移動やお買い物に便利!モバイルSuicaについて知っておこう

移動やお買い物に便利!モバイルSuicaについて知っておこう

家計の知恵 2019.01.04

モバイルSuicaはどんなカードか

モバイルSuicaは一般的なSuicaと基本的には同じです。異なっている点はカードではなく、携帯電話やスマートフォンと言った端末を利用していることです。携帯電話やスマートフォンをそのままタッチするだけで使用できるのですが、切符売り場でのチャージができませんので、コンビニなどで入金するようになるでしょう。クレジットカードからの引き落としを利用すれば、グリーン車を利用する際にも使えます。

モバイル suicaの使用方法からお得な点までを解説

iPhoneでのモバイルsuicaへの登録方法

携帯電話の場合には、初めからアプリ登録が行われている端末もあるので、利用登録だけすれば使えるようになります。しかし、iPhoneの場合には初めからアプリ登録されているわけではありません。そのため、ホームページにアクセスをしてからダウンロードしないといけません。
ここで注意点があるのですが、携帯電話の場合には大半の端末で使用することが可能です。 しかし、iPhoneの場合には、モバイルSuicaが使用できる端末もあれば、使用できない端末もあります。
まずはモバイルSuicaが使用できる端末を用意しましょう。現在ではインターネットで簡単に調べることができますし、わからない場合にはスマートフォンを購入するときに、店員にモバイルSuicaが使用できるか聞いてから購入しましょう。それからダウンロードして利用登録を行えば、利用することが可能になります。  

iPhoneにはSuicaを2枚登録可能

従来のガラケーと呼ばれている携帯電話の場合には、モバイルSuicaを1枚しか登録することはできませんが、iPhoneの場合には2枚登録することができるのです。どのようにして登録するのかというと、まずはアプリを起動しましょう。起動すると右上にプラスのマークがあるのでタップします。
タップをすると発行ページに移ることができます。 このページで好きな名前を付けて、適当に金額をチャージしましょう。その際にはクレジットカードやアプリのpayが必要になります。payの登録をしていない場合には、同時に登録も行わないといけません。カードの追加が完了すれば2枚目の登録が成功したことになります。使用で使う場合と、仕事で使い場合などに分けている人が多くなっています。  

エクスプレスカードとして登録する方法

モバイルSuicaのサービスを最大限使用する場合には、エクスプレスカードの会員になる必要があります。そうすることでいろいろなサービスを受けられるのですが、どのように登録すればよいのでしょうか。まずはアプリケーションのチケット購入画面からエクスプレス予約というところをタップしましょう。
そうすると接続確認画面が表示されます。 次に内容を確認して、同意ボタンをタップすれば完了になります。たったこれだけの作業で登録することができるので、初心者でも間違えるようなことはありません。ちなみにエクスプレスカードの登録に関しては、一切費用は必要ありません。ただし、最初にモバイルSuica登録をしておく必要があるので覚えておきましょう。

Apple Watchにて登録する場合

Apple Watchで登録する方法も比較的簡単なので、わからない場合には流れを確認しておきましょう。まずはSuicaに登録をする必要があるので、必ず最初に行っておきましょう。Suicaに登録する方法は省きます。次にApple WatchにSuicaの情報を転送しなければいけませんので、よく確認をして順序に沿って転送していきます。
転送方法はマイウォッチタブをタップしてからWallet と Apple Payをタップしましょう。それから下にスクロールをしていくと、Suicaなどの詳細が表示されているので、転送したいSuicaをタップして、追加ボタンをさらにタップすれば完了です。
それほど難しいわけではないので、手順をしっかりと確認してから行ってみましょう。焦らなければわからなくなってしまうことも少ないでしょう。

Walletアプリを使う場合

Walletアプリを使いたい場合には、iOS 10.1へのアップデートを行わなければいけませんので、必ず初めに実行しておきましょう。それからアプリを起動させてSuica発行を選択します。Suicaアプリが既にインストールされていればよいのですが、されていない場合にはインストールをしておかないといけません。
インストール後には必ず登録しておきましょう。 クレジットカードがあれば、簡単に登録することができます。後はWalletにカードの情報を追加すれば登録が完了です。たったこれだけで登録することができるので、とても簡単でしょう。ちなみに特急券や定期券を購入したい場合には、モバイルSuicaに登録しておくことも忘れてはいけません。登録方法はとても簡単なので、暇なときに行っておきましょう。

