tポイントカードの更新とは?有効期限についても解説!

家計の知恵 2018.10.19

Tポイントカードの更新方法を知りたい

クレジットカードに付帯しているtポイントサービスであれば、そのクレジットカードの更新の時に自動的に行われますが、tポイントカード 更新は、有効期限が決められているので更新の手続きを行う必要があります。  

T ポイントカードの有効期限と更新について

クレジットカードに付帯しているtポイントなら、クレジットカードの更新の時に自動的に送付されて特に手続きを行う必要はないです。しかし、tポイントカード専用であれば更新の手続きを行う必要があるカードとなります。この更新の手続きや有効期限はあらかじめ決められております。
このtポイントカードは、レンタル実施店舗のTSUTAYAが発行しているカードなので、全国にあるレンタルを実施しているTSUTAYAで更新の手続きを行うことができます。有効期日はカードの裏面で確認できるもので、更新期間が定められているのでその更新期間中に行うのがスムーズに手続きを完了させることができます。更新のお知らせは店舗により実施していない場合があるので注意する必要があります。

有効期限は1年間

tカードや関係するtポイントやtマネーなどのサービスについては、それぞれ有効期限が異なります。tカードの有効期限は、登録した日から1年間と決められています。特にポイントの変動に該当するポイントを貯めることや使うこと交換することなどポイントに関する変動等をしなかった場合には、有効期限が到来することでそのカードは更新する必要があります。
この有効期限については、tサイトにログインをすれば確認できる情報となります。このカードを作成した店舗によっては有効期限が到来することで更新の案内に関するはがきを送付してくれるお店があります。このお店であれば更新手続きを忘れることなくそのカードの更新を行うことが可能です。

更新の心配はほとんどない

tカードは、全国で利用できるTSUTAYAのレンタルのサービスを利用するときに必要なカードになります。このカードで利用できるtポイントの有効期限は原則1年間となっており、tマネーは10年間そうしてレンタルの有効期限は、利用登録日から1年間となっているのでそれぞれのサービスについて有効期限が異なることになります。
この有効期限が異なるサービスの中でtポイントについては、ポイントに関する変動があったときには有効期限が変動していきます。ポイントを貯めることやポイントを使うことそしてポイントの交換などを行った場合には、原則できない有効期限に関係なく最終的にポイントを利用した日から1年間の有効期限となります。そのため利用していれば利用した日から1年間になるため永久的に有効期限が到来しないカードとなります。しかし、他のサービスでは有効期限があるので注意しましょう。

Tポイントカードの更新方法について

tポイントカードの更新方法については、ポイントの変動を行っている限りtポイントを利用した場合のカードの期限が1年間自動的に延長されるので、更新する必要はありません。更新を行う場合でも全国にあるレンタルを実施している店舗のTSUTAYAで更新手続きを行うことが可能になっています。更新期間も定められているのでその期間内で更新を行います。

ポイントの変動をさせる

tカードをtポイントの利用をメインとして所有しているなら、他のサービスの有効期限に関係なくポイントの変動を行えば有効期限は到来しないことになります。このtカードは、レンタルを利用するときはその他のtポイントやtマネーのサービスに活用できるカードになりますが、tポイントの利用について有効期間は1年間自動延長されるサービスになっています。
このポイントを普段からショッピングでポイントを貯めることやショッピングでポイントを使うことやポイントの交換を行うなどポイントに関する変動させれば、これらのポイントの変動を行った日から1年間が有効期限になるため、使い続けることで有効期限は自動的に1年間延長されます。そのため更新を行うことなく利用できるメリットがあります。

TSUTAYAで更新手続きを行う

運悪くtポイントを1年間近くポイントに関する変動をしなかった場合には、原則的な有効期限となる1年間になります。そのためこの期限が到来することでそのカードの更新手続きを行わなければいけません。加入した時のお店によっては、更新の案内をはがきで知らせてくれることもありますが、該当しない場合にはカードの裏面で有効期限を確認してTSUTAYAのレンタルを実施している店舗で更新手続きを行う必要があります。
tポイントカード 更新の手続きの有効期日があり、その期間内に更新を行うことが可能になっています。失効してしまうと新しくカードを作成することになります。この有効期日はレンタルの有効期限の1年間が到来する日の前月の1日から有効期限の期日までが更新期間となります。

Tカードレンタルの有効期限と更新について

tポイントカード 更新については、全国のTSUTAYAでレンタルを実施している店舗でレンタルができるサービスのレンタルの有効期限に従って更新する必要があるカードです。ポイントの利用による有効期限の延長はありますがレンタルに関する有効期限の延長がないため必ず有効期限内に更新の手続きを行わないとレンタルが利用できなくなってしまいます。

