セディナゴールドカードとは|特長やメリットについて詳しく知ろう

セディナゴールドカードとは|特長やメリットについて詳しく知ろう

カード 2018.11.20

ダイエーやイオンでお得に買い物できる

セディナゴールドカードとは、ダイエーやイオンでの割引を受けることもできるクレジットカードです。しかも、一般的なゴールドカードのステータスも充分満たしてくれるので、持っているだけでたくさんのメリットがあるカードになります。
セディナゴールドカードの特長やカード取得までの流れ、お得にお買い物できる特典などにはどのようなものがあるのでしょうか。

セディナゴールドカードの特長

セディナゴールドカードとはどのようなカードなのでしょうか。普通のセディナカードとはどのような点が違うのか、しっかりと知識を深めておきましょう。

SMBCグループのカード

セディナカードは三井住友グループに属する信販会社が発行しているクレジットカードになります。旧ダイエー系のOMCカード、旧三菱東京UFJ系のセントラルファイナンス、旧住友銀行系フォークという3つの信販会社が合併して作られたクレジットカードになるので、これら3つのクレジットカードは引き続き使用することが可能です。
国際ブランドはVISAとマスターカードとJCBの3つから選ぶことができます。ゴールドカードによっては、選択できる国際ブランドが限定されているカードもあるので、ゴールドカードなのに幅広い選択肢があるという点も魅力の一つといえるでしょう。

ハローキティの絵柄のゴールドカードもある

ゴールドカードのカードデザインを、一般カードデザインとハローキティのデザインの2種類から選ぶことができます。ハローキティのデザインを選んだとしても、基本的なサービスは普通のゴールドカードと同じですが、サンクスプレゼントがないなど、サービス内容が異なる点もあるので注意が必要です。
ハローキティデザインのカードは、「セディナゴールドカードハローキティ」といい、年間150万円以上の買い物をした人にハローキティのオリジナルグッズが届けられたり、パソコン用イラスト壁紙カレンダーが無料でダウンロードできたりする特典があります。

ポイント倍率がアップするトクトクステージ

クレジットカードのポイント制度を重視している人は多いことでしょう。セディナゴールドカードのポイント制度は、年間のカード利用額によって倍率が上がる制度になっています。50万円以上で1.2倍、100万円以上で1.3倍、200万円以上で1.6倍となります。
ポイント倍率がアップするということは、ポイント還元率もアップすることになるので、よりお得にお買い物ができるようになります。

年会費は安い

ゴールドカードということもあり、年会費は無料ではありませんが、それでも本会員6,000円(税抜)、家族会員は1,000円(税抜)と、10,000円以下という価格は、とてもリーズナブルなゴールドカードといえます。ひと月で考えると、月に500円となり、コスパがとてもよいことが分かります。
WEBから家族会員の申し込みをすれば、初年度の年会費は無料になり、ETCカードの年会費無料、ETCカード発行手数料1,000円(税抜)がゴールドカードでは無料という特典があります。

セディナゴールドカードに申し込もう

さまざまなクレジットカードのゴールドカードがある中で、年会費もお値打ちで、多種多用なサービスが受けられるセディナゴールドカードに申し込みをしてみましょう。年間のショッピング額に応じて、ポイント還元率もアップするので、よりお得にお買いものができるようになります。

WEBから申し込むと限定サービスとキャンペーンが受けられる

WEBから申し込みをすると、本人会員、家族会員ともに、初年度無料となります。次年度からは、本人会員6,000円(税抜)、家族会員1,000円(税抜)が必要となってくるので、注意しましょう。
WEB申し込みをすると、わくわくポイントが6,000ポイントもらえますが、分割でないともらえません。6,000ポイント全てを受け取るには、ゴールドカードが届いてからエントリー、ショッピングでの利用が必要になります。