チャージについて詳しくなろう 

JRE POINTもSuicaにチャージできる

当然ですが、Suicaはお金を入れる、すなわちチャージしなければ使用することができません。普通のモバイルSuicaであれば、コンビニなどでチャージしてくださいと言ってお金を支払えば可能なのですが、JRE POINTをチャージすることもできるのです。
問題なのはどのようにして行うのかという点ですが、とても簡単なので覚えてしまえば忘れることはないでしょう。 まずはJRE POINTのサイトにログインします。既に登録されているSuicaを選択しましょう。チャージしたいポイント数を入力して次へボタンを押し、チャージ申込み完了という画面が出てくれば成功です。
たったこれだけの作業なので、1度行えばすぐにできるようになります。完了後に登録したメールアドレス宛に、完了したことを告げる内容が送信されるので、確認をしておきましょう。  

オートチャージは何のカードで可能なのか

毎回チャージするのは面倒だと感じる人もいるでしょうが、このような人はオートチャージを利用するのがよいでしょう。ただし、オートチャージをするためには専用のカードが必要になります。では、どのようなカードで行えるのでしょうか。
基本的にはVIEWのロゴとSuicaのロゴが付いていれば可能だと思ってよいでしょう。 主なカードはビュー・スイカカード、JRE CARD、 ANA VISA Suicaカード、JALカードSuica、ビックカメラSuicaカードになります。他にもいくつかあるのですが、逆にオートチャージができない種類のカードも存在しているので注意しましょう。
アメリカンエキスプレスカードや三井住友VISAカードは利用できませんので、覚えておく必要があります。手動で行う場合には、大半のクレジットカードが対応しています。  

特急券や定期券を使ってチャージ

通常モバイルSuicaは、現金やクレジットカードによるチャージが一般的でしょう。大半の人はこのような方法で行っているでしょうが、実は特急券や定期券を使った方法があることを知っているでしょうか。
特急券はあまり使わない人もいるでしょうが、定期券はよく使う人も多くなっています。通勤や通学でも利用するので、知っておいて損はありません。 簡単に言えば定期券とクレジットカードを一緒にする方法です。ただし、定期券機能が使用できるクレジットカードが必要になるので注意しましょう。
もちろん利用額の確認も可能です。同じような方法で特急券にもチャージが可能です。利用登録さえしておけば、一般的な特急券だけではなく、新幹線を利用することもできるので、かなり便利になると言えるでしょう。  

EASYモバイルSuicaは別の方法がある

通常モバイルSuicaを使用する場合、年会費を支払う必要があります。さらにクレジットカードの登録も必須になるのですが、そんな頻繁に使うわけではないので、無駄なお金を支払いたくないという人もいるでしょう。
クレジットカードを持っていないという人もいるでしょうが、このような人は利用できないのかというと、利用することは可能になっています。その方法を使えば、一切料金を支払う必要はありません。
その方法は、EASYモバイルSuicaを使う方法です。そうすると毎回手動で現金を支払って入金するようになります。それでは面倒だという場合には、インターネットバンキングを利用しましょう。ただし、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、じぶん銀行のいずれかでなければいけません。特急券やグリーン券の利用もEASYモバイルSuicaではできませんので、このような点を了承した上で利用しましょう。  

クレジットカードでチャージ

現在では多くの人が利用しているクレジットカードですが、モバイルSuicaもクレジットカードでチャージしたいと考えている人がいるでしょう。実際クレジットカードでモバイルSuicaにチャージしている人は多いのです。その方法は、まずアプリを起動させましょう。次に入金(チャージ)と書かれている場所を選択します。次に金額を入力して、登録してあるクレジットカードを選択しましょう。 入金(チャージ)が完了しましたと表示されれば完了です。基本的には画面に従って入力していけば簡単にできるので、初めて行う場合だけ使い方を確認しておけば問題ありません。クレジットカードの登録が必須になるので、EASYモバイルSuicaを無料で使っている人の場合には、利用できないので注意しましょう。  

Walletアプリ経由でチャージ

Walletアプリのサービスが始まったことで、Walletアプリを経由してチャージすることも可能になりました。どのような方法で行うのかというと、まずはWalletの利用登録をするのですが、iPhoneを利用している人であれば、初めからインストールされています。
次にクレジットカードを登録しましょう。クレジットカードにも対応している種類と対応していない種類があるので、事前に確認をしてから登録しないといけません。 登録が終わったらチャージが可能になります。まだSuicaの利用登録をしていない場合には、アプリをダウンロードして、登録をしておかないといけません。
すでにSuicaを利用しており、登録を済ませている人は、最初にWalletアプリにSuicaを登録する作業を行いましょう。Walletアプリを経由してSuicaのチャージを行う場合には、設定をすることで1円単位まで細かくチャージすることもできるのです。  

