簡単お手軽デビットカードはコンビニで使える便利なカード!

簡単お手軽デビットカードはコンビニで使える便利なカード!

カード 2018.10.19

デビットカードはどのように使えばいいのか

デビットカード コンビニで使えるカードですが、どのようにして使えばいいかわからない人もいます。こちらのデビットカードは電子マネーのカードとクレジットカードを中間的な機能を持っているカードとなります。そのため両方の良いところ活用することができれば最適なカードとしてコンビニで活用できるものです。 

コンビニで使えるおもなデビットカード

コンビニで利用できるデビットカードですが、すべてのコンビニで利用できるわけではありません。使えるコンビニは入り口で確認することができます。デビットカード コンビニで活用するときには、通常の電子カードと同じように利用できるカードなので、支払いをこのカードで渡されれば対応してくれます。難しい手続きもなく便利に利用できるので、現金をあまり持ち歩かない人にとってはオススメのカードになります。  
デビットカード コンビニで使用できるものですが、種類は3種類と限られていることで、まだまだ知られていないカードだといえます。しかし、利便性がよくこちらのカードを利用者特典も充実しているので、クレジットカードを利用するよりも資産管理に適しています。

楽天ポイントが貯まる楽天銀行デビットカード

デビットカード コンビニで利用できるのが楽天銀行のデビットカードです。このカードの特徴ではコンビニとの提携があるデビットカードに該当しませんが、楽天ポイントの関連は1%となっているお得なカードになります。特定のコンビニへ利用しない人にとっては、利用できるコンビニが多くあることで利便性の良い利用ができます。  
楽天銀行のデビットカードには2種類あります。それがVISAとJCBの楽天銀行はデビットカードです。このカードの特徴では、VISAの楽天銀行のデビットカードは年会費が必要となりますが、楽天Edyのチャージが利用できます。もうひとつのJCBのデビットカードは年会費が無料になっていますが楽天Edyが利用できないカードになります。

nanacoポイントが貯まるセブン銀行デビットカード

特定のコンビニで日ごろ買い物する人にとってオススメしたいのがセブン銀行のデビットカードです。こちらのセブンイレブンのコンビニなら、ポイント還元率が1.5%と高くなっており、セブンイレブンの系列グループでは1%のポイント還元があります。また、その他のJCB加盟店で利用した場合でも0.5%のポイント還元があります。 
nanacoポイントがたくさん貯まるデビットカードなので、こちらのセブンイレブンのコンビニでよく利用する人にオススメです。nanacoカードの機能が搭載しているデビットカードとnanacoのカードの機能が付いてなくてもnanacoポイントが貯められる紐付き可能なデビットカードがあります。

ポイントかマイルが貯まるりそなデビットカード

電子マネー感覚で利用できるチャージ不要のデビットカードがりそな銀行から発行されています。このカードを利用することでポイントやマイルのどちらかが貯められるメリットがあります。ポイントは、いろんなコンビニで利用できるようになっているので、特定のコンビニで利用しないユーザーにとっては魅力あるカードになります。しかも、マイルを貯めることができるので、JALクーポンに交換したいと考えている人はこちらのデビットカードがオススメです。 銀行系のデビットカードなので審査が厳しいと思われがちですが、デビットカードの場合には、決済方法がクレジットカードと異なるので、審査に通過しやすいメリットがあります。ただし利用限度額が決められているので注意しましょう。

Tポイントが貯まるファミマデビットカード

ファミリーマートのコンビニを日ごろ利用する人にとってはTポイントが貯まるファミマデビットカードを利用するのが便利です。こちらのカードはガソリンスタンドでの支払いや携帯電話料金そして公共料金の支払いが可能なので、現金を持たずにこれらの支払いをしたい人に便利なカードです。  
こちらのデビットカードは年会費や発行手数料は無料となっており入会審査の必要がないため手軽に入手できるデビットカードとなります。ファミマデビットカードは、利用できるのは15歳以上の高校生になっているので、クレジットカードと異なり子供にも利用させることができます。利用するのが銀行の口座の残高になっているので、多額の預金をしていない通帳を活用すれば無駄遣いをすることなく利用できます。  
Tポイントの還元率も1%から2.5%と還元率も充実しており、VISA加盟の店舗の還元率0.2%と比較してもお得な還元率になっています。そのためこちらのデビットカードを利用するときにはファミリーマートのコンビニで利用する専用のカードにすることで多くの還元率の獲得が可能です。

