【出世する人の特徴とは】出世しない人との違いは何か?

【出世する人の特徴とは】出世しない人との違いは何か?

ビジネス 2018.02.09

出世することのメリットとデメリット

収入が増える

出世をして一般社員から昇給すると、収入が増えることが一般的です。さらに管理職などの役職につくと、「役員手当」など、基本給のほかに特別手当が付く場合もあります。

収入が増えることで、これまで欲しくてもがまんしていたものが買えたり、住宅ローンやクレジットカードなどの審査が、通りやすくなったりするメリットがあります。出世をすると、お金という目に見える形で成果を実感できるため、仕事に対するモチベーションの向上も期待できます。

周囲からの評価が高くなる

出世をして役職についたりすると、友人や身内など、周囲からの評価が高くなります。また、女性からの評価が高くなる場合があります。

それは、単に収入がよいからという理由だけではありません。出世するためには、仕事に一生懸命に取り組む姿勢や、周囲とのコミュニケーションを上手にとれるなど、人間的な魅力も必要だからです。

大きな仕事ができるようになる

出世をすると、以前より大きな仕事ができるチャンスが増えます。「自分は大きな仕事を任されている」と実感できるので、仕事にやりがいが生まれるというメリットがあります。

大きな仕事を任されるということは、その分、責任や労力も増します。しかし、大きな仕事に挑戦して、失敗や成功を重ねると、その経験をもとにさらに成長ができます。大きな仕事をやり遂げたという実績が評価され、さらに大きな仕事へとつながるチャンスになることもあるのです。

責任が重くなる

出世をすると、リーダーや重要な役割を任されたり、部下の失敗の責任を請け負うなど、仕事の責任が重くなります。大きな仕事を任されるということは、それだけ責任も大きくなります。しかし、責任が重くなるということは、マイナス面だけではありません。責任が大きい仕事を任されるということは、それだけ信頼されている人間であるということです。

仕事のことを相談できる相手を見つける、チームワークを良くして仲間と連携する、プライベートを充実させてストレスを発散させるなど、上手にプレッシャーと付き合うことが大切です。

忙しくなることもある

出世をすることで、出世前よりも忙しくなってしまう場合があります。基本的に、さまざまな仕事を任される管理職は忙しいですが、その忙しい中で上手に工夫をして、仕事を効率良く行っている人が多いです。成功している人は、忙しくても、多くの仕事をこなすノウハウをたくさん持っています。

現在、仕事の効率化や成功者の著書が多く存在しています。時間を上手に使ってむだを無くす。全ての仕事を自分だけで請け負うのではなく、適切な人やサービスに任せる。プライベートを上手に織り交ぜて効率を上げるなど、成功している人の特徴をまねしてみることもおすすめです。

出世する男の特徴とは

時間を常に意識している

出世をしている人の多くが、時間を常に意識しています。「時は金なり。信用は金なり。」ということわざがあります。これは、アメリカの100ドル紙幣になっているベンジャミン・フランクリン氏の言葉を和訳したものです。

たとえば、日給10,000円の仕事を休んで遊びに行き、3,000円を使ったとします。実際の出費は3,000円です。しかし、本来仕事をしていれば得られたはずの10,000円もあわせて、合計で13,000円を失っているのです。

また、遅刻をしないということも重要です。いくら大きな仕事をこなして実績を積み重ねてきても、1回の遅刻で、信用や大きなチャンスを一気に失ってしまうこともあります。1日は24時間と、時間は誰にでも平等で限りがあります。その時間をいかにむだなく、効率良く使うかで、大きな差が生まれてきます。

メモをとる習慣がある

よいアイディアを出すためには、自分の中に、たくさん情報の引き出しを持っておくと有利です。そのためには、普段からいろいろな情報に敏感になることが大切です。毎日たくさんのニュースが生まれ、情報は日々変化や進化をしていきます。

しかし、いくらがんばってたくさんの情報をインプットしても、どこかにアウトプットしておかないと、貴重な情報を忘れてしまうこともあります。これまでメモをとる習慣がなかった人は、思いついたアイディアや気になった情報を簡単にメモしておくことから始めてみましょう。

小さなことでも、毎日コツコツと続けて行くと、メモをとる習慣が身につきます。仕事に行き詰まったときにメモを眺めてみると、そこから思いがけないアイディアが生まれることもあります。

仕事とプライベートを充実できている

仕事もプライベートも、何事も楽しめていると、よい点がたくさんあります。たとえば、休日に適度に軽い運動をすると、ストレス解消以外にも、生活習慣病の予防など心身の調子が整いやすくなります。体調の自己管理は、仕事において非常に重要です。

また、映画や読書をすることで、さまざまな情報を吸収できます。プライベートで、仕事に全く関係のない趣味を持つこともおすすめです。新しい分野に興味を持つことで、知識が増えて視野が広がります。思いがけない趣味が、人脈作りや取引先との話題のきっかけとなるなど、思わぬ場面で役立つことがあります。

