クオカードはスーパーでも使用可能なのか|賢い使い方も知っておこう

クオカードはスーパーでも使用可能なのか|賢い使い方も知っておこう

カード 2018.11.20

クオカードでもったいない使い方をしてませんか

「使いどころがわからない」、「売っても大したお金にならない」とクオカードが財布の中に眠っている人も多いのではないでしょうか。クオカードは、ちょっとしたコツでお得に利用することができるものです。このページでは、さまざまな角度からクオカードについて解説していきましょう。

クオカードの基礎知識

まずは、クオカードの基本的なことについて理解を深めていきます。クオカードは、コンビニなどでは利用できますが、以外にもスーパーでは使えません。また、現金と交換できないケースもありますので、注意しましょう。

意外にもスーパーでは使えない

クオカードは、コンビニエンスストア、ドラッグストア、おもちゃ、ファミリーレストラン、ガソリンスタンド、書店、ゴルフショップ、ホームセンター、ホテルなどで使用することができますが、スーパーでは使用できません。
また、先に挙げた場所も一部の店舗のみ利用可能です。「コンビニで使えるのであればスーパーでも使用可能」という考えは間違いですので、使用時はご注意ください。
クオカードを使用できる店舗の目印となるのは、「QUOカード」という青とピンクでデザインされたステッカーが貼られていることです。約57,000の店舗で使用できますが、公共料金、タバコ、チケット、切手などの支払いは不可になります。

現金にできない場合もあるので注意

「クオカードを使わないのでお金にかえたい」という人は、金券ショップなどに売ることもできますが、一部のクオカードは買い取り不可となります。
例えば、300円のクオカードの安い種類、使用済みのカードは売れません。また、有効期限がついているものも同様です。「00」からはじまっている番号のカードも、過去に偽装事件があったため、売れないショップもあるでしょう。少しでも査定額を上げるためには、残高レシートを残しておいてください。

少しでもお得にクオカードを使うコツ

クオカードの賢い使い方について解説しましょう。まずは、5,000券以上の高額クオカードを購入することです。また、金券ショップで入手することもおすすめ。クレジットカードを使用する裏技もあります。クオカードの種類によっては高値で売ることもできるでしょう。こうしたお得にクオカードを使うコツについての詳細をみていきます。

高額面のクオカードを買え

クオカードは、300円券、500円券、700円券、1,000円券、2,000円券、3,000円券、5,000円券、10,000円券の種類がありますが、5,000円券と10,000円券をコンビニなどの加盟店で購入すると前者は70円、後者は180円プラスされます。つまり、5,000円券と10,000円券であれば売ってしまうよりも、使ったほうがお得だといえるでしょう。
ちなみにクオカードを購入する際は、さまざまなデザインや文字入りをオーダーメイドできます。自分の好きな画像や写真、プレゼントする人に伝えたいメッセージなど、テンプレート以外のオリジナルデザインでクオカードを作ることも可能です。
クオカードの購入方法はさまざまあり、コンビニや書店などの店舗だけではなく、インターネットやFAXでの注文も承っています。

金券ショップで買うのも一考

クオカードを正規店などで購入するのではなく、金券ショップで買うこともおすすめです。金券ショップでは、定価の約1~2%安く販売されています。
つまり、500円や1,000円のクオカードではなく、5,000円と10,000円のほうがお得になるでしょう。もちろん、店舗により販売価格は異なりますので、いくつか店舗を周り、もっとも安価で販売されているショップを選ぶようにしましょう。

還元率を上げるには合わせ技で

nanacoとクレジットカードを使って購入する方法もあります。まずは、クレジットカードでnanacoをチャージしましょう。そして、10,000円券のクオカードをnanacoで買いましょう。
クレジットカードは、nanacoへのチャージでポイントが貯まる種類がおすすめです。ポイント還元率1.2%であり、10,000円券の1.8%を組み合わせれば、なんと3%もお得になります。クオカード購入以外においても、nanacoとクレジットカードは大変便利ですので、新たに発行しても損はありません。

プレミアムが付きそうならネットオークションで現金化を

特別なデザインのクオカードは、高く売れる可能性もあります。ゲームやアニメのキャラクターデザイン、アイドルや俳優の顔写真などが載っているカード、記念品、ギフト・広告柄などは、プレミアがつくこともあるでしょう。
大変人気のあるアイドルなどであれば、より高値での現金化が可能。また、時間が経つごとに価値が下がることもありますので、プレミアムがつきそうなデザインは、早めに手放した方がよいです。キズや汚れも査定額に影響されますので、丁寧に保管してください。

ネットスーパーでは使えるところがある

スーパーではクオカードを使えないと解説しましたが、セブンネットショッピング商品を店頭受け取りにした際は、クオカードの使用が可能です。
しかしながら、一部使用不可の店もありますので、利用時はご注意ください。セブンネットショッピング店頭受け取りならば、送料もかからず、食べ物含めさまざまな商品が購入可能。クオカードを換金せずに消費したい際は、ぜひ利用してください。

宝の持ち腐れにしないように賢い使い方を

「クオカードはスーパーで使用できる」というイメージがありますが、実際には、コンビニや書店などでは使えるものの、スーパーでは使用不可です。「クオカードを使わないので売りたい」という場合、使用済みのカードや300円券などであれば、換金できない可能性があります。
お得にクオカードを使うコツは、コンビニで購入するとおまけがつく5,000円券と10,000円券を買うことがおすすめ。金券ショップならば、安値で購入することも可能。nanacoとクレジットカードを利用すれば、さらにお得に入手することもできます。
アイドルのデザインなどプレミアムが付きそうなクオカードは、高値で売れる可能性がありますので、ネットオークションなどを利用してみましょう。いずれにせよ、クオカードは、使い方次第でとてもお得に消費できます。宝の持ち腐れにならないように、賢く使いましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事