持つ人が増えているSuica | オートチャージで便利に使おう

持つ人が増えているSuica | オートチャージで便利に使おう

家計の知恵 2018.12.04

便利なオードチャージ機能

Suicaは使い慣れると、便利なため手放せなくなります。しかしチャージ残高が少なくなるたびにチャージをするのは面倒。そんな人のために便利なオートチャージ機能について見ていきましょう。

suicaの特徴

使用している人が多いSuica、Suicaの基本情報、特徴を知っておきましょう。

JR東日本のICカード

SuicaとはJR東日本が発行しているICカードで、鉄道やバスの公共の交通機関、提携先企業の店舗での買い物などで簡単に利用できます。使い方はSuicaカードを読み取り機にふれるだけ、運賃や商品購入の支払いができ、お財布いらずでとても便利なカードです。

乗り越し時も安心

通勤などにJRを利用していて、「Suica定期券」を持っている人、休日などに定期券の範囲区間外まで乗車しても、追加区間分のきっぷ購入や、窓口精算をする必要はありません。Suicaカードに事前にチャージ(入金)しておけば、定期券の範囲区間外まで乗車しても、自動改札機を通過する際に自動精算されます。

全国で利用可能

「全国相互利用サービス」というサービスがあり、Suicaもこのサービスを利用できるカードになっております。全国相互利用サービスとは、、所有している1枚のカードで、各サービスエリア内において、鉄道やバスの交通機関、加盟店の店舗で利用可能となるサービスです。
全国相互利用サービスを利用できるSuicaは、北海道から九州まで各エリアで幅広く使用することができます。ただし、各サービスエリアをまたがった乗車には利用できません。

買い物もできる

Suicaの印象は、「電車もしくはバスを利用するときに便利に使える!」が強いと思いますが、買い物の支払いにも使用できるカードです。コンビニなどでは、買い物の支払い以外にもチャージもできます。Suicaが使える主なコンビニは以下となります。

  • NewDays:JRの駅ナカコンビニ
  • セブン-イレブン
  • ローソン(スリーエフ)
  • ファミリーマート(サークルKサンクス)
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ

また、コカ・コーラなどの自動販売機でもSuicaを利用して飲料水の購入ができます。

再発行で安心

万一Suicaを紛失してしまっても、「My Suica(記名式)」、「Suica定期券」の場合は、再発行が可能となっています。紛失した場合は、Suica、PASMOエリア内の駅の窓口に連絡しましょう。
ただし、再発行には、カード名義人の「氏名」、「生年月日」、「性別」の情報が必要です。券売機にて、「My Suica(記名式)」、「Suica定期券」を購入するときに、「氏名」、「生年月日」、「性別」、「連絡先の電話番号」を正確に入力しておきましょう。
また、Suicaカード裏面右下に記載されているカード番号(JE・・・)でカード特定が可能ですので、控えておくとより安心です。

suicaの種類

Suicaの種類が複数あるのをご存じでしょうか。Suicaの種類について知っておきましょう。

普段使いで便利なカードタイプ

電子マネーとしても使用できるSuicaはカードタイプで、「Suica定期券」、「My Suica(記名式)」、「Suicaカード」の3種類があります。各カードの特徴などは以下の通りです。

  • Suica定期券:おもな機能は定期券となりますが、入金(チャージ)しておくことで、定期券の区間外で乗降車したときに、自動改札機にてタッチするだけで自動的に区間外運賃を精算できます。
  • My Suica(記名式):本人のみが利用できるカードで、入金(チャージ)しておくことで、自動改札機にタッチしたときに自動で乗車区間の運賃精算ができます。
  • Suicaカード:誰でも利用できるカードで、入金(チャージ)しておくことで、自動改札機にタッチしたときに自動で乗車区間の運賃精算ができます。

