【審査が甘いクレジットカードはある?】あなたも持てるオススメとは

September, 07, 2018

記事が良かったらシェアして下さいね♪

コンテンツ

審査の甘いクレジットカードの紹介と審査を通るコツ

クレジットカードを作成するには、審査を通過する必要があります。そのため、カードを作りたいけれど、審査に通るか不安で、審査の甘いクレジットカードを探している人もいるかもしれませんね。
審査の基準は、各カード会社によってバラバラなので、単純に厳しい・甘いとは一概にはいえません。あくまでも、カードを申し込みされる方の属性によって関わってきます。
この記事では、審査が甘いクレジットカードや、審査に通るコツに関して紹介していきます。まずは特徴をきちんと把握して、自分に合ったカードを選びましょう。

審査の甘い流通系クレジットカード

流通系のクレジットカードは、審査も比較的優しめで年会費無料であることが多く、主婦や学生の方でも通過しやすいカードといえるでしょう。また普段、ネットや実店舗問わずに、ショッピングをする店が発行しているので、そこでクレジットカードを使うと、ポイントなどの特典が充実していることも特徴です。

楽天カード

年会費無料・ポイント高還元カードをお探しの方にオススメです。楽天市場でのショッピングも便利ですし、主婦や学生の方でも申し込めます。
実際に、主婦や学生の方で審査に通っているという情報は多く、実質、18歳以上なら申し込める点も魅力的です。また、最短3日程度での発行も可能なので、早くクレジットカードが欲しい方にもオススメです。

イオンカード

イオングループが発行しているカードなので、イオングループのメインターゲットである主婦層には、優しめのカードになっています。家族カードを3枚まで作れ、それらのカードで貯めたポイントは本人会員にまとめられるので効率的に貯めることができます。
サービス内容は、本人会員と変わりません。また、年会費無料で18歳以上の方も申し込めるので、学生の方にもオススメです。

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトは、イオンカードにはないメリットがあるカードです。年会費無料は変わらないのですが、カード一枚でクレジットカード・イオン銀行のキャッシュカード・電子マネーWAONなどが使えます。イオン銀行も一緒になっているのは、イオンカードセレクトのみです。
イオン銀行の開設も、申し込みと同時にできるので便利です。ポイントも、対象店舗なら基本2倍となっているので、お得に貯めていけます。また、所定の条件を満たせば、無料でゴールドカードを発行してくれることもあり、さらに年会費も無料です。ゴールドカードで年会費無料は、あまりないのでオススメです。

エポスカード

マルイが発行しているエポスカードの最大の魅力は、18歳以上なら申込可能という間口の広さと、即時発行が場合によっては可能だという点でしょう。
通常、クレジットカードの受け取りは、1週間程度はかかってしまうのですが、エポスカードに関しては、ネット申し込みをして審査が通れば、マルイのサービスカウンターでその日に受け取ることも可能です。

ルミネカード

仮発行にはなりますが、ルミネカードはルミネの店頭で必要事項に記入さえすれば、20分程度で仮カードの発行が可能です。ルミネでのみ使えて、上限10万円と制約はありますが、やはり即日発行は嬉しいですよね。
本カードは、金融機関の手続きが終わり次第、2?3週間後に郵送で届きます。また、1年目は年会費無料ですが、2年目からは953円(税抜)がかかるのでご注意ください。

ファミマTカード

ファミマTカードは、口座を持っていない方でも、場合によっては申し込みが可能なカードなので、口座をお持ちではない方にはオススメです。どのように支払うかというと、ファミリーマートの店頭で支払うことができます。
ファミリーマートは全国にあるので、支払い方法に困ることが少ないこともメリットです。また、18歳以上で申し込みが可能ですし、年会費無料なのも嬉しいです。

審査の甘い消費者金融系クレジットカード

消費者金融系のカードは、比較的に審査に通過しやすいといわれています。それでいて、割とサービスも充実している傾向にあります。クレジットカードがとにかく欲しい方には、オススメのカードになるかもしれません。

アコムACマスターカード

消費者金融アコムが発行するカードで、最短30分で審査が完了し、カード発行機で受け取れば、最短でその日から使えることが一番のメリットです。余計な機能はいらなく、クレジットカードが欲しいという方には、オススメのカードです。
また、クレヒスが悪かったとしても、現在の返済能力の有無に重きを置いて審査をするので、クレヒスが悪くて、他社のカードが作れないという方にもオススメです。学生の方も申し込みは可能ですが、20歳以上となっていますのでご注意ください。

