エポスカードゴールドの特徴。会員特典や優遇サービスを上手に活用

エポスカードゴールドの特徴。会員特典や優遇サービスを上手に活用

家計の知恵 2018.10.01

エポスカードゴールドの特典を隅々まで理解しよう

エポスカードゴールドには、さまざまな特典があります。エポスカードゴールドが使える飲食店や提携施設での優待サービスなどが受けられます。このようなカードの魅力的な特典について詳しく見ていきましょう。

クレジットカードのエポスカードについて

エポスカードの発行は、どこがしているのでしょうか。エポスカードの基本的な情報から、使用できる店舗、カードの種類などについて詳しい内容を見ていきましょう。

母体が丸井グループのクレジットカード会社が発行

エポスカードは、丸井グループが母体のクレジットカード会社が発行しているカードです。ショッピングをはじめ、VISAマークのある飲食店や提携施設で使用できます。カードを使って貯めたポイントは、エポスカードVISAプリペイドカードへのチャージや商品券などに交換できます。

全国10,000箇所以上の店舗や施設の優待サービスがある

エポスカードは、全国10,000店以上で利用可能でカードの利用額に応じてポイントも貯まります。優待割引が受けられる店舗には、丸井、イオンシネマ、ユナイテッド・シネマ/シネプレックス、ビッグエコー、ぼてぢゅう、SHIDAX等で割引が特に使用できます。

カードの種類は通常とゴールドとプラチナがある

エポスカードの種類には、通常とゴールドとプラチナの3種類があります。種類に応じて特典や優遇にも違いがあります。入会金・年会費無料で幅広い人が使える通常カード。通常年会費が5,000円のエポスカードゴールド。特別な方へ案内されるエポスカードプラチナです。
ゴールドとプラチナカードは、ワンランク上のサービスを受けることができポイントも効率よく貯めることが可能です。カードの詳しい特典や優遇サービスについて知って、エポスカードの利用をはじめましょう。

ゴールドカードの魅力的な年会費

エポスカードの中でもエポスカードゴールドの優遇面、特典面について詳しく見ていきましょう。

年間の利用金額が50万以上で翌年以降永年無料

エポスカードゴールドは、通常年会費が5,000円で年間の利用金額が50万円以上で翌年以降年会費が永年無料になります。カードでの利用額が多い人におすすめのカードです。通常のエポスカードでは、ポイントの有効期限が2年間です。エポスカードゴールドは、有効期限のない永久ポイントとして使用できます。
利用金額に応じてボーナスポイントを最大1万円相当プレゼントがあります。また、エポスファミリーゴールドというプレミアムなサービス、ポイントを家族みんなで共有することができます。プラチナ・ゴールド会員の家族からの紹介で、年会費永年無料でゴールドカードに申し込み可能です。 

エポスカード利用中の招待状で永年無料

通常のエポスカード利用中にインビテーション(招待状)を受けた場合に限り、年会費永年無料で入会できる特典があります。他社のゴールドカードの平均年会費は10,000円です。他にも、年会費30,000円を超えるゴールドカードも存在する中、エポスカードゴールドは年会費5,000円という驚きの安さです。
エポスカードゴールドに新規で申し込むと、年会費5,000円。年間50万円以上で翌年以降年会費が永年無料になる制限が付きますが、通常カードから招待された場合はそのまま年会費永年無料で入会できます。気軽にゴールドカードを持ちたいなら、エポスカードが一番よいといえます。

ゴールド会員の利用限度額は最大で300万円

エポスカードゴールドには、さまざまな特典や優遇があります。エポスカードゴールドの限度額について詳しく見ていきましょう。

エポスカードからの切り替えは80から100万円が目安

エポスカードゴールドの限度額は最大300万円となっています。しかし、限度額300万円の基準は明確になっていません。一般的に利用限度額50万円のエポスカード利用していて、エポスカードゴールドへのインビテーションが届いて切り替えた場合の限度額は80万円と言われています。実際にエポスカードゴールドを所持している人の限度額は、80万円から100万円の限度額の人が多いようです。

一時的な利用可能限度額の増額が可能

エポスカード保有者の恒常的なショッピング利用可能限度額は、増額することができません。ただし、一時的なショッピング利用可能限度額は増額できます。エポスカードのサービスに「ショッピング1回払いの利用可能枠を一時的に増額するサービス」があります。
ブライダルなどで利用する場合、利用可能限度額を400万円まで希望できます。それ以外の増額希望の場合、現在の利用限度額の2倍か利用限度額+100万円の少額のほうになります。この一時的な増額にも審査があるので、審査によっては増額できない可能性もあります。

