Tポイントが貯まるクレジットカードとは?その仕組みとお薦めカード

Tポイントが貯まるクレジットカードとは?その仕組みとお薦めカード

カード 2019.01.20

クレジットカードの利用でTポイントが貯められる

Tポイントカードは、現金払いの買い物で貯められるポイントのみならず、クレジットカードにもTポイント機能がついていれば、それでもTポイントが貯まっていきます。特にクレジットカードをよく利用される人などは、Tポイントも貯まればお得に感じるのではないでしょうか。
そこで今回は、Tポイントをお得に貯めることのできるクレジットカードの詳細をメインに、Tポイントとはそのようなものなのかについて掘り下げていきます。

Tポイントとは

Tポイントというものを、ただ漠然と知っているという人も多いのではないでしょうか。そもそもTポイントとはどのようなものなのか、ここで詳しく深堀りしていきます。

提携先の全国のお店やネットで使えるポイント

全国にあるさまざまなTポイント提携先やインターネットの提携先で利用することで、ポイントを貯めてそれを買い物などに使用できるものが「Tポイント」日本全国の津々浦々で使用できます。
Tポイントの発祥時は「TSUTAYAのレンタル会員証を提携先で見せることでTSUTAYAで使えるTポイントがもらえる」というサービスでした。しかし、現在では多くの提携先として取引していた従来のポイントサービスをTポイントに切り替えるところが多くなりました。
Tポイントの「T」はTSUTAYA由来ではなく、直感からTとなったと明言しています。そしてTSUTAYAをはじめ、現在では多くのさまざまなジャンルの店舗がTポイントと提携を組んでいます。

1ポイント1円として使える

Tポイントを提携先で利用したいという場合、1ポイント1円相当として使うことができます。ポイントでさまざまな商品を交換をすることもできるますので、商品交換のために頑張って貯める人や、日々の買い物で現金として使う人もいます。貯めることと消費するという方法で、自分に合ったTポイントの使い方が可能なのです。
ただし、Tポイント1ポイントで1円という計算は、ポイントで商品交換の場合はレートが少し下がってしまうこともあるということを覚えておきましょう。

おすすめのクレジットカード紹介

Tポイントは基本1ポイント1円という計算をします。このように便利に使えるTポイント機能がついているクレジットカードの中で、どのカードがおすすめなのかをピックアップしていきます。そのときの基準は次の通りです。「大手カード」「Tポイントが効率的に貯まるカード」「有名店でお得に使えるカード」が基準です。
これらを基準として、おすすめできるクレジットカードを選びました。あまり知られていないクレジットカードよりも、大手であれば安心できますね。そして、効率的にTポイントが貯まる、というところがカードを発行する際の重要なポイントとなります。

ツタヤでの利用がお得なTカードプラス

TSUTAYAが始めたポイントサービスがTポイントなのですが、そのTSUTAYAが発行するTカード機能つきクレジットカードの「Tカードプラス」は、TSUTAYAで利用するとポイントが3倍というお得感があります。さらに、レンタル会員の更新費用は無料と、TSUTAYAをよく利用される方には嬉しいお得感ではないでしょうか。
また、Tカード加盟店で利用すれば、Tポイントを二重取りすることが可能となっており、具体的にどういうことかというと、Tカード提示で100円か200円で1ポイントもらえ、クレジットカード払いにすると200円で1ポイントもらうことができます。

Yahooショッピングで使うとお得なYahoo! JAPANカード

Yahoo!ショッピングをよく利用される方におすすめなのがYahoo!JAPANカードです。年会費が永年無料で、Tポイント還元率がいつでも1%以上となっております。Yahoo!ショッピングの理容なら、最低でも3%の還元率です。
さらにこちらも、Tポイント加盟店でポイントの二重取りができるのでおすすめです。そしてSoftbankユーザーの場合、Yahoo!ショッピング利用で最大で16%も還元してくれます。
この16%還元できるワケは、Softbankユーザーだと無料で利用できる「スマートログイン」を設定するとYahoo!ショッピングの還元率が5%アップします。さらに有料のYahoo!プレミアム会員の特典を無料で利用できて4%も還元率がアップします。そこからSoftbankユーザーだからこそのお得な還元率で、最大で16%の還元が実現できるとのことです。

ファミマをよく利用するならファミマTカード

大手コンビニエンスチェーンのファミリーマートで導入しているTポイントサービスで、ファミリーマートが発行しているファミマTカードは、0.5%と還元率が低めではありながらも、買い物でクレジット決済をすることでショッピングポイントをもらうことができるため、Tポイントの二重取りをすることができます。
また、1カ月間にファミマで買い物した金額に応じて、その後のポイント獲得率がお得になるというサービスが設けられています。ファミマをよく利用される人におすすめしたいカードです。

Tポイント提携店以外での使い道

Tポイントは、Tポイントの提携店で利用することができますが、提携店以外でのTポイント利用方法があります。Tポイントをお得に使っていくためには、Tポイントをどのように使うのかについて知りましょう。

他の提携ポイントに交換する

Tポイントは、別の提携ポイントに交換することができます。例えば、マイルや中部電力のカテエネポイント、SUICAなどにも可能です、ただしレートが下がってしまうため、ポイント交換のときにポイントが減ってしまうこともあるため覚えておきましょう。ですが、中部電力やSUICAチャージ交換だけは、等価による交換ができます。
また、ジャパンネット銀行の口座があれば、現金交換も可能です。1000ポイント以上から交換ができますし、交換するにあたって手数料はかかりません。この場合もレートは下がり、100ポイントで85円となります。

商品と交換したり抽選に参加する

Tポイントの公式サイトから、さまざまな商品と交換をしたり、抽選に参加することができます。商品は、食品だったり家電だったり、限定商品もあるため、たくさんのポイントを貯めてお得に交換することができるでしょう。抽選は、ポイントを使って豪華賞品などに応募するということです。
このように、Tポイントを貯めていくことで、色んな楽しみ方があるのです。ポイントを募金にあてることもできますので、被災地支援や貧しい国への支援など、募金の種類もいくつかありますのでお好きな募金活動に支援してみてはいかがでしょうか。

クレジットカードでTポイントをお得に貯めよう

今や多くの人が利用しているであろうTポイントサービス。数々のお店が加盟店となり、Tポイントが貯まりやすくなっています。このようなTポイントはクレジットカードを利用することでどんどんと貯めていくことができます。
Yahoo!JAPANカードをはじめ、ファミマTカード、Tカードプラスなど、自分が普段のライフスタイルでTポイントを貯めやすいクレジットカードを利用してさまざまなメリットや特典を受けてみましょう。

    Sponsored Link

アバター
この記事のライター UKANO 編集部
  

家計を強くするには3つの方法しかありません。

1,支出を減らす 2,収入を増やす 3,投資する

投資するには↓

PICKUP CONTENTS

特集記事