ライフカード

ライフカードは、年会費や入会金は無料ですが、誕生日月のポイントが3倍になるなど、ポイント還元率の高さがメリットです。
また、運営会社のライフカードの親会社は、消費者金融のアイフルなので、審査基準が優しいことも特徴です。18歳以上で申し込むことが可能なので、主婦や学生の方でも、十分に発行可能なカードでしょう。

学生専用ライフカード

学生専用なので、もちろん学生の方には優しめのカードになっています。在学中の18歳から25歳以下の方であれば、年会費無料で利用ができます。カードは卒業したあとも使えますが、申し込みはネットの場合、卒業の1カ月前まで、郵送の場合は卒業の3カ月前までにする必要があるので、卒業が近い学生の方は注意しましょう。
また、最短で3営業日で発行できることもあるので、急な海外旅行などにも対応できます。

審査の甘い信販系クレジットカード

信販系のカードも、比較的審査に通りやすいカードだといわれています。支払い方法が特徴的なカードや、ユニークなデザインのカードもあります。それなりにサービスも充実しているので、自分が好きなカードを選びましょう。

セディナカードJiyu!da!

セディナjiyudaは年会費が無料で、支払い方法に特徴があるカードです。一般的なカードのように、翌月一括払いではなく、申し込み時に毎月の支払い額を5,000円単位で決めることができます。お金に余裕があるときには、月々の支払い額にプラスして支払う「よゆう払い」で自由に支払うことも可能です。
また、支払い方法もコンビニ支払いが可能なので、口座を持っていない方にもおススメです。ただし、手数料などはかかるので、そこに関してはご注意ください。

キューピットジャックスは~とふるカード

キューピッドジャックスハートフルカードは、信販系のジャックス発行のカードなので、審査は優しめになっています。年会費は初年度無料で、カードの利用回数が年3回以上あれば、翌年も無料になります。カードのデザインがハートになっているので、女性にもオススメのカードです。
キューピット各店舗で利用すると、200円ごとに1ポイント付与されます。そして1000ポイント貯まると、ギフト券に自動で交換され、自宅まで郵送されます。交換忘れや手続きがないのでオススメです。

審査の甘い法人クレジットカード

法人クレジットカードで気になる点は、会社設立等、間もないうちに作れるのかということでしょう。結論からいうと、作れる可能性は十分にあります。それでいて、法人カードとしてのステータスを保てるカードもありますし、法人として嬉しいサービスが付帯されているカードもあります。

アメックス ビジネスゴールド

アメックスビジネスゴールドは、そのステータス性もさることながら、付帯サービスも非常に充実しているオススメのカードです。ポイント還元率も高めですし、貯まったポイントはANAやJALなどのマイルに全て移行できます。年会費は31,000円(税抜)とやはり高めですが、年会費は経費として計上することもできます。
さらに、一番のポイントは、審査の通りやすさではないでしょうか。アメリカンエクスプレスといえば、審査が厳しめというイメージを持たれてる方も多いと思いますが、アメックスビジネスゴールドに関しては、設立初年度の法人でも、審査が通る可能性があります。ステータス性もサービスも追求したい方には、オススメのカードです。

セゾンプラチナ アメックス

セゾンプラチナカードアメックスは、プラチナカードのステータスを持っているにもかかわらず、年会費はゴールドカード並みの安さが特徴のカードです。
年会費は20,000円(税抜)と、プラチナカードの中では安いですが、世界各国の空港のラウンジが無料で使えるプライオリティパスも付帯し、24時間のコンシェルジェサービスもついています。審査は優しくはありませんが、申し込み者が良好なステータスを保有していれば、十分に審査通過も可能です。

セゾンパール アメックス

セゾンパールアメックスは、初年度年会費無料で、最短で即日発行できる唯一のアメリカンエクスプレスです。アメリカンエクスプレスのステータス性はそのままに、年1回の利用で翌年の年会費も無料になります。
また、将来プラチナカードを持ちたい方にもオススメです。セゾンパールアメックスを堅実に使い続けると、上位カードであるゴールドカードや、プラチナカードの招待状が届くこともあります。とくに、プラチナカードは招待されないと入会できないためオススメです。

