移動に便利|ICOCAにクレジットでチャージをする方法とは?

移動に便利|ICOCAにクレジットでチャージをする方法とは?

家計の知恵 2018.12.31

ICOCAのクレジットチャージは簡単

交通系ICカードの「ICOCA」は、現金をチャージしておくだけで電車に乗るときやコンビニエンスストアでの買い物もICOCA1枚あればOKということで利便性の良さがウケて、お財布代わりに使っているという人が増えています。街中でも賢く利用するためにICOCAカードへのチャージ方法を確認します。

4種の端末でICOCAにクレジットチャージ

ICOCAカードは、オートチャージ機能がついていないので自分で券売機やコンビニエンスストアなどで利用前にチャージしておく必要があります。現在では4種類のチャージ機器を利用してクレジットカードでチャージする方法と現金入金を選択することができるのでそろそろ残高が無くなってきたなと思ったらチャージすることをおすすめします。

クイックチャージ機でのチャージ方法

ICOCAカードは、JR西日本が発行しているカードですから、このエリアの駅や駅ビルなどにはクイックチャージ機が設置されています。実はクイックチャージ機では現金での入金ができず、クレジットカードだけしか対応していません。 カードホルダーにICOCAカードを挿入すると画面にチャージ金額の種類が表示されます。3000円・5000円・10000円の中から選択するとあっという間にチャージをしてくれるのです。もちろん領収書も発行されるので念のため保管しておくことをおすすめします。

入金機でのチャージ方法

クイックチャージ機と同じようなコンパクトタイプのチャージ機が設置してある場所では、カードホルダーにICOCAカードを挿入することで現金でチャージすることができます。チャージ金額も1000円・2000円・3000円・5000円・10000円から選べてそのボタンを押してください。あとは金額を挿入するとチャージされる仕組みです。もちろん領収書も発行されます。

自動券売機でのチャージ方法

駅の自動券売機でチャージすることが多いかと思いますが再確認しておきましょう。まずは、ICOCAカードをカードホルダーに挿入或いは、カードリーダーにタッチしてください。画面には金額が表示されます。500円・1000円・2000円・3000円・5000円・10000円の中から画面タッチして入金額を選んでください。現金入金後に領収書が必要ならばボタンを押せば発行されて、ICOCAカードを取れば入金完了です。

のりこし精算機でのチャージ方法

電車に乗るときには何の問題もなく改札口を通過できたのに、目的地で降車して改札口を出ようとしたらブザーが鳴ったという時でも安心してください。改札口のすぐそばにある「のりこし精算機」でチャージ可能です。のりこした分だけ清算することもできますが、そこで現金もチャージできるのでとても便利です。

登録クレジットは還元率と年会費で検討

電子マネーとしての利用だけでなく、ネットショッピングなど普通のクレジットカード機能も付いていればもっと利用頻度がアップするはずです。しかも、クレジットカードのポイントだって貯まるのであれば十分すぎるカードだと言えます。クレジットカードと一言でいっても年会費を払うものもあれば、ポイント還元率が高いものまで様々なので何がいいのか検討したいと思います。

チャージに利用できるクレジット一覧

クレジットカード機能が付いているICOCAを「SMART ICOCA」といいます。JR西日本エリア内はもちろんのこと、全国の店頭や交通系ICカードの相互利用は認められている場所だって使えます。またチャージすることができるクレジットカードはトップクラスのものばかりですから安心して使えます。ダイナーズクラブ・三菱UFJ銀行のDCカードにUFJカード・MUFGカード・UCカード・マスターカード・J-WESTカード、これ以外にもセディナやセゾンなどほとんどのカードが利用できます。

節約するなら年会費無料から選択

ICOCAにチャージすることが多ければ、年会費が無料のクレジットカードを用意すべきでしょう。Yahoo!JAPANカードもエポスカードも年会費無料は選択肢も多いので、最終的な決め手はポイントなどの還元率だと言えるでしょう。

ポイント付与ゼロのカードには注意

せっかくクレジットカードを利用してICOCAにチャージをしてもポイントが全く付かないカードが数社ありますので注意してください。その代表が三井住友VISAカード・アメックスカード・JCB発行のカード各種・dカード・ビューカードなどです。これではクレジットカードを利用する意味合いも薄れてしまいます。

知っておきたいクレジットチャージの欠点

クレジットカードを便利に利用してSMART ICOCAにチャージするのであれば注意事項についてもしっかりと覚えて、無駄のない利用方法を身につけたいものです。たとえば、チャージ金額にも上限があることや、少額の場合には現金入金しかできない点など知っておくことでポイントも貯めやすくなるはずです。

クレジットチャージは上限下限に縛り

JR西日本エリア内であれば駅の構内や駅ビルなどにもクイックチャージ機が設置されています。クレジットカードでのチャージですからSMART ICOCAと書かれているチャージ機を使います。 チャージできる金額は、3000円・5000円・10000円です。1000円・2000円の少額はクレジットカードでチャージできませんので注意してください。そしてSMART ICOCAの残額は上限が20000円と決まっていますのでそれを超えてのチャージはできません。1日のチャージ限度額も20000円で1カ月間の上限は40000円となっています。

店舗でのチャージはクレジットに未対応

JR西日本エリア内であればコンビニや大手スーパーマーケットでもICOCAに現金チャージできますが、SMART ICOCCAへのクレジットカードからのチャージはできません。どうしてもチャージしたければ現金ならばコンビニでも受け付けています。

最寄り駅でICOCAのクレジットチャージを

JR西日本のICOCAを持っていれば、電車にもバスにも乗れますし、交通系ICカードを使えるエリアだったら、日本全国の色々な場所でも使えるので本当に便利なカードだと言えるでしょう。しかし、ICOCAに現金をチャージするのはJR西日本エリア内だけですので遠出するときには忘れずにチャージをしておくといいでしょう。 また、クレジットカードを使いチャージする場合にはSMART ICOCAでなければ利用できません。ICOCAカード残高の上限は20000円となっているので十分に注意しながら賢く利用してポイントも貯めてみてください。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事