WAONの会員登録でますますお得!電子マネーのかしこい使い方

WAONの会員登録でますますお得!電子マネーのかしこい使い方

家計の知恵 2019.01.06

会員登録のメリットと付加サービスを知ろう

イオングループで使える便利な電子マネー、WAON。そのままのかたちで使うこともできますが、会員登録を行うことでさまざまな付加サービスや特典を受けることができ、WAONをさらにお得に使うことができます。WAON会員登録のメリットと付加サービスの商才についてくわしく見ていきましょう。

全国約40万か所で使えるWAONを使いこなそう

イオングループはもちろんのこと、全国40万カ所の加盟店でお得に使えるWAON。WAONカードの機能はポイントを貯めて使うだけだと思っていませんか?ポイントを貯めるだけではないWAONのかしこい使い方について掘り下げていきます。

WAONとは買い物などに利用できる電子マネー

WAONとはイオングループが発行する電子マネーです。もともとは他の交通系ICなどと同じく、プリペイドタイプの電子マネーとして普及しましたが、ここ数年はスマートフォンの普及によってアプリ型に移行しつつあり、クレジットカード経由でのチャージも可能になってきています。

会員登録をするメリット

未登録でもお得に使えるWAONカードですが、会員登録をすることでコールセンターのサポートが受けられたり、ウェブサイトからのチャージが可能になったりといろいろな面でメリットが大きくなります。 ポイントの利用だけではないWAONカードの魅力についてひとつひとつ具体的に見ていきましょう。  

WAONカード紛失や盗難時に残高を移行できる

万が一、WAONカードやカードにひもづけされたおサイフケータイを紛失・東南した場合にはその時点でただちにコールセンターへ連絡し、カードを失効させる必要があります。 モバイルWAONの場合はイオンコールセンター、モバイルJMB WAONの場合はWAONコールセンターへ連絡をする必要があり、所定の手続きにしたがってカードを利用停止にし、残高を一時凍結したうえで移行することができます。
携帯会社への連絡でもおサイフケータイを利用停止にできますが、それだけではWAONカードを完全に失効させることができませんので、必ず携帯会社とコールセンターの両方に連絡を入れるようにしましょう。

WAONポイントまとめてプログラムが利用できる

会員登録をしたうえでWAONカードを利用することで、「WAONポイントまとめてプログラム」を使うことができ、複数のWAONカードに累積したポイントを合算したうえで残高を照会することができます。WAONカードを何枚も使い分け、ポイントの管理が面倒だと感じている人にはおすすめです。?
「WAONポイントまとめてプログラム」ではカードの合算や残高照会以外に新規チャージも可能ですので、WAONカードをすでにお持ちの方で会員登録をしていない方はお早めに登録しておきましょう。

WAONネットステーションが利用可能になる

会員登録をしたうえでWAONカードを使うメリットはやはり、「WAONネットステーション」が利用可能になることではないでしょうか。WAONネットステーションではウェブサイト上からWAONカードへのチャージを行うことができ、残高もウェブサイト上から手軽にチェックできるため、「忙しくてイオンの店舗に行けない」という方でも簡単にポイントの管理を行うことが可能になります。

電子マネーWAON会員登録後のポイントの貯め方と使い方

会員登録を行うことで、半永久的にお得なサービスが受けられるWAON。WAONへの会員登録を行うと、具体的にどのような面でメリットがあるのでしょうか。会員登録前にポイントをおさえておきましょう。

通常お買い物時のポイントは200円で1ポイント

WAONカードを使って加盟店で買い物をすると、キャンペーン期間中でなければ200円につき1ポイントの還元サービスが受けられます。還元率だけを見るとそれほど有利にはならないように思えるかもしれませんが、たとえば夕食のお買い物で毎週2000円使うとすると、それだけで10ポイントが加算されることになります。
つまり、月にすると40ポイントの累積となり、それ以外にまとまった買い物をすれば50ポイントや60ポイント、月によっては100ポイント以上貯めることもそれほど難しくはありません。