オリコEX Gold for Biz

オリコEX GOLD for Bizは、小規模の法人や個人事業主向けのカードです。年会費は2,000円(税抜)とリーズナブルな設定で、VISAビジネスオファーもついているというお得な一枚になっています。VISAビジネスオファーとは、マウスコンピューターの保障付きパソコンが5%OFFで購入できたり、フェデックスの運送料金が最大で30%割引になったりするなど、ビジネスシーンに欠かせないサービスを受けることができます。
貯まったポイントは、ANAやJALなどのマイルにも移行が可能です。また、審査が優しめなことも特徴です。オリコEX GOLD for Bizの審査書類は、原則「代表者の本心確認書類」のみで、会社の利益や年数は問われません。設立間もない法人や個人事業主の方に、オススメの一枚です。

オリコビジネスゴールド

オリコビジネスゴールドは、利用限度額が最大1,000万円もある、ほかのカードにはない特徴を持っています。残念ながらポイントはつきませんが、ビジネスに必要なサービスは附帯しています。
また、三人にニ人が審査を通過するという情報もあるので、比較的優しめのカードといえるでしょう。追加カードも20枚まで発行できるので、小規模法人にオススメのカードになっています。

クレジットカードの作り方

基本的なクレジットカードの作り方をご紹介いたします。本人であることを確認できるもの、クレジットカードの引落口座の2点は、原則として必要になるので準備しておきましょう。

本人確認書類を準備

本人確認書類は、クレジットカードを作るためには、必ず必要な書類になります。本人確認書類として有効なものは、有効期限内の運転免許証、パスポート、健康保険証、住民票の写しなどが該当します。郵送の場合はコピーをして、必要種類と同封して送ります。
最近はネット申込も多いので、その場合は、スマートフォンなどで本人確認書類を撮影して、データをアップロードするというのが一般的なやり方です。コピーまたは写真撮影する範囲は、以下のように各書類によって異なります。

  • 運転免許証(経歴証明書も含むので、表裏両面が必要です。変更履歴がなく裏に記載がない場合も同様です)
  • パスポート(写真面と住所の記載がある項)
  • 健康保険証(氏名・住所・生年月日の記載があるものに限ります。健康保険証のみでは不可な場合もあるのでよく確認しましょう)
  • 住民票の写し(発効日から6カ月以内のもの)

また、記載されている住所と現住所が異なる場合は、6カ月以内の領収日付がある以下の書類が、追加で必要になることがあります。

  • 公共料金の領収書
  • 社会保険の領収書
  • 国税・地方税の領収書

年収証明書類を準備

キャッシング枠を希望する場合は、貸金業法に基づく必要があるので、場合によっては以下の年収証明書類のコピーが必要となります。ただし、ショッピング枠のみを希望する場合は、必要ありません。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細(直近2カ月)
  • 確定申告書
  • 納税通知書
  • 年金証書

引落口座を準備

クレジットカードの引落口座の登録が必要になります。郵送の場合は、必要書類への捺印として、銀行印が必要になります。ネット申込の場合は、引落口座がネットバンキングと連携されている場合は、即登録が可能になっています。
引落口座を準備できない方でも、申し込みができるカードもあるので安心しましょう。

自分に合ったカードを選ぶ

まずは、クレジットカードのブランドを選びましょう。代表的なブランドとして以下のものがあります。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB

VISAとMasterCardは国際的なブランドで、世界のトップシェアを占めるので、海外・国内共に利用できます。しかし、JCBは日本のブランドなので、海外で使えないケースがあります。国内で使うに当たっては、どれを選んでも大丈夫でしょう。
次に、クレジットカードによって年会費無料、ポイント高還元、ステータス高め、デザイン性など、さまざまな特徴があります。年会費無料といっても、永年年会費無料のカードもあれば、年間利用回数によって、年会費が無料になるカードもあります。
ポイントは、ポイント還元率が高めのカードもあれば、ビジネスマンには嬉しいマイルに移行することができるカードもあります。まずは、どの特徴を重視するかを決めましょう。