チャージはいつできるのか

モバイルSuicaの場合には、基本的にいつでもチャージが可能です。通常は鉄道やバスなどに乗っていないときに行うのが一般的ですが、モバイルSuicaであれば鉄道の改札を通過し、駅構内にいる状態でもチャージすることができるのです。
もし残金の確認を忘れてしまい、そのまま改札内に張ってしまった場合、残金がなければ当然目的地に着いても改札から出ることができません。 しかし、改札内でチャージをしておけば、そのまま改札を出ることもできるのです。
ちなみにオートチャージができるようになっていれば、残金がなくなってしまうことはあり得ないので、一切気にする必要はありません。注意するべき点は1つだけあるのですが、それは使用している携帯電話やスマートフォンの電源切れです。この場合は現金で支払うしかなくなるでしょう。

移行時の注意点や手順

iPhoneから他のiPhoneへの移行手順

iPhoneでモバイルSuicaを利用している場合、スマートフォンの機種変更をするときに、一時期JR東日本のサーバーに退避させておき、新たに購入したiPhoneにまたモバイルSuicaを追加するという作業を行う必要があります。そうしないと新しいiPhoneでモバイルSuicaが使えなくなってしまうのです。どのようにして移行するのかというと、まず手動で旧iPhoneのモバイルSuicaを削除しましょう。
さらにサインアウトさせることで、旧iPhoneからモバイルSuicaのデータは削除されます。次に新しく購入したiPhoneにデータを移し替えるのですが、それにはWalletアプリを起動させましょう。カード追加という欄をタップするとApple Payのページが表示されます。カードの種類を選択するという画面でSuicaを選べば移行の完了です。登録してあれば、アプリだけ削除しても全てのデータが消えてしまうことはありません。  

AndroidからiPhoneへの移行手順

よくiPhoneはおサイフケータイが使えないと言われていますが、使える機種も存在しています。それに対してAndroidはおサイフケータイが使える種類が多くなっているので、今まで使っていたという人もいるでしょう。
ではAndroidからiPhoneにモバイルSuicaを移行することはできるのかというと、可能になっているので手順を簡単に説明させていただきます。 まずモバイルSuicaが入っているAndroidのスマートフォンで、機種変更をするための手続きを行いましょう。
モバイルSuicaのアプリを起動させ、その他という欄の会員メニューに、携帯情報端末の機種変更という欄があります。ここをタップして処理しましょう。次に新しく購入したiPhoneで機種変更のボタンをタップし、サービスに同意した上でパスワードを入力すれば移行が完了です。後は普通にiPhoneでモバイルSuicaが使えます。  

フィーチャーフォンのおサイフケータイからiPhoneへの残高の移行 

現在でもフィーチャーフォン、通称ガラケーを使っている人もいるでしょう。このフィーチャーフォンからiPhoneに移行することも可能になっています。フィーチャーフォンも基本的にAndroid端末と同じ方法で移行することが可能です。
フィーチャーフォンはかなり使いやすくなっていて、操作方法もシンプルなので、簡単に移行ができるのです。 処理が完了したらiPhoneでモバイルsuicaのアプリを起動しましょう。インストールされていない場合には、事前にインストールをして、登録手続きを行います。
後は登録されているメールアドレスとパスワードを入力してログインし、機種変更のボタンをタップして完了です。iPhone同士で移行するよりも、Androidやフィーチャーフォンからの移行の方が簡単にできるでしょう。  

Suicaカードの移行時に注意すべき点

Suicaというのは一般的なカードで使用している人と、携帯電話やスマートフォンなどの携帯端末で使用している人がいます。携帯端末で使用しているモバイルSuicaであれば、比較的簡単に機種変更が可能なのですが、カードからモバイル端末に移行することも可能になっているのです。
だたし、移行前には注意しなければいけないこともあります。 それは移行時に500円が必要になるという点です。Suicaカードの場合には、利用手数料のようなものが500円必要になるのですが、これをデポジットと呼んでいます。これがあるので、携帯端末に移行する場合には、500円が必要になるので忘れないようにしましょう。また、1度携帯端末に移行してしまうと、二度とカードに戻せなくなる点も事前に把握しておく必要があります。

