auWALLETカードを紛失した時は?再発行と停止手続きの方法

auWALLETカードを紛失した時は?再発行と停止手続きの方法

カード 2018.11.26

カードの種類別に再発行方法を紹介

買い物やauの毎月の支払い料金でポイントがたまるauWALLETカード。200円で1ポイントずつ貯まり、ポイントはスマートフォンやアクセサリーの購入代金として、使うことができます。現金をチャージしたり、ポイントが貯まったカードで、コンビニやスーパーでさっと支払いをすることができ、au利用者であれば持っている方も多いカードになります。
auWALLETには「プリペイドカード」とVISAなどと提携している「クレジットカード」がありますが、こちらを紛失してしまった場合は、どうすればよいのでしょうか。まずは落ち着き、速やかに連絡をすることが大切です。ゴールドカードもありますが、一般的に持っている人の多いライトの紛失時の手続きについて、詳しくみていきましょう。

au WALLETプリペイドカードの再発行

持っている人の多いプリペイドカードは、クレジット機能が付いていないカードになります。貯まったポイントを現金の代わりに、お店などで使うことができます。プリペイドカードを紛失した場合の手続きについて、確認していきましょう。

24時間対応の窓口に電話

紛失に気が付いても、しばらくしたら見つかるだろうと様子をみる人や、焦ってしまいauショップへ駆け込む人もいます。紛失時は気持ちを落ち着かせ、不正利用を防ぐためにも、カード残高の利用停止を真っ先に行います。
まずは「auWALLETカードお問い合わせ窓口」に連絡しましょう。再発行はせず、利用停止だけであれば、アプリまたはWEBサイトからでも可能です。お問い合わせ窓口の電話番号は、0120-977-964。拾得や紛失は24時間受付をしています。通話料はかかりません。

再発行は無料でできる

カードの再発行は上記の電話番号0120-977-964に電話をした際に、利用停止手続きと一緒に再発行手続きをしてもらうことができます。新しいカードは番号が変わり、1週間程度で登録住所に郵送されてきます。再発行に手数料はかからず無料です。
また、プリペイドカードのポイント残高は、新しいカードが届き、利用開始手続きをした時点で、自動的に移行し引き継ぐことができます。再発行は利用停止手続きと同時に電話で可能なため、手間もかからず簡単に行うことができます。

不正利用されても100万円まで補償

プリペイドカードは現金をチャージして使う方も多く、残高がたくさん残ったまま紛失してしまった場合、不正利用が心配になる方が多いでしょう。auWALLETカードは、万が一不正利用されても、auスマートパス会員に入会しており、保険会社の審査基準を満たしていれば、最大100万円までの保障を受けることができます。
保障は年1回のみで、申告した日の10日前までの保障を受けることができ、新しいカードへ自動的に入金されます。auスマートパスは月々数百円でさまざまな保障のほかにも、無料アプリや映画割引、飲食店のクーポンなどがあるお得なサービスです。auを利用している方はサービスに加入しておくと安心です。

au WALLETクレジットカードの再発行

auWALLETには、VISAやMasterCardが併用したクレジットカードもあります。一般的なカード同様、ショッピングで現金の代わりにカードで支払いを行うことができ、1カ月の利用分がまとめて翌月に請求されます。分割やボーナス払いもでき、ポイントもお得に貯まります。

利用停止の窓口は海外からにも対応

クレジット機能がついたカードは、悪質な不正利用をいち早く止める必要がある為、紛失に気付いたら速やかに、窓口に連絡をすることが大切です。国内からは0120-994-388(無料)、つながらない時は、03-6758-7388(有料)。年中無休で24時間対応しています。
またクレジットカードを海外で紛失した場合は、+81-3-6758-7388(有料)で対応可能です。クレジットカードを失くしてしまったら、同時に警察への紛失届も忘れないように行いましょう。保障を受ける際は紛失届出番号が必要になります。番号は控えておくようにしましょう。