言い訳を絶対しない

たとえどんなに仕事ができる人であっても、ときにはミスや失敗をしてしまうことがあります。そんなときに、言い訳をして人のせいにしたり、自分のミスを素直に認めないことはおすすめできません。失敗から学べることは、数多くあります。言い訳をすることは、自分自信の成長の妨げになるだけでなく、周囲からの信用まで失ってしまいます。

ミスをしてしまったときは、冷静に自分自身を見つめ直してみましょう。何がいけなかったのか、どうすれば解決できたのか。これまでの行動を振り返ってみることで、同じミスの繰り返しを防げるため、次ヘとつながります。

常に論理的な思考を持っている

プレゼンテーションや会議などでは、結論を具体的な事例や根拠を交えて説明すると、相手に伝わりやすいです。常に論理的な思考を持っていると、さまざまなメリットがあります。

たとえば、相手に伝わりやすい説明ができるので、交渉や話し合いが得意になる、クライアントに対する聞き取りを的確に行えるので、わかりやすいプレゼンテーション資料を作成できるなどのメリットです。

論理的な思考を持てるようになるためには、日頃から考え方を意識するトレーニングが必要です。まずはじめに、結論をしっかりと伝えることが大切です。次に、なぜそう主張するのかという理由と、具体的な例や証拠を交えると説得力が増します。この流れをさまざまな場面に置き換えて、論理的に考える習慣を身につけていきましょう。

人とのつながりが多い

人とのつながりが多い人は、出世において有利です。仕事において、人との関わりは避けることはできません。特に従業員の多い企業で働く人は、自分が所属する部署以外にも、他部署や取引先など、たくさんの人と接する機会が多いです。

たとえば、直属の上司に「仕事ができて、コミュニケーションなどの能力が優れている人物」と評価してもらえれば、出世への近道となります。

直属の上司だけでなく、他部署の人とも日頃から積極的に接点を持つこともおすすめです。思わぬ場面でよい評判を広めてもらえたり、合同プロジェクトに推薦してもらって、参加できるチャンスが生まれることもあります。

また、社外にも人脈を広げておくと、営業などで有利に話が進められます。そのほか、他業種の話が聞けるので、知識が広がるといったメリットもあります。したがって、普段から、人とのつながりを意識してみましょう。

出世する女性の特徴とは

コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション能力が高いと、周囲と協力して仕事をスムーズに進めていくことができます。これまでは、営業職は一般的に男性がほとんどでした。しかし近年では、営業で成功する女性がたくさんいます。彼女たちに共通するのは、コミュニケーション能力が高いということです。

営業では、取引先との信頼関係を作ることがとても重要です。女性は、相手の気持ちに寄り添って、相手が何をしてもらいたいかを察し、きめ細かい気配りをすることが得意です。これらは、営業職以外にも、ビジネスの場において求められる場面が多いスキルです。自分の強みを把握して、コミュニケーションに生かすことができると、強い武器になりえます。

雰囲気が柔らかい女性

雰囲気が柔らかい女性は、相手に好印象を与えられます。印象がよい人は、相手から信頼されやすく、周囲との人間関係を築き上げることが得意です。営業や職場の人との連携などで、人間関係はとても重要です。

女性はホルモン周期などの関係で、感情的になりやすいという特徴があります。ビジネスの場において、トラブルの際などに、感情的にならずに冷静に判断することが求められます。

特に、管理職などはトラブルの際に、冷静な判断が必要となる機会が多いです。問題が起きてしまっても、冷静に柔軟に対応できる人が、周囲から信頼されて高い評価を得られます。

自己分析能力が高い

出世する女性は、自己分析能力が高いという特徴があります。自分に向き合って、自分の長所と短所を理解しているのです。自分の長所と短所を良く理解していると、長所を伸ばして短所は改善していくことができます。

自己分析をするには、一人で考える以外に、周囲の人たちの意見を聞いてみることもおすすめです。たとえば、家族や友人などに自分の長所と短所を聞いてみましょう。すると、自分ではわからなかった長所と短所を、発見できます。

短所と思っていたコンプレックスが、周りからは思わぬ長所に見えていることがあります。反対に、長所と思っていた点が、実は周りから見ると悪印象だったという場合もあります。定期的に、自分を分析する習慣を作ってみましょう。

出世できない人の特徴

優柔不断である

優柔不断であることは、ビジネスの場において不利となってしまいます。短時間で、契約を行うかどうかを決めなければならない、大事な商談があったとします。優柔不断でいつまでも決断ができないと、本来なら成約できた案件も逃してしまい、大きなチャンスを失ってしまうこともあるのです。

ほかの人の意見に過剰に流されてしまったり、リスクばかりに目が行き、決断が遅い人は、周りからの信頼を得にくくなってしまいます。出世をするほど、限られた時間の中で、冷静に最善の方法を決める判断力が求められます。