携帯端末といっしょになったモバイルSuica

Suicaと携帯端末(スマートフォン)を一体化した「モバイルSuica」。モバイルSuicaは、携帯端末の「おさいふケイタイ」機能を利用したアプリケーションでとても便利に利用できます。
モバイルSuicaでは、新幹線の指定席および自由席を購入し、切符(チケット)情報をダウンロードしておくだけで、携帯端末を自動改札機にタッチすれば、新幹線(東北、山形、秋田、北海道、上越、北陸)に乗車できる「モバイルSuica特急券」も利用できます。

Suicaつきのクレジットカード

定期券タイプや通常タイプのSuica以外にも、Suica機能が付帯したクレジットカードがあります。Suicaつきクレジットカードについて見てみましょう。

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラやコジマ、ソフマップをよく利用する人は、「ビックカメラSuicaカード」がおすすめです。
キャンペーン期間中にビックカメラSuicaカードに新規で入会すると、最大8,000円分のポイントがもらえます。また、キャンペーン特典として以下JRE POINTプレゼントも実施しています。

  • ?カードの利用合計2万円(税込)ごとに1,000JRE POINTプレゼント
  • ?オートチャージを3,000円以上利用すると1,000JRE POINTプレゼント

ビックカメラ、コジマ、ソフマップで効率よくポイントをためたい、年会費無料、定期券およびきっぷ購入でもポイントをためたい人におすすめの1枚です。クレジット払いでSuicaへチャージすると、ポイントが1.5%還元され、チャージしたSuicaで支払いをすれば、ビックポイントもたまって大変お得です。

イオンSuicaカード

イオン系列店舗をよく利用する人は、「イオンSuicaカード」がおすすめです。キャンペーン期間中にイオンSuicaカードにWeb限定で新規入会すると、もれなく1,000ポイントのときめきポイントがもらえます。
また、入会後カードショッピングを利用した場合、20,000円(税込)以上利用で2,000ポイント、50,000円(税込)以上利用で5,000ポイントのときめきポイントをもれなくもらえます。イオンカードにSuicaが付帯していますので、デポジット無料でSuicaが使用でき、以下特典も利用できます。

  • ときめきポイントをSuica(電子マネー)に交換
  • イオングループの対象店舗で、ときめきポイントがいつでも2倍
  • 毎月20、30日の「お客さま感謝デー」は買い物金額が5%OFF

ビュー・スイカ カード

電車をよく利用する人は、「ビュー・スイカカード」がおすすめです。
Suica、定期券、JRE POINTカード、クレジットカードを1枚に統合した非常に利便性が高いカードで、通勤や買い物、コンビニや自動販売機での支払い、すべてをまかなえるカードとなっていて、クレジット払いでSuicaにチャージするとJRE POINTがたまり、たまったJRE POINTもSuicaにチャージできます。
年会費は477円(税抜)かかりますが、利用代金明細書をWeb明細に変更するとJRE POINTが最大600ポイントもらえるので、年会費分以上のポイントがたまります。ビュー・スイカカードはオンラインで申込むと、「口座振替依頼書」、「本人確認書類」の郵送が不要で、最短1週間でカードが発行されます。

ルミネカード

ルミネ、NEWoMan、ネット通販アイルミネをよく利用する人は、「ルミネカード」がおすすめです。
キャンペーン期間中にオンラインにて新規入会すると、もれなく500ポイントのJRE POINTがもらえます。また、入会後ルミネ各店舗でカードショッピングを10,000円(税込)以上利用すれば、3,000ポイントのJRE POINTがもらえます。ルミネカードでは、以下特典も利用できます。

  • ルミネでの買い物でいつでも5%OFF、年に数回10%OFF
  • 新宿駅のNEWoManで割引
  • ルミネのネット通販「アイルミネ」でいつでも5%OFF

JRE CARD

駅ビル、JRE CARD優待店、ショッピングサイトJRE MALLをよく利用する人は「JRE CARD」がおすすめです。
キャンペーン期間中に新規入会すると、もれなく2,000ポイントのJRE POINTがもらえます。また、入会後オートチャージを合計3,000円以上で500ポイントのJRE POINT、JRE CARD優待店でクレジット払いを合計5,000円(税込)以上で1,000ポイントのJRE POINTがもらえます。
さらに、クレジット払いを合計50,000円(税込)以上で2,500ポイントのJRE POINTがもらえます。JRE CARDでは、以下特典も利用できます。