公式ホームページより申し込み手続き

作りたいカードが決まったら、クレジットカード公式ページより申し込み手続きをしましょう。郵送・ネット共に、必要事項を記入します。郵送の場合は、後日必要書類が送られてくるので、別途必要事項などを記入して、銀行印も忘れずに捺印して郵送します。
その際に、ネット・郵送共に記入ミスがないかを、再度確認するようにしましょう。記入ミスがあると、審査がスムーズに進まなかったり、場合によっては審査が通過できなかったりして、一定期間、クレジットカードを作成できないということにもなりかねません。
ちなみに、18歳以上の方であれば、学生(親権者の同意が必要な場合もあります)や主婦の方でも、クレジットカードによっては申込が可能ですので、安心してください。

審査通過により完成

郵送ないしネット申し込みをして、返済能力ありと認められて無事に審査を通過した場合は、カードの到着まで待ちます。ただし、審査内容によっては、ショッピング枠の限度額が希望額に達しない場合や、キャッシング枠が付与されない場合などがあるため、カードが到着した際によく確認しましょう。

審査に通りやすくなるコツ

審査に通りやすい必要書類の書き方があり、人それぞれの属性によっても違ってきます。それを正しく知ることで、審査が通りやすくなります。

任意項目は全て申告するとよい

クレジットカードの審査はスコアリング方式、つまり加点方式になっています。そのため、少なくても構わないので、加点される項目を増やすことが大切になってきます。
例えば、勤務先の従業員数や資本金、設立年月などは、任意項目になっていることが多いです。もちろん、任意項目なので、空欄のままでも申し込むことは可能ですが、なるべく点数を加点させていくためにも、全ての項目を埋めていくことを推奨します。

キャッシング枠は0で申込む

キャッシング枠の申し込みには別途、年収証明書類が必要な場合があります。必要な場合の要件としては以下になります。

  • キャッシングの希望枠が50万円を超える場合
  • キャッシングの希望枠と他社からの借入金額の合計が100万円を超える場合

上記に当たる場合は、カード会社側も審査する要件が増えるので、時間がかかることがあります。また、単純にそれらの書類を用意する手間もかかります。そのため、キャッシング枠を利用されない方は、そもそもキャッシング希望枠を0円にして、申し込むことを推奨します。
キャッシング枠は、貸金業法の総量規制に基づいて決めなければならないので、クレジットカードの希望枠より要件がより厳しくなっています。したがって、キャッシング枠で審査が通過せず、結果的にクレジットカードの審査も通過しないということも考えられます。
カードを作ったあとで、キャッシング枠を申し込むことも可能な場合もあるのでクレジットヒストリーを作りつつ、キャッシング枠を申し込みこともできます。

自身の信用情報を的確に把握しておく

自身の信用情報が、どうなっているのかを把握するためには、以下の信用情報機関を利用しましょう。

  • 株式会社シーアイシー(CIC)
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

各クレジット会社は、主にCICとJICCを使って、申し込み者本人の信用情報を照会しています。申し込み者本人が、自分の信用情報を開示することもできるので、自分の信用情報に不安がある方は、一度確認してみましょう。
確認した際に、長期の延滞歴や債務整理による異動(事故)情報、未入金情報などのネガティブ情報があると、原則として審査は通りません。そのため、これらの情報がなくなったことを確認してから申し込めば、審査が通る可能性が高くなります。ただし、異動(事故)情報は、5年間は消えないので注意しましょう。
また、ネガティブ情報があったとしても、必ず審査が通らないわけではありません。例えば、債務整理のネガティブ情報があったとしても、現在の収入が安定しており、現在の返済能力を審査項目として重視するカード会社であれば、審査を通過する可能性はあります。また、給与振込先の口座の銀行が発行しているクレジットカードの審査は通過したという事例はあります。
あくまでもケースバイケースになりますが、解決策がある場合があるので、ネガティブ情報がある方は、一度確認しましょう。

短期間に何枚も申込むのはやめるべき

早くカードが欲しい場合でも、短期間に何社も重複して申し込むことはやめましょう。現在は、スピード発行に対応している会社もあります。また、場合によっては「申し込みブラック」という信用状態になり、審査が通りにくくなってしまうこともあります。
一度申し込みブラックになってしまうと、信用情報機関に6カ月間はその状態が記録されるので、審査に通りにくくなります。仮になってしまった場合は、6カ月後に再度申し込みをしてみましょう。

