デビットカードを賢く使おう|メリットとおすすめのカードとは何か

デビットカードを賢く使おう|メリットとおすすめのカードとは何か

カード 2018.11.20

デビットカードは比較的簡単に発行できる

デビットカードは、クレジットカードのように現金を持たずに商品を購入したり、レストランなどの支払いに利用することができます。なんとなく知っているけれど、クレジットカードと何が違うのか分からないという人も多いでしょう。
大きな違いは、クレジットカードを使用した代金は後払いですが、デビットカードは利用したその場で自分の銀行口座から即時引き落としとなります。銀行口座とつながった財布のようなカードなので、使いすぎる心配がありません。
デビットカードには、それ以外にどのような特長があってどのようなメリットがあるのでしょう。順番に確認してみましょう。

デビットカードの特長

デビットカードには、クレジットカードと違う特長があります。どのような特長があるのでしょうか。

カード発行に審査が無い

デビットカードはクレジットカードと違い、ショッピングでの後払いやキャッシングの機能がないので与信枠審査が不要です。そのため、中学生を除く15歳以上であれば未成年者でも利用することができます。未成年者でも、もちろん主婦でも銀行口座からの支払いのため、安心して利用できるでしょう。
デビットカードの利用は、デビットカード機能を搭載しているキャッシュカードを発行してくれる銀行口座を開設し、口座に入金するだけで利用することができるようになります。カードには、年会費無料のものと年会費がかかるものがあります。自分の利用状況に応じて選択しましょう。

上限額は口座の残高

クレジットカードはショッピング枠やキャッシング枠などの範囲内であれば利用することができるのに対し、デビットカードは口座の残高までの利用しかできません。つまり、残高が10,000円ならば10,000円まで、100万円なら100万円までの利用が上限となります。
支払いのためのお金を出す場所が、財布からか銀行からかの違いだけになります。自分の持っている金額以上に使用できないので、使いすぎる心配がなく安心です。

対応しているのはJCBとVISA

多くのデビットカードは、JCBかVISAのカードブランドがあります。JCBであればJCB加盟店、VISAであればVISA加盟店でクレジットカードのように利用することができます。
それぞれの加盟店であれば、国内はもちろん海外でも利用することができます。海外利用が多い人は、海外での加盟店が多いVISAが付帯したカードがおすすめです。

J-Debitと間違われやすい

銀行直結のデビットカードに似た支払い方法ができる、J-Debitというカードがあります。J-Debitは、銀行のキャッシュカードで買い物ができるカードです。デビットカードと違い、VISAやJCBの機能がありません。そのため、利用できる店舗の範囲が狭く、海外ではほとんど利用することができません。
また、国内でも利用するお店によっては、デビットカードとJ-Debitを混同しており、デビットカードで決済できないということもあるようです。間違われやすいので、支払いのときは「デビットカード」ではなく、「一括払い」または、「VISA」のように伝えましょう。

デビットカードのメリット

デビットカードを持つと、いろいろと便利なことがあります。どのようなメリットがあるのかみていきましょう。

ATMを使う頻度が下がる

デビットカードで支払いをすると、即座に口座から引き落とされます。その特徴から、現金を使用するときに、わざわざ銀行やATMで引き出す必要がありません。提携していなATMやコンビニなどで引き出しすると、108円や216円といった引き出し手数料がかかることも多いです。
デビッドカードでは、引き出し手数料がかからずに銀行口座から支払いができるのです。その結果、ATMや銀行に行く手間や手数料を無駄に払う必要がなくなり、節約もできます。

不正利用に対応している

デビッドカードで支払いをおこなうと、メールで取引きを知らせてくれます。万が一、不正に使用された場合は、身に覚えのないお知らせが届くので、すぐに気づくことができます。また、大抵のカードには、上限の設定もありますが、不正利用に対する補償が付いているので、安心して使うことができます。

ポイントの還元がある

多くのデビットカードには、ポイント還元の機能が付いています。還元ポイントは0.2~1.0%とクレジットカードに比べて少ないですが、現金で買い物をしてもポイントが付きません。現金で購入するのと支払いは変わらないのに、デビットカードはポイントが付くのでお得といえます。

WEB明細と専用アプリが使える

ネットバンキングで口座残高や取引履歴が確認できるのと同様に、デビットカードにもそういった機能の専用アプリがあります。
アプリをダウンロードどしておけば、デビットカードの利用履歴はもちろん、連動した銀行口座の残高もすぐに確認でき安心です。また、明細があれば、わざわざ家計簿を付けなくてもお金の出入りが分かりやすく、管理しやすくなるでしょう。

おすすめのデビットカード

年会費のかかるデビットカードもありますが、ここでは年会費無料、高校生以上の15歳からつくれるおすすめのデビットカードをご案内します。

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は、ポイント還元率が0.6%と比較的高めなのが特徴です。利用金額1,000円で6ポイントが貯まります。ポイント重視の人におすすめのカードといえます。ポイントは、現金かJALマイルに交換が可能です。
現金の場合は1ポイント1円、JALマイルの場合は、100ポイント40マイルに交換ができます。もちろん年会費は無料、国際ブランドは海外でも使いやすいVISAです。

Sony Bank WALLET

外貨預金にも強いソニー銀行のデビットカード、Sony Bank WALLETは、外貨10通貨と連動しているので、海外での現地通貨での決算や現地通貨の引き出しも便利です。ポイント還元は、利用に応じて「優遇プログラムclubS」のステージが変わります。最大で2%も還元されます。
また、ポイントとして貯まるのではなく、現金でキャッシュバックを行ってくれるので、ポイントを交換する手間も必要なく利用の幅が広がるでしょう。ポイントよりもキャッシュバックで還元して欲しいという人におすすめです。

三菱UFJデビット

三菱UFJデビットは、国際ブランドが「JCB」と「VISA」から選ぶことができます。JCBでは、JCBのポイントOkiDokiポイントを貯められます。VISAでは、買い物の利用金額に応じて自動でキャッシュバックしてくれます。還元率は、利用金額の0.2%です。また、お誕生月や前年の利用金額によって還元率も変動します。
国内・海外ショッピング保険は、JCBとVISA共に年間最大100万円まで、不正利用補償はJCBが1事故当り最大500万円、VISAは年間最大100万円と補償があるので、安心して利用することができます。JCBには、旅行保険も付帯しているので、さらに安心です。保険を重視しているなら、三菱UFJデビットがよいでしょう。

セブン銀行

セブン銀行のデビットカードは、利用でnanakoポイントが貯まります。セブンイレブンの買い物では高還元の1.5%、イトーヨーカドーやデニーズでは1.0%です。セブン&アイグループで買い物する機会が多い人は嬉しい高還元率です。
国際ブランドはJCBで年会費は無料です。また、セブンイレブンに設置してあるATMからの入金は24時間無料、引き出しも7~19時は無料なのでデビットカードだけでなく現金を利用する人にもおすすめです。

デビットカードは学生や主婦からでも使える

デビットカードは、銀行口座につながったお財布のようなものなので、審査の必要はなく15歳から作ることができます。自分の利用した履歴がレシートを保管していなくても確認することができるので、お金の管理が楽になり、節約にもつながるでしょう。
もちろん不正利用補償やショッピング補償などあり、安心して利用することができます。ポイント還元などは、クレジットカードと同様に発行している金融機関によってさまざまです。自分の生活ライフや利用状況に合わせてお気に入りの1枚を探してみましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事