アコムでのお金の借り方や手順とは|メリットやポイントを徹底調査

アコムでのお金の借り方や手順とは|メリットやポイントを徹底調査

2019.01.19

アコムでは契約完了の当日から利用可能

いつ何時、急なお金が必要になるかわかりません。そんなときのためにそなえ、アコムでのお金の借り方や手順について知っておきませんか。アコムで借入をするメリットや返済方法についても併せて理解しておきましょう。ここでは、さまざまな角度からアコムの借入についてみていきましょう。

アコムで借入をするメリット

アコムで借入をするメリットは、複数あります。まずは、正社員ではなく、非正規雇用でも審査に通ることです。また、いつでも借入でき、審査スピードはとても早いので、すぐにお金を使うこともできます。はじめて利用する人に対しては、「30日間利息なし」という特典もあります。こうしたメリットについて具体的にみていきます。

アルバイトやパートでも審査に通る

「借り入れの審査はなかなか通らない」というイメージがあるかもしれませんが、アコムは、20歳以上で安定収入があれば、問題ないといえるでしょう。
しかも、正社員だけではなく、非正規雇用でも審査に通ります。基本的には、収入の有無がキーになり、専業主婦や無職の人は、申し込み不可。連帯保証人や担保いらずで、借入していることがほかの人にばれることはありません。

いつでも借り入れができる

アコムの店舗には、ATMがあります。ATMであれば、24時間利用可能で、アコムならば手数料はかかりません。アコムATM以外でも、コンビニのATMでいつでも借入と返済ができます。「ATMに行く時間がない」、「近くにATMがない」という人は、楽天銀行の口座があれば、24時間いつでも振り込んでもらえます。

申し込み時の審査スピードが早い

アコムは、審査のスピードがとても早いこともメリットです。最短で30分で終わり、すぐに融資を受けられます。電話などの受付は、時間に制限がありますが、公式ホームページからならば土日祝日いつでも受付可能です。「3秒審査」という仮審査があり、借入可能かどうかすぐにわかることもメリットです。 

初めての利用は30日間利息無し

アコムでは、「30日間金利0円サービス」を行っています。文字通り、30日間であれば利息がないものですが、一定の条件をクリアしなければなりません。
それは、アコムにはじめて契約をした人。それから、「35日ごと」の返済期日で契約した人だけ、30日間利息なしのサービスを受けることができます。また、契約した日の翌日からこのサービスが適用されます。「借入日」ではありませんので、注意が必要です。

アコムの申し込み方法や別の借り方手順

アコムで借入をする方法は、いくつかあります。もっとも手軽なインターネット、相談できる店頭窓口、フリーダイヤルに電話、そのほかには、郵送も手段のひとつです。さらに「自動契約機むじんくん」で申し込みすることも可能ですので、それぞれの方法について詳しくみていきましょう。

インターネットで申し込む

アコムの申し込みでもっとも手軽な方法は、インターネットの使用です。パソコンやスマートフォン、タブレットがあれば、公式ホームページから24時間365日受付可能。ホームページの指示に従い、本人確認書類を提出することで、アコムから審査の連絡がきます。
すぐに手続きを完了させたいのであれば、余裕をもって営業時間内に行いましょう。ネットであれば、必要書類をコピーすることなく、アップロードするだけですので、非常に簡単です。ATM利用時に必要なアコムカードは、後日郵送されるか、自動契約機むじんくんで受け取ることができます。

店頭窓口で申し込む

インターネット以外にも、店頭窓口で申し込みできます。申込書に必要事項を記入して、本人確認書類を提出し、審査を待ちましょう。スタッフがいれば、その場で質問や返済の相談などもできますので、はじめて利用する人は安心です。注意点は、平日9:00~18:00までしか開店していませんので、夜遅くや土日は申込できないことです。

電話で申し込む

電話で申し込む人は、アコムのフリーダイヤルにTELしましょう。電話口で簡易審査が行われ、審査に通れば、必要書類を提出して契約に進みます。注意ポイントは、申し込み自体はいつでもできるものの、当日審査を希望している人は、18:00よりも前に連絡することです。そうでないと、回答が次の日になってしまいます。

