ライフカードETCカードを便利に利用しようそのメリットと諸費用

ライフカードETCカードを便利に利用しようそのメリットと諸費用

カード 2018.11.20

ライフカードのETCカードを使うメリットを紹介

ライフカードはポイントが貯まりやすいカードと評判のカードです。インターネットで検索してみると特典が多数みられ、中には高還元のポイントのものもあります。
カードを利用すると特典があるということは知っていても、追加発行するETCカードの情報までは知らない人も多いのではないでしょうか。ETCカードに関しては、年会費や発行手数料がかかるカード会社も多くあります。ライフカードのETCカードは費用がかかるのかどうかもきになりますね。
ライフカードのETCカードにかかる費用についてや、付いてくるポイントについてなど、ETCカードに関する情報を取り上げていきますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

ETCカードにかかる費用

ライフカードのETCカードを手にした場合、どのような費用がかかるのかについて確認していきましょう。

毎年かかる年会費

ライフカードは年会費が無料なだけではなく、追加発行できるETCカードの年会費も永年無料というカードです。他の有名カード会社の場合は、本カードが年会費無料でもETCカードは年会費有料になるケースが多い中、ライフカードはETCカードまでも年会費が無料なので、大きなメリットだといえます。
ライフカードを含めポイントの高還元率がポイントのカード会社は他にもあります。しかし年会費がかかるものもありますので、自分にとって全部のカードがよいとはいえないものです。普段は他のカードをメインに使っていて、ETCカードを使うときのためにサブカードとしてライフカードを発行する人もいます。

カード発行の費用

カードを発行する際に手数料がかかるカード会社もありますが、ライフカードは本カードの発行手数料もETCカードの発行手数料もかかりません。カード発行に伴う手数料が全て無料なので、有効期限更新時の再発行も無料です。
発行手数料がかかるカードの場合、発行したときだけではなく更新時にも手数料がかかります。つまりカードを持っているだけで維持費がかかるのです。さらに年会費がかかるカードの場合、さらに費用の負担が大きくなります。そして中には、ETCカードの年会費が約500円、発行手数料が約1,000円かかるカードもあります。
年会費はカードを持っている限り、毎年払い続けなければなりません。発行手数料も更新のたびに支払わなければいけません。そのため、ライフカードが年会費も発行手数料も無料というのは大きなメリットです。

ETCカードの利用でのポイント

カードを利用する際には、ポイント付与について気になる人も多いと思います。ETCカードを利用した際のポイントの仕組みは、どのようになっているのでしょうか。

ライフカードのポイントはつかない

ライフカードを利用した際、本カードの利用には高還元率でポイントが付与されます。しかし、ETCカードを利用した際には、ライフカードのポイントはつきません。
ポイントが貯まりやすいといわれているライフカードですが、ETCの利用に関しては例外なのです。しかし、ライフカードそのものを使用したときの特典を知ることで、ライフカードを利用するとどのようなメリットがあるのかがわかります。

ライフカードの特典

ライフカードは使えば使うほどポイントが貯まるカードです。作成1年目はポイント1.5倍、2年目以降は1年の利用額に応じてポイント最大2倍のポイントが貯まります。
2年目以降は、レギュラーステージは1倍、スペシャルステージは1.5倍、ロイヤルステージは1.8倍、プレミアムステージになると、いつでもどこでもライフカードの利用ポイントは2倍です。
さらに、誕生月はポイントが3倍になるなど、ポイントが貯まりやすいサービスが多数。誕生月ポイント3倍の特典は、店舗を選ばないので、コンビニや飲食店などの店舗での利用でも、ネットショッピングでも、ポイントが3倍になります。

ETC利用はポイント対象外

本カードの利用は特典が多数あり、ポイントが貯まりやすい仕組みになっています。しかし、ETCカードを利用してもライフカードのポイントつかないので注意しましょう。ライフカードのステージ判定の年間利用金額にも反映されません。
しかし、年会費も発行手数料も無料でETCカードを手にできるので、マイナスになることはありません。ETCの利用でポイントが付かないことはデメリットかもしれませんが、その分本カードのポイントサービスがお得なので、メリットの割合のほうが大きいです。

ETCマイレージサービスでポイントを貯める

ETCをよく利用する方は、ETCマイレージサービスでポイントを貯めましょう。事前に登録をするだけで、ETCカード利用の通行料金に応じたポイントを貯めることができます。
貯まったポイントは還元額に交換し、対象の高速道路や有料道路を通行する際の走行分に使用できるので、登録しておいたほうが得です。ただしポイント利用には有効期限があるので注意しましょう。
ETCマイレージサービスは、インターネットまたは郵送で申し込みができます。登録には、ETCカード番号、ETC車載管理番号、車のナンバー登録が必要です。

ETCカードの締め日

ETCカードの締め日は毎月5日です。支払日は当月27日または翌月3日。ライフカードの利用分と合算されて請求されます。基本的にはライフカード利用分と、ETCカード利用分の締め日と支払日は同じになります。しかし、実際はETCカード利用分は後に請求が届くためライフカード利用分とはずれて請求されることが多いです。
請求月がずれる理由は、ETCカード利用分の請求が各高速道路会社をいったん通してからライフカード側に送られるからです。この仕組みのためETCを使用した月の締め日に間に合わなくなることがあるのです。このように、ETCカード利用分は時期がずれて請求されることがあります。これを忘れないようにして残高の準備をするようにしましょう。

カードを解約すると自動解約される

ライフカードは解約手数料も無料です。連絡先番号に電話をかけ、担当窓口にETCカードの解約を伝えるだけで解約の手続きができます。ライフカードの機能だけは残し、ETCカードのみ解約することもできますが、ライフカードそのものを解約した場合は、ETCも自動解約となるので注意しましょう。
ライフカードETCカード 解約連絡先「045-914-7003」
ETCカードを発行している場合は、音声ガイダンスによる解約手続きができません。解約のためには電話窓口のオペレーターに直接伝える必要があります。窓口に連絡するためには受付時間内の 9:30~17:30(日曜・祝日・1/1~1/3休み)に電話をかけましょう。

ETCカードを理解して便利に利用しよう

ライフカードのETCカードの最大のメリットは、年会費や発行手数料、更新手数料、解約手数料、などかかる費用が一切ないことです。何年持っていても、負担になることはありません。
しかし、ETCカードの利用では、ライフカードのポイントはたまらないので注意が必要です。その代わり、ETCマイレージサービスを利用してポイントを貯めるという手段もあります。
ライフカードは特典がたくさんあり、ポイントがとても貯まりやすいカードです。1枚持っていると便利でメリットも多数あります。また、追加発行するETCカードについても理解しておくと、さらに便利に利用できることでしょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事