  • 駅ビル、JRE MALL利用で3.5%ポイント還元
  • Suicaチャージや定期購入で1.5%ポイント還元

JALカードSuica

航空機、特に日本航空(JAL)ををよく利用する人は「JALカードSuica」がおすすめです。
キャンペーン期間中にWeb受付で新規入会すると、5,000マイル + JRE POINT500ポイントがもらえます。また、入会後航空機(JAL)に搭乗すると「入会搭乗ボーナス」で最大5,000マイル、「JALカードショッピングマイル・プレミアムの入会ボーナス」で500マイル、「JALカードアプリダウンロード、ログインボーナス」で100マイルがもらえます。
JALカードSuicaを日ごろの買い物、公共料金の支払いなどで「月々約100,000円、年間で約1,200,000円」を利用したとすると、以下マイルがたまります。

  • 半年間:6,000マイル
  • 1年間:12,000マイル

ただし、JALカードショッピングマイル・プレミアム(年会費3,240円(税込))に入会している場合の計算となります。(通常200円=1マイルが、100円=1マイル)

大人の休日倶楽部ミドルカード

満50歳以上で、旅行好き特に鉄道の旅を楽しみたい人は、「大人の休日倶楽部ミドルカード」がおすすめです。
キャンペーン期間中に新規入会すると、2,000ポイントのJRE POINTがもらえます。ただし、キャンペーンにはエントリーが必要です。大人の休日倶楽部ミドルカードでは、以下特典も利用できます。

  • きっぷの購入金額が何回でも5%OFF
  • びゅう国内旅行商品が同行者も含めて5%OFF

ANA VISA Suicaカード

航空機、特に全日本航空(ANA)ををよく利用する人は「ANA VISA Suicaカード」がおすすめです。
ANA VISA Suicaカードに新規入会すると、最大21,500マイル + Suicaチャージ1,000円分がもらえます。ANA VISA Suicaカードでは、ANAカードマイルプラス提携店舗、対象商品を利用の際にクレジット払いすると、クレジットカード会社のポイントとは別にマイルがたまります。ANA VISA Suicaカードでは、以下特典も利用できます。

  • ANAカード会員専用運賃(割引運賃)
  • 空港内店舗「ANAFESTA」での買い物で10%OFF
  • 機内販売の買い物で10%OFF
  • ショッピングサイト「A-style」での買い物で5%OFF

便利なオートチャージ

Suicaの便利な機能の1つである「オートチャージ」。オートチャージについて見てみましょう。

自動改札機にタッチでチャージされる

オートチャージは、Suicaで自動改札機にタッチして精算した後、Suica残高がオートチャージの残高設定金額以下の場合、自動でSuicaチャージされる機能です。ただし、事前に以下のオートチャージの設定をしておく必要があります。

  • オートチャージ機能の申込み有/無
  • オートチャージされるSuica残高
  • オートチャージでSuicaにチャージされる金額

Suica及びPASMOエリアで利用可能

オートチャージ機能は、JR東日本のSuicaエリア(首都圏、仙台・新潟エリア)、首都圏の各社私鉄や地下鉄などのPASMOエリアで利用できます。ただし、一部のSuica簡易改札機や、私鉄との相互乗り換え用改札機、新幹線の自動改札機では利用できません。
また、仙台市の地下鉄でicscaエリアでも利用できませんのでご注意ください。

設定はATMや携帯から確認できる

オートチャージ機能の設定(オートチャージ機能の申込み有/無、各種金額の設定など)を確認、変更したい場合は、以下の方法にて簡単にできます。

  • カードタイプのSuica:JRの駅構内に設置されているATMの「VIEW ALTTE(ビューアルッテ)」を使用して確認および変更可能。
  • モバイルSuicaおよびApple Pay:携帯端末から確認および変更可能。オートチャージの設定が完了している場合は、同画面にて設定についても確認することができます。

