MIカードのポイントのお得な貯め方と使い方を徹底ガイド

December, 02, 2018

記事が良かったらシェアして下さいね♪

MIカードのポイントを使いこなしたい

2018年3月にMIカードスタンダートとして生まれ変わったMIカード。
百貨店で買い物をする人に限らず、認知度の高いクレジットカードです。
以前は割引特典でしたが、ポイント特典へとリニューアルし、ますますお得に利用できるようになっています。

MIカードのポイントは、利用する店舗やサービスによってポイント還元率が異なります。
カードを利用する場所によっては最大30倍ものポイントがつくこともあります。
そのため、賢くポイントをためて使いこなすには、ちょっとしたポイントをおさえておくことが大切です。
ここでは知って得するポイントをためる方法について説明します。

UKANOイメージ

効率的にMIカードポイントを貯めるには

MIカードポイントは、スーパーやコンビニ、旅行の予約など、毎日の買い物で簡単にためることができます。
三越や伊勢丹などの百貨店での買い物に限らず、日常生活の中でポイントがためられるので、便利で使いやすいポイントカードといえます。
ここでは、より効率的にMIカードポイントをためる方法について説明します。

買い物や公共料金の支払いでポイントを貯める

MIカードポイントは、基本ポイントとして200円につき1ポイント、つまり、0.5%分のポイントをゲットできます。
ゴールドカードについては1.0%分のポイント付与となります。
この基本ポイントは、スーパーやコンビニ、ネットショップでの買い物、電気ガス水道や携帯料金、家族旅行のチケット予約などでもたまります。

日常生活のあらゆる場所でMIカードを利用することで、よりポイントがたまりやすくなるため、MIカードをメインカードとして使うのがおすすめです。

特定のお店の利用でポイントアップ

さらに、特定のお店でMIカードを使うとポイントがたまります。
例えば、MITUKOSHIやビッグカメラ、LUCASAなどではポイント還元率が1.0%~3.0%、一休.comは200円につき5ポイントと非常にお得です。
また、MIポイントワールド経由して各ショップで買い物をすればポイントが最大30倍たまります。

ネットショッピング、お中元やお歳暮などの贈り物、友人への誕生日祝いなど、利用できるシーンは豊富にあります。
ポイントが最大30倍になるため、MIポイントワールドは効率よくポイントをためたい人にとって欠かせないサービスといえます。

使わない他社のポイントから変換

MIポイントは相互交換も可能です。
例えば、MIポイント1,000ポイントをWAON POINT1,000ポイント分へ交換、JTBトラベルPOINT1,000ポイントをMIポイント1,000ポイントに交換、TLC、中部電力、中国電力、itsmonコインなど他社ポイントをMIポイントへ交換するなどです。
交換可能なジャンルが広いので、ポイントの使い道が豊富で無駄がありません。

ポイントの相互利用、交換レートや交換方法に関する詳細は、MIカードの公式サイトや交換可能な他社のホームページを参照してください。

ポイントの還元率はカードの種類で変わる

ポイント還元率は、MIカードの種類によって異なります。
例えば、MIカードプラスやゴールドカードは、基本ポイントは1.0%で、年間利用料に応じて翌年のポイント還元率が最大10%までアップします。
つまり、MIカードプラスやゴールドカードは、使えば使うだけポイント還元率があがるというわけです。

また、ミーツ MIカードやラシックMIカードはポイント付与が最大3倍になります。
ポイント付与や還元率についてはMIカード公式サイトにて確認できます。

UKANOイメージ

ポイントを無駄にしない上手な使い方

せっかくためたポイントなのに、使わないまま有効期限切れになった、どう使っていいか分からないから放置しているなど、無駄にするのはもったいないです。
ここではポイントを無駄にしない賢い使い方について説明します。

現金代りにポイントでの支払い

たまったポイントは、三越伊勢丹グループの百貨店で1ポイントにつき1円単位で使えます。
支払いの際にレジにてポイントを使う旨を伝えればポイントで支払いができます。
なお、金券の購入や三越伊勢丹海外店など一部の店舗等でポイントが使えないこともあります。

他社のポイントへ交換する

たまったポイントはJALやANAのマイル、WAONポイントへの交換も可能です。
他にも、ニトリやスターバックス、すかいらーく、ビッグカメラなどのポイントに交換できます。
交換手続き完了までは3~10日程度かかります。
交換できる場所が多いのもMIカードポイントの特徴です。

寄付としてポイントを使う

MIポイントは、東京と京都の国立博物館、国立科学博物館、鎮守の森のプロジェクト(震災の復興支援)への寄付として使うこともできます。
寄付は1回につき、最低100ポイント以上からで、手続きの際に三越伊勢丹WEB会員登録が必要です。
たまったポイントで社会貢献ができるのはMIカードならではです。

UKANOイメージ

MIカードのポイントの注意点

MIカードは、ポイントがたまりやすく、使える場所も豊富で利便性のよいカードですが、利用においていくつか知っておきたいことがあります。
ここでは注意点について説明します。

ポイントには有効期限がある

ポイントの有効期限は、最短13カ月、最長25カ月で、入会月の6日から1年間ごとに加算期間が設定されます。
有効期間中に獲得したポイントは、期間後から1年後の入会月の翌月5日まで使えます。

加算期間の始まりに獲得したポイントは最長である25ヶ月、加算期間の最終日に獲得したポイントが最短の13ヶ月までが有効期間になります。
期限を過ぎてしまうと無効になるので注意が必要です。
ポイントの有効期限については、MIカードアプリなどで確認できます。

ボーナス払いのポイントは1%

MIカードでクレジット払いをする際、支払い方法をボーナス一括払いにした場合、ポイント還元率は1.0%になります。
ボーナス払いとしてまとめられる期間は、加盟店やカードの種類で異なります。
なお、ボーナス一括払いの支払い月は7月と12月で、手数料はかかりません。

ボーナス払いでまとめ買いをする、大きな買い物はボーナス払いにするなど、支払い方法を工夫することで、7よりポイントがためやすくてお得です。

UKANOイメージ

生活や趣味でMIカードのポイントは活躍

MIカードは、三越や伊勢丹などの百貨店だけでなく、ネットショッピング、旅行、レストラン、カフェなど、私たちの生活のなかで活躍してくれるクレジットカードです。

さらに、買い物をすればポイントがたまり、たまったポイントも使い道が豊富です。
幅広く使えるカードMIカードをメインカードをして利用すれば、家計の節約にもなって一石二鳥です。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

記事が良かったらシェアして下さいね♪