クレジットカードの審査の基準とその対策についてわかり易く解説

クレジットカードの審査の基準とその対策についてわかり易く解説

カード 2018.10.20

クレジットカードの審査に通らない

社会人にとっても、そのステータスともいえるクレジットカードの取得は、まさに社会人の証しともいえるものです。しかし、クレジットカードの作成にはその基準があり、誰でも審査が通るというわけにはいかないようです。では、その審査の基準と、審査が通る為にはいったいどのような対策が必要なのでしょうか。審査の基準を知る事により、あらかじめ対策を整えておけますので、いざクレジットカードを作る場合に大いに役立ってくれる事でしょう。そんなクレジットカードの審査についてご紹介します。

クレジットカードの審査の基準の3C

クレジットカードを持つ事は、ある種のステータスともいえるもので、社会的に信頼がある証拠とも言えます。しかし、一方で学生や主婦などは、クレジットカードが作りにくいと言われており、実際にカードが非常に作りにくいと言われています。その原因は、本人に収入がないといった事が主なる理由ですが、理由はただそれだけではないようなのです。実は、クレジットカードの審査の基準には、3Cなるものがあると言われており、三つの基準で審査のシステムが成り立っています。では、3Cとは一体いかなるものなのでしょうか。

Capacityの資力

クレジット会社の主な審査には、3Cなるものが存在しています。この3Cとは、クレジットカードの審査の基準となるもので、それぞれの英語単語による頭文字に由来するものです。まず、3Cの一つ目は、キャパシティーの資力と言われています。キャパシティーの資力とは、商品などを購入した際に、利用者がこの返済ができる一定の収入があるかどうかを見極めるもので、基本的には本人の年収による収入額が、その判断基準となっています。

Characterの性格

二つ目のキャラクターの性格とは、いわば利用者にとっての履歴ともいえるもので、これまでカードなどを使用した実績やローンを組んだ状況などを見極めるものです。これは現金払いではなく、本人がカードを利用したりローン契約を行ったりした際の経歴で、具体的にはローンなどを組んでいる場合、今までに返済の遅延がないかどうかなどが確認される事になります。

Capitalの資産

キャピタルとは、資本を意味する言葉で、ご自分が持つ資産はもちろんの事、抱えている借金なども三つ目のCとなる、キャピタルの資産として考えられているものです。具体的には、土地や家屋を所持しているのか、またほかにも価値のある資産などがあるのか、逆に尺入金となるのは、ローンを始めとする他社の借金が、どのくらいあるのかが審査の基準となってきます。

クレジットカードの審査に落ちる理由

何度もクレジットカード会社に申請しても、入会できない場合、何かしらの理由によって、カード会社の基準からはねられている可能性が高いと言えるでしょう。しかし逆に、クレジットカードの審査に落ちる理由がわかっていれば、その対処の方法も本人の努力で、立て直す事は可能といえます。

過去の実績からブラックリストに載ってしまっている

クレジットカードの審査に落ちる理由として、いくつかの理由が考えられますが、その一つとして、過去の実績からブラックリストに載ってしまっている可能性があります。これは、過去に支払いの遅延や滞納などをしてしまい、信用情報に記録されてしまっているといった、可能性の高い事例といえます。

収入が低く返済能力が低いと判断された

クレジット会社の審査基準の一つに、年収というものが挙げられますが、これは本人に支払い能力があるかの判断材料とされるものです。審査が通らない理由に、収入が低く返済能力が低いと判断された事が考えられますが、収入のほかにも勤続年数などが判断材料となりますので、短期間で頻繁に会社を変えていると、審査に支障をきたす事があります。

申込内容に虚偽の内容があったり不備があったため

年収や支払い状況も問題なく、持ち家を所持しているにかかわらず、クレジットカードの審査に落ちてしまうことも実はあり得る話なのです。というのも、クレジットカードの審査を申し込む為には、申込用紙などにご自分の現在の状態を書き記さなければなりません。申込内容の不備は、問答無用で落とされる可能性もありますので注意下さい。

他社で多額の借金やローンを抱えている

多少の金額であれば、特に問題の起こる事の少ないローンの事案ですが、あまりにも多くの借金を重ねていたり、高額のローンなどを抱えている場合、あるいは頻繁に返済が滞ってしまう状況が続いていると、支払い能力がないと判断されてしまいますので、くれぐれも借り過ぎには注意しておかなければなりません。

現在のゴールドカードの審査基準の流れ

クレジットカード会社の審査基準を見事にパスすると、ようやく念願のクレジットカードを入手する事になります。クレジットカードにも、グレードといったものは存在し、一般的に知られているのは、やはりゴールドカードということになります。場合によっては、いきなりゴールドカードが作れるケースもありますが、それにはいくつかの条件があります。

年収が300万円でもゴールドカードが作れることも

以前までは、クレジット会社の審査基準が高く、一般人には高根の花とされていたゴールドカードも、最近では比較的簡単に作れるようになってきました。クレジットカードの中でも、特典の多いゴールドカードは、まさにステータスシンボルと言えるものです。クレジット会社の中でも、年収300万円程度であってもゴールドカードが作れることもあります。

会員を増やすため審査が簡単になっている

昔よりも、ゴールドカードの入手が、比較的簡単になったといわれているのは、多様化するクレジット業界で、会員を増やす為に各クレジット会社が、会員を増やすのに躍起になっているという事も一つの理由です。ゴールドカード会員の年会費による収入拡大の為、以前より審査を簡単にしていると言われています。

クレジットカードの審査基準をクリアしよう

クレジットカードは、誰でも簡単に作れるものではなく、クレジット会社の審査基準にクリアしなければなりません。その為、3Sと呼ばれる審査基準の条件が、整っているかを確認しておかなければなりません。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事