エポスカードの電話で可能な手続きはさまざまあり、非常に便利

エポスカードの電話で可能な手続きはさまざまあり、非常に便利

カード 2019.01.24

すぐに確認したいことがあるなら電話

「エポスカードを発行したばかりで使い方がよくわからない」という人は、ネットのみで情報収集するだけではなく、エポスカードの電話も利用しましょう。電話ではさまざまな手続きが可能であり、急なトラブルも対応してくれます。この記事では、エポスカードの電話について幅広い観点から解説していきましょう。

エポスカードの電話での問い合わせ先

まずは、問い合わせ先について取り上げます。使い方で困ったとき、国内でカードを紛失したとき、海外でカードをなくしたときなどでかける電話番号が異なります。それぞれについて詳しくみていきます。

使い方で困ったらエポスカスタマーセンターへ

エポスカードを利用しているとき、困ったことがあった際は、「東京の電話番号:03-3383-0101」「大阪の電話番号:06-6630-0101」にTELしてください。
1月1日は休業ですが、9:30~18:00までオペレーターが対応してくれます。混雑しやすい時間は、午前の9:30~11:00、夕方の16:00~18:00になり、11:00~、13:00~、14:00~、15:00~は電話がつながりやすいです。また日にちであれば、6日、7日、27日、28日は混雑します。
電話ではなく、メールでの連絡は、問い合わせできない内容もあり、回答までに時間がかかることもあります。そのため、急ぎの要件であれば、電話のほうが圧倒的にはやいでしょう。

国内でカードをなくしたら紛失受付センターへ

「カードをなくした」「カードを盗まれた」というときは、「03-5340-3333」に電話しましょう。この番号は、エポスカード紛失受付センターであり、24時間対応してくれます。カードを不正利用されてしまった際、全額補償サービスもありますので安心です。カード紛失の際は、エポスだけではなく、警察にも連絡しましょう。

海外でカードをなくしたら専用番号で直通連絡を

外国でエポスカードをなくしてしまったときは、専用の連絡先があります。アメリカ本土であれば「1-800-540-8595」、イギリスやフランスなどは「00-800-53403333」、ギリシャは「00-800-8113-0101」、香港やシンガポールは「001-800-53403333」など、国によって電話番号は異なります。つながりにくい場合は、呼び出し番号を確認して「81-3-5340-3333」のコレクトコールにTELしましょう。
環境や機種次第では、コレクトコールも利用できない可能性があります。その際は、国際電話を使ってください。コレクトコールであれば、受け手側に料金が発生しますが、国際電話の通信料は、自己負担です。ほかにもさまざまな注意点がありますので、万が一のときにために、事前に確認しておきましょう。

エポスカードの電話でできる手続き

エポスカードの電話で可能な手続きは、カードの利用停止、利用状況のチェック、支払い方法や登録情報の変更、各種申し込みなどです。これらはネット上でもできますが、電話であればわからないことも相談可能。詳しくみていきましょう。

紛失や盗難にあったカードの停止

エポスカード紛失受付センターに電話することで、すぐにカードを利用停止にすることができます。会員ページであるエポスNetを利用すれば、後から再発行も可能。1週間程度で郵送されますが、できるだけ早めに入手したい人は、エポスカードセンターにて手続きを進めてください。再発行は、カード番号が変更されます。

利用状況の確認

9:30~18:00であれば、利用可能額、支払金額、残高なども確認できます。金額に関することだけではなく、ポイント照会や利用も可能。電話をかける際は、エポスカードを手元に用意してください。エポスゴールドカードを所持している人は、カード裏面のデスク番号を確認しましょう。

支払い方法等の変更

リボ払いへの変更やコースを変えるなど、支払い方法についても電話で対応できます。ほかにも、登録口座の切替手続きや、その他の支払いに関する相談も可能。「今月の支払日に間に合わない」というときは、エポスカスタマーセンターに電話してください。

登録情報の変更や退会

エポスカードの登録情報も変更できます。名義、住所、働いている場所、電話番号などは、エポスNetや郵送でも可能。退会を希望する際は、ネット上ではできません。
必ずエポスカスタマーセンターに電話してください。利用残高がある人は、すべて支払ってから退会手続きを進めましょう。退会すると、貯めていたエポスポイントがすべてなくなり、エポスNetの照会ができなくなります。退会後に再度申し込むこともできますが、入会特典が適用されません。
メール問い合わせは、カードの紛失や盗難、登録情報や口座の変更、支払状況のチェックや相談などに対応しておりません。電話のほうがメールよりも問い合わせ方法として、優れていると言えます。

キャッシングの申し込み

急な出費がある際は、電話でのキャッシング申し込みもできます。1,000円単位から利用でき、しかも、振り込みにかかる手数料はありません。申し込み時間が平日の0:00~8:59であれば、その日の9:00以降に、9:00~14:29ならば、数十秒での振り込みもできます。
平日14:30~23:59や土日祝日は、振り込みが翌営業日になりますので、注意が必要。電話キャッシング専用フリーダイヤルは「0120-0101-25」です。
キャッシングは、電話以外にも「EPOS」マークのあるATMであれば可能です。また、Netキャッシングであれば、パソコンやスマートフォンで対応可。「電話でお金の話をしたくない」という人は、ATMやNetをご利用ください。

エポスカードから電話がかかってくる理由

エポスカードから電話がかかってくることもあります。理由はさまざまな考えられますが、支払いの催促であれば、エポスカードコールセンターから自宅に電話がかかってくるでしょう。
もちろん、滞納が続いてしまえば、最悪の場合は、解約されてしまうことも考えられます。エポスカードコールセンター以外からの電話であれば、保険勧誘であったり、キャンペーンなどのお知らせのときもあります。発行手続きする際も、エポスカードから電話がかかってくることもあるでしょう。

エポスカードを名乗ってかかってくる詐欺の電話に注意

エポスカードやVisa社員を名乗り、支払いの要求やログインIDなど聞いてくる詐欺がありますので、電話には十分ご注意ください。「お子様が返済していない」「今から集金に行く」などの内容は、エポスカードからの電話ではなく、悪徳業者の詐欺です。少しでもおかしい電話があった際は、エポスカスタマーセンターに連絡するようにしましょう。

用件にあった電話番号でエポスカードへ連絡や問い合わせを

エポスカードの電話は、さまざまな問い合わせが可能です。使用方法で困ったとき、国内でカードを紛失したとき、海外でカードをなくしたときなどに対応。それぞれで電話番号が異なりますので、注意してください。
問い合わせできる内容は、紛失や盗難、利用状況の確認、支払先の変更、退会手続きなど、ほとんどのことに対応してくれます。急な出費の際は、キャッシングの申し込みも可能。即日で振り込みもできます。
エポスカードから電話がかかってくるときもありますが、エポスカードコールセンターでなければ、保険やキャンペーンの可能性があり、エポスカードコールセンターならば、支払いの催促かもしれません。滞納を続けてしまうとクレジットカード利用を続けられなくなってしまいます。
また、エポスカードを名乗っている電話であっても、悪徳業者からの詐欺行為の可能性があります。不審な電話があった際、必ずエポスカードコールセンターに連絡しましょう。いずれにせよ、エポスカードの電話は、使い方次第では、大変便利です。

    Sponsored Link

アバター
この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事