リボ払いのメリット、デメリットを理解して上手に買い物を楽しもう!

リボ払いのメリット、デメリットを理解して上手に買い物を楽しもう!

カード 2018.10.16

リボ払いにはどういった特徴があるのか

クレジットカードの支払い方法には様々な方法があります。それぞれの用途に合わせて使うことで賢く買い物ができます。特にリボ払いについては「名前は聞いたことある。」くらいの方も多いと思います。そんなリボ払いの特徴を解説していきます。

リボ払いについて

クレジットカードの仕組みは、利用者が商品やサービスの購入を行う為に、その代金をクレジット会社が一時立て替えてくれるもので、利用者は後日カード会社に対して支払いを行うシステムとなっています。クレジットカードの支払い方法の種類には、一括払い・2回分割払い・分割払い・リボルビング払い・ボーナス払いの5種類があり、クレジット会社の指定する引き落とし日に、返済するシステムとなっています。

リボ払いと分割払いの違い

初めてクレジットカードをご利用なさる方は、支払い方法の違いに少し戸惑いを感じるのではないでしょうか。特に、同じ分割で支払うリボ払いと分割払いの違いは、今後の為にもよく理解をしておかなければなりません。分割払いは、借入金を3回以上に分けて支払う方法で、借金額が膨らめば支払額が増えることは単純明快で、リボ払いは、あらかじめ設定した支払額を支払い続ける方法で、借金額が膨らんでも支払額は変わりません。

リボ払いは支払残高に応じて毎月一定の額を支払う仕組み

リボ払いは、リボルビング払いと言われるもので、毎月の支払金額をクレジットカード入会時に選択する事が出来るものです。利用者は、このリボ払い選択時に、月々の支払額や支払率を設定しますので、毎月定められた一定額を支払っていく事になります。つまり、カードの限度額以内に収まっていれば、月々の支払額は一定額ですので、支払いに際する負担が少ないといえます。

リボ払いの種類は3種類ある

クレジットカードをご利用される方は、リボ払いの性質をよく理解された上で選択する必要があります。なぜなら、リボ払いの種類は3種類あり、それぞれ支払う方式が異なってくる為です。基本的に、リボ払いは決められた一定額を毎月の支払いに充てますので、利用者にとっては計画的に借り入れを行う事ができ、支払いに対するめどもつきやすいというものです。

段階的に払う残価スライド方式

支払額が一定額で済むとあって、支払い計画の立てやすいリボ払いは、利用者にとってもとても都合の良いものです。しかし、同じリボ払いであっても、異なる支払い方法があることを理解しておきましょう。残価スライド方式は、残高スライド方式とも呼ばれるもので、支払残高によって段階的に支払う率、または支払う額を変動させていく方式です。残高が多くなった場合、支払額も増えていきますので、注意する必要があります。

指定した割合で払う定率方式

リボ払いの中でも、指定した割合で払う定率方式は、支払残高に応じて指定した割合で支払う方式で、支払いの残高によって、ゆるやかに支払額が増減する方法です。支払残高が多くなれば、その分支払額が増えていきますが、借入残高に対して常に100%未満の返済を行う為、理論上は完済することができないという事になります。したがって、一括返済を行うなどの対処方法によって、清算する必要があるでしょう。

支払額が一緒の定額方式

リボ払いで一番の落とし穴が、この定額方式の支払い方法と言えるでしょう。支払額が一定していますので、常に毎月同じ金額だけを支払いに充てますが、支払残高が増えても支払額が増える事はありません。利用者にとって、支払額が増えないということはメリットのように感じますが、実は支払期間が延びていくだけですので、気がついたら利子だけしか支払っていないということになりかねないのです。

クレジットカードにより選択できる方式は違う

クレジット会社は、自社の営業方針に沿って、同じリボ払いであっても選択できる方式を自由に採用することができます。リボ払いだからと言って、利用者に有利に働くとは限りませんので、まずはクレジット会社がどの支払い方式を採用しているのか、確認しておく必要があります。借入金が増えてしまい、あげくの果てに残高不足が発生してしまうといった恐れもありますので、しっかりとシステムを理解し、気を付ける必要があります。

リボ払いを利用するメリット

リボルビング払いは、定められた支払額を返済していくシステムですので、利用者側から見れば返済計画が非常に立てやすいものです。月々の支払いが、一定額に納められますので、毎月の負担が少ない為、ショッピングに利用しやすいといった側面を持っています。ただし、あくまでも借金の一種であるということを踏まえて、計画的にクレジットカードを利用していかなければなりません。

