ICOCAはコンビニでも使える。チャージ方法や便利な使い方を公開

ICOCAはコンビニでも使える。チャージ方法や便利な使い方を公開

家計の知恵 2018.10.02

ICOCAはコンビニでも使えるの?

普段通勤や通学などで利用している交通系ICカードのICOCAですが、全国相互利用でき、バスや電車に乗ることに利用できます。交通費として使う以外にも、電子マネーとして使うことで、コンビニやスーパー、そしてドラッグストアなどでも利用できます。使えるコンビニや使い方など詳しくみていきましょう。

ICOCAでお買い物ができる主なコンビニ

まずは、ICOCAで買い物ができるコンビニを、下記の一覧でみてみましょう。

コンビ二名 支払い チャージ 支払いで貯まるポイント
セブンイレブン         -
ローソン ?dポイント・Pontaポイント
ファミリーマート ?Tポイント
サークルK・サンクス ?Tポイント
ミニストップ ?WAONポイント
デイリーヤマザキ ?楽天ポイント
セイコーマート ?セイコーマートクラブカードポイント
ポプラ ?楽天ポイント

このように、多くのコンビニで買い物の支払いができ、残額が少ないようなら、チャージすることも可能です。また、コンビニの支払いでポイントが貯まるdポイントやPontaポイント、Tポイント、楽天ポイントなども、ICOCAでの支払いでも貯めることができるのでお得です。

ICOCAが購入できるところ

通常のICOCAやICOCA定期券は、JR西日本エリアの駅のみどりの窓口か、ICOCAのマークのある自動券売機で購入することができます。こどもICOCAやクレジットカード機能の付いたものは、身分証の提示などがひつようなためみどりの窓口のみの販売になります。
ICOCAは1枚 2,000円で、うち500円はデポジットといって、カード発行預かり金で、残り1,500円はチャージ料金となります。デポジットは、ICOCAの使い捨て防止のための料金なので、ICOCAが不要になった場合、カードを返却すると500円も戻ってきます。
チャージ料金が1,500円では足りないようであれば、購入時に追加でチャージしておくとよいでしょう。また一部の自動券売機では、初回から1,000円、3,000円、5000円、10,000円の4種類から選んで買うことができ、いづれもデポジット料金を含んでいます。

ICOCAにチャージしよう

ICOCAを手に入れたら、お金をチャージする必要があります。ICOCAのチャージは駅の自動券売機やみどりの窓口以外でもできます。チャージできる場所や方法などは次の通りです。

コンビニでチャージする 

上記でご紹介したコンビニでは、買い物の支払いに利用できるほか、チャージすることもできます。コンビニでチャージをする場合はレジで店員さんに、ICOCAのチャージがしたいことを伝えましょう。レジ横の専用のカードリーダーにかざし、画面でチャージしたい金額を選択し、現金でお支払いします。
コンビニでのチャージは現金のみの取り扱いです。チャージ金額は、1,000円単位で1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円などコンビニごとに決まっていて、一度に入金できる最高額は10,000円です。ICOCAにチャージできる総額は20,000円までと決まっています。

コンビニ以外でチャージする

JR西日本の駅に設置してある専用入金機・自動券売機・精算機のほか、PiTaPa対応の私鉄の駅、イオン、マックスバリュなどのスーパーやショッピングモールでも現金チャージができます。
ほかにも、ウエルネスやツルハドラッグ、ウォンツ、レディなどのドラッグストアや、コジマ、ソフマップ、ビックカメラなどの家電量販店にもチャージ可能なお店があります。ただ、スーパーやショッピングモールなどのお店では、店舗によって取り扱いがない場合もあるので注意してください。

SMART ICOCAだとクレジットカードでチャージできる

ICOCAは定期的に現金をチャージしておく必要がありますが、その都度ある程度の現金を持っておかなければなりません。しかし、SMART ICOCAであればクレジットカードによるチャージ可能です。精算もチャージごとではなく、カードの引き落としでひと月まとめて引き落としてくれるので楽チンです。
ただ、残念なのはコンビニなどでは対応しておらず、駅にある「クイックチャージ機」「入金機」「自動券売機」「のりこし精算機」の4種類の端末でしかクレジットカードによるクイックチャージはできません。また、Suicaにあるようなオートチャージ機能も付いていないので、駅にある専用端末で操作してチャージするしかありません。