年会費は無料にすることが可能

年会費を無料にするにはビューカードを使用する

政治家の悪政で生活が厳しい人が激増しているので、できれば年会費を支払わずにモバイルSuicaを使いたいと考えている人も多いでしょう。実際には可能なのかというと、ビューカードを利用することで年会費が無料になるのです。なぜ他のカードだと年会費が必要になるのに、ビューカードの場合には無料になるのでしょうか。
それはモバイルSuicaの管理会社も、ビューカードを発行している会社もJR東日本だからです。自分の会社のカードを使ってくれることで、年会費をサービスしているのです。ビューカードだけではなく、ビューカードと提携しているクレジットカードを使うことでも、年会費を無料にすることができます。  

Apple Payを利用するとどうなるのか

モバイルSuicaの年会費を無料にする場合には、ビューカードを使用するか、ビューカードと提携しているクレジットカードを使う必要があるのですが、他にも方法が存在しているのです。それはApple Payを利用するという方法です。Apple Payは気軽に利用できるので、使っているという人も多いでしょう。
さらに特定のクレジットカードを併せて利用すれば、モバイルSuicaにチャージした金額分のポイントも付く場合があるのです。ポイントはかなりお得なサービスになっているので、決して軽視してはいけません。どのクレジットカードが対象になっているのかを調べてからどこに加入するのか選ぶという人もいるのです。  

Google Payでも年会費無料になる

Apple Payやビューカードなどを使うことで、Suicaの年会費を無料にすることができるのですが、他にもまだ無料にする方法が存在しているのです。それはGoogle Payを使用する方法です。以前Google PayはSuicaに対応していませんでしたし、他のおサイフケータイには使用できたものの、年会費が必要でした。
それが年会費無料で使用できるようになったというのは、やはり利用者の拡大を狙ってのことでしょう。ただし、Google Payに対応していない機種も存在しているので、まずは自分が使用しているスマートフォンが、Google Payに対応しているのかを調べておく必要があります。対応していなければ、別の方法で年会費を無料にしてみましょう。

定期券についても知っておこう

モバイルSuicaの定期券の変更方法

現在でも一般的な磁器定期券を使用している人が多いでしょうが、この磁器定期券からSuicaの定期券へ変更することも可能になっています。変更する方法はとても簡単で、JR東日本の駅にある券売機やみどりの窓口などで手続きを行うことができるのです。券売機によっては変更できない種類もあるので、よくわからない場合には駅員に尋ねてみましょう。
ただし、どのような定期券からでも変更できるというわけではありません。JR東日本以外の鉄道会社で購入した定期券の場合には、Suicaの定期券へと変更することはできませんので、あらかじめ承知をしておくべきです。残額もそのまま受け継がれるので、安心して大丈夫です。  

iPhoneでSuicaアプリを使用して購入しよう 

iPhoneでもモバイルSuicaのアプリを利用して、定期券を購入することが可能です。まずは定期券を発行するSuicaを選択しましょう。そうするとチケット購入・Suica管理という画面が出てくるので、定期券という欄をタップします。
新規購入や継続購入という欄が出てくるので、この中から行いたい作業の欄をタップしてください。 その後必要事項を入力して完了を押せば、定期券の購入が完了です。このやり方はすでにApple PayのSuicaを持っている人向けのやり方になるので、もし持っていない場合には、Apple PayのSuicaを使えるようにしておきましょう。このようにいろいろと便利な方法が存在しているので、情報収集をしておくことをおすすめします。  

iPhoneでWalletアプリを使用して購入しよう 

現在所持しているiPhoneで、Walletアプリを使った定期券の購入方法も存在しています。基本的に購入方法はApple PayのSuicaを使って行う場合とあまり変わりませんが、異なっている点もあるので解説させていただきます。まずWalletアプリ内の継続発行をするページを開きましょう。
それから画面右下にあるボタンをタップすると、Suica定期券の画面が出てくるので、定期券の更新をタップします。次に期間を選択して、指紋承認を行うと継続購入が完了するのです。指紋承認は危険だからあまり行いたくないという人もいるので、このような人は別の方法で定期券を購入しましょう。  

