auウォレットカードの上手な使い方|その特徴とポイントの貯め方

auウォレットカードの上手な使い方|その特徴とポイントの貯め方

家計の知恵 2018.11.28

au利用者だけが使えるau WALLET

au利用者だけが使えるauWALLETプリペイドカードは、買い物や毎月の通信量の支払いなどをするだけでポイントがざくざく貯まるお得なカード。対象のクレジットカード加盟店であれば、どこでも使用可能。au利用者だけが使えるお得なauWALLETの便利な使い方などを見てみましょう。

au WALLETプリベイトカードの使い方

auのIDを取得していることが前提となるauWALLET。auWALLETプリペイドカードの使い方について見てみましょう。

au WALLETを手に入れる

auWALLETを利用したいと思うなら、まずはauWALLETを手に入れる必要があります。auのスマホ、もしくは携帯電話での個人契約やauひかりの個人契約をしていて、auIDを取得している人のみauWALLETの契約が可能。auWALLETは、auショップまたはauの取り扱いがある店舗で入手することができます。
また、auIDを取得済であればインターネットから最短2分で申し込み可能。自分に合ったスタイルでauWALLETを手に入れましょう。

au WALLETの利用手続きをする

auWALLETが手元に届いたら、パソコンやスマホでアプリをダウンロードしてカードとアカウントを紐付ける必要があります。「ご利用開始のお手続き」を完了しなければauWALLETを使用することはできません。利用規約をしっかりと確認し、納得してから同意することが大切です。
「これでお手続きは完了です」の文字が表示されたら利用手続きが完了しています。お金をチャージすれば、いつでも使用できる状態になっています。

お金をチャージする

auWALLETのプリペイドカードは、お金をチャージして使うことができます。一般的なクレジットカードのように、あとから引き落とされるのではなく即時カード内のお金を引き落とすので使いすぎる心配がありません。肝心のチャージ方法は、auかんたん決済・じぶん銀行・auポイント・現金などさまざま。
auかんたん決済とじぶん銀行に関してはオートチャージの設定も可能なので、残高不足の不安がありません。auWALLETのチャージ金額は100万円が上限となっているので、高額使用予定があるときは注意しましょう。

レジでクレジットカードと同じように決済

auWALLETの使用方法ですが、クレジットカードと同様でOK。レジで会計をする際、一括払いであることを店員に伝えれば大丈夫です。auWALLETプリペイドカードは、クレジットカードと同様の使用方法ですが分割払いはできないので注意しましょう。
また、クレジットカードと同様にサインが必要になることもあります。auWALLETプリペイドカードは、インターネットでの買い物にも使用可能。一括払いであれば、リアルでもネットでもクレジットカード支払いと同様に使うことができます。

au WALLETの特徴

クレジットカード感覚で使えるauWALLET。auWALLETの特徴について見てみましょう。

au WALLETプリベイトカードのブランドはMastercard

auWALLETプリペイドカードのブランドは、国内外問わず使用可能なMastercard。Mastercard加盟店であればクレジットカードと同様に使うことができ、コンビニやスーパー、百貨店などでのショッピングのほか、飲食店やインターネットによる通販など幅広く使うことができます。
一般的なクレジットカードと同様に、プリペイドカードでありながらポイントも付いてお得。基本は200円で1ポイントですが、ポイントアップ店舗や期間限定でポイントアップなど還元率は利用する店舗やイベントによっても異なります。

au WALLETクレジットカードではプリベイトカードにはないサービスが付く

auWALLETには、プリペイドカードだけでなくクレジットカードもあります。クレジットカードにはノーマルとゴールドの2種類があり、ポイント還元率はプリペイドカードよりも高くなります。家族カードやETCカードの発行も可能。
ノーマルクレジットカードなら家族カード・ETCカード共に年会費無料。さらに、プリペイドカードにはない海外旅行あんしん保険や紛失・盗難補償など、付帯保険サービスがあります。

