クレジット機能なしのファミマtカード|ポイントを貯めてお得な生活

クレジット機能なしのファミマtカード|ポイントを貯めてお得な生活

家計の知恵 2019.01.21

クレジット機能なしのファミマtカードでお得な暮らしに

入会金・年会費無料のファミマtカード。会計時にtカードを提示すると、200円(税込)に付き1ポイントを付与。1カ月間の買い物合計額に応じてファミランクと呼ばれるポイントアップ制度もあるなど、ファミマ利用が多い人にはお得なカードです。
クレジットカードの使用に不安がある人にも安心のクレジット機能なしのtカードもあり、お得に買い物したい人におすすめ。生活を少し豊かにしてくれるファミマtカードの作り方や注意点などについて見てみましょう。

クレジット機能なしのファミマtカードの作り方

ファミマtカードが欲しくても作り方が分からなければ手に入れることができません。まずは、クレジット機能なしのファミマtカードの作り方について見てみましょう。

ファミリーマートの店頭でカードを受け取る

ファミマtカードには、単なるポイントカードの他にクレジットカード、Visaデビット付きキャッシュカードの全部で3種類のカードが用意されています。ファミリーマートの店頭でカードを受け取る場合、店員にクレジット機能なしのファミマtカードを作りたい旨を伝え、カードと登録資料を受け取り必要事項を記入。
その場で登録完了となり、受け取ったカードを使用することができます。ファミマtカードは入会金・年会費無料。カード発行が完了した日からポイントをざくざく貯めることができます。

店頭で申し込む場合

ファミマtカードは、店頭で受け取ったときからポイント貯めることはできますが、情報登録を行わないとtポイントを使用することはできません。パソコンやファミマ店内にあるファミポートを利用するのに抵抗がある人は、郵送での申込みがおすすめ。また、店頭にカードの在庫がなかったときにも郵送が便利です。
郵送で申し込む場合は、店頭で渡される用紙に必要事項を記入し郵送するだけ。郵送状況にもよりますが、送ってから1週間から2週間ほどで登録は完了します。

公式サイトから登録

ファミマtカードの情報登録は公式サイトで行うことも可能。web限定のキャンペーンが行われていることもあり、郵送での申し込みよりもお得にポイントを貯めることができます。ファミリーマート公式サイト内にあるTカード情報登録をクリック。
書かれている登録の流れに沿って、手続きを行います。登録の際には、ファミマtカードの裏面に記載されているTカード番号が必要になります。手元に用意してから手続きを開始しましょう。

ファミポートから登録する

情報登録の方法は、郵送やwebだけでなくファミリーマート店内に設置してある機械を使って簡単に登録することもできます。ファミポートのトップメニュー画面にある「ファミマTカードメニュー」を選択し、「お客様情報のご登録を選択。カードリーダーにカードを通して必要事項を入力。
登録完了画面になったら登録完了です。また、ファミポートはtポイント残高も確認することもできます。tポイントを利用したいときは、ファミポートで事前に使えるポイント残高を確認しましょう。

ファミマtカードの特典

ファミマtカードには、ファミリーマートでの買い物で付くポイントの他にも特典があります。ファミマtカードの特典について見てみましょう。

tポイント加盟店でポイントが貯まる

ファミマtカードは、ファミリーマートでのお買い物の他にTSUTAYAやドトールなど、tポイント加盟店に提示すればポイントを貯めることができます。また、tポイント加盟店により使うことも可能。ポイント還元率はtポイント加盟店により異なり、100円(税込)で1ポイント付与の場合もあれば108円(税込)で1ポイント、200円(税込)で1ポイントなどになります。
tポイントを使用する場合も1ポイント1円で使うことができる加盟店もあれば、10ポイント10円で使える加盟店もあり店舗により異なります。tポイント加盟店を知りたいときは、店頭にあるtポイントマークを探すか店舗に行く前にインターネットなどで調べておきましょう。

ランク制度で買うほどお得にポイントが貯まる

ファミマtカードには、ファミランクと呼ばれるランク制度があります。当月1日から末日までの買い物合計金額によりランクが決まり、ランクが上がれば上がるほどポイントは貯まりやすくなります。ファミランクは、ブロンズ・シルバー・ゴールドの3種類を用意。
ブロンズは通常の200円(税込)で1ポイント設定になりますが、シルバーになると200円(税込)で2ポイント。ゴールドでは200円(税込)で3ポイントになります。月々の買い物金額が設定された金額を超えると翌月のランクが上がるシステムなので、ファミリーマートの利用が多ければ多いほどお得になります。