モバイルSuicaの定期券の払い戻しの方法

モバイルSuicaの定期券は、払い戻しが可能だということを知っているでしょうか。中には払い戻しができることを知らず、そのまま放置しているという人もいるでしょう。実際には払い戻しができるので、その方法を知っておくべきです。
基本的にモバイルSuicaで行う作業はとても簡単になっています。 払い戻しを行う方法は3つ存在しています。1つ目はみどりの窓口に行って払い戻しをしてほしいと告げること、2つ目は新しい乗車区間の定期券を改めて購入し直すという方法です。3つ目はモバイルSuicaのページからチケット購入・Suica管理のページを開き、このSuicaを払い戻すという欄をタップすれば、どこにいてもアプリからの払い戻しが可能です。

特急券の利用でさらにスムーズに乗車しよう

モバイルSuica特急券とは何か

有料特急に乗る際には、乗車券の他に特急券を支払う必要があります。この特急券もモバイルSuicaで購入することができるのです。初めて利用する場合には、まず登録をしなければいけません。登録は無料なので、普段あまり特急列車を使用しないという人も、とりあえず登録だけ行っておくと便利でしょう。
登録方法もシンプルで、モバイルSuicaのアプリを起動させ、モバイルSuica特急券という欄をタップします。次にパスワードを入力してログインし、規約に同意したら次へボタンをタップしましょう。最後に登録するボタンをタップすれば完了です。後は携帯端末から特急券を購入し、改札機にかざすだけで特急列車に乗ることができます。  

グリーン券や特急券の購入も可能

近年は普通列車にもグリーン車が配置されているのですが、グリーン車も有料になっているので、専用の券を購入しないといけません。このグリーン券も特急券と同じように、モバイルSuicaで利用することが可能です。
モバイルSuicaアプリのトップページに、Suicaグリーン券という欄があるのでタップしましょう。 次に新規購入をタップして、乗車駅と降車駅を入力します。最後に購入するボタンをタップすれば、グリーン券の購入が完了します。購入後は数十秒間処理をするのに時間がかかるので、覚えておきましょう。電波状況の悪い場所で購入しようとすると、うまくできない場合もあります。  

モバイルSuica特急券を新幹線で使う  

特急券の利用は在来線だけではなく、新幹線でも利用することが可能です。もちろん在来線と新幹線では料金が異なるので、後日にクレジットカードから引き落とされるようになるのです。利用方法は特急券と一緒なので、迷ってしまうことはないでしょう。
ただし、新幹線を利用する場合には、JR東海の東海道新幹線も利用が可能です。 もちろんJR東日本の新幹線は普通に利用することができるので、安心できるでしょう。在来線の特急だけではなく、新幹線もよく利用する人は、特急券が利用できるように設定をしておくと便利です。もちろん普通に現金で購入したいという人は、それでも問題はありません。  

モバイルSuica特急券の利用方法

モバイルSuica特急券を利用したいのであれば、まず最初に利用登録をしないと始まりません。携帯端末の中には、モバイルSuicaに対応していない物も存在しているので、利用したいのであれば購入時に確認をしておきましょう。利用登録の方法は簡単です。まずモバイルSuica特急券の欄をタップします。
いろいろと利用方法の説明などが行われているページが表示されるので、確認を押しましょう。後はメニューに従って特急券の購入を押せば利用できます。もちろん在来線の特急だけではなく、新幹線の利用もモバイルSuica特急券で行えるのは言うまでもありません。  

モバイルSuica特急券でできること ?

モバイルSuica特急券では、いろいろなことができるのです。もちろん在来線の特急券を購入することや、新幹線のチケットを購入することも可能なのですが、それだけしかできないわけではありません。エクスプレス予約特約に入会をしておけば、チケットを購入しないでも利用できるようになるのです。
ただし、九州新幹線の利用だけはできないので注意しましょう。他にもモバトクという通常よりも安い料金でチケットが購入できるサービスなども利用できるようになります。さらにスーパーモバトクというサービスの利用も可能になるので、かなりお得だということがわかるでしょう。  

ビューカードがあると年会費無料で利用可能 

現在は不景気な時代が長続きしていることで少しでも使うお金を控えたいと考えている人も多いでしょう。そこでモバイルSuicaを使う場合、ビューカードを用意しておくことで、本来なら必要になる年会費が無料になるのです。
年会費は1030円かかってしまうのですが、この金額が多いか少ないかはその人によって異なるでしょう。しかし、少しでも利用料金を減らしたいと考えているのであれば、ビューカードを使って減らすべきです。メリットが多いカードになっているので、持っていて損はないでしょう。  

