au WALLETのポイントチャージ方法は?お得な利用法も解説!

au WALLETのポイントチャージ方法は?お得な利用法も解説!

カード 2019.01.04

プリペイドにポイントでチャージする方法

おサイフケータイの代表として定着した「au WALLET」。プリペイド方式の電子マネーであり、現金チャージはもちろんのことポイントのかたちでチャージを行うことができます。au WALLETのポイントチャージのパターンとポイントのお得な利用方法についてまとめました。

ポイントチャージはau WALLETサイトから

au WALLETのポイントは、au WALLETの専用ウェブサイトから行うことができます。ポイントチャージに先だって必要になる準備プロセスや実際のチャージ方法についてくわしく見ていきましょう。

ポイントチャージするための下準備

au WALLETのポイントサービスを利用するためにはまず、「au ID」を取得し、アカウントの認証を行う必要があります。 au IDはauの専用サイトにアクセスし、スマートフォンの端末から該当ページのQRコードを読み込んで用意されたフォーマットに必要事項を入力することで取得することができます。PCからの手続きは行えませんのでご注意ください。

基本のポイントチャージ方法

au IDを取得したら、いよいよau WALLET へのポイントチャージが可能になります。チャージの手順はいたってシンプル。「au WALLETサイトにログイン→チャージを選択→ポイントを選択→チャージ額の入力」というプロセスまで進んだら「チャージする」をクリックすることで入力した金額がポイントとしてチャージされます。 チャージ中にウィンドウを閉じたり、スマートフォンの電源を落としてしまったりするとチャージがエラーになってしまうため充分に注意しましょう。

じぶん銀行と提携している人のチャージ方法

じぶん銀行に口座をお持ちの場合は、銀行口座と連携したチャージが可能になります。基本のチャージプロセスは上記のポイントチャージとほぼ変わりませんが、手順中、ふたつ目の表示アイコンが変化しているためその点だけ注意しておきましょう。

ポイントチャージで覚えておきたいこと

ウェブサイトから手軽にチャージできるau WALLET。ポイントチャージにあたってはいくつかの注意点があるため、事前にきちんと把握して正しく安全にチャージを行っていきましょう。

チャージの上限は20000円

au WALLETの利用にあたってはまず、auポイントとWALLETポイントの違いについて把握する必要があります。具体的には、auポイントは1円=1.2ポイント、WALLETポイントが1円=1ポイントという交換レートとなっており、WALLETポイントのほうが交換レートの面でお得であると言えます。 ポイントチャージの上限は1回あたり20000円となっており、以前はポイントの使用期限が定められていましたが現在は制限が撤廃されています。

ポイントチャージの年齢制限

au WALLETのポイントチャージには年齢制限が設けられています。18歳以下のユーザーはたとえau IDを取得していたとしてもau WALLETへのポイントチャージが行えませんので、未成年の方は注意しましょう。 ポイントチャージは行えませんが、ポイントの使用にあたっては年齢制限がないため、すでにチャージしてある家族のau WALLETを店頭で使用し、ポイントを利用することは可能です。

ポイントチャージの反映は即日

ウェブサイトからau WALLETにポイントをチャージすると、貯めたポイントは基本って気にその日に反映され、すぐに利用できるようになります。 ただし、サーバーなどの状況によってはポイントの反映が翌日以降にずれ込んでしまう可能性があるため、チャージ後もポイントの反映状況をチェックしておきましょう。

ポイント以外のチャージ方法

au WALLETのチャージにはポイント以外にいくつかのパターンがあります。それぞれにメリットとデメリットがありますので、自分にとって利用しやすいパターンでチャージしていきましょう。

現金でチャージする

au WALLETを現金でチャージする際には、どの店舗でチャージするかによって金額の単位やチャージ上限が異なるので注意が必要です。 auショップの場合、チャージの最低金額は500円で、1000円から10000円までは1000円刻み、10000円からチャージ上限の45000円までは5000円刻みとなっています。 ローソンの場合、1000円から45000円までの範囲で1円単位でチャージできるため、プリペイドタイプのau WALLETをきれいに使いきりたい方にはローソンでのチャージのほうがおすすめです。

クレジットや銀行でチャージする

他の電子マネーと同じく、au WALLETもクレジットカードや銀行口座とひもづけをすることでアプリ上から手軽にチャージできるようになります。 とくに、クレジットカードによるチャージでは金額に応じてクレジットポイントも付加されていくため、普段からクレジットカードでショッピングなどを行う方にとってはクレジットチャージのほうがお得かもしれません。

専用のチャージカードを使う

クレジットカードや銀行口座とのひもづけがちょっと不安だという方は、全国のauショップで購入できる専用のチャージカードをプリペイド方式で購入し、カードに記録された番号を読み込ませることでチャージを行う方法があります。 この方式であればクレジットカード番号などの個人情報を登録する必要もありませんし、まとまった金額のチャージも一瞬で行えるのでストレスもありません。

au WALLETポイントの賢い使い方

au WALLETにただチャージしているだけでは、au WALLETをかしこく使いこなすことはできません。au WALLETポイントの利用方法についてまとめましたので参考になさってください。

auのサービス利用の支払い

チャージしたau WALLETは、auケータイの毎月の利用料金や各種サービスの代金などの決済に利用することができます。そのほか、機種変更やオプション品購入の際にもau WALLETポイントを使うことができますし、オンラインコンテンツの決済にもポイントが使えますので、au WALLETは非常にお得なサービスであると言えます。

提携している他社ポイントへの交換

au WALLETポイント単体でも充分お得に利用できますが、提携を結んでいる他者ポイントに交換することでさらに利用範囲が広がり、au WALLETポイントのメリットをよりダイレクトに実感することができます。ポイント交換後は交換先のポイントとして利用できるため、どの種類のポイントと交換できるのか事前に確認しておくことが大切です。

チャージしたポイントで節約しよう

現金、銀行口座、クレジットカード。さまざまなアプローチでチャージができる便利なau WALLETポイント。au WALLET単体で利用することもできますし、他社ポイントに交換することによってさらに利用範囲が広がります。貯まったポイントはauケータイの決済などに利用できますが、チャージには年齢制限がありますので事前に確認しておきましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事