三菱UFJデビットカードの特徴を知ろう|メリットやデメリットとは

三菱UFJデビットカードの特徴を知ろう|メリットやデメリットとは

2019.01.22

デビットカードが何だかよくわからない

三菱UFJ銀行の提携サービスとして有名な「三菱UFJデビットカード」をご存知でしょうか。三菱UFJ銀行が2013年11月20日にメガバンク初のVISAデビットカードとして発行開始したもので、2017年11月12日からはJCBデビットの取扱いも開始しました。
実際、三菱UFJデビットカードの名前は聞いたことがあっても、サービスの詳細を知っている人はあまり多くありません。しかし、お得な機能を活用できるデビットカードには、魅力がたくさんあります。今回はデビットカードについて細かくみていきましょう。

クレジットカードとデビットカードの違い

クリレジットはカードは後払いの為、一時的に借金をしてますが、三菱UFJ-VISAデビットで決済をすると三菱UFJ銀行の口座から、即時に引き落としされることが大きな違いです。
このほかにもクレジットカードと三菱UFJデビットではいくつか違いがあります。双方のメリット・デメリットを比較して、どちらを持つべきなのか確認しましょう。

クレジットカードの特徴

クレジットカードを使うと、その場ではお金を使わず買い物できるし、支払いも後回しになるので、借金をしていることになります。この特徴からクレジットカードの利用を控える人が多いのも事実です。
また、クレジットカードでは「月に10万円まで」といったように予め利用可能枠が決まっています。月に使った分を翌月の決まった日に口座から引き落としされるので、利用明細をもとにその日までに使った分を口座に入れておけばよいのです。クレジットカードの性質上、どうしても借金をしている状態になってしまうので不安に感じる人も多いようです。

デビットカードの特徴

デビットカードは使った瞬間に三菱UFJ銀行の口座残高から引き落としされます。つまり、VISAデビットカードで何でも買い物できれば、ATMに行って現金を引き出す手間を省くことができるのです。
デビットカードの利用上限は口座残高と同額です。残高が30,000円であれば 30,000円以上は決済することが基本的にできません。デビットカードを使った場合、すぐにお手持ちのデバイスに利用メールが届くようになっているので、口座残高を常に確認することができます。

三菱UFJデビットのメリット

では、三菱UFJデビットを利用することでどのようなメリットがあるのでしょうか。クレジットカードの利用に不安を抱えている方、現金払いに不便さを感じる方は必見です。
クレジットカードと現金払いのよい点を取ったようなサービスを受けることができるので、今までの支払い方法をよりお得にすることができます。

JCBかVISAから種類が選べる

三菱UFJ-JCBデビットの場合

JCBを選択した場合、「三菱UFJ-JCBデビット」というカードが適用されます。Oki Dokiポイントという提携サービスが税込み1,000円の支払いごとに1ポイントたまります。Oki Dokiポイントは商品、マイルやその他ポイントに交換して国内外のJCB加盟店で使うことができます。
また、UFJカードの特徴として、ディズニーデザインのカードが選べることがあげられます。かわいらしいデザインのカードを持ち歩いていると、普段の買い物でも気分が上がりますよね。
この他にも旅行保険、海外ショッピング保険、不正利用保証がついており、日本国外での利用にもおすすめです。

三菱UFJ-VISAデビットの場合

VISAを選択した場合、「三菱UFJ-VISAデビット」が適用されます。こちらのカードでは、月々の利用額に応じて毎月0.2%のキャッシュバックがあることが特徴です。また、スマートウォッチとの提携支払いが利用できたり、国内・海外ショッピング保険や不正利用保証がついていることも便利なポイント。
VISAの割引や特別なプレゼントなどの優待特典が受けられるので、特に海外旅行中に受けられる優待特典は種類が多く、メリットの一つとして人気があります。

利用履歴の確認が簡単

三菱UFJデビットは、一般的なクレジットカードのように利用明細書が送付されてくることがありません。代わりに会員専用WEBサービスに登録すると、スマートフォンやパソコンからデビットカードの利用履歴を見ることができます。
さらに支払先、口座残高をいつでも確認できるので使いすぎを防ぐことができます。三菱UFJデビットには、「オンラインショッピング防止サービス(認証サービス)」という機能が備わっています。
これは、パソコンやスマートフォンのオンラインショッピングに三菱UFJデビットを利用した際、カード番号や有効期限と併せて、利用者本人しか知らない秘密のパスワードである「3Dセキュアパスワード」の入力を求めるサービスです。第三者が知り得ない情報入力を求めることで、盗難などの被害にあった際に不正利用を防ぐことができます。

