デビットカードで分割払いできるのか|特長などを詳しく理解しよう

November, 20, 2018

記事が良かったらシェアして下さいね♪

デビットカードで分割払いは出来るのかを紹介

「デビットカードで分割払いできる」というウワサを耳にしたことはないでしょうか。
ここでは、分割払いできるのか否か、真相に迫っていきます。
また、デビットカードの基本や種類についても解説しましょう。
賢くデビットカードを使用したい人は、ぜひお役立てください。

UKANOイメージ

デビットカードの特長

まずは、デビットカードの特長をおさえておきましょう。
デビットカードは、分割払いできる種類のカードではありません。

銀行口座に入っているお金以上は使えない仕組みになっており、銀行側がリスクを負わないようになっています。
そのため、クレジットカードのように分割払いを前提にしたショッピングなどは避けてください。

基本的に分割払い不可

さまざまな銀行でデビットカードを発行していますが、分割払いは基本的にはできません。
ボーナス払いなども同様にそうです。
デビットカードは即時決済の仕組みを採用しており、銀行口座残高を超えてしまう買い物はできません。
同じカードだからといって、クレジットカードのように使用すると、支払いできないリスクがあります。

デビットカードは審査がない

デビットカードは、審査がありません。
クレジットカードのように、職業や収入などのチェックはなく、だれでも作れてしまうカードです。
自己破産の経験がある人や高校生などでも発行可能ですが、社会人になると高額商品などは分割払いにすることもあり、デビットカードに使いづらさを覚えることもあるでしょう。

UKANOイメージ

デビットカードで分割払いする方法

基本的に分割払いできないデビットカードですが、分割する方法もあります。
一部のカードでは分割払いに対応しています。
分割方法について詳しくみていきましょう。

一部のカードのみ分割払いできる

近年、「格安スマホ」について見聞きすることも多いのではないでしょうか。
文字通り、安値でスマホを利用できるサービスですが、格安スマホであれば、デビットカードでの分割払いに対応できるケースもあります。
格安スマホ会社のホームページから申し込むようにしましょう。
店頭では対応不可の可能性もあります。

口座に残高があればできる

また、口座に引き落とし金額が足りていない場合、カードが使えなくなってしまいますので、注意が必要です。
入金手続きを完了すれば、再度カードは使えるようになりますが、支払いの遅延は、他のカードをつくるときのマイナス要素になってしまうこともあります。

UKANOイメージ

分割払い向けデビットカード

分割払い向けのデビットカードには、いくつか種類があります。
「三菱東京UFJ-VISAデビットカード」、「楽天銀行のデビットカード」、「JNB VISAデビットカード」について詳しく解説します。

ポイント還元が良い三菱東京UFJ-VISAデビットカード

15歳以上から申し込みできる「三菱東京UFJ-VISAデビットカード」。
VISA加盟店であれば、国内だけではなく、国外でも利用でき、ネットで買い物もできます。

また、自動キャッシュバックの仕組みがあり、使った金額の0.2%をキャッシュバッグ。
誕生月や利用金額によって、パーセンテージも上がります。
VISAデビット付帯保険も充実しており、ショッピング保険・不正利用補償ともに最大で年間100万円です。

三菱東京UFJではVISAだけではなく、JCBデビットカードもあります。
JCB加盟店で利用でき、JCBデビット付帯保険やサービスが充実しており、「Oki Dokiポイントプログラム」によって、ポイントも貯まります。

月額料金も払える楽天銀行のデビットカード

楽天銀行のデビットカードは、発行手数料・年会費無料であり、「100円=1ポイント」のポイント制度があります。
楽天グループで使用すると、楽天スーパーポイントとデビットカードのポイントで2重に貯まり、そのポイントを楽天グループの支払いなどに利用可能。
利用状況のお知らせメール機能や、提携ATMであれば海外でも現地のお金を引き出すことができます。

楽天銀行のデビットカードもVisaとJCB、両方揃っています。
新規入会して、期間中に3,500円以上のショッピングをすれば、入会時の300ポイントと利用特典の700ポイント、合計1,000ポイントが付与されるでしょう。
いずれにせよ、楽天のサービスをよく利用する人は、楽天銀行のデビットカードがおすすめです。

ジャパンネット銀行のJNB VISAデビットカード

ジャパンネット銀行の「JNB VISAデビットカード」満15歳以上が利用可能年齢になる年会費のかからないカードです。
年間500万円の第三者不正使用保険がつき、提携店では1%のキャッシュバックも可能。

「Visaデビット付キャッシュカード(ファミマTカード)」であれば、ファミリーマートでのショッピングでTポイントが貯まります。
曜日によっては5倍ポイントアップのときもありお得です。

ネット専用カードレスデビット(JNBカードレスVisaデビット)もあり、カード番号の発行や変更をネットで済ませ、セキュリティ面においてネットでの買い物も安心。

このカードは、ネット以外では使用できませんので、注意が必要です。
また、専用アプリをダウンロードすれば、残高や支払いをすぐに確認することができます。
キャンペーン中に申し込めば、100円分のプレゼントつき。
JNB VISAデビットカードも使いやすいカードです。

UKANOイメージ

分割できるカードは使用が限定されている

デビットカードは、審査なく作れるメリットがあるものの、即時決済のため、分割払いできるものではありません。
銀行口座の金額が不足していれば、カードの利用はできなくなります。

しかし、「格安スマホ」であれば、デビットカードでの分割払いに対応できる可能性もあるでしょう。
店頭ではなく、ネットから申し込むようにしてください。

デビットカードには、さまざまな種類があります。
「三菱東京UFJ-VISAデビットカード」は、自動キャッシュバッグやVISAデビット付帯保険が充実。

VISAに加盟しているショップであれば、国内・海外・ネット、どこでもショッピングできます。
楽天銀行のデビットカードは「100円=1ポイント」でポイントをためやすい種類です。

ジャパンネット銀行のJNB VISAデビットカードは、第三者不正使用保険がつき、Visaデビット付キャッシュカード(ファミマTカード)ならば、Tポイントが利用できます。
こうしたデビットカードの種類や特徴について理解を深め、正しく賢く使用しましょう。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

記事が良かったらシェアして下さいね♪