使えば使うほどにポイントが貯まる

エポスゴールドカードは、国際ブランドのVISAで世界中で利用できポイントが貯まります。使えば使うほどにポイントが貯まるエポスゴールドカードについて詳しい内容を見ていきましょう。

通常会員のポイント還元率は0.5%

エポスゴールドカードは、VISA加盟店では200円(税込)で1ポイントです。通常の加盟店の場合は、還元率は0.5%です。エポスカードのいい点は、税抜ではなく税込価格でポイントが貯まることです。また、年間の利用額に応じてボーナスポイントをもらえます。
ゴールドカードというと還元率がよくなく、コストパフォーマンスが悪い印象があります。エポスゴールドカードの場合は、ボーナスポイントも合わせると最大で1.5%還元されます。

ゴールド会員は永久ポイント

エポスカードの通常会員は、有効期限が2年間です。エポスゴールドカードの会員は、有効期限なしの永久ポイントとして使用できます。永久ポイントで貯められる分、期限を気にすることなく使えるのでとてもお得です。
永久ポイントが貯めて、カードの利用をたくさんすることでボーナスポイントもたくさん集めることもできます。永久ポイントの利点を生かしてお得にポイントを貯めましょう。 

ゴールドは年間利用額でボーナスポイントの進呈

エポスゴールドカードは、年間50万円以上の利用で2,500円相当のポイントがもらえます。年間100万円以上の利用では、10,000円相当のポイントがプレゼントされます。ケータイ料金や公共料金の支払い、保険料などの毎月の支払いに利用したり毎日の生活の中でカード払いをすることで年間利用額をクリアすることが可能です。
カードの支払いではなく、ポイントによる支払いやキャッシング、現金による支払いは年間利用額に含まれないので注意しましょう。普段現金で買い物をしているものもカード払いに変更して、年間100万円のカード利用で最大15,000円分のポイントがもらえます。

ゴールド申込の翌月以降の利用回数で更にポイント

エポスゴールドカードでは、申し込み月から3カ月の間で月10回以上の利用で毎月200エポスポイントが進呈されます。最大3カ月間毎月達成で、合計600ポイント加算されます。また、マルイやモルディでの利用で200円につき2ポイント(1回・2回・ボーナス一括払い)から3ポイント(3~36回・リボ払い)。VISA加盟店での利用で200円につき1ポイント(1回・2回・ボーナス一括払い)から2ポイント(3~36回・リボ払い)加算されます。

ゴールド会員はエポスファミリーゴールドがおすすめ

エポスゴールドカード会員には、家族にも優遇されたサービスを提供できるようにしています。具体的な内容を見ていきましょう。

家族でサービスもポイントも共有できる

プラチナ・ゴールド会員の人が家族に紹介メッセージを送信し、登録することで家族もゴールド会員になることができます。家族みんなでプレミアムなサービスやポイントを共有することが可能です。家族の利用金額に応じてファミリーボーナスポイントがもらえたり、家族みんなでポイントが分け合えるポイントシェアもできます。

エポス会員からの紹介で年会費は永年無料

エポス会員からの紹介があれば、年会費永年無料でエポスゴールドカードの会員になることが可能です。エポスカードを持っておらず、紹介を受けた場合はゴールドカードの申し込みとファミリー登録が必要です。プラチナ・ゴールド会員以外の人が紹介を受けた場合は、ゴールドカードへの切り替えとファミリー登録をおこないます。
プラチナ・ゴールド会員の人が紹介を受けた場合は、ファミリー登録をすることで年会費永年無料、ファミリーボーナスポイント、ポイントシェアをおこなうことができます。 

旅行を満喫できるゴールド会員特典

エポスゴールドカードは、旅行を満喫できるサービスがたくさんあります。どのようなサービスがあるのか詳しく見ていきましょう。

国内と海外の空港ラウンジを無料で利用できる

羽田空港や成田国際空港、新千歳空港、北九州空港、那覇空港など国内19カ所と韓国、ハワイの空港ラウンジが無料で利用できます。国内線と国際線の場合、同伴者がラウンジを利用するには料金がかかります。大人は1,080円、4~12歳は540円です。
プラチナカード利用者の場合は、同伴者1名までは無料で利用することが可能です。海外の空港ラウンジは、場所によってサービスが違うので事前に調べてから利用しましょう。

