使い勝手がよいとされるセディナのローンの仕組みについて

使い勝手がよいとされるセディナのローンの仕組みについて

カード 2019.01.05

セディナの特徴

ローンやクレジットでも、よく見かけるセディナは信販事業を担う企業の一つで、カーローンなどを始め、クレジットカードなども発行している会社です。セディナの名称を、通帳などで目にされる方もいらっしゃると思いますが、ローン業務もこの会社のサービスの一つで、ほかにも様々なサービスを提供しているようです。いまいち認知度が高いとは言えないセディナですが、実は大企業の参加グループでもあります。

通帳などで目にするセディナとは

セディナは、カード事業及び信販事業を行っている会社ですが、実は三井住友フィナンシャルグループの傘下にある会社の一つです。株式会社セディナの名称自体は、あまり認知度の高いものではありませんが、実は以前ダイエーグループの傘下であった、オーエムシーカードがその母体となっています。現在は、カード事業及び信販事業のほかにも、ソリューション事業や融資事業なども行っており、現在でも、オーエムシーカードの名称が、そのまま使われているクレジットカードなども存在していますので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

クレジットカードを発行するセディナ

まず、株式会社セディナのカード事業ですが、クレジットカードやローンを主に取り扱っています。セディナ独自のクレジットカードもいくつか発行しており、現在ではサンリオと協賛のキャンペーンなども、2019年2月末日まで実施しています。キャンペーン対象のカードは、デザインにキティちゃんのキャラクターが描かれた 3種類のカードで、セディナカードJiyu!da!・セディナカードクラシック・セディナゴールドカード・セディナカードファースト・セディナカードが対象となっています。

三井住友フィナンシャルグループの傘下

元々、ダイエーグループであったオーエムシーカードは、2007年に三井住友フィナンシャルグループとの提携が発表され、その後の翌年に同グループの傘下会社となった経緯があります。2009年に設立された新会社セディナは、セントラルファイナンス・株式会社クオーク・オーエムシーカードが合併し、設立された会社で、同系列に三井住友カードがある事もよく知られていることでしょう。

集金代行も行っている

銀行通帳などを確認した際に、セディナの名称をご覧になった方も、少なくないのではないでしょうか。これは、株式会社セディナが集金代行も行っている為で、さりげなく通帳で目にした事がある人も多いはずです。利用者にとっては、身に覚えのないセディナから、引き落としが行われているのですから、驚くことも多いと思いますが、実際にはクレジットカード発行会社でもある為、他社の集金代行を行っているのです。

信販事業も行う

株式会社セディナは、信販事業も行っている為、分割払いなどの事業も同時に行っています。株式会社セディナの主な事業には、クレジットカードを中心としたカード事業と、分割払いを中心とした信販事業、そして集金代行やファクタリングなどの、ソリューション事業を基本の生業としています。2009年に発足されたという事もあり、あまり耳慣れない方も多いものですが、実際には大手企業の一つです。

目的別の様々なローンやクレジット

ローンとは、融資方法の一つで、利用者は必要な額だけ金融会社に借り入れを行い、定められた期間内で毎月支払いを行うものです。そしてクレジットとは、信用取り引きの一つで、必要な額の借り入れを行いますが、支払い方法は1回払い・2回払い・分割払い・リボ払い・ボーナス払いといった支払い方法が主流です。理想的な借り入れの方法としては、これらの方法を目的別に行う必要があります。

使い道自由のフリーローン

フリーローンとは、見積書・請求書は不要で、気軽に借りる事ができるローンの一種でいったんローン契約が確定すると、追加でお金の借り入れはできません。したがって、再度借り入れが必要な場合は、再びフリーローンの申し込みを行う事になります。しかし、キャッシングやカードローンに比べると、金利が低い場合が多い為、まとまった金額が必要な場合は、使い道自由のフリーローンとして借り入れを検討するとよいでしょう。

学校関連の教育ローン

教育ローンは、お子様の学業に際して、必要な金額を借り入れする学校関連の教育ローンで、入学金や授業料に当てる事ができるローンとなっています。教育ローンの特徴としては、上記の費用に充てることが条件となりますが、幼稚園から大学あるいは予備校や専門学校など、幅広く活用する事ができ、利息も比較的低金利で借り入れが行えます。

加盟店提携型のクレジット

加盟店提携型のクレジットは、個別クレジットとも呼ばれているもので、学費ローンのほかにもリビングローンでは、自宅の太陽光発電の導入やリフォームの際にも使用する事ができます。そして、オートローンでは、お車の購入時に利用したり、車検整備にかかる費用などの借り入れを行う事ができます。また、車両本体価格の一部を据え置き、毎月の支払いを大きく軽減できる残価据え置き型オートローンもあります。

幅の広い総合目的ローン

総合目的ローンとは、日常生活を送る上でも、様々な用途に使い分ける事のできる、幅広いプランのローンと言えるでしょう。用途としては、利用者の必要な目的に応じて、ブライダルや引っ越しあるいは敷金や礼金、出産や入院・治療費・にと、各種ライフスタイルに合わせて多目的に利用する事ができます。詳しくは、セディナの専用相談窓口で相談してみるとよいでしょう。

