エポスカードの保険は海外旅行や医療に対応している

エポスカードの保険は海外旅行や医療に対応している

カード 2019.01.25

保険の種類は多い

エポスカードに入会することで、クレジットカードを利用できたり、ポイントを貯められるメリットがあるだけではなく、保険に加入することもできます。本記事では、エポスカードの保険についてまとめていきましょう。さまざまな保険について理解を深めることで、安心で安全な毎日を送ることができます。

カードに付帯される保険

まずは、カードに付帯される保険について解説します。エポスカードは「海外でも強い」といわれている種類であり、国際ブランドのVisaに対応しているだけではなく、海外旅行傷害保険も充実。ショッピング保険に代わるサービスなどもありますので、併せて取り上げていきます。

自動付帯の海外旅行傷害保険

エポスカードは、海外旅行傷害保険が自動的についてくる種類であり、最大で金額は2,000万円の補償や、24時間対応してくれる緊急医療アシスタンスサービスもあります。Visaつきエポスカードであればこうしたサービスがありますが、通常のエポスカードではないプラチナカードやゴールドカード会員であれば、補償金額も大幅に変わります。
はじめての海外旅行で不安な人は、「エポスカード海外旅行ハンドブック」「エポスカード海外旅行傷害保険ご利用のしおり」を請求でき、エポスカードとこれらを持っていれば、安心です。緊急医療アシスタンスサービスへの連絡は、滞在地によって番号が異なりますので、事前に確認しておきましょう。

ほかのカードの保険と合わせて使える

エポスカード以外に保険付帯のカードを持っている場合、最大補償額を合わせることもできるメリットがあります。注意点としては、死亡時の補償は補償金が大きい方からしか受け取ることができません。しかし、やはりエポスカードは年会費などがかからないこともあり、別のカードをメインにし、サブカードとして所持していても損はないでしょう。

保険が合算されない場合もある

同じ保険が付帯しているカードを所持している場合、その他の保険とは異なり、傷害死亡・後遺障害保険金は、保険金額の合算はありません。限度は、最高保険金額です。そのため、エポスカード以外の保険についても理解を深めることは重要になるでしょう。

ショッピング保険はないがそれに変わるサービスはある

ほかの種類のカードは、ショッピング保険がついていることもありますが、エポスカードにはありません。この点はデメリットになりますが、別のサービスによって、ショッピング保険と同等の補償を受けられます。サービス名は「エポスお買い物あんしんサービス」。購入した商品が「壊れた」「盗まれた」といったシチュエーションにおいて、年間で50万円まで補償してくれます。
年間サービス料は、たったの1,000円。補償期間は購入より90日あり、購入・損害金額が3,000円以上であれば、損害保険金をもらえます。もちろん、自己負担額はありません。申し込み後、すぐに利用できることも嬉しいポイントです。

ゴールドやプラチナになると保険金の限度額が変わる

通常のエポスカードではなく、エポスゴールドカードであれば、傷害死亡・後遺障害と傷害治療と疾病治療の金額は増えます。例えば、傷害治療費用が200万円から、300万円になります。
また、エポスプラチナカードにグレードアップした際は、傷害死亡・後遺傷害の保険金が1億円に達し、本人だけではなく、家族にも保険が適用されるでしょう。

会員限定の保険に申し込む

エポスカード会員限定保険についてもまとめていきましょう。会員限定保険は3種類あります。それは、エポラク医療保険ライト、エポラクがんサポート保険、エポラク傷害保険です。それぞれについての詳細を解説します。

エポスカード会員限定保険は3種類ある

補償内容が幅広いエポラク医療保険ライトは、月ワンコイン程度の支払いです。エポラクがんサポート保険には、5つのプランがあります。エポラク傷害保険は、非常に支払う金額が安いです。どの保険に加入しても、デメリットは感じられません。

幅広い補償があるエポラク医療保険ライト

エポラク医療保険ライトは、30?34才のシルバープランである場合、月々550円。年を重ねるごとに、そして、ゴールドプランやプラチナプランにすれば、支払額は高くなります。
エポラク医療保険ライトのメリットは、入院を1日目から補償し、日帰り入院でもオッケー。補償内容は、入院、手術、疾病放射線治療です。エポラク医療保険相談デスク「0120-0101-56」、エポスカードセンター、ネットから申し込みを受け付けています。
また、新規加入では、リラックス空間の演出が可能な「BRUNO ウッドアロマミスト」が抽選で当たります。こうしたキャンペーンを利用することも、賢いカードの使い方といえるでしょう。

5つのプランから選べるエポラクがんサポート保険

エポラクがんサポート保険も、年齢やプランによって金額が異なりますが、5種類から選ぶことができます。もっとも安いレギュラープランであれば、40~44才の月払保険料は、540円。
1年更新の保険であり、生活の変化に合わせて見直しもできます。また、がん放射線治療保険金は、がん入院保険金日額の10倍もらえます。いずれにせよ、国民病とも呼ばれるがんへの対策は欠かせません。

保険料がとても安いエポラク傷害保険

エポラク傷害保険の支払いは、なんと月40円から。自転車コースやスキー・スノボコース、スポーツコースなどのシーン別、賠償責任重視コースやファミリーコース、レディースコース、自由設計コースなどさまざまなコースがあり、自分の好きなように選択可能。24時間ネット上で申し込み・解約もできます。

月々の保険料の支払いはエポスカードで払おう

エポスカードで保険料を支払えば、エポスポイントもたまります。カード会員の配偶者も加入でき、見積もりは無料。年齢により、加入できないプランもありますが、手厚いサポート体制は嬉しいポイントです。
エポスポイントは、支払いに充当したり、プリペイドカードに移行したり、物品との交換が可能。「安心」「お得」の両方を手に入れられるエポスカードに入会しませんか。

エポスカードは年会費無料なのにさまざまな保険を利用できます

エポスカードの保険の種類は、実に多彩です。カードに付帯される保険であれば、海外旅行傷害保険。ほかのカードの保険と合わせて使え、ゴールドやプラチナになれば格段に金額が上がります。
また、他のクレジットカードによくあるショッピング保険はありませんが、「エポスお買い物あんしんサービス」で年間で50万円まで補償。年間1,000円かかりますが、利用していれば逆に得することもあるでしょう。
エポスカード会員限定保険は3種類あります。エポラク医療保険ライトは、幅広い補償内容がメリット。エポラクがんサポート保険は、5つのプランから選べます。エポラク傷害保険であれば、月々の支払いが数十円と格安です。エポスカードによる月々の保険料の支払いで、エポスポイントがたまります。
そのポイントを活用すれば、さらに月々の支払いがお得に。年会費無料のエポスカードは、このようなメリットが満載のカードです。メインとして、あるいはサブとしてエポスカードを活用してみませんか。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/ukano/ukano.me/public_html/wp-content/themes/ukano/parts-pickup.php on line 26