電子マネーWAONの使用範囲が増加中|イオンで賢く貯める方法とは

電子マネーWAONの使用範囲が増加中|イオンで賢く貯める方法とは

家計の知恵 2018.11.20

WAONの利用可能範囲が広がってきている

電子マネーであるWAON、イオングループが提供しているため、イオングループに所属する各店舗やコンビニ、ドラッグストアなどで使えます。
近年その利用範囲や提携カードが増えつつあり、今までよりもっとお得にWAONを使うことができるようになりました。どんな特徴があるのか、利用範囲はどのくらいかを押さえて、賢くWAONを使うための情報を丸ごとお届けします。

WAONの特長

まずは、WAONの特徴を知っていきましょう。

イオングループの電子マネーWAON

そもそもWAONは、イオングループの各店舗や各種コンビニ、ドラッグストアなど、全国約40万8,000カ所で使える電子マネーです。プリペイド式のカードなので、最初の上限金額は2万円まで、上限金額を変更しても5万円までと、基本的に高額な買い物をするためのカードではありません。
小銭を使用する手間を省き、日々の買い物をよりスピーディーにするという目的で使うカードです。またカード自体は無記名式でも使えるため、年齢を問わず使えるのもポイントです。
またカードも「ご当地WAON」というものが発行されており、これを使うと利用額の一部が大正の自治体の独自の基金に対し、自動的に募金できるようになっています。普段の生活だけではなく、地方貢献もできる生活密着型の電子マネーです。
【参考:https://www.waon.net/

チャージすれば使える

WAONカードは、チャージすることで、実店舗やネットショッピングなどで支払いに使えます。使用可能店舗はWAON加盟店。イオンのグループ内だけでなく、マクドナルドやビックカメラ、ファミリーマート等ジャンル問わず幅広く利用できる点が特徴です。
吉野家やドミノ・ピザ、CoCo壱番屋のような飲食店、ヤマト運輸、コスモ石油、ドラッグストアなども利用可能店舗です。基本的に生活の中でよく利用する人が多いような店では、ほとんど使えるといってよいでしょう。
近年は個人単位で商品を出品することも増えましたから、ヤマト運輸への支払いがワンタッチでできて小銭が残らないのは嬉しいポイントです。

多様なチャージ方法

現金をチャージして使うタイプのWAONカードには、4種類のチャージ方法があります。WAONチャージャー、WAON加盟店の店頭、WAONステーション、イオン銀行ATMの4種類です。使いやすいチャージ方法を選ぶことで、うっかりチャージ金額が足りなかった、なんてことも防げます。
まず、WAONチャージャーでは現金チャージとクレジットチャージに対応しています。WAON加盟店の店頭では、現金チャージとオートチャージが可能です。WAONステーションではクレジットチャージとポイントチャージという風にチャージ方法によって出来ることが微妙に異なる点に注意しましょう。
またWAONステーションでこれまで貯めたポイントを受け取っても、そのままでは支払いに使えません。ポイントチャージを忘れないようにしましょう。

WAONポイントがたまる

200円で1WAONポイントがたまります。100ポイント以上で1P=1円としてWAONにチャージ可能です。イオン系列店や公共料金、サービス、リサイクルなどの際に貯めることができます。
イオン系列店ではポイントがお得に付与される商品を販売していることもあるため、必要なものであればポイントが多いものを優先すると、より貯まりやすくなります。
ただしJMB WAONの場合は、マイルは貯まりますがWAONポイントは貯まりません。マイルを目的とする人は、こちらを使うとWAON加盟店でスムーズにお買い物ができてマイルも貯められるので、選択肢として選ぶのもありでしょう。