セディナのカーローン

ローンは、高額な商品などを購入する為に、金融機関などに借り入れを行うもので、まとまった金額がすぐに手元に用意できる為、すぐに現金を用意できない場合でも簡単に購入する事ができます。一般的なローンは、定められた回数で分割して支払うもので、ボーナス払いを併用したりする事もあります。セディナのカーローンは、比較的借りやすいと言われていますが、その内容は一体どういったものなのでしょうか。

自動車やバイクの購入に利用できる

セディナのマイカーローンは、新車や中古は問わず、自動車および自動2輪の購入に利用する事ができます。もちろん、利用者の状況に応じて車検費用にあてる事もできますので、どなたでもお気軽に利用することができるでしょう。セディナの公式ホームページでは、こうしたマイカーローンの申し込みの際の資料請求を直接行えるほか、実際にローンを組んだ場合の返済シミュレーションも行う事ができます。

書類や審査を通して融資が決定する

どのローン会社や信販会社も同様ですが、セディナでは実際にローンを組む前に、利用者による書類の提出や借り入れに際した審査などがあります。手続きの流れとしては、まず申込書と資料請求を行っていただき、届いたら必要事項を書き入れ、郵送してもらう事になります。その後、セディナでの独自の審査が行われ、審査が通れば申込書を送り、利用者が必要意向を書き込めば、実際のご融資の流れになります。

利息は6.4%~8.4%

セディナのマイカーローンは、他社のマイカーローンと比べても、比較的利息が安いことで知られています。実質年利は6.4%から8.4%ですが、返済方法によっても異なってきますので、借り入れを行う際にはあらかじめシミュレーションを行っておく事をお勧めします。融資に際して、ご当人が用意していただくのは、本人確認書類とご自身の収入を確認できる書類、そして使用用途を証明する書類などが必要となります。

融資額は5万円~300万円

セディナマイカーローンのご融資額は、5万円から利用でき最高300万円まで承っております。もちろん、利用者様側の都合によって、最高額までを融資することができますが、融資額が多くなればなるほど、返済額も増えていきますので、利用目的に合った金額を選ぶ事が大切です。

返済シミュレーション

セディナの公式ホームページには、実際のマイカーローンのご利用に関したお手続きの方法、あるいはローンに際して必要なものなどを説明しています。そして、マイカーローンのページには、実際に借りた場合のシミュレーションが行えますので、実際に借り入れを行う前段階で、様々なケースのローン返済に関したシミュレーションを行う事ができます。シミュレーションを行う事で、大まかな計画も見えてきますので、ぜひともご利用下さい。

セディナローンで注意したいこと

ローンというものは、あくまでも借入金の一つで、返済が完了するまでは本人のものにはならないという事を、まずは頭の中に入れておかなければなりません。また、ローンを組むうえで、計画性を持って行うことも大切で、返済の課程及び返済終了までの期間の、ビジョンを頭に描いておかなければならないのです。このビジョンとは、いわゆる返済計画といわれるもので、今後の人生にもかかわってくるものです。

無理な借り入れに繋がる場合もある

セディナローンに関しての、口コミなどでよくささやかれている事は、セディナローンが比較的、借りやすいのではないかといった情報なのではないでしょうか。情報は、非常に大切な判断材料となりますが、こういった口コミなどの審査が甘いという情報に、つい乗せられてしまう場合もあり得ます。無理な借り入れは、返済不能に陥ってしまうこともよくありますので、心して情報を取り入れていきます。

返済の滞納で督促が行われる

セディナローンだけではなく、すべてのローンでは、一回でも返済が怠ってしまった場合、必ず督促が行われます。支払うつもりで、うっかりしてしまい、支払金を口座に振り込む事を忘れてしまう場合もあり、利用者にとって督促状はかなりうっとうしいものです。しかし、返済の滞納の事実は疑いようがありませんので、お知らせの一部として受け止めましょう。

購入した車やバイクが引き上げられる場合がある

すべてのローンは、ローンの返済が完了するまで、債務者である利用者と債権者であるローン会社の関係が崩れることはありません。つまり、セディナローンで車やバイクなどを購入した場合、ローンの返済終了までは、所有権がセディナ側にある事を理解しておく必要があります。また、注意しておかなければならないのは、ローンが完了した時には、商品の所有権を忘れずに移動しておかなければなりません。

自分の利用目的に合わせたローンを組む

ローンを組む際には、返済計画というものが一番重要な割合を占めています。返済ができなければ、品物を手放せなければならず、借金も残ってしまうのです。自分の利用目的に合わせた使い方をしましょう。

    Sponsored Link

アバター
この記事のライター UKANO 編集部
  

家計を強くするには3つの方法しかありません。

1,支出を減らす 2,収入を増やす 3,投資する

投資するには↓

PICKUP CONTENTS

特集記事