電話での確認が入る

セディナゴールドカードの審査に関しては、若干厳しめになっています。機械審査で問題なくクリアしていても、電話での本人確認や在籍確認があります。年収ではセディナの方で職業と年齢、職種から総合的に判断してある程度の年収モデルを想定して審査しているので、年収を多めに申請するなどのごまかしは通用しません。
また、キャッシング枠の設定をしている場合は収入を証明する書類の提出を求められることもあります。電話などでの確認が取れなかった場合、解約手続きに入ってしまうことが多いので、クレジットカードを受け取ったら必ず正しい手続きをするようにしましょう。

カードが届いてからも手続きが必要

セディナゴールドカードを受け取ったら、同封されているカード受取確認書兼会員規約同意書と口座振替依頼書に必要事項を記入して返送する必要があります。カード受取確認書兼規約同意書を返送されない場合は、解約手続きに入ってしまうので注意しましょう。
クレジットカードの申請に通ったからといって安心せず、きちんと電話での確認や、カードが手元に届いてからの手続きも忘れずに行うことが大切です。

セディナゴールドカードのお得な特典

セディナゴールドカードは、一般的なゴールドカードのようなステータスだけでなく、お得な特典もたくさん付与されます。どのような特典があるのでしょうか。

セブンイレブンなどのイオングループではポイント還元率がお得に

セブンイレブン、ダイエー、イオングループで買い物をすると、毎日ポイント還元率が3倍の1.5%という特典があります。トクトクステージでポイント還元率がアップしている場合は、さらに還元率が上がります。
特に、イオングループにおいては、イオンカードでお買い物したら還元率1%という違いからみても、お得さが分かります。ダイエーやイオングループでのお買い物なら、セディナゴールドカードの方がお得だということになります。

サンクスクリスマスポイントで最大6000ポイントもらえる

サンクスクリスマスポイントは、利用対象期間である毎年11月1日~翌年10月31日の間の利用金額が、100万円(税込)以上という厳しい条件をクリアするとポイントがもらえる仕組みです。100万円以上で1,000ポイント、150万円以上で3,000ポイント、200万円以上で6,000ポイントもらえます。
ポイント還元率も上がり、最大で+0.3%アップします。セディナゴールドカードハローキティの場合は、利用金額150万円(税込)以上でハローキティオリジナルグッズがもらえる特典もあります。

毎週日曜日はご優待デーで5%オフ

毎週日曜日は、優待デーと称し、マルエツなどの店舗で全てのカード払いが5%オフになります。一部の店舗では第2日曜、第4日曜の場合もあります。
割引のタイミングも、精算時と請求時の2パターンがあり、たばこ、チケット、書籍、ゲーム機本体、CD、DPE、有価証券は対象外となるので注意しましょう。スーパーでも割引を受けられるので、食費の節約などにも活用でき、お得なメリットといえるでしょう。

空港ラウンジサービスや付帯保険が付く

国内の主要な空港ラウンジが、家族会員も含め無料で受けられます。また、海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険、ショッピング保険がついています。各傷害保険は自動付帯か利用付帯で保証額が異なるのできちんと確認するようにしましょう。
付帯保険は、傷害死亡、後遺障害以外は、セディナゴールドカードを持っているだけで受けられるサービスです。わざわざ契約を交わす保険会社の旅行保険とは異なり、便利な上に安心できるメリットが挙げられます。

年会費を抑えたい人向けのゴールドカードである

セディナゴールドカードは、一般的なゴールドカードのようなステータスを持つことができるのに、年会費などがお値打ちなゴールドカードです。そのための審査は厳しい部分もありますが、しっかりと間違いのない申請を行い、手続きを順に行っていけば、解約手続きをされることなく手に入れることができます。
日常的に利用するスーパーやコンビニなどでも特典を受けられるだけでなく、旅行などでも利用できる特典がたくさん付いているので、持つことにメリットがあるゴールドカードです。毎日の暮らしをセディナゴールドカードを利用して、よりお得にしてみましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事