エムアイカードポイントとは|ポイントを貯めるコツや選び方も公開

エムアイカードポイントとは|ポイントを貯めるコツや選び方も公開

カード 2018.11.20

エムアイカードのポイントをお得に使いたい

エムアイカードは、大手百貨店を展開している三越・伊勢丹グループが発行するクレジットカードです。三越・伊勢丹グループでの利用だけでなく、加盟店などの利用でポイントを貯めることができ、貯まったポイントをショッピングや提携先のポイントに相互交換することもできます。
ここでは、エムアイカードを作ったばかりで、どのように使ってポイントを貯めていけばよいのか知りたい人のために、エムアイカードのポイントの効率的に貯める方法について掘り下げていきます。

ポイント貯めはカードの種類選びから

エムアイカードは全部で11種類を展開しており、年会費やポイントの還元率もさまざまです。また、カードの種類によっては、入会初年度は年会費が無料になるものもあり、ポイントをよりたくさん貯めるためにはカード選びが重要だということが言えるでしょう。

プラスゴールドカードで基本ポイント還元率が2倍

エムアイカードは、基本的にはエムアイカードプラスゴールド・エムアイカードプラス・スタンダードの3種類のグレードに分かれています。
この他には、ミーツ国分寺でのショッピングがお得になる「ミーツエムアイカード」や、名古屋ラシックでのショッピングがお得になる「ラシックエムアイカード」、2018年10月下旬に発行が開始された「福岡ソフトバンクホークス エムアイカード」など、個別のブランドカードを展開しています。
基本的なポイント還元率は、0.5~1%となっており、ポイントアップ店の利用なら最大3~10%のポイントが還元される仕組みです。また、年会費で見ると、エムアイカードプラスゴールドは、本会員で10,000円の年会費がかかりますが、ポイントの還元率が一番高く、受けることができる特典も多いという特徴があります。

買い物や生活費の支払いでゲット

エムアイカードを持っていると、三越・伊勢丹グループでの利用だけでなく、スーパーマーケットやコンビニでの利用、ネットショップの支払い、交通費、電気ガスや携帯料金の支払いでポイントが付与されます。
なお、ポイントの還元率は対象の店舗によって異なり、エムアイカードが展開する「エムアイポイントワールド」を経由しての利用で最大30倍のポイントが付与されます。
このように、日常のショッピングや光熱費の支払いにエムアイカードを利用するとお得にポイントを貯めることがでます。これを機会に支払い方法をエムアイカードにすることを検討することをおすすめします。

他社ポイントの相互交換で貯める

エムアイカードで貯まったポイントは、提携している他社のポイントと相互交換できたり、提携先からエムアイポイントへの交換で貯めることができます。

相互交換

ポイントを相互交換することができる提携先とポイントの名称は、以下の通りです。

  • JAL(マイル)
  • ANA(マイル)
  • JTB(JTBトラベルポイト)
  • VIORO
  • WAON POINT 

エムアイポイントへ交換

エムアイポイントへ交換できる提携先は、以下の通りです。

  • TLC(TLCポイント)
  • 中部電力(カテエネポイント)
  • 中国電力(エネルギアポイント)
  • TOKYO GAS(パッチョポイント)
  • itsmon(itsmonコイン)

なお、何ポイント単位で交換できるかは、提携先のサービスによって異なります。基本的には1:1のポイント交換レートになっています。

エムアイカードのポイントの使い方

エムアイカードで貯まったポイントは、提携先のポイントと交換する以外にも、さまざまな使い方があります。

店頭やオンラインショップでの支払い

エムアイカードを発行している三越・伊勢丹グループの百貨店での利用や加盟店、公式オンラインショップでの利用の支払いに使うことができます。この場合、1ポイント=1円のレートで、1ポイント単位から使うことができます。
また、例外として、金券や切手、印紙、金、銀、地金、ルイヴィトンの購入、三越伊勢丹海外店などの一部店舗では、ポイントが使えない場合があるので注意が必要です。
この他にも、レストランやタクシーの利用でもポイントを貯めることができ、ポイントアップしている対象のショップは、エムアイカードの公式ホームページから確認することができます。