毎月の支払額が見込みやすい

リボ払いには、三つの支払い方法がありますが、残価スライド方式だと多少の増減はあるものの、支払額が見込みやすく支払い計画を立てやすいといった利点があります。また、仮に必要に迫られて、買い過ぎだとしても上限を超えた金額は、翌月の支払いに回す事ができるのは、利用者にとって大変助かるのではないでしょうか。ただし、借入金が増えても減ることはありませんので、ご利用計画はきちんと立てておく必要があります。

お金があるときに繰り上げ返済ができる

繰り上げ返済とは、毎月の返済額に加えて、まとまった金額を前倒しで返済するものです。繰り上げ返済のメリットといえば、返済残高を減らす事ができますので、利息そのものを削減できるといった効果があります。うまく活用していく為には、欲しいものを欲しい時に買って定額払いしつつ、お金がある時に一気に支払うことができますので、その分支払いの負担が減少していきます。

ポイントが通常より多くもらえることが多い

クレジット会社によっては、利用金額に応じてポイントが付与されるといったサービスがあります。このポイント制度には、リボ払いを選択する事で、ポイントが多くもらえる場合がありますので、どの支払い方法がお得であるかの確認をすることも、賢い利用方法の一つと言えるでしょう。最近では、リボルビング払い専用のカードのラインナップが、各カード社間で増えてきています。

リボ払いのデメリット

クレジットカードは、現金を持たずに支払いに充てることができ、簡単に買い物に利用することができる便利なものです。買い物に出かけて、財布を忘れてしまった時や、給料前にもかかわらず必要に迫られた場合も、クレジットカードを利用する事で、手軽に商品を購入することが可能です。ただし、あくまでも借金ですので、必ず返済を行わなくてはならず、返済額に応じて利子も発生しますので、結局購入代金が高くついてしまうといった傾向があります。

金利手数料が高い

リボ払いの特徴として、月々の返済額が少ない為、利用者にとっては毎月の支払いの負担が小さいとあって、利用者もかなり増えていると言えるでしょう。しかし、ほとんどのクレジット会社は、利息制限法いっぱいの年利15%と設定しているカードも多い為、ほかのローンと比べてみてもかなり金利手数料が高いといえます。利用金額の残高によっては、毎月金利だけを支払っている場合もあり、返済する金額が増えている場合もあります。
毎月こつこつと返済を行っている、と思っていても、実は元金が全然減っておらず、気がついたら雪だるま式に借金が溜まってしまう、なんて人も少なくありません。どんな利用方法であれ、大事なお金であることに変わりは無く、計画的なショッピングを行うことが大切だといえます。

金利の高さを意識しにくい

利用者にとって、毎月の支払額が小さなリボ払いは、借金を借金と感じさせないお気軽感があります。しかし実際には、現在どのくらいの元本が残っているのか、そしてどの買い物の支払いであるか不明りょうな点があります。これは、一定の支払額の中に、金利も含まれていますので、支払利息そのものを意識しにくいことにあります。月々の支払いには、金利が含まれていますが支払額が少ない為、金利の高さを意識しにくいところがあります。

返済期間が長くなりがち

リボ払いは、一般的なローンとは異なり、返済期間が決まっていません。これは、借入額によってローンを組む方式とは異なり、リボ払いの場合は借入額が増えても、支払額が一定なので支払期間が長くなるといった特徴を持っています。つまり、支払期間の間、ずっと高額な金利手数料を負担し続ける事と同意という事になるわけです。
今はよくても、後々住宅ローンや車のローンなど、大きな買い物をする際、リボ払いがまだ大量に残っている状態では、銀行や貸金業者も良い顔をしません。自分が利用している金額は今どれくらいなのか、またどのペースで支払えば完済できるのかを明確にしておくことが大切です。

支払額が一定なので金銭感覚が鈍ってしまいがち

私たちの常識では、買い物をしたらしただけ、財布の中身が減っていきます。これは小さなお子さんであっても、常識と言えるものですが、リボ払いの場合は借り入れによる支払額が一律という事もあり、支払額が増えないと高額な買い物をしたという意識が生まれない事が特徴的です。その結果、していつの間にか、ある日をきっかけにして利用総額が増えている事に気がつく事になり、慌ててしまうことも少なくありません。
目に見えてお金の増減が分かる現金とは異なり、クレジットカードはたった1枚でショッピングができる優れものです。しかし、使ったからには支払いが発生することは当然。後々自分の首を絞めてしまわぬよう、金銭感覚は常に保っておきましょう。