会員登録後は通常ポイントに月間利用分がプラスされる

WAONへの会員登録の大きなメリットは、通常のポイント以外に月間利用分に対してのサービスポイントが還元されることです。 具体的には500円の利用分につき1ポイントが付加される仕組みになっており、イオングループで毎日買い物をするほどどんどんお得なポイントが貯まっていくシステムになっているのです。
通常ポイントとは別に付加される、という点がうれしいところであり、WAONカードは全国共通で使えるので旅行先のちょっとした買い物でも自然にポイントを貯めていくことができます。

電子マネーWAON会員登録の方法について

WAONポイントのお得なサービスについて把握したところで、WAONカードへの登録方法について見ていきましょう。

WAONのサイトから簡単登録

WAONカードはイオングループの加盟店で手軽に登録可能ですが、ネット環境がととのっていればWAONのウェブサイトから簡単な手順で会員登録を行うことができます。  

WAONカード番号を入力する

すでにWAONカードを手に入れている場合は、WAONのウェブサイトからカード番号を入力することでサービス登録が承認されます。カード番号はWAONカードの裏面に記載されていますのでチェックしておきましょう。  

画面下部の新規登録を選択する

新しくWAONサービスに登録する場合には画面下部にある新規登録ボタンを選択し、次の画面に進みます。WAONポイント残高の照会やサービス退会などもウェブサイト上から手続きできるため、ウェブサイトの機能やレイアウトをあらかじめ把握しておくと利便性がさらに向上します。

個人情報の取り扱いに同意後に個人情報入力に進む

カード番号が承認されたら、個人情報の取り扱いについての規約に同意したあと、所定のフォーマットに住所、氏名、性別などの個人情報を入力していきます。一度入力した情報は基本的にサービス退会まで変更できませんので、誤った情報を入力しないように注意しましょう。

店頭のサービスカウンターでも登録可能

これまではウェブサイトからの会員登録について見てきましたが、イオングループ加盟店の店頭でも一連の登録手続きを行えます。ネット環境が自宅にない、ネットはつながっているけれどウェブサイト上の操作がわからない、という方はお近くのイオングループに足を運んで、サービスカウンターで説明を受けながら手続きを行ったほうがスムーズかもしれません。

貯まったポイントは電子マネーでチャージする

WAONカードに累積したポイントは現金に交換することもできますし、電子マネーのかたちでチャージすることができます。チャージの方式やタイミングを把握し、無駄のないかたちでWAONポイントを利用していきましょう。WAONポイントをこつこつ貯めて、かしこく使う。電子マネーとの正しい付き合い方について見ていきましょう。

自分が使いやすいポイントチャージ方法を選ぶ

WAONポイントから電子マネーにチャージするパターンとしては、クレジットカード、イオン銀行口座、現金などがあります。クレジットチャージではチャージ金額に応じたポイントが付加されるメリットがあり、イオン銀行口座であればウェブサイトから手軽に入金できるという利点があります。

月間ポイントは翌月10日前後にチャージ可能

WAONカードの月間ポイントについては、ポイントが発生した翌月の10日前後からチャージが可能となります。有効期限の切れたポイントに関してはチャージ不可能となりますので、ウェブサイトなどからこまめにポイントの有効期限をチェックしておきましょう。

WAONは会員登録するとさらに便利でお得になる

WAONカード単体でもお得に使えますが、WAONサービスへの会員登録を行うことでさらに利用範囲が広がり、お得な還元サービスが受けられるようになります。会員登録はウェブサイトやイオングループ加盟店のサービスカウンターなどで行えますので、カードをすでにお持ちの方もそうではない方もぜひ登録しておきましょう!

    Sponsored Link

アバター
この記事のライター UKANO 編集部
  

家計を強くするには3つの方法しかありません。

1,支出を減らす 2,収入を増やす 3,投資する

投資するには↓

PICKUP CONTENTS

特集記事