イオンゴールドカードの特典とは。無料でもいろいろあり保障も充実

September, 09, 2018

記事が良かったらシェアして下さいね♪

イオンゴールドカードのみの特典とは

イオンカードは、イオンモールやイオン、マックスバリュ、ダイエーなど、イオングループで使用するとポイントがたまるカードです。その上のクラスのカードとして、イオンゴールドカードがあります。イオンゴールドカードは年会費無料ながら通常のイオンカードと同じ特典に加えて、ゴールドカードのみの特典も追加されます。これから、通常のカードとゴールドカード共通の特典と、ゴールドカードのみの特典をみて、ゴールドカードにしたらどのくらいお得になるか知りましょう。

イオンカードとの共通特典

イオンゴールドカードのみの特典をみる前に、まずはイオンカードに共通の特典を確認しましょう。イオンカードを使い慣れている人なら知っていることばかりかもしれませんが、比較してみるのも重要です。それにクレジット機能については、結構知らなかったりするかもしれません。

お客様感謝デーには5%オフ

イオンやミニストップ、ダイエー、マックスバリュなどイオングループで、毎月20日と30日の「お客様感謝デー」にイオンカードの利用・提示・WAONポイントでの支払いで買い物をすると、買い物代金が税込み価格から5%オフになります(書籍、切手、タバコなど一部品目を除く)。

イオングループの店舗でときめきポイント2倍

イオンクレジットカードでクレジットカード払いをすると、ときめきポイントというものが貯まります。通常の店舗では200円につき1ときめきポイントなのがイオングループの対象店舗でクレジット払いをすると200円で2ポイント貯まります。貯まったポイントはいろいろな商品と交換できるほか、マイルやSuica、WAONなどのポイントにも交換できます。尚、ときめきポイントは、買い物以外に公共料金の支払いや家賃の支払いにクレジットカードを使用することによっても貯めることが出きます。
それから、イオングループが運営する「ときめきポイントTOWN」というサイトからamazon、ユニクロ、YAHOOショッピング、楽天市場を利用すると、ときめきポイントが2倍から最大21倍になりますので、ネットショッピングをよく利用する方はこちらから買い物するようにすればお得だと思います。それから「ときめきポイントクラブ」というのもありまして、そちらからクレジット決済で買い物をしても2~3倍のポイントが付きます。日本航空(条件あり)コスモ石油(条件あり)アート引越センターなどです。

毎月10日はポイント5倍

イオン、イオンモール、ピーコックストアなどでは、毎月10日に「ありが10デー」というものを行っていて、WAONで支払いをすると通常の5倍(200円で5ポイント)WAONが貯まります。さらに5日、15日、25日は「お客様わくわくデー」としてWAONを使うとWAONポイントが2倍(イオンJMBカードなどではそれぞれマイルが5倍、2倍)となります。
ときめきポイントについては、毎月10日が「ときめきWポイントデー」トなっていて、イオンの対象店舗以外でもクレジットカードを使うとポイントが2倍になります。ただし、ときめきポイントが付与されるイオン銀行発行のクレジットカードのみです。

イオンシネマの映画を割引き

イオンシネマで映画をみるときにイオンマークのクレジットカード払いで一般料金1,800円のところを会員と同伴者1名分を1,500円に割引してくれます。さらに、お客様感謝デーの20日と30日はカード会員のみですがカードを提示するだけで1,100円、同伴者1名は1,500円でみることが出来ます。

クレジットカード盗難補償

イオンのクレジットカードの紛失・盗難があった場合、イオンクレジットサービス 紛失・盗難専用ダイヤルに連絡して申し出ればただ地位にカードの無効化手続きが行われます。それと同時に直ちに最寄りの警察に届け出ることが必要です。万一不正使用された場合、イオン銀行がカード紛失の届け出を受理した日を含めて61日前にさかのぼり、その後に発生した損害について全額補填します。
ただし、電子マネーWAONの残高については補償の対象外です。しかし、カードの利用停止措置を行なえば数日で利用停止の措置が取られるので、その後のWAONの不正使用を防ぐことはできます。あと、オートチャージについてですが、盗難、紛失の連絡を受けた時点でオートチャージの停止措置を取ります。ただしイオン銀行のキャッシュカード(イオンカードセレクト含む)は停止措置の前にオートチャージされた場合、その金額についてはイオン銀行は補填しません。