利用総額が増えることで支払う金利負担が増えてしまう

一般のカードローンでは、基本的に元本だけを支払うのに対し、リボ払いではさらに元本に対して金利をプラスして支払わなければなりません。したがって、リボ払いの方式によっては、利用総額そのものが膨らむ事で、負担しなくてはならない金利手数料の額が、以前よりもさらに増えてしまうといった現象も起こってしまいます。クレジットカードは、非常に手軽ですがこうした落とし穴があることも、忘れずにいなければなりません。

金利負担が増えても月々の支払額が増えないので使いすぎに気づきにくい

リボ払いに関して言えば、利用計画のめどが立てにくいといった側面を持っています。実際に、クレジットカードで買い物を行った場合、その商品の返済をいつ完了したのか非常にわかりにくく、完済してしまうまで理解しにくいということです。その理由として、リボ払いの場合、毎月の支払額が増えませんので、利用総額が思ったよりも増えている事に気づかず、買い物を続けてしまうといった危険性があるのです。

いつの間にか利息の支払いしかしていないこともある

一般のローンでは、ローンを組む際に借入金と金利の総額を計算し、何段階に分けて支払うのかを定めていきます。しかし、リボ払いの場合、利用総額に応じて金利そのものも変わってしまう為、現在の利用総額がどのくらい残っているのか分かりにくいという事があります。つまり、毎月一定額支払えばよいという考えでは、いつの間にか借金が増えてしまい、元本が減らずに利息の支払いばかりになってしまうといった危険性もあるのです。

リボ払い専用カードの特徴や使い方

リボ払い専用カードとは、各カード信販会社がサービスとして提供しているクレジットカードの一つで、専用カードはあらかじめ支払い方法が、リボ払いだけに固定されているカードを意味しています。これは、このリボ払い専用カードが、リボ払い以外の支払い方法を選択する事ができないという事を意味しており、間違って作ってしまわないよう、その特徴や使い方を理解しておく必要があります。

ポイントが高く設定されていることが多い

リボ払い専用カードの特徴として、ポイントが高く設定されている事が多いカードといえます。ポイントが高く設定されている事は、利用者にとっても大変メリットのある事で、2倍や3倍といった高設定のリボ払い専用カードも存在しています。これは、裏を返せばポイントを2倍3倍にしても、クレジット会社側にメリットが多いという事が言え、それだけ金利が高いということを意味しています。

支払額を最大にしておくとよい

リボ払い専用カードで失敗しない為にも、入会時の設定で支払額を最大にしておくと、よいということが言えます。リボ払いの特徴として、支払金額が残ってしまった場合、翌月に繰り越せるといった特徴を持っています。しかし、そのまま買い物を続けていると、支払残高が膨れ上がってしまう為、大きな借金を抱えてしまうことにもなりかねません。一括で支払ってしまえば、金利は掛りませんのでそれだけお得ということです。

信用情報を管理するCICではリボ払いとして認識される

リボ払い専用カードで、注意しておきたい事は、入会時にたとえ全て一括払いしていても、リボ払いの利用者として認識されてしまうといった点です。こうした、ローンなどの信用情報を管理するCICでは、ほかのローンの審査に際して、こうした情報が審査の対象となってしまう事です。つまり、結果として住宅ローンなど、その他の借入に悪影響が及ぶ可能性がある、といった点を踏まえておく必要があります。

リボ払い専用カードと知らずに使ってしまうケースが多い

CICとは、貸金業法に基づく指定信用情報機関として、国から認められている組織で、主に割賦販売や消費者ローンなど、クレジット事業を営む企業を会員とする信用情報機関なのです。仮に、将来住宅購入など、大きなローンを組む必要がある場合、もし信用情報を傷つけたくなければ、クレジット契約時には細心の注意を払う必要があります。

リボ払いが個人の信用に与える影響

クレジットカードは、あくまでもクレジット信販会社に対して、支払いを代行してもらうもので、当然のことですが間違いなく借金の一つです。したがって、ほかのクレジットカードと同様に、リボ払い専用カードも個人の信用に与える影響は計り知れず、利用者の個人記録はすべてクレジット会社が保持しています。さらに、リボ払いは使用者に対して、どのような影響があるのでしょうか。