扶養家族は世帯収入を申告

専業主婦や学生など扶養家族の方は、世帯の年収で申告するようにしましょう。とくに、パートなどで働いている方で、年収が103万円以下なら扶養家族になるので、合算して世帯の年収として申告しましょう。
注意したいことは、申し込み者に異動情報等がなくても、配偶者や親権者の方に異動情報があれば、審査に通過することが厳しくなるということです。異動情報等も、合算して考慮されるというわけです。

クレジットヒストリーを育てる

クレジットカードの審査において、クレジットヒストリーというものが重視されます。クレジットヒストリー(クレヒス)とは、カードやローンの履歴のことです。支払期日までにきちんと払っている月は、信用情報機関に「$」マークが記録されます。
これが記録され続けるということは、「毎月しっかりと期日までに支払いを完了させている」という信用の蓄積になります。審査が難しいといわれているカードでも、別のカードでクレヒスを育てて申し込むことで、審査に通る可能性が高くなります。

審査の際に注意すべきこと

審査が不備や知識不足のために、通過できないことがあります。そういうことのないように、注意点をまとめていくので、確認しましょう。

申込内容に不備がないか確認

カード発行の際の必要事項の記入は、不備がないかを確認してから送るようにしましょう。間違った申告内容で送ってしまうと、カード会社側は間違っているのか、それとも虚偽申告なのかわかりません。
虚偽申告と判断されれば、まず審査は通りませんし、場合によっては6カ月程度、カード作成ができない状態になってしまう恐れがあります。間違えやすいのは、住所の番地や電話番号、生年月日などです。申し込み内容は、もう一度確認して送るようにしましょう。

虚偽の報告は絶対しない

審査に通るために、年収や職業、住所などを虚偽申告することは絶対にやめましょう。それが判明した場合が、もちろん審査は通過しませんし、場合によっては、法(詐欺罪・私文書偽造罪)に問われることもあります。
バレないから大丈夫という安易な発想で申告をしても、信用機関に情報を照会する際に、判明することもあるのでやめましょう。とくに十分な収入がない方は、年収等を偽るケースが考えられますが、収入が低くても審査に通るカードはあります。よって、自分に合ったカードを選択することが大切です。

キャッシング枠を最小限に設定

審査に通りやすくするためには、キャッシング枠を最小限にして、使う予定のない方は0に設定することが得策です。クレジットカードの限度額等には影響はありませんが、キャッシング枠は、貸金業法の総量規制の対象になります。
総量規制とは、貸金業法によって定められており、貸金業者から借りることができる金額に、制限を設ける制度です。総量規制は、自身の収入と紐付いているため、収入がない方や、特に主婦や学生の方は、キャッシング枠を設定しても返済能力がないと見なされてしまい、審査に落ちることになります。
キャッシング枠が欲しいけれども、審査に通過できない方は、まずはクレジットカードを堅実に使い、クレヒスを作っていくことをオススメします。それによって信頼がたまっていき、キャッシング枠が作れるようになることもあるからです。

配偶者や同居している保護者の年収も記入する

とくに、主婦や学生の方にいえることなのですが、必要事項の記入欄に、配偶者や親の収入を記載する欄があれば、記載するようにしましょう。十分な収入がない場合は、審査も難しくなりますが、上記を記載すれば世帯収入で審査にかけられますから、通過しやすくなります。
注意すべきは、配偶者や親にネガティブ情報がある場合です。これらの情報も世帯として見なされるため、仮にあった場合は、審査は厳しくなります。

審査に通るには高収入より安定した収入が大事

カード会社の審査で大切なことは、高収入よりも安定した収入のほうが評価されます。カード会社は収入を知りたいのではなく、返済能力を知りたいのです。カード会社は、当月は収入が多かったので返せたけれど、翌月は収入が減ってしまい、返せなかったという方より、毎月の期限をしっかり順守して支払う方を好みます。
収入が関係ないとはいえませんが、カードを作りたい方は安定した収入を心がけて、堅実にクレヒスを作っていくことが一番の近道です。また、クレジットカードを作れないと思っている方でも作れる場合があります。したがって、自分の信用情報を確認して、どういうカードなら作れそうか、どれだけ待てば作れるようになるかをしっかり判断し、クレジットカードの作成に取り掛かりましょう。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

記事が良かったらシェアして下さいね♪