イオン系列のお店でWAONの支払いでサービスがある

イオンショッピングセンターやマックスバリュなど、WAONで支払い可能なお店の中にはポイントがお得になる日が1カ月につきおよそ6日間あります。
毎月20日と30日は5%オフ、イオンカードセレクトではイオン系列店での利用はポイント2倍になります。さらに毎月15日はG.G感謝デーで5%かつポイント2倍と、WAONを使って支払うことで現金での支払いより一層お得になります。
また毎月10日はありが10デーと称して、ポイントが5倍貯まります。またイオン直営売場であれば、毎週火曜日にWAONトクトクポイントとして、合計3,000円以上のお買い物で100WAONポイントがプレゼントされます。

WAONが使える提携カードは多い。

発行手数料300円が必要でポイントがたまるKASUMI WAONや近畿日本ツーリストWAON、発行手数料が無料なクロネコメンバーズWAONやイオンライフ WAONなどがあります。
提携カードによってたとえばオートチャージやクレジットチャージができたり、クレジットカード機能も同時に使えたりと、できることが違うので、自分が求める機能を持っているカードを発行するようにしましょう。

WAONポイントを賢く貯めよう

WAONポイントは1ポイント=1円で使えるため、たくさん貯めればその分よりお得に買い物ができます。でもわざわざポイントのために買い物するのはナンセンス、賢くためていきましょう。

ポイントが特別にたまる日がある

支払いサービスとして、毎月10日はWAONポイント5倍、5のつく日はポイント2倍になる。また、火曜市で3,000円以上使うと100ポイントのボーナスポイントが付きます。毎週土日に行われるタッチでWAONポイントでポイントがもらえます。
これらを組み合わせると、ポイントがどんどん倍増します。ただし店舗によっては実施されていないケースもあります。最近ではLINEなどでポイント倍増の日を前日にお知らせしてくれるイオンのアカウントもあるため、近くの店舗をお友達登録しておくと便利です。

ボーナスポイント対象商品を購入する

対象商品を購入するごとに、特別なポイントをもらえるサービスです。対象商品は毎月変わり、さらに1カ月の中でも期間限定でポイントボーナスがつく商品もあります。自分が欲しい商品や、日持ちがして保存できる商品を購入すると、無駄がありません。
なお対象カードは4種類でWAON POINTカード・電子マネーWAONカード・イオンカード・JMB WAONカードです。JMB WAONカードの場合は、ポイントの二分の一のマイルが付与されます。
【参考:http://chirashi.otoku.aeonsquare.net/pc/chirashi/bp/index.html

イオン銀行とイオンカードセレクトの組み合わせでためる

イオン銀行口座を持っていて、イオンで買い物をする回数が多い人におすすめの組み合わせです。イオンカードセレクトとは、クレジット機能が付いたイオン銀行のキャッシュカードで、年会費も無料です、さらに公共料金の支払いで利用すると5WAONポイントたまります。
また給与口座の指定で10WAONポイントがたまり、電子マネーWAON機能も付いているカードなので、イオンカードセレクトを通してチャージすることで、常にチャージの際のポイントが2倍になります。通常のチャージだとポイントが入らないことを考えると、イオン銀行を持っている人はイオンカードセレクトを使うと非常にお得になります。

イオン銀行ポイントクラブという会員用プログラムを利用しよう

また、半年間のイオンカード利用額とWAON利用額でランクが決まる、イオン銀行ポイントクラブというサービスがあります。3ランクあり、銀行商品やサービスの利用でポイントが付与されます。ランクが高いほどに付与ポイントもアップするため、WAONカードをよく使うならイオン銀行に公共料金振替などを集中させた方がお得でしょう。
また、5のつく日にチャージするとWAONポイントプレゼント率がアップします。ステージ3の場合、5のつく日にオートジャージで2,000円分使用すると、ポイントプレゼント率が3倍となり、30ポイントもプレゼントされます。

WAON使ってさらにポイントを貯めよう

日常生活で使いやすいWAONカード、ポイントを貯められる場面はたくさんあります。またイオンは全国規模で店舗があるため、引っ越しをしてもまた使えるのが心強いですね。イオンユーザーならぜひ、WAONを使ってより効率よくポイントを溜めていきましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事