エポスカードのETCカードを作ろう|年会費無料などのメリット満載

エポスカードのETCカードを作ろう|年会費無料などのメリット満載

カード 2018.11.20

クレジットカードにETCが付いたエポスカードETCカード

エポスETCカードは、クレジットカードであるエポスカードにETCがついているものです。エポスポイントがもらえるなどのメリットがあり、大変便利。そんなエポスETCカードについてさまざまな角度から解説していきます。お得なカーライフのために、エポスETCカードについて理解を深めましょう。

エポスETCカードとは

エポスETCカードは、基本的には、ETCカードのことです。エポスカードと一緒に料金を請求され、さまざまな支払い方法が可能。申し込みは、エポスNetからできます。こうしたエポスETCカードの基礎について詳しく解説していきましょう。

エポスカードと別のETC専用カードのこと

エポスETCカードは、通常のETCカードのようにETC車載器に入れて使用できるものです。高速道路を走るとき、現金を使用することなく、ノンストップで支払いが完了。マイカーだけではなく、レンタカーにも対応していますので便利です。
ETCマイレージサービスに登録しておくことで、ポイントを無料通行と交換可能。しかしながら、エポスポイントには変換できません。そして、ETC割引制度によって時間帯によっては安く走行することもできます。

ETCの利用分はエポスカードと一緒に請求される

ETCを利用した際、もちろんお金を支払うことになりますが、エポスカードと同時に請求が来ます。基本は1回払いになりますが、あとからリボ払いや分割払いに変更も可能です。そのため、「今月の支払いは厳しい」という悩みもなくなるでしょう。

ネットから申し込み可能

申し込みする際は、会員サイトのエポスNetから可能。エポスNetにログインして、手続きを進めてください。エポスカードを所持していない人は、エポスETCカードと同時に申し込みもできます。通常のエポスカードのあとに郵送されますので、早く入手したい人は注意が必要です。

エポスETCカードのメリット

エポスETCカードのメリットについて解説します。まずは、通常のエポスカードと同様に、年会費がかかりません。また、エポスポイントが入ることも嬉しいポイントです。利用履歴もチェックでき、紛失補償などもついています。発行前にメリットについて理解を深めておきましょう。

年会費が無料で使える

ETCカードの中には有料のものもありますが、エポスETCカードは年会費がかかりません。ただし、エポスカードVisaでなければ申し込みはできません。年会費無料であれば、使用していない期間もお金を支払う必要がなく、節約できるでしょう。もちろん、エポスカードのほうも年会費は無料ですが、カードのランクによっては5,000円~30,000円かかります。
ゴールドカードであれば、年会費5,000円かかります。インビテーションからの発行、あるいは年間50万円以上の利用であれば、年会費は無料になります。プラチナカードは、年会費30,000円。
年間100万円以上の利用、もしくはインビテーションにて発行した際は、20,000円に減額されます。こうしたランクのカードは、通常のカードよりもさまざまな特典がついていますので、年会費を払っていたとしてもお得です。

ETCの利用でエポスポイントがもらえる

エポスETCカードを利用すればするほど、エポスポイントがもらえます。「200円=1ポイント」であり、ポイントは、「1ポイント=1円相当」です。エポスゴールドカードやプラチナカードを所持している人であれば、ポイントを3倍にすることも可能。いずれにせよポイントを貯められることは大きなメリットです。
ポイントを3倍にできるサービスは、「選べるポイントアップショップ」といいます。3つまで利用するショップを選択でき、そこでの支払いにおいてはポイントが3倍です。ETC利用だけではなく、コンビニ、ファッション、ホテル、公共料金などでも可能。対象外のショップもありますので、注意が必要です。

利用履歴がスマホでみられる

ネット会員サイトで、ETCの利用履歴をいつでも閲覧できます。「どこで使ったのか」、「どれくらいの金額だったのか」などをチェックして、これからのカーライフに活かしましょう。
また、エポスNet公式アプリでも利用履歴が見れますので、ダウンロードをしておくと便利です。アプリでは、エポスポイントのチェックやキャンペーン登録も可能。ゲームもついており、勝利すればポイントがもらえる特典もあります。

紛失や盗難の補償がある

「カードが盗まれた」、「失くしてしまった」というときも、61日前までさかのぼり(届け日含む)、全額補償してくれるサービスもついています。現金のように使用できるカードの補償制度は、やはり充実しているほうがよいです。エポスETCカードならば、安心です。

エポスETCカードのデメリット

エポスETCカードは、メリットだけではなく、デメリットもあります。まずは、あまりポイント還元率が高くないことがあげられます。また、家族カードがないこともデメリットの一つでしょう。エポスETCカードのデメリットについて知り、賢く利用してください。

エポスカードのポイント還元率が低い

エポスカードは年会費無料などのメリットがあるものの、「0.5%」というポイント還元率はあまり高いとはいえません。さらに、有効期限が2年間ということもデメリットになるでしょう。エポスゴールドカードとプラチナカードであれば永久ポイントになりますが、通常のカードはそうではありません。
また、ショッピングでポイント割引できますが、ポイントをグッズや商品券と交換する際、500ポイント以上がほとんどです。カードの種類によって、あるいは使い方を工夫すれば、ポイント還元率の低さをカバーできるでしょう。

家族カードを作れない

エポスETCカードは一人につき1枚しか発行されません。そのため、複数枚になる家族カードを作ることはできないのです。もちろん、家族全員エポスカードを所持していればエポスETCカードを持てますが、手続きなどに手間がかかります。
ただし、ETC対応の自動車が1台しかないのであれば、複数枚なくても問題ないでしょう。どうしても家族カードがほしいのであれば、ほかのETCカードのほうがよいかもしれません。

エポスETCカードを申し込もう

エポスETCカードとは、エポスカード以外の専用カードのことです。ETCに利用でき、エポスカードと同時に請求され、分割やリボ払いもできます。申し込む際はネットから可能です。エポスカードを持っていない人は、一緒に申し込みすることもできます。
エポスETCカードのメリットは、年会費がかからないことです。通常のエポスカードのように、エポスポイントも入手できます。利用履歴がスマホでチェックでき、紛失や盗難の補償もついてくるでしょう。
エポスETCカードのデメリットは、ポイント還元率が低いことです。通常のカードはポイント有効期限も設定されているため、早めに使用することをおすすめします。また、家族で複数枚所持できる家族カードもありません。
こうしたデメリットもありますが、年会費無料でポイントがついてくることは大きなメリットではないでしょうか。エポスETCカードの申し込み自体も簡単ですので、この機会にクレジットカードと一緒に作ってみませんか。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事