郵送で申し込む

最近はあまり利用する人が少ないですが、郵送申し込みも可能です。郵送の場合は、資料請求して、書類に記入し、郵送します。審査が通ったら、契約書類が送られてきますので、必要事項を書いてアコムに送りましょう。郵送は、申し込みを慎重に検討したい人におすすめです。

自動契約機むじんくんで申し込む

自動契約機むじんくんでの申し込みは、基本的には書類を記入して、審査を待つだけですが、最短で手続きを完了させたい際は、インターネットと併用することがおすすめです。詳しい申し込み方法を解説しましょう。

むじんくんの基本的な申し込み方法

最寄りのむじんくんに行き、書類の記入をして、本人確認書類を提出します。そして審査結果を待ち、その場でアコムカードが発行されます。8:00~22:00が営業時間ですが、年中無休。むじくんの場所がわからない人は、公式ホームページやアプリで確認することができます。

最短申し込みはインターネットと併用

手早く申し込みを進めるためには、むじんくんとインターネットを併用しましょう。まずは、公式ホームページで申し込みをして、最短30分ほどの審査の時間で無人契約機に向かいます。到着したら、契約をして、カードを受け取りましょう。こうすれば、すぐに借入することが可能です。

アコムでのお金の借入と返済方法

アコムからの審査が通り、契約を交わしたら、お金の借入と返済方法について理解を深める必要があります。借入は、アコムATM以外にも、提携している金融機関やコンビニでも可能。
また、返済する際は、窓口、ATM、振り込み、ネットなど、さまざまな方法があります。こうしたアコムでのお金の借入と返済方法について詳しくみていきましょう。

借入は金融機関やコンビニでもできる

アコムで借入するとき、基本的にはアコムのATMや店頭窓口などを利用しますが、提携しているコンビニや金融機関のATMでも対応可能です。銀行であれば、三菱東京UFJ銀行、セブン銀行、イオン銀行、クレディセゾンや一部の地銀は提携しています。
コンビニは、セブンイレブンなどの一部の店舗で利用できます。借入は実に簡単であり、アコムカードをATMに入れて、暗証番号と金額を入力するだけ。硬貨ではなく、1,000円単位での借入れとなります。会員ページで借入する際は、ログインして希望額を入力すれば、銀行振り込みされます。

返済方法は選択できる

借入の返済は、さまざまな方法があります。アコムATM、銀行振込、店頭窓口、提携ATMで返済できるだけではなく、インターネットバンキング「Pay-easy」を使った返済、口座振替で自動引き落としも可能。また、期日を「35日ごと」、「毎月指定日」などから選択でき、返済日を先延ばせることは嬉しいポイントです。

手数料がかかる場合があるので注意

アコムの借入や返済には、手数料がかかる場合もあります。借入であれば、提携ATMのみ手数料を負担してください。そのため、アコムATMなどは無料となります。また返済は、銀行振込や提携ATMには手数料がかかりますが、そのほかのアコムATMやインターネット返済などはかかりません。
手数料の金額は、10,000円以下で108円、10,000円を超える場合は、216円かかります。カードを再発行する際も、324円かかりますので、無駄な出費が増えないように大切に扱うようにしましょう。

自分に合った借り方を選択しよう

急な出費にそなえて、アコムでの借入について知っておいても損はありません。アコムで借入をするメリットは、安定収入があれば非正規雇用の人でも融資を受けられ、ATMは24時間利用可能。最短30分で審査完了、30日間利息なしというメリットもあります。
申し込み方法は、インターネット、店頭窓口、電話、郵送、自動契約機むじんくん利用などさまざまあります。借入は提携先の銀行やコンビニ、返済はインターネットバンキングでも可能。
借入・返済する場所によっては、手数料がかかりますので、注意が必要です。アコムは契約した日から融資を受けられますので、お金に困ったときに大変役立ちます。

    Sponsored Link

アバター
この記事のライター UKANO 編集部

家計を強くするには3つの方法しかありません。

1,支出を減らす 2,収入を増やす 3,投資する

投資するには↓