ファミマでお得な割引が受けられる

ファミマtカードにはさまざまな特典が用意されており、お得な割引を受けられることがあります。期間限定で行われる人気商品の割引や会員の利用状況に応じて発行されるレシートクーポンなど、商品を通常価格より安く購入することができます。また、毎週水曜日はレディースデーの特典を展開。
ファミマtカードを提示した女性は、通常ポイントに加え1ポイントプラス。ブロンズ会員なら200円(税込)で2ポイント、シルバー会員なら200円(税込)で3ポイント、ゴールド会員なら(税込)で4ポイントとポイントが貯まりやすくなります。
ただし、ファミリーマートでお得な割引やポイントアップキャンペーンを受けることができるのはファミマtカードのみに限られ、普通のtカードでは適用されません。注意しましょう。

TSUTAYAでのレンタルサービスを受けられる

ファミマtカードはTSUTAYAのレンタルサービスを受けることも可能。しかし、最初はファミマtカードにTSUTAYAのレンタルサービス機能は付いていないので、TSUTAYAのレンタルサービス機能を付けたい場合には所定の手続きが必要になります。TSUTAYA店舗に指定されている本人確認書類などを持参し、手数料を支払うことで手続きは完了。
手続きを完了した日からTSUTAYAのレンタルサービスを利用することができます。また、TSUTAYAのレンタルサービス申し込み書類は持ち帰って記入することができません。店頭での記入になるので、必要書類をあらかじめ確認しましょう。

チャージすることで電子マネーとして使える

ファミマtカードはポイントカードとして使えるほか、電子マネーとして使うことも可能。ファミマtカードに現金をチャージしておくだけで小銭を用意する手間がなくなり、スマートな買い物をすることができます。もちろん電子マネーとして利用した場合もポイントが貯まり、さらに電子マネーで買い物した合計金額に対して500円(税込)1ポイントを付与。
通常のポイントカードとして使うよりもお得にポイントを貯めることができます。チャージ方法は店頭でチャージしたい金額(最大30,000円まで)の現金を渡すだけ。その場でチャージが完了し、買い物をスムーズに行うことができます。

クレジット機能なしの場合の注意点

クレジット機能なしのファミマtカードを利用する場合、注意点が3つあります。クレジット機能なしの場合の注意点について見てみましょう。

ポイントには有効期限が存在する

クレジット機能なしのファミマtカードは、2018年9月1日から有効期限なしのポイントカードへと変更されました。そのため、ポイントカードとして所持しておくことは半永久的にできますがポイントには有効期限があります。ポイントの有効期限は、ファミマtカードを最終利用日から1年間。
この1年間のあいだに使う・貯める・交換するのいずれかを行うと、ポイントの有効期限は更新されます。ファミリーマートの利用が多い人は問題ありませんが、利用頻度が低い人は注意しましょう。

紛失するとポイントは引き継がれない

クレジット機能付きのファミマtカードであれば紛失してもポイントが引き継がれますが、クレジット機能なしのファミマtカードの場合、紛失してしまうとポイントは引き継がれず失効してしまいます。ポイントをざくざく貯めていたのに、紛失しポイントをすべて失ってしまってはポイントカードの意味がありません。紛失に気をつけましょう。

カードの切り替えのポイント引き継ぎは登録情報の一致が条件

現在、クレジット機能なしのファミマtカードを利用していてクレジット機能付きのファミマtカードに変更したいと思ったとき、ポイントを引き継いでカードの切り替えを行うことができます。ただし、登録情報が一致している場合のみに限ります。登録情報を済ませていないときは、早めに情報登録を行いましょう。
また、クレジット機能付きのファミマtカードからクレジット機能なしのファミマtカードに切り替える場合も同様。カードの切り替えは登録情報が一致していることが条件になるので、情報に誤りがないかしっかり確認して登録しましょう。

クレジット機能なしのファミマtカードはお得なカード

翌月の支払いや使いすぎなど、クレジット機能が付いていると不安な人にも安心のクレジット機能なしのファミマtカード。ファミリマートの利用が多ければ多いほどポイントがどんどん貯まりお得です。毎日のランチや休憩のコーヒーなど、ちょっとした買い物でお得にポイントが貯まるクレジット機能なしのファミマtカードで上手に節約しましょう。

    Sponsored Link

アバター
この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事