ポイント還元やキャッシュバックがある

三菱UFJ-JCBデビットはポイントがたまる

三菱UFJ-JCBデビットの利用でたまるOki Dokiポイントは、税込み1,000円ごとに1ポイント可算されます。交換レートは1ポイント=1円または1,000ポイント以上=4.5円とかなり高く、お得感も十分です。
またWebサイトで登録することによって、楽天ポイント、T-ポイント、マイルなどにポイントを移行できます。よく利用する他のサービスでポイントを利用できるのは非常に便利です。
三菱UFJ-VISAデビットは、キャッシュバックがある同じメガバンクで発行されている三井住友銀行も、同じ現金キャッシュバックで還元率は0.25%で、一律変動なしとなってます。三菱UFJデビットで年間30万円以上利用すれば、三菱UFJ-VISAデビットの還元率は0.3%~0.4%になり、SMBCデビットよりお得になります。
三菱UFJ-VISAデビットでは、毎月の利用額に応じて0.2%のキャッシュバックを受けることができます。ポイント交換とか面倒でやっていられない、という方にもおすすめです。
その他にも、入会後3カ月は+0.2%、前年1年間の利用額が20万円以上の場合は+0.05%とキャッシュバックのレートが上がるので、まとめて買い物をするのに最適です。さらに誕生月にはキャッシュバック率が0.1%上がるサービスもあります。自分へのご褒美を豪華にしたい方にはもってこいです。

ATM手数料が無料になる

三菱UFJ銀行デビットを利用すると、なんとATMの手数料でも特典があります。三菱UFJダイレクトの契約と初回登録に加えて、三菱UFJデビットの引き落としがある場合、優遇適用期間中(20日から翌月19日)はATM手数料が何回でも無料に。
更に18歳~23歳の人は優遇適用期間中コンビニATM手数料が2回まで無料になります。急に現金が必要になった時には、とても有難いサービスですよね。
この時に頭に入れておきたいのが、三菱UFJデビットはキャッシュカード機能を付帯していない単体型カードであるということです。ATMを利用する方はキャッシュカードを別途持ち歩く必要があります。

三菱UFJデビットのデメリット

三菱UFJデビットには、以下のようなデメリットがあります。支払いがすべてオンライン上でのやり取りになるので、現金払いに比べてシステムの安全性に劣ることもデメリットの一つです。
三菱UFJデビットのメリットとデメリットをしっかり考慮した上で、最終的に利用するかを決めましょう。似た機能を持つ銀行のキャッシュカードと区別をすることでより効果的に活用することができます。

一部店舗で利用不可

一部の店舗では、VISA加盟店・JCB加盟店であるにも関わらず、三菱UFJデビットを支払いに利用できない場合があります。とくに、ガソリンスタンドや高速道路などでは利用できないケースが多々あります。これは、残高不足によるトラブルを防ぐためです。
給油済みのガソリン代金を現金で支払うまで車を動かせず、店舗に大きな迷惑がかかります。このような事態を防ぐため、多くのガソリンスタンドは三菱UFJデビットの利用がはじめから不可になっています。クレジットカードよりも普及していない側面があるので注意しましょう。

年会費1,000円がかかる

24歳以上は初年度を除き、年会費が税抜きで1,000円かかってしまいます。しかし、1年間の利用額が10万円以上であれば翌年の年会費が無料になるので、支払いをデビットカードにまとめるのがお得です。
毎年1,000円の年会費がかかるのは大きな出費といえます。近年のクレジットカードでは年会費永年無料を打ち出している会社も多くあるため、クレジットカードで満足できる人にとっては余計な出費になってしまうかもしれません。

海外で利用する場合は手数料が発生する

国内での利用では手数料はかかりませんが、海外でショッピングをする際には手数料がかかってしまいます。三菱UFJ-JCBデビットの場合には、JCBが定める手数料(1.6%)+海外事務手数料(3.0%)の合計4.6%。三菱UFJ-VISAデビットの場合には海外事務手数料として3.0%の手数料が上乗せされます。
また海外でATMを利用する際には、JCB、VISA共通で1回108円の手数料がかかります。海外に出かけるときには、計画的に資金調達しておくとよいでしょう。現金が必要になるケースもあるので、余裕をもって出発することがベストです。

アプリと連携する

多くの金融機関と提携をしている口座管理アプリ「 My Money」と連動することで、三菱UFJ-VISAデビットやクレジットカード、証券口座などMUFGグループの利用明細を一覧で表示することができます。
自分のデビットカードをアプリと連携すれば、利用履歴から家計簿を付けられたり、節約の目処を立てることができます。Webサイトでの履歴管理になると少し面倒に感じられますが、アプリで簡単に起動することができるので、より手軽に管理することができます。

三菱UFJデビットは持っておくと便利

三菱UFJデビットは、三菱UFJ銀行の口座と直結しているので、利用した瞬間に口座から即時に支払が行われます。ご利用可能額は預金残高の範囲内なので、預金が0円になれば決済できなので使いすぎる心配もなく、現金感覚で使うことができます。
普段のクレジットカード払いに抵抗がある人でも、来月以降のクレジットカード請求額を心配する必要もないですよね。このように大手の銀行が提供しているサービスなだけあって、信頼して利用できることが三菱UFJデビットの大きな魅力です。

    Sponsored Link

アバター
この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事