ポイントを貯めよう

現金支払いをしているのなら、現金をauWALLETにチャージして買い物する方が断然お得。いつもの買い物の支払い方法をauWALLETに切り替えてポイントを貯めましょう。

auの通信サービスの利用でたまる

au利用者がお得にポイントを貯めることができるauWALLETなので、毎月の支払いもポイント付与の対象になっています。月々のauスマホ・携帯電話の基本使用料・通話料やauひかりの固定電話などの通信サービスの利用など、利用額1,000円(税抜)ごとに10ポイント貯まります。仮に、毎月のスマホ使用料が基本使用料と通話料が8,000円だった場合80ポイント付与。
ただし、有料サイト利用料や消費税、各種手数料、auかんたん決済利用料金、固定通信ネットサービス料、機器レンタル費用はポイント付与対象外になります。また、契約プランによってもauWALLETポイント付与対象外となっているものがあるので、事前にauショップやauを取り扱っている店舗で確認しましょう。

ポイントがさらに加算される店がある

auWALLETのプリペイドカードでは、通常200円(税込)で1ポイント付与になりますがセブンイレブンやイトーヨーカドーなどでは200円(税込)ごとに2ポイント。さらに、マツモトキヨシやトモズなどのドラッグストアやココス、かっぱ寿司といった飲食店などでは200円(税込)ごとに3ポイントにアップ。
日頃、現金支払いで利用している店舗をauWALLETに切り替えた方が断然お得になります。ポイントアップ店舗は、スーパーやコンビニ、居酒屋、映画館、家電量販店など幅広く揃えられているので、auのホームページやauWALLETのアプリで確認しましょう。

チャージでポイントがたまる

auWALLETへのチャージ方法をauかんたん決済もしくはクレジットカードにすれば、auWALLETのポイントとクレジットカードのポイントの2種類を貯められますので、さらにお得感が実感できます。auかんたん決済の場合、口座振替指定ではポイントの二重取りはできませんが、au使用量の支払い方法をクレジットカードに指定していれば可能です。
auかんたん決済でauWALLETにチャージできるクレジット会社は、auWALLETクレジットカード・セゾンカード・UCカード・MUFGカード・DCカード・NICOSカード・楽天カード・イオンカード・TS CUBICカード・セディナカードなどです。
また、ブランドはMastercardもしくはVisaに限られ、一部のクレジット会社ではJCBもOK。クレジットカードのポイント還元率は各種クレジット会社によって異なります。

ポイントの使い方

貯まったポイントはどのように利用すれば良いのか。貯まったポイントを無駄にしない使い方について見てみましょう。

auの利用料金に充てたり機種変更やオプション品に使える

auWALLETポイントは、毎月のau利用料金への充当が可能。ただし、3,000ポイント以上貯まっている場合に限られます。また、機種変更の際のauスマホ・携帯電話代金やアクセサリー代金、修理代金に充てることも可能なのです。
さらにネットショッピングやデータチャージ、ゲームや楽曲などのデジタルコンテンツ購入にauかんたん決済を選択したときもポイントを使うことができます。auWALLETポイントは、さまざまな商品の購入費用に充当できる便利でお得なポイント制度です。

au WALLETカードにチャージして使う

auWALLETのプリペイドカードは、デビットカードやクレジットカードとは異なり、プリペイド形式なので使用前にお金をチャージする必要があります。クレジットカードでお金を使いすぎてしまう心配がある人も、使用予定金額をチャージしておけば使いすぎることはないので安心。
クレジットカードのように、翌月や翌々月支払いでお金が足りなかったという心配がありません。また、auWALLETポイントは100ポイント単位でチャージが可能。貯まったポイントをチャージして、ポイントで買い物をしながらポイント付与もできます。

auを利用しているならau WALLETを使おう

au利用者だけが作れるauWALLETのプリペイドカード。買い物をするたび、月々のスマホや携帯電話の基本使用料・通話料や通信サービスの利用料を支払うたびポイントがざくざく貯まる便利なカードです。au利用者だけが使えるauWALLETでお得な買い物を楽しみましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事