クレジットカードが支払えないときに出来る対処とは?

クレジットカードが支払えないときに出来る対処とは?

家計の知恵 2019.01.04

クレジットカードが払えないときどうしたらいいのか

クレジットカードの支払いが間に合わなくなった場合の対処法と、支払いが滞った場合どうなるかご説明いたします。

クレジットカードの支払いができないとどうなるのか

再引き落としの案内が届く

クレジット引き落とし時に預金残高が足りないと後日、カード会社から再引き落としに関する電話がかかってくる、もしくは案内文が届きます。指定期限までに口座にお金を足しておくか、指定先に振り込み処理をしないとクレジットカードが利用停止になってしまう可能性があります。

カードの更新拒否や強制解約

カード会社から引き落としの督促がきているにも関わらず、支払いが滞った状態が続くと今後、カードの更新拒否や最悪の場合、強制解約をされてしまう可能性があります。督促期限後の早めに支払いが完了すれば強制解約までの対処はされない可能性が高いですが、更新時期に更新拒否されてしまう可能性はあるのでご注意ください。

裁判を起こされる

強制解約後も支払いが滞っている場合はカード会社から裁判を起こされる可能性があります。裁判所から訴状や支払い督促の書面が届き、その後も支払いが滞っている場合は口座凍結・給与の差し押さえをされてしまう可能性があります。口座が凍結されてしまったらクレジットカードの利用以外でも問題が生じてしまうので、裁判を起こされることだけはなんとしてでも阻止したいものです。

支払いができないときにすること

利用明細や請求額の確認をする

まずは請求額が総額いくらか確認しましょう。複数のクレジットカードを持っているのであれば、各社の請求書やインターネットの会員サイトを全て調べて一度、全体の金額を確認してから対処法を考えましょう。全体金額を冷静に見渡せば、思っていたよりもお金を工面できる金額かもしれません。

支払い方法の変更ができるか確認する

クレジット会社によっては、一度支払い方法を決めたあとでも変更できる場合があります。変更の手段としては会員サイト内で変更手続きをする場合がほとんどです。変更できる内容としては主に、回数変更・リボ払いへ変更・ボーナス払いへ変更です。特に、リボ払いに関しては支払金額確定直前まで変更可能な場合が多いです。
しかし、回数変更・ボーナス払いに関しては対応できる会社は少ないので注意が必要です。後から金額調整をするには主にリボ払いになる場合がほとんどです。リボ払いに変更できれば、ひとまず直近の多額支払いを緩和することができるので非常に便利です。リボ払いに変更したい支払い対象を個別に設定することができるので、リボ払いにしたいものを最低限だけ選択して支払いを乗り切りましょう。

支払いが苦しいときはリボ払いを活用しよう

リボ払いとはなにか

そもそもリボ払いとはどういうものなのかをご説明いたします。リボ払いとは、毎月の支払金額を一定に保つことができるシステムです。リボ払いであれば、クレジットの利用金額が多くなったとしても、毎月の返済額が低く、ローンを持ったような状態が続きます。現在は多くのクレジットカード会社で対応できるので気軽に利用することが可能です。 支払金額に関しては、利用総額によって、数千円~一万円の間で定額になることが多いです。たとえクレジットカードで10万円以上使ったとしても、リボ払いに変更したら毎月の支払いが軽くなるので非常に助かります。

リボ払いの注意点

リボ払いにした際の注意点に関してですが、リボ払いを使用しすぎると、利用額と支払額の乖離が広がってしまい、返済総額と利息が膨らんでいく一方になります。いつまでたっても関西できない状況が続き、利息の総額がかなりの金額になってしまいます。リボ払いにすると、返済はじめのころの内訳は、半分以上が利息になります。その後、支払いを続けていくことで利息の割合が下がっていきます。 ということは、リボ払いに変更する機会が多ければ多いほど、いつまでたっても元金を返済できないまま、ローンだけを支払い続けることしかできなくなってしまいます。

支払えなくなったら専門家に相談して債務整理の検討を

債務整理を依頼するメリット

各クレジットカード会社のリボ払い等を利用しても、どうしても支払えなくなってしまった場合は債権整理を依頼するのも一つです。条件に関しては一概に言えませんが、弁護士・行政書士に依頼することにより、利息を現状よりもカットしたり返済額を減額することも可能です。行政書士・弁護士に相談すれば、任意手続きで借金を減らせる可能性もあります。 もし債権整理に悩んでいる場合は、積極的に弁護士・行政書士事務所に訪れ、現在の支払い状況全般を判断してもらいましょう。

債務整理の相談先

債務整理の相談先に関してですが、法テラスを活用することがいいのではないでしょうか。法テラスはクレジットカードの支払いに関してだけでなく、その他様々な問題に関しても相談ができる機関です。今回のようなクレジットカードでの問題に関しても、もちろん相談することが可能です。クレジットカードの支払いに対して、他の消費者金融等から借り入れたりしている場合の相談も併せておこなうことが可能です。多重債務に関しても相談しやすいし、今回のように、1社だけでなく他にも多数の問題を抱えている場合でも、併せて相談できるのは嬉しいポイントです。一人で抱え込み過ぎても、結局何も解決できない場合が多くなって強います。そんなときに後悔するより、今から少しずつでも、風に対して乗り越えるよう相談してほしいものです。 法テラスは全国各地に設けられており、気軽に相談することが可能です。最初ははずかしいかもしれません。頑張って糖に寝ないで解決しようとする方がいらっしゃいますが、実査は、断酒会のように自身を含めて対応することができるようになりたいな、と思っています。自身、もしくは自身の周りの環境を整えること必要です。

クレジットカードの支払い金額をちゃんと把握しよう

いかがでしたか。クレジットカードに関しては日常でも使用量を機にすれば、支払いを滞るような状況には陥りません。1日の使用量や内容をもう一度精査することにより、自分のライフスタイルに合った使い方をすることができるの可能です。特にクレジットカードはポイント制を導入している所が多いので、上手く使用することで毎月の支払いをポイントで減額したりと様々な使い方ができるようになります。
また自制心を養う事もクレジットカードを使用する上で欠かせないものです。計画的に利用するためにも自制心も鍛えましょう。

    Sponsored Link

アバター
この記事のライター UKANO 編集部
  

家計を強くするには3つの方法しかありません。

1,支出を減らす 2,収入を増やす 3,投資する

投資するには↓

PICKUP CONTENTS

特集記事