クレジットカードの利用歴はすべてCICの情報に記録される

貸金業法に基づいた情報管理を行う、指定信用情報機関はCICと呼ばれる組織で、国内で発行されたクレジットカードはそのすべてが法律に基づいた上で、CICに加盟する事になっています。つまり、私達が利用しているクレジットカードの利用歴は、すべてCICの情報に記録されているということになります。もちろん、情報漏えいの問題もあり、セキュリティー面は常にチェックされているようです。

リボ払いで支払ったことも記録される

当然の事ですが、CICの情報源は与信情報として大切な情報である為、クレジットカードの使用者がリボ払いをしている事は、常に記録されていると思っておいて下さい。ローン会社やクレジット会社などは、あくまでも営利目的として業務を行っていますので、支払い能力のない利用者をチェックしておく必要があるのです。一つ一つのカードの借入金は少なくとも、総額でかなりの借金になっている場合もあり得るからです。

リボ払いの残高によってはローンやクレジットカードの審査に影響がある

CICによる与信情報は、ローン会社やクレジットカード会社にとって、利用者に支払い能力があるかの重要な指標になってきます。つまり、借入金が少なくとも、その支払い状況に延滞などが多く発生している場合、新たなカードの作成が難しくなるといったケースも考えられます。ローン会社やクレジットカード会社は、審査を行う場合、常にCICの与信情報によって、支払い状況がすべてわかるようになっています。

リボ払いの限度額に対してどれだけ借入をしているかが問題

クレジットカードの作成やローンを新たに組む場合、私たちは返済能力があるのか、必ず審査を受ける事になります。具体的には、審査に際して借り入れが多いという事は、そのまま返済不能の可能性が高いという判断材料となりますので、借り入れやクレジットカードの作成ができない場合もあります。つまり、利用者の収入に対して、どのくらいの返済能力があるのかを見極めているわけです。

リボ払いをしていても完済済みの情報は数か月で消される

カード作成、ローンや借り入れに際しての、審査情報を管理する指定信用情報機関のCICの存在を考えると、今後大きなローンを検討している方たちにとって、借金は怖いものと感じ二の足を踏んでしまうこともあるでしょう。しかし、利用者がリボ払いをしていても、完済済みの情報は数か月で消されますので、リボ払いをしている事自体は、信用情報を傷つける行為ではないという事を頭に入れておきましょう。

一番大切なのは延滞や滞納を起こさないこと

ローンや借入金、カード作成に際しての審査自体は、利用者に返済能力があるのかを確かめる作業の一つでもあります。つまり、信用情報とは、返済に対する可能性を確認する事が目的ですので、延滞や滞納を繰り返す人は返済可能性の低い人だとみなされてしまいます。これは額の大小かかわらず、わずかな額でも記録されてしまいますので、振り込み忘れや残高不足での引き落とし不能なども、悪意のあるなしを考慮してもらえないのです。

リボ払いで支払総額が増えてしまった場合の対処法

クレジットカードの利用で、返済方法をリボ払いにするのは、決して悪い方法ではありません。逆に、毎月決まった金額を支払いに充てることができますので、利用者にとっては計画性のある返済を実現する事ができます。ただし、支払いが滞ったり、買い物のしすぎによって、支払総額が増えてしまったケースも少なくなく、こうした場合の対処方法も検討しておく必要があるでしょう。

借り換えで利息の額を減らす

ほとんどのクレジットカード会社では、リボ払いは年利15%利息を払わなければなりません。金利が15%と聞いても、あまりぴんとこない方もいらっしゃると思いますが、銀行に貯金しても年利が1%程度だと考えれば、どのくらい金利が高いのかわかりいただけることでしょう。ローンなどの借り換えは、銀行系カードローンであれば年利9%前後で借りる事が出来ますが、くれぐれも借入金に手を付けることはおやめください。

返済額を見直して借入元本を減らす

クレジットカードを不用意に使ってしまい、リボ払いで支払総額が増えてしまった場合、最悪借金地獄にはまってしまう可能性もあります。金利だけを支払う状況になれば最悪で、借金は全く減らない状態になってしまうのです。対処法としては、まずは返済額の見直しによって、借入元本を減らすことを検討しましょう。つまり、元本を減らさない事には、借金はいつまでたっても終わらないのです。