イオンゴールドカードのみの特典

今までは普通のイオンカードとゴールドカード共通の特典をみてみましたが、イオンゴールドカードにすると何が違ってくるのでしょうか。これから、イオンゴールドカード独自の特典を調べてみましょう。

海外旅行傷害保険が自動付帯

海外旅行中にケガや病気になったときに保険金を支払います。自動付帯なので、たとえイオンゴールドカードの利用をしないで旅行をしていても、保証してくれます。
一回の旅行につき、最大30日まで補償されます。補償内容は、傷害による死亡、後遺障害で最高3,000万円、賠償責任は最大3,000万円まで補償します。戦争、内乱などの事変、または暴動による傷害には保険金は支払われませんが、テロ行為によって被ったケガ、障害または損失については保険が適用されます。

国内旅行傷害保険が利用付帯

こちらは、イオンゴールドカードで、その旅行や宿泊代金を支払ったことが条件ですが、国内旅行にもけがをしたときに保険金をもらうことが出来ます。補償内容は、障害による死亡、後遺障害で最高3,000万円です。ちなみに、家族カード会員にも本会員と同様の海外旅行傷害保険も国内旅行傷害保険が付帯しています。

イオンサービスラウンジの利用ができる

イオンサービスラウンジは、主にイオンモール等の大規模店舗と、一部のダイエー、ザ・ビッグにも設置されている休憩所で、イオン・イオン北海道・イオン九州の株主(株主優待)、イオンゴールドカード会員のみが利用できるようになっています。カード会員本人とその同伴者3名までが利用できるので、家族でイオンモールに出かけた時にちょっと休憩、などというときに大変便利な施設です。
18歳未満の方のみでは利用不可。コーヒー、お茶、ソフトドリンクやお菓子のサービス、トップバリューの製品の試供品があって空いているときは、ゆったりとくつろげます。新聞や雑誌なども置いてあって暇つぶしにはよいでしょう。利用は完全無料ですのでとてもお得に感じます。

羽田空港のラウンジサービスが利用できる

羽田空港のみですが、空港の6つのラウンジを無料で利用することが出来ます。この場合はカード会員本人のみ無料で、同伴者は有料になってしまいます。
イオンゴールドカードと当日の空港券を提示すれば無料でラウンジに入れます。中ではコーヒーやソフトドリンクが飲み放題で、新聞や雑誌も読めたりします。インターネット端末や無線LANの利用は有料です。アルコール類も有料です。

ショッピングセーフティ保険の補償上限額が上がる

ショッピングセーフティ保険とは、クレジット決済で購入した5,000円以上の商品が対象で、それが偶然による事故(破損、火災、盗難など)で購入後180日以内に被害を受けた場合、年間300万円も保証されるという保険です。通常のイオンカードでは年間50万円なので、その6倍も保証額が高くなるということになります。宝石、貴金属、コンタクトレンズなど一部補償対象外のものもありますが、どのクレジットカードでも同様の規定があるのでイオンゴールドカードだけ補償の範囲が狭いということはありません。
特筆すべきはスマートフォン、タブレットPC、通常のパソコンなども補償の対象となる点で、他にスマホやPCを対象とする補償がついているのは年会費有料のダイナースクラブカードやアメックス・グリーンカードなどごく一部です。それを無料のイオンゴールドカードが対象としているのですから、そのお得さが分かると思います。

イオンゴールドカードにすると旅行の際にお得

イオンカードをゴールドにするには公式には2つの方法しか確認されていません。ひとつめはイオン銀行の住宅ローンを利用すると「セレクトクラブ」というものへ入会でき、その中の特典でイオンカードセレクトのゴールドが発行されるというものです。ふたつめの方法は、直近1年間のカード利用が100万円以上になることです。ゴールドカードを持つことによって、特に海外旅行の補償が手厚くなります。しかも、カードを利用しなくても適用されます。国内旅行も、カードを使用して旅行代金を支払えばよい保証が付きます。チャンスがあればイオンゴールドカードに変更しましょう。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

記事が良かったらシェアして下さいね♪