手厚い海外旅行傷害保険が自動付帯

VISA付きエポスカードの強みは、海外旅行傷害保険が自動付帯していることです。旅行先でのケガや病気、携行品の盗難、破損など幅広く保障してくれます。保険の対象者は、VISA付きエポスカード会員本人のみです。家族は対象外となります。
海外での食事などで体に合わず緊急入院をした場合、実際に病院に支払った金額に対して最高270万円まで保険金を支払ってくれます。観光中に誤ってデジカメを落として破損した場合も、負担分3,000円を差し引いた金額を支払います。 

海外モバイルWi-Fiルーター通信料が20%OFF

VISAゴールドカード以上の会員限定で海外モバイルWi-Fiルーターのデータ通信料金が20%OFFで利用できます。レンタル、受渡手数料不要で使うことができます。Wi-Fiルーターは、宅配での受け取りや返却をすることも可能です。料金プランは、渡航先により異なります。
500MBのレギュラープランで、約500回マップが使用できるので旅先でも安心です。メッセンジャー通話も1日13時間以上おこなうこともできます。海外のビジネスにも、無制限プランのテレコムWi-Fiの世界周遊プランでビデオ会議や画像・動画資料のアップロードをおこなえます。 

限定の10%ポイントプレゼント5DAYSがある

エポスプラチナ・ゴールド会員限定でポイントプレゼントをおこなう期間が不定期で開催されます。ポイントプレゼント対象になるカードの使い方や店舗について詳しく見ていきましょう。

ゴールド会員とプラチナ会員限定の5日間

マルイ・モディ全店舗とマルイのネットショッピングが対象で、ポイントプレゼントの5日間を開催しています。マルイ店舗では、カフェ・レストランは原則対象外です。それ以外のマルイ全店舗の専門店が対象となります。マルイネット通販では、開始日の0:00~終了日の24:00までが対象です。

通常ポイントに10%分のポイントが加算される

5日間限定の日に対象店舗で買い物をすることで、利用金額の10%分のポイントが上乗せされます。1回払い、分割払い、リボ、ボーナス払いも対象なのでお買い物がしやすくなります。クレジット払いで利用した場合、通常ポイントに加えクレジット利用金額(税込)10%分のポイントが付与されます。
税込10,000円の支払いをした場合、通常ポイント100円分で100ポイント。ボーナスポイント1,000円分で1,000ポイントの合計で1,100円分の1,100ポイントがもらえます。

海外紛失や盗難時緊急カード発行手数料の優遇

エポスカードでは、海外でのエポスカードの紛失や盗難時にしっかりとしたサービスを受けることができます。万が一のときの対応の仕方を覚えましょう。

24時間365日の対応体制

海外でエポスカードを紛失または盗難された場合は、24時間・年中無休で「エポスカード紛失受付センター」で対応してくれます。通話料は無料で滞在地により電話番号が異なります。通話番号対象外の地域や電話がつながりにくい場合には、滞在先ホテルのフロントにコレクトコールを申し込むか滞在国のオペレーター呼出し番号をダイヤルしてコレクトコールの旨を伝えます。
渡航先がエポスカード紛失受付センターの通話の対象地域なのか、事前に調べてから行くことでより安全で安心な海外旅行を満喫できます。

緊急カード発行手数料が無料

希望により、渡航先現地へ緊急時の代替カードを発行してくれます。エポスカード会員の場合は、発行手数料に10,000円の手数料がかかります。プラチナ・ゴールド会員は発行手数料が無料です。また、代替受渡場所には制限があり場所によっては発行ができなかったり、お届け日数に時間がかかることがあります。
帰国後に改めて再発行手続きをおこないます。代替カードは、あくまでも一時的に発行されたカードなので忘れずに再発行手続きをおこなってください。 

ホテルや食事と美容などの特別優待

エポスカードには、さまざまなホテルや飲食店、美容室などで特別優待を受けることができます。どのようなお店でどのような優待サービスを受けられるのか詳しく見ていきましょう。

エポトクプラザには特別優待がある

エポスカードには、エポトクプラザというご優待サイトがあります。通常優待に加えて特別優待が利用できます。エポスカードでの支払いやカードの提示で優待が受けられます。店舗やサービス、チケットの中から自身の気になるジャンルを検索できます。
おすすめの優待サービスの紹介などもあり、限定や新着の優待を簡単に調べることができます。ネットで今すぐ使える優待を集めた特集もあるので、役立ててください。