国の施設や震災復興のために寄付

エムアイカードを発行している三越・伊勢丹グループでは、日本の伝統文化や軽術を守り、後世に繋いでいくために、一部の国立博物館のサポートや東日本大震災の復興をサポートする活動を実施しています。エムアイカードで貯まったポイントは、以下のような4種類の施設などに寄付することができます。

  • 東京国立博物館
  • 京都国立博物館
  • 国立科学博物館
  • 鎮守の森のプロジェクト

なお、1,000ポイント以上から寄付することができ、鎮守の森のプロジェクトは、東日本大震災に関する植樹への寄付となっています。

他社のポイントに相互交換

エムアイカードで貯まったポイントは、提携先のポイントに相互交換したり、提携先のポイントへ交換で使うことができます。なお、相互交換できる提携先は前述の通りで、エムアイポイントから交換できる提携先とポイントの名称は、以下の通りです。

  • ニトリ(ニトリメンバーズポイント)
  • 紀伊国屋書店(Kinokuniya point)
  • スターバックス(スターバックスカード)
  • 一休.com(一休クーポンカード)
  • OZmall(Ozポイント)
  • ビックカメラ(ビッグポイント)
  • すかいらーく(すかいらーくWeb優待券)

交換レートは、提携先によって違いがありますが、一部の提携先では交換レートが1:1ではない場合もあります。例えば、JALの場合は3,000エムアイポイント=1500マイル、ANAの場合は2,000エムアイポイント=500マイルとなっており、交換完了までの期間も3日~4週間程度と、提携先で差があるのが現状です。

期間限定キャンペーンでポイントがお得

エムアイカードでは、新規入会や利用者を対象としたお得なキャンペーンが実施されています。また、期間限定のお得なキャンペーンもあるので、公式ホームページなどでチェックするようにしましょう。

ふるさと納税でポイント10倍

ふるさと納税サイト「さとふる」の利用で、いつでもポイントが5倍になるキャンペーンを実施しています。なお、2018年9月12日~10月31日までの期間にさとふるを利用すると、ポイントが10倍になるキャンペーンを実施しています。
 
また、ワンストップ特例制度の利用なら確定申告の必要もないので気軽に利用できます。しかし、「Webエムアイカード会員サービス」を経由して利用しないとポイントアップの対象にならないので注意が必要です。

抽選でポイントプレゼント

2018年9月20日でエムアイカードが30周年を迎えたことを記念して、抽選でポイントが当たるキャンペーンを実施しています。2018年9月1日から10月31日までの期間に利用した金額が1万以上、3万以上、5万以上、10万以上の4種類で応募ができます。
また、複数に同時に応募でき、10万以上なら残りの3種類でも当選のチャンスがあります。しかし、三越・伊勢丹グループ以外での利用が条件となっているので注意が必要です。

初回利用でポイントが貰える

ショッピングをお得に楽しむことができるサイト「エムアイポイントワールド」を経由して合計10,000円以上の利用で、もれなく全員に500ポイントがプレゼントされます。
このエムアイポイントワールドでは、ポイントアップがショップ毎に異なっており、最大30倍のポイントが貯まる場合もあり、お得にポイントを貯めることができます。
なお、エムアイポイントワールドを初めて利用する人が対象で、応募は不要となっています。付与されたポイントは、2019年2月中旬頃を目途にエムアイポイントワールドの「ポイント履歴」で確認することができます。

エムアイカードのポイントで暮らしサポート

エムアイカードでは、ショップの利用やキャンペーンでお得にポイントを貯めることができます。また、貯まったポイントを使って寄付することができるため、気軽に社会貢献活動に参加することができます。
さらに、ポイントを交換できる提携先も多く、利用頻度の多い提携先にポイントをまとめることもできます。このように、エムアイカードは、ポイントの使い方一つで日々の暮らしをサポートしてくれますので、使用することで便利でより豊かな生活を実感できるのではないでしょうか。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事