オートチャージの利用方法

Suicaを使用しているが「オートチャージ」は利用していない人。便利なオートチャージの利用方法について見てみましょう。

カードタイプは決済用のビューカードを準備

Suica定期券やMy SuicaなどのカードタイプのSuicaを利用している人は、所有しているSuicaと決済用のクレジットカードを提携(リンク)させることで、オートチャージを利用できるようになります。
JRの駅構内に設置されているATM「VIEW ALTTE(ビューアルッテ)」を使用して提携(リンク)させることができます。ただし、オートチャージ決済用のクレジットカードは「ビューカード」のみとなりますのでご注意ください。

Suica付きビューカードなら簡単

Suica付きビューカードの入会申し込みをするときに、オートチャージ機能の利用を設定することができます。申込み方法は以下となります。

  • インターネット:オンライン入会画面で「オートチャージサービスを利用しますか?」の質問に「はい」を選択する
  • 郵送:入会申込書の記入時に「1.利用する」に丸印を付けて申し込む

どちらの申込み方法でも、Suicaチャージ残高が1,000円以下のときに3,000円が自動チャージされるように設定されたカードが届きます。

モバイルSuicaはビューカードで登録する

モバイルSuicaを利用している人は、モバイルSuicaの画面からビューカードを登録し、オートチャージの設定をすることで利用できるようになります。
初めてモバイルSuicaを利用する人は、申込み時にクレジットカード登録を「ビューカード」で登録すると、オートチャージが利用できるようになります。

オートチャージできるビューカードSuicaのメリット

オートチャージ機能を利用でき、便利なカードである「ビューカードSuica」。ビューカードSuicaを利用するメリットについて見てみましょう。

様々なポイントがつく

ビューカードSuicaでは、年間の利用額に応じたサービスポイントがもらるなど、数多くのお得な特典があります。おもな特典は以下の通りです。

  • 1,000円利用ごとに、ビューサンクスポイントが2ポイントたまる。還元率0.5%
  • カード利用明細書をWeb明細に変更すると、ビューサンクスポイント600円相当がもらえる。
  • Suicaへのチャージ(オートチャージ含む)で、ビューサンクスポイントが3倍になる。還元率1.5%
  • JRの定期券、乗車券、回数券、特急券の購入で、ビューサンクスポイントが3倍になる。還元率1.5%
  • Suicaで買い物をすると、Suicaポイントがたまる。

ポイントを電子マネーに交換できる

Suicaや定期券などへチャージすることで、通常のカード払いの3倍のポイントがたまるなど、カードを利用すると様々なポイントがたまります。たまったポイントをSuicaの電子マネーに交換することができます。
ただし、ポイントの有効期限は2年間となっていますのでご注意ください。

持ち歩くカードが少なくなる

ビューカードSuicaは、「クレジットカード、Suicaカード、定期券」の3種類の機能を1枚に集約させた高性能なカードです。ビューカードSuicaの国際ブランドは「VISA、Master Card、JCB」から選択でき、クレジットカードとしても幅広く利用できます。
定期券の機能、電子マネーの機能、クレジットカードの機能と利用できる幅が広いため、複数枚のカードを持ち歩く必要がなくなります。

モバイルSuicaの年会費が無料になる

ビューカードSuicaは、モバイルSuicaと連携(リンク)させることでさらに利便性があがります。また、モバイルSuicaの年会費、953円(税抜)も無料になります。
モバイルSuicaとは、携帯端末に搭載している「おサイフケータイ」機能を利用してSuicaカードの機能を使用するアプリです。モバイルSuicaの特徴は以下の通りです。

  • 鉄道を利用した場合、JR東日本以外の自動改札機でもオートチャージできる。
  • 携帯端末からJR東日本の定期券、新幹線、特急券、グリーン券が購入できる。
  • 定期券の期限切れを事前に登録しているメール宛に知らせてくれる。
  • 電子マネーSuicaの利用歴を携帯端末で確認できる。