Tカードの有効期限は1年間

tポイントカード 更新について原則有効期限は1年間となっており登録日から1年が経過すると更新手続きを行わなければいけません。この原則できな有効期限はレンタルの有効期限と同様です。そのためレンタルの有効期限が到来する場合には、こちらのtカードに関する有効期限が到来することになります。
レンタルサービスの有効期限は1年間となっていますが、確認をするためにはカードの裏面で確認することができます。レンタルの有効期限の更新については、有効期限の日の前月1日から有効期限の日までが更新可能な期間となります。このカードの更新については、最初にカードを作成した店舗以外の全国のTSUTAYAで更新可能です。

TSUTAYAで更新手続きを行う

tポイントカード 更新の手続きを行う場合には、全国にあるTSUTAYAの店舗の中でもレンタルのサービスを実際に行っている店舗で手続きを行うことができます。この手続きの有効期限は利用登録日から1年間となっており、更新期間が設けられているので、この更新期間内に行いましょう。
更新手続きができる更新期間は、レンタルの有効期限が到来する日の前月1日から有効期限の到来日までに更新行うことになります。お店によっては更新のハガキやメールで知らせてくれることで忘れることがありませんが店舗によってはこのサービスを実施していないお店があるので注意しなければいけません。
 

Tカードの有効期限が切れた場合

tポイントカード 更新をしなければいけない人が更新をしなくてtカードの有効期限が切れた場合には、このカードで利用していたポイントなどが失効してしまうことがあります。せっかく貯めていたポイントも有効期限が到来した失効することで消滅してしまうデメリットがあります。そのためしっかりと更新期間内に更新手続きを行う必要があります。 

Tポイントは失効する

tポイントについては、ポイントに関する変動を行ったことで有効期限が延長できるサービスが付帯しています。ポイントの利用をすれば有効期限が1年間自動的に延長してくれますが、この1年間の間に、ポイントに関する利用を行っていないと有効期限が到来してしまいます。有効期限内に更新を行えば大丈夫だと思われますが、更新手続きを行う事はその期限内に利用していないことになるため、tポイントは失効してしまいます。 
有効期限内に利用を行っていないとポイントが失効してしまうので、こちらのカード作成したときには必ずポイントを日ごろから利用するようにしましょう。使わなくてもポイントを貯めることをしていれば自動的に有効期限が延長されるので、安心できます。

TSUTAYAで手続きを行う

tポイントは、tポイントカード以外にもクレジットカードに付帯サービスとして付いていることがあります。この場合には、tポイントを利用することや貯めることが可能ですが、一般的なtカードと同じようにTSUTAYAのレンタルを取り扱っている店舗でレンタルを利用できるカードに該当しないです。レンタルなどを利用する場合にはレンタル利用登録が必要です。
クレジットカードに付帯しているtポイントがあるカードやレンタルの有効期限が切れたtカードであってもレンタルの取扱店舗のTSUTAYAで手続きをすればレンタルをすることが可能です。レンタルの利用登録をしていない状態でtポイントを利用していることになるので、レンタルの利用登録をすればレンタルの利用が可能となります。

モバイルTカードの更新について

スマートフォンをtカードとし利用できるモバイルtカードのサービスがありますが、このサービスを利用するときには、tカードの登録をおこなっておかなければ利用できないサービスとなります。電子マネーのように利用できるサービスですが、tカードの有効期限が切れることでモバイルtカードは利用できなくなってしまいます。そのため新しいtカードって登録をする必要があります。これをしなければモバイルtカードの利用ができないです。

カードがなくても更新手続きが可能

モバイルtカードのサービスを継続するためにはTSUTAYAで更新可能です。この時にtカードがなくても更新できます。これは更新手続きの方法で必要な書類に記入や本人確認の書類の提示そしてレンタル利用の登録料や年会費の支払いを行うことができれば更新できるようになっています。これを行うと一般的なtカードと同じ有効期限で利用できるようになります。

更新しないとモバイルTカードも使えなくなる

tポイントカード 更新はしなかった場合にこのカードで登録して利用しているモバイルtカードについても利用ができなくなります。これは最初に登録をしたtカードの登録番号は有効期限が切れることで更新をしない場合には自動的にモバイルtカードの利用がストップするからです。
モバイルtカードでこれまでと同じように利用するためには新しいtカードの登録やTSUTAYAでの更新登録を行う必要があります。この手続きをしない限りモバイルtカードの利用がストップしてしまうので注意しなければいけません。このモバイルtカードで、Google Payを利用している場合には、有効期限が切れた翌日になるとバーコードが空白になるので、利用できるtカードの登録をしたYahoo! Japan IDを活用して再登録する必要があります。

Tポイントカードは更新が必要だが使っていればほとんど必要ない

tポイントカード 更新は必要なカードになりますが、tポイントはサービスについては普段から使っている場合や貯めている場合には利用していることになるので有効期限が自動的に1年間延長されます。そのためtポイントの目的でtカードを所有するなら、更新については困らず利用できます。他のサービスで利用している場合には有効期限を守って更新手続きを行う必要があります。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事