出来ます。もちろん労力を節約するだけではなく、ネットであれば最安値を一発検索も可能ですので、よりお得に購入できるお店を使えるでしょう。送料無料やまとめ買いをうまく使うことで、よりお得に節約が可能です。

例えば、トイレットペーパーや箱ティッシュなどのかさばる日用品を始め、洗剤などの重さがある日用品も、ネット通販を利用すると手軽です。リアルショップよりも定価が安いお店も多く、まとめ買いをすると更に割引してもらえる日用品もありますので、定期的に購入しないといけない日用品は、ネットショップの利用が良いでしょう。

クレジットカードのポイントをうまく使う

クレジットカードは上手に使えば節約の強い味方になります。支払いでポイントが貯まり、ポイントでお買い物が出来るクレジットカードや、クレジットカードを持っているだけで割引して貰える等、特典がついているカードも多いですので、必要に応じて利用すると良いでしょう。

ただし、クレジットカードは手元のお金が減らないため、計算して使わないと予想以上の出費が出る場合もあります。現金が手元に残っているとつい勘違いしてしまいますが、クレジットカードの支払いは翌月に加算されますので、次の月の生活がカツカツになる可能性があるでしょう。お得なポイントばかり見ていると大変な事態に繋がり兼ねませんので、クレジットカードを使う際にはきちんと計算して使う事を忘れてはいけません。

モノを長く使う

物を買い換えずに出来るだけ長く使うことも、大切な節約ポイントです。特に洋服の場合、流行に流されるデザインや素材が悪い物ですと、どうしても買い換える必要がありますので出費がかさみます。

品質が良い定番スタイルのものであれば、何年着ても着崩れることなくオシャレに着られますので、節約する為にはファッションの見直しから行いましょう。流行の物を着たい場合はプチプラアイテムを、定番ファッションは多少お金がかかっても質の良いアイテムを選ぶ事で、結果として節約になります。

ファッションに限らずに、品質が良い物を購入し、大切に使うことは節約の上で重要です。家具や家電など、最初の段階で質が良い物を買ってしまえば買い換える必要もほとんどありません。節約をする為には、あらゆる物を大切に使うクセを身につけましょう。

収入アップの方法も考える

支出の見直しがこれ以上出来ないと言う場合は、収入の見直し、収入アップの方法も考えるようにしましょう。収入をアップさせるためには、このような方法があります。

不用品はフリマやネットオークションなどで販売する

近年人気なのが、家の中のいらないものをフリマやネットオークションなどで売って、収入を得る方法です。いらないものはいつまでも置いておいてもしょうがありません。スペースの無駄にもなりますので、断捨離してスッキリさせると良いでしょう。

ただしこちらは、大きな儲けを期待してはいけません。販売する商品によっても異なりますが、基本は、数百円~数千円程度の儲けの程度になればラッキーくらいの気持ちで臨むことが大切です。

短期バイトや副業を始める

コンスタントに外に働きに出られないという場合は、短期バイトをするのもおすすめです。1日だけ、今日空いている人募集というように、自分が働きたい時だけ働けるバイトはかなりありますので、急遽予定が空いたからバイトをしよう、と思った時にもおすすめです。

また、副業を始めるというのも収入アップにピッタリ。在宅ワークや、スキマ時間でできるアンケートモニターなどの副業も豊富ですので、ちょっとした副収入を得たい時にピッタリと言えるでしょう。

ただし、こちらも大きな額を稼ぐのでは無く、あくまでお小遣い程度になる事がほとんどです。働く日数などにもよりますが、気ままに数日働くだけとなると、そこまでの収入は得られないでしょう。ちょっとしたお小遣いが欲しいと言う方にはピッタリの仕事です。

投資も選択肢の一つ

副収入を得る方法の1つに、FXや株式投資などの、投資を行う方法があります。投資には色々と種類がありますので、自分に合っている方法を行えば、収入につながる可能性もあります。

ただし、確実に稼げる方法かというと、残念ながらそんな事はありません。元金の保障がなく、失敗すると自己破産に追い込まれる事もあるため、資産運用をする際には十分注意が必要です。上手に利用するためには知識が必要ですので、ある程度は勉強出来る時間があるという方だけ、チャレンジした方がいいでしょう。

趣味を活かす

趣味を生かして副収入を得るというのも1つの方法です。手芸が趣味であれば、ハンドメイド作品を販売したり、料理が趣味であれば小規模の料理教室を開いたりなど、趣味を生かして収入を作る方法もあります。ある程度の技術が必要となりますが、楽しみながら副収入をゲットできるでしょう。

節約に対する考え方も変えよう

節約=辛い物と考える方もいますが、決してそんなことはありません。節約は考え方を変えればとっても楽しく続けられますので、まずは節約に対する考え方を変えることから始めましょう。

節約は我慢ではなく習慣にする

節約=我慢と思っている方もいますが、我慢と考えるとストレスを溜めることになってしまいますので、我慢と考えてはいけません。節約が習慣になれば、それが当たり前の事として定着しますので、気持ちの負担が少なくなります。

もちろん、過度な節約は体に毒です。無理をしすぎると続けられなくなる原因にもなりますので、無理の無い程度で出来る節約プランを練りましょう。

上手なお金の扱い方をしている感覚で

節約=ケチと言う事では無く、節約は上手なお金の使い方をしているという感覚で行う事が大切です。お金は使い始めるといくらでも使えてしまいますので、余分な出費をしないために、賢いお金の使い方をしていると考えましょう。

お金を大切に扱うことで、物を大切にする気持ち、良い物を買って長く使う気持ちが芽生えます。節約をすることでお金が貯まるだけでは無く、人生において大切にするべきことを学ぶきっかけにもなるでしょう。

節約すれば貯蓄はできる

節約を上手にすれば、お金は必ず貯蓄出来ます。ちょっとしたコツを抑えるだけでも年間数十万円単位で節約出来るケースもありますので、確実に節約をしたいという方は、色々と見直しをしてみると良いでしょう。

節約はその場限りでは無く、続けることが大切です。節約を続ける為には明確な目的を設定して、何と無く節約をする環境を無くすようにしましょう。節約を楽しみながら行うために、考え方を変えることも大切です。

また、節約には限界がありますので、収入をアップさせる方法も合わせて行うといいでしょう。微々たる収入アップでも、塵も積もれば山となります。自分に出来る収入アップ方法にチャレンジして、楽しく貯蓄をしてみて下さい。

    Sponsored Link

アバター
この記事のライター UKANO 編集部
  

家計を強くするには3つの方法しかありません。

1,支出を減らす 2,収入を増やす 3,投資する

投資するには↓

PICKUP CONTENTS

特集記事