全国の湯宿の特別優待

エポスカード会員限定で、ハイシーズンで予約が取りずらい旅行シーズンでも人気の宿の予約が可能です。各日1~2室限定で電話予約のみでの受付です。インターネットでの受付は対象外です。「エポスプラチナ・ゴールドカードの限定優待で」と伝えます。チェックインの際は、カードの提示が必至です。清算は、カード支払いでします。
事前の予約を忘れていた場合でも、エポスプラチナ・ゴールド会員の特別優待で夏のレジャーや冬の観光にも一役買ってくれます。 

レストランやカフェの特別優待

和食や洋食、西洋料理、中華料理など全国6,000店舗以上で特別優待が受けられます。対象レストランでエポスポイントが10倍もらえたり、10%OFFで利用できたりと優待サービスは多岐に渡ります。日本全国いろいろな店舗で優待が受けられるので、お店を絞ってグルメ旅行を計画するのも楽しみの一つです。
デリバリーやファーストフードなど普段の生活でも使用できる店舗がたくさんです。マクドナルドでは、390円の商品が300円で購入できたりケンタッキー・フライド・チキンでは、ご愛顧パックが1,000円で購入できます。

お得が満載のマルコとマルオの7日間について

マルイとモディでは、2009年からマルコとマルオの7日間のキャンペーンをはじめました。今では、定番のキャンペーンとなったマルコとマルオの7日間について詳しく見ていきましょう。

期間中のショッピングが全て10%割引になる

年4回エポスカード会員限定企画で、期間中のショッピングが全て10%割引になります。エポスカードで決済することで10%OFFで買い物できます。現金による支払いは、10%OFFの対象になりません。マルイおよびモディ全店でエポスカードの決済で割引の対象になります。
対象店舗も幅広く、食品、レストラン、カフェ、金券類、書籍、AV(CD/DVD) ソフト、一部ブランド類は10%OFF 対象外となります。ファッション関連以外の商品は事前の確認が大切です。例外的に10%OFF対象になるマルイのレストラン・カフェがあるので最新情報を公式サイトでチェックしましょう。  

クレジット払いの買物で何回でも割引になる

エポスカードでのクレジット決済で、何回買い物しても割引の対象になります。支払い方法は、1回払い・分割払い・リボ払いが対象になります。今まで買おうか悩んで商品をクレジットカードでお得に買えるお得なキャンペーン期間です。
クレジットカードの決済は、各お店ごとのカウントになるので対象の支払い方法を選ぶことで何回でも10%OFFで買い物できます。期間中であれば、何度でも割引の対象になるお得な7日間です。

店舗の他にオンラインストアも対象

マルコとマルオの7日間に対象の店舗には、マルイ全店、モディ全店、マルイウェブチャンネル、アウトレット店などです。店舗以外にもマルイウェブチャンネルのオンラインストアも対象です。マルイウェブチャンネルで購入するなら、ポイントサイトの「ハピタス」を経由することでさらにポイントをもらえます。
ハピタスのポイント還元率は1.2%で、マルコとマルオの7日間の間に購入すると税込価格の10%OFFに対し、1.2%のハピタスポイントが貯まります。たとえば、税込10,000円の買い物をした場合、マルコとマルオの7日間では10%OFFの9,000円で購入できます。このときのハピタスポイントは、9,000円に対して1.2%なので108ポイントがもらえます。

開催は年4回あるが日程は決まっていない

マルコとマルオの7日間の開催期間は、3月(春)、5月(夏)、9月(秋)、11月(冬)の年4回開催されます。奇数月は、基本的にセール実施日になるので1月と7月はバーゲンセールを開催しています。2018年9月の開催予定日は、2018年9月21日~2018年9月27日までとされています。
毎年開催日は、少しずつずれてはいますがだいたい開催される週は決まっているようです。マルコとマルオの7日間のセールを開始した2009年からほとんど開催日は変わっていません。開催予定日を予測しやすいので、お得な買い物がしやすいでしょう。