特定市内駅制度や乗り継ぎ割引が適用されない 

モバイルSuica特急券は、メリットもたくさん存在しているのですが、デメリットも存在しているのです。世の中にメリットだけで、全くデメリットが存在していない物はないので、どのようなデメリットがあるのかを知った上で利用するのが最もよい方法だと言えるでしょう。 では、どのようなデメリットがあるのかというと、たとえば仙台から東京まで購入した場合、紙の切符のように新宿や池袋などで下車することができません。乗り継ぎ割引も適用されないので、このような点がデメリットだと言えるでしょう。その他には特にデメリットはありません。

JRE POINTやキャンペーンなどの利用でもっとお得になる

JRE POINTに登録しておくとお得になる 

JRE POINTのサイトに登録しておくことで、いろいろな特典を得ることができます。JRE POINTに登録にモバイルSuicaを登録しておけば、加盟店でモバイルSuicaを使って何かを購入すると、ポイントが貯まるというサービスを実施しています。
もちろんポイントは利用可能なので、次回買い物をするときに使ってみるべきでしょう。 ただし、JRE POINTの加盟店で利用しないとポイントは貯まらないので、あまり買い物をすることがないという人は、無理に登録をする必要はありません。よく買い物をするという人は、登録しておいた方が断然お得だと言えるでしょう。  

モバイルSuicaのキャンペーン 

現在では何でもサービスの時代と言われています。どのようなサービスを実施するのかによって、利用者の数が変わってくると言ってもよいでしょう。モバイルSuicaでも一緒です。では、モバイルSuicaではどのようなキャンペーンを行っているのでしょうか。
それはモバイルSuica で1000円分の利用できるキャンペーンなどです。ちなみにキャンペーンの内容は随時変わっていきますし、期間限定になっていることが多いので、毎回同じ内容だとは限りません。利用する前にしっかりと確認し、お得だと思ったら利用してみるのもよいでしょう。中にはかなりお得な内容のものもあります。  

モバイルSuicaでマイルも貯める

モバイルSuicaは鉄道やバス、タクシーやコンビニなどでの買い物など、かなり幅広く使用することができます。そのため、モバイルSuicaがあるだけでも、あまり現金がなくてもいろいろと利用できると言えるでしょう。しかし、一般的なポイントがたまるだけではなく、マイルを貯めることもできるのです。
マイルと言えば飛行機というイメージが多いでしょうが、実はJALカードモバイルSuicaなどのカードを利用すると、モバイルSuicaにチャージするだけでマイルが貯まっていくのです。しかも年会費が無料になるので、かなりお得な利用方法だと言えるでしょう。

モバイル suica使用時の困り事への対処法について

紛失したときの対処の仕方 ?

モバイル suicaを利用する場合、心配なこともいくつかあるでしょうが、特にものをなくしてしまいやすい人の場合には、万が一モバイル suicaを利用している携帯電話やスマートフォンをなくしてしまった場合、どうすればよいのか知っておきたいという人も多いでしょう。
もしモバイル suicaを使っている携帯電話やスマートフォンをなくしてしまった場合には、まずコールセンターに連絡をしましょう。また使いたい場合には、新しい端末を購入しておき、パソコンや新しく購入した端末で、再発行の手続きを行うようになります。これで万が一誰かが拾っても、利用することはできません。

パスワードの再登録方法

万が一モバイル suicaを利用できる端末を紛失してしまった場合には、再発行だけでは心配という人も多いでしょう。このような人のために、パスワードを再設定できるようになっているのです。パスワードを新しくしてしまえば、より安全性が増すと言っても過言ではありません。
まずはログインをしてメールアドレスと氏名を入力します。入力して送信すると、再設定のメールが送られてくるので、本人確認の項目に間違えないように入力しましょう。そうすると新しくパスワードが設定できるようになるので、入力したら再設定ボタンをタップすれば完了です。

困っている時でもコールセンターは繋がりにくい 

モバイルSuicaが利用できるスマートフォンや携帯電話などを紛失してしまうと、とりあえず利用停止をしてもらおうと、コールセンターなどに連絡をするという人もいます。通常コールセンターにはたくさんの人が勤務しているので、滅多につながらないということはないのです。
しかし、モバイルSuicaのコールセンターに限っては、繋がりにくいことが多いので注意しましょう。長時間繋がらないと、対策を練る前に落としてしまったモバイルSuicaを勝手に使われてしまう可能性があります。だからこそ自分で対策を調べておき、いざというときに備える必要があるのです。

ロックを解除する方法 ?

