エポスカードに年会費はかかるのか|サービス内容も詳しく紹介

エポスカードに年会費はかかるのか|サービス内容も詳しく紹介

カード 2018.11.20

エポスカードにはサービスがいっぱい

エポスカードは、大変特典の多いクレカとして知られています。その便利さゆえに、よく使用している人も多いのではないでしょうか。このページでは、エポスカードの年会費から受けられるサービス、プラチナとゴールドカードについて取り上げていきましょう。

エポスカードの年会費はいくら

まずは、エポスカードの年会費についてみていきましょう。クレジットカードには年会費がかかるものとそうではないものがあります。エポスカードはどちらなのでしょうか。また、通常のカードだけではなく、ゴールドカードとプラチナカードの年会費についても併せてご紹介します。

エポスカードvisaは年会費が無料

通常のエポスカードであれば、年会費は一切かかりません。他のクレジットカードは、年会費がかかるケースもありますが、エポスカードは無料です。
「ピエリ守山エポスカード」、「ニットーモール エポスカード」、「tiara21エポスカード」など、さまざまな商業施設とのコラボアイテムも同様です。しかし、障がい者アーティストによる「パラリンアートデザインカード」などは、別途発行料500円がかかることもあります。
また、通常カードは、他の種類とは異なり、WEB、アプリ、店頭など、さまざまな申し込み方法が可能です。申し込みを完了すれば、2,000円相当のクーポンがもらえるでしょう。
アプリでの申し込みは、免許証を撮影することにより、個人情報を入力する手間が省けます。「今すぐにほしい」という人は、即日発行にも対応。もちろんカードは、作ったその日から利用可能です。

ゴールドカードは年会費が5,000円

ノーマルなエポスカードよりもワンランク上のゴールドカードは、年会費が別途5,000円かかります。しかし、年間ご利用金額50万円以上あれば、翌年以降は無料になりますので、安心です。
また、エポスからインビテーション(招待)が来たときに手続きすれば、年間ご利用金額50万円以上という制限がなくても、年会費はかかりません。エポスゴールドカードは、通常のカードとは異なり、店頭での申し込みは不可ですので、ネットから申し込みしてください。

プラチナカードは年会費が30,000円

さらにランクアップしたプラチナカードであれば、年会費は、30,000円かかります。年間ご利用金額100万円以上であれば、年会費は20,000円に。インビテーション(招待)が来た際も、同様の金額です。
年会費は、途中でエポスカードを解約したとしても、払い戻しはありませんので、ご注意ください。また、プラチナカードに限っては、直接申し込みができず、インビテーションのみとなります。

エポスカードで受けられるサービス

エポスカードvisaは年会費が無料という嬉しいメリットがあり、ほかにもさまざまなサービスが受けられるクレカとして知られています。海外旅行で安心できる海外旅行傷害保険自動付帯、飲食店での割引、期間限定セールなど、お得な特典が満載。これらの内容について詳細にみていきましょう。

海外旅行傷害保険が自動付帯

エポスカードがあれば、海外旅行傷害保険が自動的についています。補償内容は、海外での治療費や入院費などを最大で270万円、賠償責任(免責なし)であれば、保険金は2,000万円まで出ます。緊急時にも、24時間対応のサポートセンターがあり、連絡すれば素早く問題を解決してくれるでしょう。

多くの飲食店で特典を受けられる

エポスカードを持っていれば、提携している飲食店での特典を受けられることもメリット。魚民などのモンテローザグループならばエポスポイントは5倍、ロイヤルホストは1割引、松屋は生野菜などの無料サービス券発行など、店舗によりさまざまな割引や特典があります。

マルイのマルコとマルオの7日間にセールでも優待がある

エポスカードの母体であるマルイは、7日間限定のセールを年4回開催。「マルコとマルオの7日間」と呼ばれるセールは、ほとんどの商品が1割引になり、通販にも対応。一部の店舗は対象外になりますが、普段の買い物ではなかなか手がでないものを、お得に入手することができます。

遊園地などのレジャー施設でも優待がある

飲食店の割引だけではなく、カラオケ、映画館、美容院、ネイル、舞台、レンタカー、温泉なども会員優待価格で利用可能。エポスカードは、提携されている場所やサービスであれば、大変お得です。公共料金や家賃の支払いもポイントがつき、ネット通販の「たまるマーケット」の利用でさらにポイントアップも目指せます。

プラチナとゴールドカードについて

通常のエポスカードをグレードアップしたプラチナとゴールドカード。これらには、さらなる特典がついています。まずは、永久ポイントが付与されることです。使った金額によっては、ボーナスポイントもついてくるでしょう。空港ラウンジの無料利用も可能です。こうしたプラチナとゴールドカードの特典について、詳しく解説します。

有効期限なしの永久ポイントがもらえる

クレカにおいて、ポイントは割引などに活用できる重要なもの。ノーマルのエポスカードは、ポイントの有効期限があります。期間は、2年です。しかし、ゴールドカードとプラチナカードにおいては、ポイントの有効期限がありません。つまり、永久ポイントとなります。

利用金額に応じてボーナスポイントがもらえる

使った金額に対して、ボーナスポイントももらえます。ゴールドカードであれば、年間50万円以上は2,500エポスポイント、年間100万円以上ならば10,000エポスポイントを付与。
プラチナカードであれば、100万円以上で20,000ポイント与えられ、100万円上がることに10,000ポイントずつ増えていきます。1,500万円以上の利用金額であれば、なんと100,000ポイントもつくので、使用すればするほどお得になります。
ゴールドカードを申し込んだ月から3カ月間は、毎月200エポスポイントを贈呈されるキャンペーンや、マルイ・モディの利用はポイント3倍、よく利用するショップを登録すれば、そこでのポイントが3倍になる「選べるポイントアップショップ」というサービスもあります。
プラチナカード限定で、誕生月はポイント2倍などの特典もあり、ランクアップしたカードになればなるほど、ポイント面で優遇されます。

国内や海外の空港ラウンジが無料で使える

国内外問わず、空港ラウンジを無料で利用できることもメリットです。ゴールドカードならば同伴者にお金がかかる場所が多いですが、プラチナカードは同伴者も無料です。
空港ラウンジのサービス内容は、ドリンクサービスや新聞閲覧など空港によってさまざま。カードと航空チケットを提示すれば、無料で使えます。ゴールドカードの同伴者料金は、小学生以下は無料であったり、空港によって金額が異なりますので、事前に調べてから利用するようにしましょう。

エポスカードはとにかく年会費が安く済ませられる

通常のエポスカードであれば年会費はかかりません。ゴールドカードは年会費が5,000円かかりますが、年間ご利用金額50万円以上で無料。プラチナカードは通常年会費が30,000円ですが、ご利用金額100万円以上ならば、20,000円まで落とすことができます。
エポスカードのサービスは、海外旅行傷害保険の自動付帯、さまざまな飲食店、映画館、ネイル、温泉など提携店舗での割引、「マルコとマルオの7日間」という1割引セールなど、実に豊富。プラチナカードとゴールドカードであれば、永久ポイントがもらえ、使った金額に対してボーナスポイントを付与、国際線・国内線の空港ラウンジが無料で利用できる特典があります。
通常のカードでも年会費は掛からないメリットがあり、海外保険に入れるエポスカードは外国で強いと言われているクレカですので、所持していない人は、海外旅行前に作ってみてはいかがでしょうか。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事