再発行に手数料がかかる可能性

再発行は無料で行われることが多いですが、クレジットカードの場合、手数料が発生することがあります。手数料がかかる場合の例としては、カード紛失が本人過失の場合やauの携帯電話、auひかり回線などと契約していない場合も、手数料が発生します。
再発行手数料がかかるかどうかは、紛失時の電話窓口で確認してもらうことができます。再発行手数料がかかる場合には1,000円(税抜)になります。新しいカードの再発行手続きが完了したら、7~10日程でカードが郵送されてきます。

補償は最大60日間うけられる

クレジットカードはVISAやMasterCardと提携しており、紛失時には「他人に使われてしまうのでは?」という心配がつきものです。万が一不正利用された場合、申告した日からさかのぼって60日間は、保障を受けることができます。プリペイドの保障期間は10日前までなので、それより長い期間の保障になります。
こちらも審査があり一定の条件を満たしている必要があります。また注意しておきたい点として、カードの裏に署名していなかった場合、保障対象外になることがあります。警察への紛失届時の番号も必要になることがある為、控えておくようにしましょう。

カード紛失時のよくある不安

カードを紛失してしまった場合の残高はどうなるのでしょうか。また、紛失して再発行手続きをした後に、カードが見つかることもよくあります。その時の対応を把握しておくと安心です。

プリペイドの残高はどうなるのか

プリペイドカードは貯めたポイントだけではなく、手軽に利用できることから、自分で現金をチャージして利用する方も増えています。その場合は残高がたくさん残っている場合もあり、カードを紛失した場合はとても心配になります。
カードの再発行は違うカード番号で再登録され、新しいカードが郵送されてきます。届いたら利用手続きを行いますが、その時点で自動的に残高は引き継ぎされるので安心です。アプリを登録しておくと、利用状況や残高を簡単に確認することができ、便利です。

失くしたカードを発見した時の対応

紛失し再発行手続きをした後に、カードが見つかることもあります。その場合は見つかったカードは利用停止になっており、新しいカード番号が登録され郵送されてくるため、古いカードはハサミで切って処分するようにしましょう。
もし、アプリやWEBでカードロックだけ行い再発行の申し込みをしていなければ、ロックを解除すれば、そのカードを使うことができます。また、警察に紛失届を出している場合は、見つかった際には連絡をいれるようにしましょう。

WALLETカードを紛失しないコツ

カードを失くしたら再発行は可能ですが、気持ちは焦ってしまいます。またなぜかよくカードを紛失してしまう人もなかにはいます。ここではauWALLETカードを紛失しないコツを押さえておきましょう。

Apple Payでカードレス

auWALLETのプリペイドカードを、iphoneにアプリで設定しておけば、コンビニやスーパーの加盟店で「クイックペイで支払います」といい、スマートフォンを端末にかざすだけで、ショッピングが可能になります。カードを出し入れする必要が無く、紛失する心配も減りおすすめです。
プリペイドだけではなく、クレジットも両方対応しています。クイックペイ加盟店は、最寄にもたくさんあり、ほとんどのコンビニやスーパー、全国チェーンの飲食店などで対応しています。

紛失防止のタグをつける

紛失防止タグは、おもにネットで販売されており、財布やスマートフォンにタグを付けて利用します。最小クラスのものであれば、わずか2.4gほどでデザインも薄型です。種類はたくさんあり、シンプルなものから可愛いものまでさまざまです。
専用アプリと連動させ、指定したものが離れるとアラームでお知らせします。1年程度はもちますし、よく置き忘れしやすい人にはおすすめの方法です。

再発行は慌てず窓口に連絡しよう

auWALLETカードをいつも利用している人は特に、紛失してしまったらとても焦ってしまいますが、まずは落ち着き、すぐに窓口に連絡をすることが1番大切です。
利用停止と共に、再発行の手続きや手順まで丁寧に対応してもらえます。万が一紛失した時の為にも、auスマートパスに加入しておくとさらに安心です。持っておくと便利なauWALLETカードを活用し、もし失くした時は、慌てず速やかに連絡するようにしましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事