モバイルSuicaも不正な利用を防ぐために、いろいろな対策を行っています。どのような対策を行っているのかというと、ログインするときに入力するパスワードですが、連続してパスワードの入力が間違っている場合、自動的にロックされてしまうのです。
これで拾った人が簡単にログインできなくなっているのです。 では、どのようにして解除するのかというと、コールセンターに連絡をしなければいけません。先ほども触れたように、モバイルSuicaのコールセンターは繋がりにくい場合があるので、何度か連絡をするようになる可能性もあります。自力で解除することはできません。

エラーコード 1210 

モバイルSuicaを使っていると、エラーコードが表示されるということもあります。これは利用している端末の不具合などによって発生することが多いのですが、エラーコードが表示されても、何が悪いのかよくわからない人も多いでしょう。では、エラーコード1210と表示された場合、何が原因で表示されるのでしょうか。
それはスマートフォンや携帯電話などの端末が原因で、処理中に操作が行われない状態が一定時間続くことで発生するエラーです。復興処理に成功すれば問題ありませんが、失敗した場合には2040のエラーコードが表示されます。この場合にはモバイルSuicaを再設定しましょう。

エラーコード c110

もしモバイルSuicaを利用しているときに、エラーコードc110と表示された場合には、使用している端末が動作不良を起こしているときです。動作不良にはいろいろな原因があるので、再度モバイルSuicaを起動させるだけで簡単に改善されることもあれば、毎回表示されることもあるのです。
毎回表示されても、モバイルSuica自体がが使用できなくならなければ問題ないのですが、もし使用できなくなってしまった場合には、端末のサポートを受ける必要があります。再度起動させれば問題ない場合でも、気になる人はサポートを受けて、改善しておく方がよいでしょう。

知るとさらにモバイル suicaが使いやすくなる

利用履歴の確認方法 

モバイルSuicaをいつどこで使用したのかを知りたいという人もいるでしょう。一般的なカードのSuicaでは、利用履歴を確認することはできません。しかし、モバイルSuicaなら利用履歴を確認することができるのです。どのようにして確認をするのかというと、まずモバイルSuicaのアプリを起動させましょう。
トップ画面に表示されているその他を選択し、SF(電子マネー)利用履歴という欄をタップすると、一定期間内の履歴が一覧表になって表示されます。何月何日に利用したのか、どこの区間で利用したのかなどが表示されますが、バスやタクシー、買い物で使った場合には、金額と利用した場所のみの表示になります。

利用履歴を印刷したいときの方法 

利用履歴は使用している携帯電話やスマートフォンなどの端末上に表示することができますが、仕事で使用した場合などは、パソコンで印刷をしておきたい場合もあるでしょう。もちろんパソコンで、モバイルSuicaの利用履歴を印刷することも可能です。
この場合には、パソコンでモバイルSuicaのサイトにアクセスしましょう。 後は携帯端末と同じように、利用履歴を表示させると、画面上に表示された履歴を印刷というボタンが表示されています。このボタンをクリックするとPDFの画面が表示されるので、後は印刷すれば問題ありません。あらかじめPDFファイルが表示できるようにしておくことが大切です。

払い戻しの方法

モバイルSuicaを利用している人の中には、払い戻しをしたいと考えている人もいるでしょう。もちろん払い戻しをすることも可能なのですが、iPhoneを利用している人の場合には、モバイルSuicaのアプリで払い戻しをすることができるのです。
今回は定期券の払い戻しについて見ていきましょう。 最初にiPhoneのTouchIDを使ってログインします。右下のiマークをタップし、チケット購入・Suica管理をタップしましょう。そうするとこのSuicaを払い戻すというボタンが表示されるので、後はタップをして案内を読み、払い戻されたお金を振り込む口座情報を入力すれば終わりです。

モバイル suicaはほぼ日本全国で利用可能 

モバイル suicaはJR東日本からのサービスになるので、以前はJR東日本でなければ使用できませんでした。それが首都圏の大手私鉄と連携することで、JR東日本だけではなく、首都圏の私鉄各線でも利用できるようになったのです。さらに現在では、もっとサービスの利用範囲が広がっています。 今は日本全国の交通機関や所定の店舗で利用可能になっているのです。
ただし、全ての鉄道やバスなどで利用できるわけではありません。一部の交通機関では利用が不可能ですし、そもそも電子マネーの改札機が設置されていない鉄道もあるので、このようなところでは現在でも使えないのです。