毎月の返済額を増やす

リボ払いで、支払総額が増えてしまった場合の対処法としては、応急処置として毎月の返済額を増やす事を検討するとよいでしょう。クレジット会社のリボ払いは、金利がかなり高いので、支払いの返済に少しの額を増やすだけでも、利息を減らす効果が高いのです。しばらく継続して、元金が減ってくるのが確認できたら、その効果が実感できることでしょう。

繰り上げ返済で一気に返済してしまう

リボ払いの支払いで、なかなか借入金が減らないのは、元金が減っていないといった現実もあります。こうした場合、貯蓄を切り崩してでも、繰り上げ返済で一気に返済してしまうといった方法を取りましょう。リボ払いは、金利が高いので、銀行などの貯金の利子よりも金利が上回ってしまいます。繰り上げ返済で、一気に返済してしまう事によって、返済期間を減らした分は、すべて自分の利益と考える事もできるわけです。

リボ払いが使える場面と

リボ払いは、金利が15%とかなり高く、支払残高が残っている場合でも、次の月に繰り越せるとあって、ついつい買い物が多くなってしまい、借入額そのものが増えてしまうといった恐れがあります。その為一部では、リボ払いは危険性があるとの声も出ていますが、これは利用者側にも問題があると言えるでしょう。では、リボ払いを利用したい状況と最適な場面とは、いったいどのような時なのでしょうか。

急な出費で困ったとき

旅先や外出先などで、急な出費で困った時、あなたならどう対処していますか。貯金はあるけれども、近くに ATMなどが見当たらなく、手持ちがない場合などのケースも考えられますが、お洒落の為にカバンや上着に財布を忘れてしまったといった経験をなさった方は、かなりの数がいるのではないでしょうか。こんな時、クレジットカードの存在は大いに役立つもので、現金がなくとも支払いが行える強みはかなりのメリットと言えます。

ポイント還元率を上げたいとき

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、クレジット会社の発行するリボ払い専用カードは、総体的にポイント還元率が高いということが言えます。実際に、2%や3%といった還元率もよく見かけられるもので、さらに支払いをこのカード一枚にまとめれば、毎月どんどんポイントがたまるといったメリットがあります。また、翌月一括払いにすれば金利手数料が不要となりますので、現金で購入するのと変わりません。

リボ払いを使うときの注意点

危険性が指摘される、クレジットカードのリボ払いですが、入会の際に一律の支払額に設定いる場合、支払残高があまり減らず、金利ばかりを払っているといった状況などに、知らないうちになっている可能性が指摘されています。買い物の際に、常に購入限度額まで買い物をしてしまうと、金利手数料ばかり増え、知らず知らずのうちに月々の支払額だけでは、完済できなくなってしまうことも少なくないのです。

自分が申し込んだ支払い方式を確認する

クレジットカードで、リボ払いを選択している場合、まずご自分がどの支払い方式を選択しているかの確認を行う必要があります。リボ払いの支払い方式は、クレジット会社によって異なり、大まかに三つの方法がある為、場合によっては月々の支払額が少な過ぎてしまい、最悪完済できないといった状況に陥ってしまうケースもあります。したがって、ご自分が契約したリボ払いを確認し、支払い方式を念頭に置いておく必要があります。

利用後は明細を必ずチェックする

クレジットカードの支払いで、ついつい確認不足になりがちな利用明細ですが、利用明細は手数料や支払残高が記載されていますので、ご自分の利用状況が常に確認できます。利用明細を確認する事によって、買い物のし過ぎなどの抑止力になりますので、月ごとの利用明細は必ずチェックを入れ、特に買い物後の明細は必ず確認しておくクセをつけておきましょう。

利用総額にはくれぐれも気をつけよう

歳入と支出には、適切なバランスというものがあり、私たちが得た収入はこの歳入にあたるものです。これは、月々の給与は、基本的に常に一定額であり、支払いの指標になるからです。家計のやり繰りが、管理しやすいといわれるリボ払いですが、急な出費が発生する場合もあります。したがって、自身の支払い能力を把握しておく必要があります。どんな状況であれ、利用総額は必ずこまめにチェックしておくとよいでしょう。  

リボ払いにするなら仕組みや支払い要件を理解してから

クレジットカードは、現金を使うことなく買い物などの支払いを行える為、現代社会において非常に利便性の高いシステムと言えるでしょう。しかし、リボ払いには危険性もあり、仕組みや支払い要件を理解しておく必要があります。便利だからといって、何でも買ってしまうのはNG。金銭感覚をしっかりと保ちながら、クレジットカードやリボ払いと健全に付き合いましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事