au WALLETのチャージカード|プレゼントに最適なカード

au WALLETのチャージカード|プレゼントに最適なカード

カード 2019.01.21

チャージカードでプリペイドに入金

auショップで購入可能なチャージカードは、au WALLETのプリペイドカードにお金をチャージすることができるカードです。
チャージカード購入後は、au WALLETアプリを利用してプリペイドカードにチャージするか、au WALLETサイトを利用してプリペイドカードにチャージするかの2択です。残高が足りないときや急な出費を控えているときに便利なチャージカードについてみてみましょう。

au WALLETチャージカードの基本

au WALLETを利用していてもチャージカードのことを知らない人が多く、あまり普及していないのが現状のカード。au WALLETチャージカードはどのようなものか、基本についてみていきます。

プリペイドにチャージするためのカード

チャージカードは、プリペイドカードへ入金するための専用カード。金額は3種類あり、1,000円・3,000円・5,000円になります。チャージカード購入後は、プリペイドカードにau WALLETアプリもしくはau WALLETサイトから簡単にチャージが可能。
チャージをするとき、チャージカード裏面に書かれているコードが必要になります。あらかじめ保護シールを剥がしてチャージの準備をしましょう。また、他人にチャージカードのコードが知られないように注意しましょう。

購入先はauショップだけ

チャージカードの購入は、auショップに限られています。また、支払い方法は現金のみでクレジットカードやポイント支払いはできません。最近では、セブンイレブンやローソンなど多くのコンビニでamazonギフト券やiTunes Cardなど、各種ギフト券が販売されていますが、au WALLETのチャージカードはコンビニでは販売されていません。
手軽に購入できないためかチャージカードの普及率や認知度が低くなっていますが、手元にあるとクレジットカードや現金がなくてもチャージカードでチャージが可能なので便利です。近所にauショップがなく、欲しくても購入する手間がかかると悩む人はスマホや携帯電話の修理やプラン変更など用事のついでに購入する方法もあります。

チャージカードに有効期限はない

購入できる店舗や購入できる金額のレパートリーが少ないなど、少々不便に感じるau WALLETのチャージカードですが、有効期限がないというメリットがあります。
au WALLETのプリペイドカードには有効期限があるため、更新を忘れたまま有効期限が過ぎてしまうと残高をすべて失ってしまいますが、チャージカードには有効期限がないので慌てて使う必要はありません。
プリペイドカードの有効期限が切れないように更新の手続きを行うことはもちろんですが、チャージカードを手元に置いておけばうっかり有効期限が切れてしまっても損失を減らすことができます。また、チャージカードを購入していることを忘れていて、ある日みつけたとしても使用することができます。

データチャージカードとの違い

auショップでは、au WALLETのチャージカードの他にスマホや携帯電話、タブレットの通信データ容量を増やすためのデータチャージカードも販売しています。データチャージカードは、通信データ容量を増加するチャージカードであってプリペイドカードにチャージして買い物が可能になるカードではありません。
チャージカードとデータチャージカードは全く異なる商品なので注意しましょう。また、データチャージカードに関してはセブンイレブンやローソンなどコンビニでも購入可能です。

チャージカードの使い方

au WALLETアプリやau WALLETサイトから簡単にチャージ可能なチャージカードの使い方をみてみましょう。また、チャージできないときの対処法についても確認します。

au WALLETアプリからチャージする方法

まずは、au WALLETアプリからチャージする方法についてです。スマホに、au WALLETアプリをダウンロード・インストールしたらアプリのトップ画面を開きます。プリペイドカード残高の下にチャージと書かれている場所があるので、チャージ部分を選択。
その他チャージ方法のau WALLETチャージカードを選択します。「au WALLETチャージカードのQRコードを写してください」と表示されるので、カメラ機能でチャージカードの裏面にあるQRコードを読み込み確定を選択したらチャージ完了です。
まれにQRコードを読み取ることができない場合があり、そのようなときはコード番号を直接入力を選択し、コード番号を入力して確定を選択し、チャージを完了させましょう。

au WALLETサイトからチャージする方法

スマホやタブレットを所有していない場合やアプリをダウンロードできない場合などは、パソコンを使ってau WALLETサイトからチャージすることもできます。au WALLETサイトにログインし、プリペイドカードのチャージを選択。
チャージ方法に、au WALLETチャージを選択しチャージカード裏面に記載されいるコード番号を入力、確定ボタンをクリックしてチャージ完了になります。プリペイドカードへのチャージがきちんと行われているかの確認は、au IDトップ画面右上にあるWALLET ポイント・auポイントの部分でみることができます。

チャージできない場合の対処法

チャージカードを使ってチャージを行っても、チャージができないことがあります。そのようなときは、プリペイドカードの残高が上限に達していないか、入力しているコード番号が間違っていないかを確認しましょう。
au WALLETアプリとは違い、直接コード番号を入力するau WALLETサイトでは入力したコード番号が間違っているためチャージできないことがあります。
また、プリペイドカードの残高上限額は最高100万円までに設定されています。残高が上限に達している状態ではチャージできないので、プリペイドカードを使用してからチャージしましょう。

チャージカードの活用法

購入場所が限られているため、不便に感じるチャージカード。しかし、チャージカードを上手に活用する方法もあります。チャージカードの活用法について知りましょう。

友人知人へのプレゼントとして使う

チャージカードは購入者本人のみが使えるカードに限定されていません。友人や知人へのプレゼントにしてもOK。贈る相手がauユーザーで、なおかつau WALLETのプリペイドカードをよく使っているのならとても喜ばれます。
チャージカードの金額は1,000円・3,000円・5,000円なので、ちょうどよいと思う金額を選択しましょう。基本的に、自分が使うプリペイドカードへのチャージはじぶん銀行やクレジットカードから行ったほうがポイント還元があってお得。そのため、チャージカードは贈り物に限定した使い方をすると便利です。

他のチャージ方法が厳しいときの代用

購入場所が限られているチャージカードをわざわざ購入して、プリペイドカードにチャージする方法は得策ではありません。しかし、au WALLETのチャージ方法には制限があるものもあり、チャージを行いたくてもできない場合があります。
貯まったポイントをチャージしたくても月間20,000円が上限となっており、auかんたん決済からのチャージについては年齢や回線契約月数、契約状況によって上限額が異なっています。
そのため、買い物予定があるにも関わらずチャージできないという事態に陥る可能性も。このようなとき、チャージカードを準備しておけば上限額100万円に達しない限りチャージすることができます。

チャージカードの利用メリットは少ない

チャージカードは購入場所が限られており、金額も1,000円・3,000円・5,000円と種類が少なく利用するメリットがあまりないカードです。しかし、お祝いや餞別など相手がau WALLETを使っていることを事前に知っているのなら贈り物に最適。
また、利用しているチャージ方法では上限枠が少ないと悩んでいる人には便利なカードになります。有効期限がないチャージカードを上手に使って、au WALLETプリペイドカードを使った買い物を楽しみましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事