店舗でのお取り置きサービスを賢く利用する

マルイの店舗では「お取り置きサービス」をおこなっています。このサービスを活用して、1週間前から商品をキープして期間中にエポスカードで支払うことができます。マルコとマルオの7日間開始の1週間前から取り置きが出来れば、いざ当日に欲しかった商品の売り切れを防ぐことが可能です。
しかし、お店によっては「お取り置きサービス」ができない店舗や商品もあるので店員に確認を取りましょう。お取り置きサービスを有効活用してお得に買い物ができます。

賢くお得にポイントを貯める方法

エポスカードをもっと賢く、お得にポイントを貯める方法はあるでしょうか。お得なポイントの貯め方を詳しく見ていきましょう。

マルイとモディの利用はポイントが最大3倍

マルイ(OIOI含む)とモディでのカード支払いで、最大3倍のポイントがもらえます。マルイ・モディ・マルイウェブチャンネル・カタログ誌Voiでのカード支払いで、1回・2回・ボーナス一括払いで200円につき2ポイントもらえます。
3~36回・リボ払いで、200円につき3ポイント付きます。VISA加盟店でのカード支払いの場合、1回・2回・ボーナス一括払いで200円につき1ポイント。3~36回・リボ払いで200円につき2ポイント貯めることができます。 

会員限定のポイントアップサイトを利用する

「選べるポイントアップショップ」の登録でポイントが3倍になります。400店舗以上の「たまるマーケット」経由でショッピングをすると、ポイントが2~30倍になります。Amazonや楽天、ヤフーショッピングもポイントアップショップの対象になります。
パソコンで利用するときにポイントアップコンシェルジュを入れておくことで、たまるマーケット出店ショップにアクセスしたときに「今ならポイント○倍」とアイコンが光って教えてくれます。ポイントが貯まるショップを教えてくれるので、効率よくポイントを貯めることができます。

楽天edyへのチャージは100円で1ポイント

エポスカードは、楽天edyとモバイルSuicaへのチャージが可能です。特に楽天edyでは、チャージするときに100円1ポイントと還元率が1.0%となります。通常のエポスカードの還元率は0.5%なので、楽天edyへのチャージのほうがお得です。楽天edyは、セブンイレブンやローソン、ファミリーマートでも使用できます。
毎日のちょっとした買い物には、エポスカードを利用して楽天edyにチャージをして小銭いらずでスマートな買い物をしましょう。

選べるポイントアップショップの登録でポイントアップ

エポスカードプラチナ・ゴールド会員は、選べるポイントアップショップを利用することでさらにお得にポイントを貯めることができます。詳しい内容を見ていきましょう。

カード利用時のポイントが最大3倍になる

選べるポイントアップショップでカードを利用して買い物することで、ポイントが最大で3倍になります。1回・2回・ボーナス払いの場合、200円で1ポイントもらえショップを登録することで3倍の3ポイントがもらえます。リボ払いか3回以上の分割払いでは、200円で2ポイントもらえ、こちらも登録すると2倍の4ポイントがもらえる仕組みです。
公共料金をエポスプラチナ・ゴールドカードで支払った場合、例えば電気料金の支払いが年間で100,000円として通常の加算ポイントが500ポイントとします。ここで電気料金を選べるポイント登録していたら3倍の1,500ポイント加算されることになります。

対象ショップから利用頻度の高いショップを登録

ポイント3倍の対象ショップにするためには、会員サイトで3倍にするショップを登録することが必要です。登録できるショップは、3つまで選ぶことができます。対象の中に電気やガス、水道料金の毎月支払いがあるものもあるのでよりお得にポイントを貯めることが可能です。
おすすめの登録対象ショップは、毎月支払いが発生する公共料金、コンビニやスーパーなどの毎日の買い物店舗で、定期券などの大きな買い物で登録することでバランスよくポイントアップして効率的に貯めることができます。 

ポイントアップショップの登録後は3ヵ月間変更できない

ポイント3倍のお店は、登録から3カ月間は変更することができません。登録から3カ月過ぎれば何時でも変更できます。最初に登録するときは、毎月必ず利用するものを選ぶことがポイントアップにつながります。3つ登録していて、登録から3カ月経過した店舗を削除しても即座に新しく1つ登録できるのは便利な点です。

1回の利用額が200円未満は切り捨てになる

エポスカードは、税込200円以上からからポイントをもらえます。1回の利用金額が、税込200円未満の場合はポイント対象外のため切り捨てとなります。エポスカードのメリットは、税込金額でポイント金額を判断します。税抜きで200円未満であっても、税込200円以上になった場合はポイントが付与されるので金額を見ながら買い物しましょう。