コンビニで使えないデビッドカード

デビットカードはコンビニで使えるものですが、種類によってはコンビニで使えないデビットカードがあります。デビットカード コンビニで利用できるものは、VISAやJCBのデビットカードに該当しているカードはコンビニの利用ができますが、J-Debitと呼ばれるデビットカードは、コンビニでは原則的に利用できないカードになります。  
J-Debitのカードは、コンビニで利用できるデビットカードとは、目的が異なるカードです。銀行のキャッシュカードをデビットカードとして全国の加盟店で使用するために利用することを目的としたのがこちらのデビットカードです。そのため利用方法が異なるためコンビニで利用できるカードになりません。

デビットカードの利用方法

デビットカードをいろんなお店で利用するためには、デビットカードの中でもVISAやJCBの表示があるカードに限られます。こちらのカードであれば、コンビニでも利用できるので非常に便利なカードとして所有することができます。加入するデビットカードによってはポイントの特典もお得になっているので、こちらのカードを活用できます。  
J-Debitのカードは、他のデビットカードと異なりキャッシュカードをカードのように利用するために使えるサービスです。こちらのカードは利用できるお店が少ないので、注意して使う必要があります。

デビットカードを利用するときの注意点

デビットカードで注意したいのは、こちらのカードで支払いをできることを知らない店員がいることです。コンビニでもこちらのカードの支払いができないと思っている店員では支払いを断られてしまいますが、決済する 場所にタッチすれば決済できるかわかります。しかし、このやりとりも断る店員もいるので、しっかりと確認をしなければいけません。  
J-Debitのデビットカードは、コンビニでは利用できないカードと考えて間違いありません。ほとんどのコンビニでほとんどの支払いができないので、他のデビットカードと区別して利用する必要があります。こちらのカードでも支払いができるお店があります。必ず確認してから利用する必要があります。

レジでデビットでと伝えない

コンビニで利用できるデビットカードですが、支払いの時にデビットカードでと伝えてしまうと間違った対応する店員はいます。それが、J-Debitのデビットカードだと勘違いしている店員です。こちらのカードがあることでデビットカードの支払いを伝えると確認もせずに断られることがあります。トラブルになってしまうので、利用する人が大人の対応をする必要があります。
コンビニでデビットカードを利用するときには、デビットカードの言葉を使わずに一括払いまたはVISAやJCBの支払いと伝えることが正しい利用の方法です。このように店員に伝えることができれば問題なく支払いの対応してくれます。暗証番号やサインを行うこともありますが、支払いができるので安心して利用できます。

事前入金が必要

デビットカードがクレジットカードと異なるのは、原則的に支払いをお店で行った時に自動的に口座から引き落としをされることです。引き落とし口座にお金がなければ引き落としができないためこちらのデビットカードの利用ができないことになります。利用限度額が決められていますが引き落とし不能が続くとデビットカードの利用ができなくなります。  
デビットカードをいつも円滑に利用するためには、引き落とし口座にお金の入金がしてあることです。残高が利用限度額を超えていることで円滑に利用することができます。後日引き落としを行うことがないため、クレジットカードのように支払う段階でお金の準備に困ることがありません。これがデビットカードのメリットにもなります。

デビッドカードが使えない支払いがある

デビットカードによっては利用できない支払いもあります。公共料金や携帯電話の代金で使えないデビットカードもあるので必ず確認が必要です。ガソリンスタンドや高速道路で利用できるデビットカードと利用できないデビットカードがあります。なかには利用限度額の関係で利用できないデビットカードもあります。  
初めてデビットカードで、公共料金や高速道路などが支払いをするときには必ず確認をしましょう。発行している会社に確認をしてみることも支払いをする時に失敗しない方法です。所有しているデビットカードにより、支払いができないものがあることを理解しておけば、トラブルにならずスムーズな支払いができます。

支払い回数が決まっている

デビットカードは、クレジットカードと異なるのが支払い回数が決まっていることです。クレジットカードのように1回払い以外の分割払いやリボ払いなどができますがデビットカードの支払い回数は1回のみです。この支払い方法が決まっていることもクレジットカードと大きく異なります。  
デビットカードは、お店で支払い決済をした後原則的には支払いが完了した時点で、引き落とし先の口座から代金の引き落としが行われます。お店や利用状況により数日ずれることもありますが原則的には利用した時点で引き落としが行われます。そのため支払い方法もその都度支払う方法を採用しています。この方法を採用していることで、分割払いやリボ払いがなく利息を支払いも必要がないカードです。

デビッドカードの特徴を理解して有効に使おう

デビットカードを初めて使う人は躊躇してしまうことがありますが、上手に使うためにはデビットカードの特徴を理解して使う必要があります。どのような支払い方法や仕組みになっているか理解すれば、クレジットカードや電子カードとは異なることがわかります。上手に活用することでお得な優待特典を獲得することができるカードになります。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事