オートチャージできるビューカードSuicaのデメリット

オートチャージもできて便利な「ビューカードSuica」、そんな便利なカードでもデメリットは存在します。ビューカードSuicaのデメリットについて見てみましょう。

使いすぎてしまう

大変便利な電子マネーですが、実際に現金を使用しないため、現金を使っている感覚が薄くなります。電子マネーはレジなどで数字(残高)が減るだけなので、金銭感覚がマヒして使い過ぎてしまうこともあります。
とくに便利な「オートチャージ」を利用していると、残高ゼロになることがないため、よけいに使い過ぎる可能性があり注意が必要です。

ビューカードの会員になる必要がある

オートチャージ機能を利用できるようにするには、ビューカードの会員になる必要があります。オートチャージ機能を利用できるクレジットカードは、ビューカードのみとなっているからです。
オートチャージ機能は便利で使いかってもよいですが、誰もがビューカードを持っているわけではありません。オートチャージを利用するために年会費のかかるビューカードに入会しなければならないのが、デメリットの1つです。

カードを作成する為の審査がある

「ビュー・スイカ」では申込みをしてから、カードの発行審査を受ける必要があります。審査の難易度は中級クラスで、航空会社や鉄道会社、百貨店の提携カードなどと同じレベルといわれています。
普通に働いている会社員であれば、ほぼ問題なく通過できるレベルですが、過去に債務整理などの経験を持っている人は、審査通過は難しいかもしれません。

年会費がかかる

「ビュー・スイカ」カードは、年会費が477円かかります。しかし、Suicaとの連携などを考えると高機能でお得なカードで、付帯機能を有効的に利用できれば年会費は実質的には、解消できるようになっています。
年会費無料が良いと考えている人には、スイカカードの機能を網羅している年会費実質無料の「ビックカメラSuicaカード」がおすすめです。

使い過ぎないためのポイント

オートチャージもできて便利な電子マネーのSuica。もっとも避けたいのは「使い過ぎ」てしまうことではないでしょうか。Suicaを使い過ぎないためのポイントについて見てみましょう。

自分で限度額を決める

Suicaに限らず、電子マネーの機能にある「オートチャージ」は、使い過ぎてしまう傾向があります。電子マネーやクレジットカードでは財布から現金がなくならないので、使ってしまったと感じることが薄くなってしまうそうです。
電子マネーは基本的に、「チャージ分」しか利用できないものですので、オートチャージ機能は使用しないで月々のチャージ金額を決めておき、使い過ぎを防止しましょう。

普段の買い物と交通費を分ける

交通機関を利用している場合、オートチャージ機能があると助かることがあります。オートチャージ機能を設定している電子マネーは交通費用として使用し、買い物に使用する電子マネーとは分けて使うことをおすすめします。
買い物用と交通費用で電子マネーを分けることで、買い物をしていてつい使い過ぎてしまったということが無くなり、使い過ぎの予防になります。

種類を増やしすぎない

世の中には様々な電子マネーが存在します。併用して使うことは生活スタイルによって、ポイントがたまったりとお得な使い方と言えますが、複数の電子マネーを利用していると管理がずさんになり、使用金額が把握できなくなりがちです。
複数枚電子マネーを所有するならば、「買い物用 + 交通費用」もしくは「買い物用x2 + 交通費用」くらいにしておくのがおすすめです。

履歴をしっかりと確認する

便利で利用者も多い電子マネー。複数種類を使い分けている人もいると思います。しかし、どの電子マネーでも利用履歴を確認することは忘れないように注意しましょう。
ほとんどの電子マネーは、WEBサイトもしくは携帯端末のアプリなどで電子マネーの利用履歴が確認できます。定期的に利用履歴を確認して、利用金額を把握するよう習慣付けることをおすすめします。

メリットとデメリットを理解して利用する

電子マネーは交通系から始まり、複数種類のものが存在します。便利さやお得さが目立っていますが、メリットがあれば、デメリットがあることも理解しておきましょう。
電子マネー毎の使用方法、メリット、デメリットをしっかり理解して、お得に失敗しない利用を心がけましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事