カード紛失や盗難と不正利用の疑い時も24時間対応

エポスカードは、セキュリティ面でも安心の24時間対応をしてくれます。安心のサポートについて詳しく見ていきましょう。

61日前からの不正使用による損害額の補償

エポスカードの紛失・盗難に気づいたらすぐに国内エポスカード紛失受付センターに連絡を入れます。届日を含めた、61日前にさかのぼりそれ以降の不正使用による損害を全額保障してくれます。
国内エポスカード紛失受付センター:03-5340-3333
24時間受付なので、気付いた時点で上記番号に電話をしましょう。海外での紛失・盗難の場合は各国で電話番号が違います。渡航予定の人は、渡航先の電話番号を控えておきましょう。

6つのあんしんサービスが充実している

エポスカードには、カード利用通知サービス、お支払予定額通知サービス、海外利用停止サービス、エポスNetログイン通知サービス、エポスバーチャルカード、本人認証サービスの安心サービスが付いています。それぞれのサービスにより、万が一のときも早期発見が可能になります。
クレジットカードの利用ごとにメールで通知してくれるので不正利用もすぐに発見できます。カードの支払い予定額を設定することで設定額よりも金額が超えた翌日にメールで案内が届きます。エポスNetにログインするたびにメールで知らせてくれるので不正利用の早期発見につながります。

エポスお買い物安心サービスについて

エポスカードの保険でエポスあんしんお買い物あんしんサービスがあります。具体的にどのような内容なのか見ていきましょう。

年間の通算利用額が50万円まで補償

エポスカードでの購入商品に限りますが、商品の破損や盗難を年間通算50万円まで保障します。買ったばかりの時計を落として壊してしまったり、電車の中で高額なカメラを盗られたり、お気に入りのワンピースを転んで破いてしまったときなどに保障の対象となります。 

購入後90日間の損害を補償するサービス

エポスカードで購入後、90日間の損害を補償してくれます。全額補償になるには、購入金額か損害の額が3,000円を超えた場合に限り補償時の自己負担額が0円になります。お客様の声から、買ってすぐのトラブルが少ないこと、自己負担がかからず全額補償になってほしいという意見からこのサービスが生まれました。
補償開始日はエポスカードで購入後すぐか、配送等による場合は商品の到着日から90日間になります。

申込み当日から補償され損害の自己負担額は無い

申し込んですぐに保障がはじまると嬉しいという、お客様の声から申し込み当日から補償をスタートしました。エポスカードで購入した商品が壊れた場合や、紛失した場合の自己負担額が0円で補償してもらえます。ただし、紛失や置き忘れによって生じた損害や故意的に生じた損害等については支払いの対象外になります。

年間のサービス料金は有料

エポスお買い物あんしんサービスは、年間1,000円の保険料がかかります。1カ月あたりは、約84円。1日あたり約2.7円です。この年間の保険料は、エポスカード一括払いかエポスポイントで払います。現金払いやエポスカードATMでの支払いには対応していません。
エポスポイントで支払う場合には、申し込み手続きの中で「ポイントを使う」を選択します。「ポイントを使う」を選択していてもカード請求時に1,000ポイントに達していない場合は、カードの請求により引き落とされます。

様々なサービスはエポスNetを利用する

エポスカードの利用明細を郵送で受け取ると、1通につき82円の発行料金がかかります。エポスカードの利用明細は会員専用のエポスNetを利用することで確認できます。過去12カ月分の利用明細の閲覧とPDFファイルでのダウンロード保存が可能です。必要に応じて、印刷・プリントアウトして手元に保管できます。
日常的に利用明細を確認するのであれば、エポスカード公式アプリが便利です。エポスNetを開くよりも簡単に利用明細を確認できます。エポス公式アプリとエポスNetを使い分けることで、さまざまなサービスを利用できます。

エポスゴールドの特典と会員特典を賢く利用しよう

エポスゴールドカードは、とても持ちやすく使いやすいゴールドカードです。通常のエポスカードからでもインビテーションが来ることで、年会費が永年無料で使用できます。
ゴールド会員が家族をエポスカードに招待することで、こちらも年会費永年無料でゴールドカードを利用できます。その他にも、たくさんの会員特典があります。エポスゴールドカードの特別優待と会員特典を賢く利用してお得な買い物をしましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事