優柔不断を改善するためには、普段から決断力や判断力を磨くトレーニングを行うことがおすすめです。たとえば、女性に多い例で、ショッピングでなかなか洋服を決められない場合があります。何時までにはどちらを買うか決める、というルールを定めて、何度も繰り返すことで、徐々に決断力を鍛えることができます。

挨拶ができない人

挨拶は、全てにおいての基本です。挨拶はよい人間関係を作るきっかけにもなりますし、社会人としてのマナーでもあります。挨拶ができる人とできない人では、上司や同僚からの印象も大きく変わってきてしまいます。

仕事には、コミュニケーション能力が求められます。仕事ができるかできないかだけでなく、その人の人間性も人事評価に影響を与えます。挨拶をするときは、上司・部下に関わらず、自分から進んで挨拶をすると、相手に好印象を与えられます。また、挨拶に相手の名前を添えることもおすすめです。

相手の名前を呼ぶことで、「相手は自分のことを認識している。」「自分に向かって挨拶をしてくれている。」と印象付けられます。普段から気持ちのよい挨拶ができるように、心がけてみましょう。

誘いを断る人

上司や同僚からの誘いを断る人は、出世のチャンスを逃してしまっていることがあります。あまり気乗りしない会食や飲み会であっても、仕事のチャンスが隠れている場合もあるのです。いざ参加してみると、思わぬ人物を紹介してもらえたり、上司と普段話しにくかった内容の話ができて、親しくなったという例もあります。

何度も誘いを断り続けると、つながりが増えないばかりか、付き合いが悪いと、次回から敬遠されてしまいがちです。ときには、自分の時間を持つことも大事ですが、普段からいろいろな場所に出向き、上司や同僚以外にも、取引先などのさまざまな人脈を作っておくことも重要です。

ほうれんそうができない人

ほうれんそうとは、報告・連絡・相談のことです。上司に適切なタイミングでほうれんそうを行うことで、上司は全体がどの位のペースで、仕事が進められているかを把握できます。仕事がうまくいっていない場合や、ペースが遅れているときには、改善策をその都度提案できます。

ほうれんそうができていないと、トラブルなどが起きたときに、すぐに対処ができません。すぐに対処していれば最小限に防げたミスも、報告が遅れたことで、大きな問題に発展してしまう場合があるのです。

ほうれんそうを行うときには、相手にわかりやすく伝えることが重要です。まずはじめに、一番伝えたい結論や結果から伝えるとスムーズです。

また、5W1Hを意識して話をすると、スッキリと話をまとめられます。5W1Hというのは、When(いつ)、Where(どこで)、What(何を)、Who(誰が)、Why(なぜ)、How(どうやって)という意味です。普段からほうれんそうを意識してみましょう。

自分が仕事ができないことに気づいていない

自分が仕事ができないことに気がつけないこと、これが一番まずい特徴です。実際には、仕事ができていないにも関わらず、「自分は仕事ができている。これでよいのだ。」と満足してしまうことがあります。自分を客観的に見つめられないと、そのまま悪い点を改善できずに、いつまでも成長ができません。

子どものときは、親や周りの人たちに注意してもらえる機会も多いです。しかし、大人になるにつれて、悪い点があっても、指摘してもらえる機会は自然に減っていってしまいます。したがって、定期的に、自分を客観的に見つめ直してみることをおすすめします。

協調性がない人

集団の中で、勝手に単独行動をとる協調性のなさは、出世しにくい要因の一つです。仕事をしている上で、人とのコミュニケーションは欠かせません。大きな仕事であればあるほど、周りとの協力が必要不可欠です。

周りの意見に全く耳を傾けない上司は、部下からの信頼も薄く、全体のまとまりがなくなってしまいます。上司でなく一般社員であっても、単独行動をとってばかりいては、全体の和を乱してしまいます。しっかりと自分の意見を持つことももちろん必要ですが、それと同様に、自分とは異なる意見にも耳を傾ける協調性や柔軟性が求められます。

性格を使い分けて魅力のある人間になろう

出世できる人とできない人には、それぞれ特徴がありますが、最初から完璧な人はほとんど稀です。今すぐにできないことであっても、欠点を受け止めて補っていけばいいのです。求められるスキルや性格は、職種や職場によっても変わります。ときには同じ職場であっても、臨機応変に変えていくことが必要な場合もあります。

成功している人は、その場その場で性格を使い分けることが上手です。自分の本来の性格とはかけ離れた性格であっても、求められる性格を演じることで使い分けができるのです。そのためには、何が得意で何が苦手なのか、自分がどういう人物なのか、しっかりと自己分析を行うことが大切です。性格を上手に使い分けて、魅力のある人間になることが成功への近道です。

    Sponsored Link

アバター
この記事のライター UKANO 編集部

家計を強くするには3つの方法しかありません。

1,支出を減らす 2,収入を増やす 3,投資する

投資するには↓

PICKUP CONTENTS

特集記事