西日本ではSuicaは作れない 

現在ではJR西日本でも suicaを利用して乗車することが可能になっています。しかし、JR西日本のエリアでは、suicaを発行してもらうことは現在でも不可能になっているのです。もしJR西日本の管轄内に住んでいて、どうしてもsuicaを利用したい場合には、作ってもらうことが可能なエリアに行くようになるでしょう。
他にも作る方法が存在しているのです。それはヤフーオークションを利用する方法、もしくはsuicaが作れるエリアの人に頼んで送ってもらう方法、クレジットカードと一緒に申し込みをして作るなどの方法があります。少々面倒ですが、今後は改善される可能性もあるでしょう。

モバイル suicaの機種変更の方法 

Apple PayでSuicaを利用している人が機種変更をする場合、最初に現在利用している端末からモバイルSuica自体を削除する必要が出てくるのです。削除してしまうと、データが全部消えてしまうのではないかと不安に思う人もいるでしょうが、そのようなことはないので安心して大丈夫です。
その後新しい端末で、再び追加しておけば問題ありません。方法は大きく分けると4種類存在しているので、自分に最も合っている方法で作業を行いましょう。最も一般的で簡単な方法は、旧iPhoneでSuicaを手動削除する方法です。それから新しいiPhoneで追加作業を行いましょう。

カード型とモバイルSuicaの異なる点 

Suicaには大きく分けるとカード型のタイプとモバイルSuicaが存在しています。この2つでは同じ部分もあるのですが、異なっている部分もいろいろとあります。どのような点が異なっているのかというと、カード型の場合にはクレジットカードは必要ありません。
それに対してモバイルSuicaにはクレジットカードが必要です。 年会費もカード型の場合には必要ありませんが、モバイルSuicaの場合には必要になります。ただし、登録するクレジットカードによっては不要なこともあります。チャージ方法も異なっており、カード型は改札でも可能ですが、モバイルSuicaはアプリ経由やコンビニでチャージをしてもらうようになります。

モバイルSuicaで新幹線の乗り継ぎは可能 

モバイルSuicaは新幹線の利用も可能になっています。そのため、在来線と新幹線の乗り継ぎも可能になっています。両方ともモバイルSuicaを使って乗り継ぎをすることもできますし、片方だけ普通の切符を使った方法でも乗り継ぎができるので、自由度が高いと言えるでしょう。
ただし、EasyモバイルSuicaの場合にはクレジットカードの登録を行っていないため、在来線の利用は可能ですが、新幹線の利用はできません。この場合には在来線はEasyモバイルSuicaで利用して、新幹線は普通の切符で利用するようになるでしょう。よって登録をしておいた方が便利です。

電源が切れた場合 ?

モバイルSuicaを利用するときに、注意しなければいけないのが電池切れです。端末によってはバッテリーの消耗が激しくて、すぐに電池切れを起こしてしまう場合もありますし、古くなってくるとバッテリーの持続時間が少なくなってきます。乗り物の中で端末を利用していれば、その分バッテリーが切れやすくなるでしょう。
ただし、電池切れを起こしたからと言って、その瞬間にモバイルSuicaが利用できなくなるわけではありません。よって電池切れを起こしてもしばらくは使えるのですが、どれぐらいの時間持つのかというのは不明です。重要なことは電池切れを起こさないようにしておくことでしょう。

モバイルSuicaがえきねっとに統合された

以前国鉄が民営化され、JRになったことで会社が分裂するという事態になりました。これによって以前はモバイルSuicaがJR東日本のみでしか使用できなかったのです。それが現在では大半の鉄道会社で使用可能になったのですが、今度はモバイルSuica特急券がえきねっとに統合されるのです。
これによってモバイルSuica特急券が廃止され、えきねっとで予約をしておけば、モバイルSuicaを使って特急列車や新幹線に乗車することができるようになります。さらにKitacaやICOCAにも対応すると言われているのです。さらにはその他のカードも利用が可能になるのではという情報もありますが、現段階では不明です。

モバイルSuicaを使いこなそう

モバイルSuicaはあまりスマートフォンや携帯電話に慣れていない人でも簡単に使えるのが特徴です。ただ鉄道やバスなどの乗り物に簡単に乗れるだけではなく、特急券やグリーン券の購入などにも対応していますし、更新や端末を降参する際の手続きなども簡単に行えます。まずは基本的な使い方を確認しておきましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事