ICOCAの再発行|もしも紛失・破損したときの対処法を知ろう

ICOCAの再発行|もしも紛失・破損したときの対処法を知ろう

家計の知恵 2018.12.30

ICOCAの再発行はすぐにできるのか

JR西日本が発行している交通系ICカードのICOCAは、電子マネーとしての役割を果たしているのでこのエリアに住んでいる人たちは便利に利用しています。定期券も付けられるしこれ1枚あれば、どこへでも出かけられるのですが、もしも紛失してしまったらどうすればいいのでしょう。

ICOCAは紛失では再発行できない

ICOCA定期券や子供用ICOCAカードならば、もしも紛失したり破損してしまった場合でも手数料さえ支払えば再発行することができます。しかし、おとな用ICOCAカードに関しては紛失したからと言っても再発行はしてくれません。なぜ再発行することが不可能なのか確認しておきましょう。そうすることでICOCAカードの重要さがわかるので、失くすという事もなくなるでしょう。

ICOCAが紛失したときは再発行できない

なぜ、おとな用のICOCAカードだけが再発行してもらえないのでしょう。それは、おとな用ICOCAカードだけが無記名式だからなのです。無記名である以上、紛失したら見つかることもありませんし、届け出があったとしても、それが自分のものなのか照明するにはいつどこで利用したのかを伝えるしか方法はありませんので実質、新たに作成するしかないのです。

ICOCAが紛失したときはあらためて新規発行となる

それでは、おとな用ICOCAカードを紛失した場合の発行について説明します。無記名式だからこそ再発行が不可能ですので改めて新規発行をすればいいのです。発行するためには、JR西日本のみどりの窓口や自動券売機で買い求めることができます。新規発行には、カードのデポジット分を加算して購入しなければならず、最低でも2000円をチャージするので準備が必要です。

カードが破損したときは無料で再発行できる

紛失してしまえば再発行することはできませんが、年数が経過してタッチリーダーで読み取り出来なくなった場合や折れてしまったときなどは、無記名式のおとな用ICOCAカードでも再発行することが可能です。 ただし、システムの都合上ICOCAカードの再発行後の受け取りは翌日以降になります。当日再発行ができないため、今すぐ使用したいと思っても使用することができないのです。

ICOCA定期券の再発行方法

記名式のICOCA定期券の場合には、紛失しても再発行してもらえますので諦める必要はありません。失くしたことに気づいたら早めにJR西日本エリア内の駅事務所などに申し出てください。また失くした場合はすぐに届け出をしないと誰かに使用されたりとデメリットが多くなります。思い当たる場所を探してないと思った場合はすぐに届け出をしましょう。

すぐにみどりの窓口か改札口係員に使用停止の申し出を

ICOCA定期券カードが見当たらない、もしかしたら紛失してしまったのかもしれないと気が付いたら、すぐにJR西日本エリア内の駅に電話するか、改札口・事務所・みどりの窓口の係員に紛失したと伝えれば、利用停止の手続きをしてくれます。

再発行カードの受け取りは14日以内に

ICOCA定期券の再発行は、JR西日本エリア内のみどりの窓口で手続きをしてください。手続きには本人であることを特定できる公的証明書(運転免許証・健康保険証・マイナンバーカードなど)が必要ですし、手数料(510円)とカードのデポジット代(500円)も支払います。 また紛失したICOCA内にチャージしていた金額については補填されません。申し込み後の受け取りは、翌日以降14日以内にエリア内のみどりの窓口ならばどこでも平気です。それと一度手続き申請したら取り消すことが出来ないので注意してください。   

こどもICOCAでも手続きは一緒

おとな用ICOCAカードでは再発行できないのになぜ、こども用ICOCAが再発行できるのか説明します。 こども用ですから電車運賃なども通常の半額料金です。この金額を算出するためにも子供の生年月日をカード内に情報登録すうのです。だからこども用ICOCAカードは定期券カードと同様に再発行手続きが可能になります。

SMART ICOCAの再発行方法

クレジットカードでチャージすることができるSMART ICOCAは、そのカード内にクレジットの情報が詰まっているのでただみどりの窓口に行っても再発行してはもらえません。手続きをするにはどうすればいいのか、カードの受け取り方も特別なものなのかを確認したいと思います。

不正利用防止のためまずは専用ダイヤルで連絡

もしSMART ICOCAを紛失したらすぐにJ-WEST会員サービスセンター(078-382-8692)に電話してください。年中無休24時間態勢でスピーディーに対応してくれます。まずは、SMART ICOCAを速やかに停止させることが重要です。なにしろSMART ICOCAチャージ機にカードを置くだけで、簡単にチャージできてしまうので一刻も早く不正防止対策を採るべきです。

カードの受け取り方法は二択

SMART ICOCAの再発行時には、やはり手数料(510円)とカードのデポジット500円が必要になります。そして発行手続きを済ませたら郵送かあるいはClub J-WESTサービスコーナーで受け取りが可能です。こちらも大阪市内であれば翌日以降なら受け取ることができます。

カードが見つかったらデポジット分は返金

紛失したのに見つかることって少なからずあるものです。そんなときには、SMART ICOCA紛失専用ダイヤルまで電話してください(078-382-8692)。発行手数料は無理ですがデポジット代金は返金してくれます。この電話番号も年中無休24時間いつでも繋がります。そのため失くしたらすぐに届け出をして、最悪な事態にならないようにすることが求められます。

KIPS ICOCAの再発行方法

KIPS ICOCAにも紛失対応デスクがあります。電話番号は、0570-020-383、年中無休 5:30~24:00)です。もし紛失した場合に駅の構内では対応できないので注意してください。こちらも費用の面から再発行を断念する人も多いですが手続きはそれほど面倒ではないのでできるだけ再発行を希望してください。

ICOCAの再発行ができるかは種類や理由次第

ICOCAカードには定期券タイプから、無記名式のものまで色々と種類も豊富だということがわかりました。そしてまた、紛失したときや折り曲げているようなものでも、理由次第では追加となる発行使用量だって無料になるかもしれません。はじめてのICOCAカードならば、何がお得なのかJR東日本のみどりの窓がほとんど説明してくれますからぜひ参考にしてください。特にわからないことがあればみどりの窓口に相談することでより詳しく教えてくれます。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事