ICOCAの残高を確認しよう

残額不足にならないためにも、ICOCAにどのくらいの金額がチャージされているか確認する習慣をつけましょう。残額の確認はとても簡単です。

ICOCAが使えるコンビニで確認する

ICOCA対応のコンビニで、買い物をした際にもらえるレシートに残額が表示されています。それを見て確認するのもひとつの方法です。買い物ではなくチャージだけをしたときも同様に、レシートがもらえるのでそこで確認できます。 

駅などでも確認できる

JR西日本やPiTaPa対応の私鉄駅に設置されている、自動券売機や入金機などでも確認することができます。一部対してないものや、不具合やトラブルがあった場合は、端末による確認が難しいので、駅員さんに速やかに相談するようにしくてください。
SMART ICOCAの場合、携帯やパソコンからでも確認できます。ClubJ-WEST会員サービスにログインすると「SMART ICOCA履歴照会メニュー」から履歴が見られるので、現在の残額もわかります。また、スマホアプリを使って、ICOCAのICタグを読み込むことで残額を照会することが可能です。

残高が足りなかったときは

もしもコンビニで支払う際に残高が足りなかった場合は、不足分を現金で支払えば大丈夫です。手持ちに余裕があるようならチャージしておくのもよいでしょう。駅で残高不足になっても、ICOCAは500円からチャージができ、手持ちの現金が少なく不足額だけをチャージしたい場合も、「不足額チャージ」というボタンがあるので少額のチャージが可能です。

コンビニで使う前にここに注意

電車やバス以外でも使えて便利なICOCAですが、何でもお支払いできる訳ではありません。お支払いができずレジで困ってしまう前に、お支払いできないものの確認をしておきましょう。

利用できないICOCAがある 

ICOCA定期券のうちきっぷ機能の付いていないものについては、電子マネーとして使うことができません。身体障害者割引、知的障害者割引を適用して購入したICOCAには、きっぷ機能が付いていないので注意してください。

ICOCAで支払いができない商品やサービスがある

日用品や飲み物などちょっとした買い物に立ち寄るコンビニでの支払いに、ICOCAを使うことがあるでしょう。コンビニにおいてある商品の多くはICOCAで支払いが可能ですが、一部支払いのできないものがあります。

  • ネットで購入した商品
  • 公共料金や収納代行の料金
  • コピー代
  • ハガキ・切手・収入印紙
  • iTunesカードやAmazonカードなどもプリペイドカード
  • 地域指定ゴミ袋・ゴミ処理券
  • 電子マネーの手数料やチャージ料金

以上のものの支払いには使うことができません。

コンビニ利用でICOCAのポイント特典はない

ICOCAはJR西日本のICOCAエリア内での列車の利用や一部のICOCA加盟店での電子マネー利用などに応じて、ICOCAポイントが貯まるサービスがあります。貯まったポイントはICOCAにチャージすることで、列車やバズ、買い物に使うことができます。コンビニでの利用はそのポイントサービスに対応していません。そこでポイントについてみていきましょう。

KIPS ICOCAのポイント付与について

KIPS ICOCAは、ICOCAとKIPSポイントカードが一体になったカードです。近鉄グループの百貨店、スーパーマーケット、レストラン、ホテル、ゴルフ場などKIPSポイント加盟店でのお支払いで、100円または200円お買い上げごとに、ポイントが付くサービスです。
また、近鉄電車の利用や定期券を現金で購入する際に200円ごとに1ポイント貯まります。しかし、KIPSポイント加盟店ではないコンビニでのお支払いでは、ポイントを貯めることはできません。

SMART ICOCAのポイント付与について

SMART ICOCAは、現金なしでチャージができ、列車の利用に応じてJ-WESTポイントが貯まる、便利でお得なJR西日本のICカードです。ヤマト運輸㈱やイトーヨーカドー、Ario、Loftでの電子マネー利用、200円につき1ポイントが貯まるサービスです。電子マネー利用でポイントが付くのは上記の加盟店4つだけなので、ポイント付与対象外であるコンビニでの利用には、J-WESTポイントはつきません。

ICOCAをコンビニで使ってみよう

電車やバスの料金を支払うだけでなく、電子マネーとして、コンビニなどでも使えるICOCAは、レジでのお支払いがスムーズな上、dポイントやPontaポイント、Tポイントなど貯めることができたり、コンビニでのチャージもできたり、便利でお得な機能が満載です。お支払いの際に「ICOCAで」というだけで簡単にお支払いできます。通勤通学の途中にコンビニに寄ることがあれば、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事