Apple PayでauWalletカードをスムーズに使おう

Apple PayでauWalletカードをスムーズに使おう

2019.01.20

au walletでもapple payが使用できるようになった

実店舗での支払いや、改札を通るときにiPhoneをかざすだけのApple Payは、一度使い始めたらやめられないといわれます。確かに、お財布からいくつもあるクレジットカードや、Suicaを取り出していては面倒です。また、もたついて後ろからの目線を感じることもなくなるので、当然かもしれません。
利用者が増え続けている「auWalletカード」は、クレジットカードでもプリペイドカードでも、Apple Payで使えるようになっています。今から利用するための登録方法から使い方までを、順に見てみましょう。

apple payを使用できる機種

Apple Payはお店や交通機関の改札で、iPhoneをかざして支払うものだと思われています。しかし、実はApple Payとはアップルが提供している、高いセキュリティを誇る「支払いシステム」のことです。かざして使うだけでなく、アプリ内の支払いやWebサイトでの支払いにも利用できます。
「かざすApple Pay」機能は、そのサービス開始と同時に発売された、iPhone7シリーズから搭載されています。カードはiPhone7・iPhone7 PlusとApple Watch Series2では最高8枚まで、それ以降は最高12枚まで登録できます。

iPhoneの機種

Apple Payが利用できるのは、2018年10月発売のiPhoneXRをはじめ、iPhoneXS Max、iPhoneXS、iPhoneⅩ、iPhone8、iPhone8 Plus、iPhone7、iPhone7 Plusです。すべてWebやアプリではもちろん、交通機関やコンビニを含む、実店舗で利用できます。

Apple Watchの機種

Apple Payは、Apple Watchでも使えます。iPhone5以降とペアリングしたSeries 2・3・4なら、交通機関や実店舗、アプリで利用が可能です。

au walletでapple payを登録する

auWalletカードには、大きく分けてプリペイドカードとクレジットカードの2つがあります。それぞれ全く違うカードなので、Apple Payで登録する方法も異なります。

au wallet プリペイドカードの場合

auWalletプリペイドカードは「電子マネー」の一種で、あらかじめチャージしておけば、その金額までキャッシュレスで買い物ができます。

au wallet アプリでの設定

プリペイドカードのauWalletアプリからの追加は、iPhone7以降でのみ可能です。Apple Payに登録する前に、auWalletアプリをダウンロードし、あらかじめアプリにプリペイドカードを登録しておきます。そしてauWalletアプリをタップして起動し、トップ画面にある「Apple Payの設定・使い方」をタップします。
次に、画面中央のやや下にある「Apple Payを始める」をタップし、「Apple Pay設定」をタップ。以降、画面に従って手続きを完了させます。あらかじめプリペイドカードを登録しておけば、カード情報も自動で入力されるため、わずらわしい操作はほとんどありません。

iPhoneのwalletアプリで設定

iPhoneにあらかじめインストールされている「Walletアプリ」を使って登録もできます。名称が似ているので混乱するかもしれませんが、こちらはただの「Wallet」です。
アプリを開いたら、画面右上のプラス記号(+)をタップし、「カードを追加」をタップ。その後、カードの種別を選択し、カードの情報はカメラでカード自体を移すことで、ほとんど自動的にスキャンしてくれます。その後は、画面の指示に従い手続きを完了させてください。

au walletクレジットカードを所持している場合

クレジットカードの場合は、auWalletアプリを起動し「クレジットカード」をタップしたあと、「Apple Payを始める」をタップします。そして、Apple Payの設定画面に入り、起動したカメラでカードのオモテ面をスキャンし、カード情報を自動的に入力します。その後は、画面の指示に従って登録を進められます。
本人認証のためのSMSや、e-mailなどによる2段階認証が必要な場合があります。その際は、一旦ホーム画面に戻り、対象のアプリを開いて認証コードを調べ、アプリに戻って認証コードを入力すれば次に進みます。また、プリインストールされている「Walletアプリ」なら、他のクレジットカードと同じように、Apple Payに登録もできます。

apple payをお店で使おう

auWalletカードをApple Payに登録したら、今度は実店舗で使ってみましょう。使うときにも、あっという間で簡単ですが、ポイントを知っていなければ、逆にもたついてしまうかもしれません。手順に沿って、その方法と注意点を見てみましょう。

メインカードを決める

Apple Payでは、カードを最大12枚まで登録できます。複数登録すると、自動的に最初に登録したカードが「メインカード」として登録されますが、他のカードに変更も可能です。
メインカードを変更するためには、まず「Walletアプリ」を起動し、それぞれのカードの頭が並んでいる状態で、新しくメインカードにしたいカードを長押しして、浮き上がらせてから最前列にドラッグ・ドロップします。すると「(新しいメインカードの名前)がメインカードになりました」と表示されるので、「OK」をタップすれば変更は完了です。
またiPhoneの設定画面から、メインカードを変更することもできます。最初の設定メニューの中の「ウォレットとApple Pay」をタップして、支払い設定の「メインカード」をタップ。ずらりと現れた登録済みカードの中から、メインカードにしたいカードをタップして、チェックマークをつければ変更完了です。

apple payを使用する手順

Apple Payで使える支払い方法は、大きく分けるとiDとQUICPay、モバイルSuicaの3つです。これらはカードによって、あらかじめいずれかが割り振られていて変更はできず、auWalletカードでは「QUICPay」です。
しかし実店舗では、iDもQUICPayも使える場合が多いですが、ただ「Apple Payで支払います」と伝えても、どちらかがわからず手続きできません。したがって、auWalletカードを使うときには、必ず「QUICPayで支払います」と伝えましょう。
次にレジにあるリーダーに、ホームボタンに登録した指を載せたまま、iPhoneをかざします。これは、ホームボタンに搭載されているTouch IDによって、本人確認をしていることになり、タッチしていなくても、指が違っても支払いはできません。
無事に本人確認ができれば、決済音が鳴って支払いは完了です。プリペイドなら残額が減り、クレジットカードなら登録しているメールアドレス宛に「支払い速報」が送られます。

メインカード利用なら簡単に利用できる

iPhoneがスリープモードのときに、Apple Payを立ち上げるには「ホームボタンをダブルクリック」します。そのとき最初に現れるのが「メインカード」になります。したがって、スムーズに利用したいなら、最も使う回数の多いカードをメインカードに設定しましょう。

apple payを利用してスムーズな会計を行おう

今、大手コンビニチェーンを始め、小売フランチャイズでさまざまな電子マネーが生まれています。それだけ、現金を持たなくてもよく、財布から取り出す面倒もないため、たくさんの人が利用し始めました。このときのキーワードは「キャッシュレス」と「手間がない」です。
Apple Payは、支払いをiPhoneだけで完了できます。深夜にコンビニに行くときに、以前ならiPhoneとお財布を持っていましたが、これからはiPhoneだけ。
しかも、それをリーダーにかざすだけで、支払いが完了するのです。最近では、お財布がないよりiPhoneがないほうが、大きな問題だといいます。それほど、肌身離さず持ち歩くiPhoneだけで、場合によっては「休日の1日中、お財布を開けないこと」も可能なのです。
Apple Payは、便利なauWalletプリペイドカードやクレジットカードを、よりスムーズに使うためにはもはや必須です。便利で安心、高いセキュリティのApple Payで、さまざまな買い物の会計をスムーズにしましょう。

    Sponsored Link

アバター
この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事