医療事務の給料はどのくらい?年収も合わせて解説

タグ :  / / September, 10, 2018

記事が良かったらシェアして下さいね♪

コンテンツ

医療事務の給料について知ろう

医療事務は、資格がなくても行うことができますが、資格をもっていれば一度仕事を辞めても全国どこでも復帰することができることから人気もある職業の1つです。
実際に、医療事務の仕事を行うとどのくらいの収入を得ることができるのでしょうか。気になるところですが、実際には勤務する病院によってもかなりの差が出ることもありますから希望の収入を考えて勤務先を選択することも必要です。

医療事務の給料と年収は

医療事務は、資格が必要な仕事です。資格が必要ということは収入も高くなるのではないかとイメージしがちですが、実際にはイメージとはちょっと違っているのかもしれません。
医療事務の年収は、一般的な事務とあまり変わらないものとなっています。ただし、勤務する病院によっても違いが大きくなるため、平均的に考えた場合となります。さらに地方と都会ということでも年収には差が出てきています。特殊な職業ではありますが、年収に関しては一般的なものと考えるとよいでしょう。

医療事務の平均月給

医療事務は病院やクリニックなどでは欠かすことができない職種です。特殊な職業ではありますが、月収としては一般事務と大きく変わることのなり10万円台後半~20万円程度です。
平均月収ですから、一概には判断できませんし、スキルや勤務先によって大きく違ってきます。例えば地方では15万円程度が平均的月収ですが、都会では、それよりも高い平均月収となっています。
さらに勤務先によっても違いが大きくなり、大きな病院であれば20万円を超えたりもしますが、クリニックや個人病院となるとやはり10万円台となります。

医療事務の平均年収

医療事務の平均月収は10万円台後半から20万円ですが、年収となるとどうなるのでしょうか。年収の平均は、250万円から350万円未満です。
勤務する病院によってもボーナスの額に違いあるため年収でも勤務する場所によって違いが出てきます。大きな病院などであればボーナスも期待できますが、個人病院などの場合には、ボーナス額も少ない場合もあります。
また、医療事務は、通常はそれほど残業もなく帰宅することができますが、月末のレセプトの請求期間になると残業が増えます。残業代がきちんと支払われる勤務場所であればそれだけでも収入は大きくなりますが、残業代を満額もらうことができない場合には、収入に反映することがむずかしくなります。

医療事務の初任給

医療事務の初任給は10万円台後半~20万円程度が平均的な額となっています。医療事務の一般的な月収と比較してもそれほど低いということはありません。大きく昇給することの少ない職業ともいえるのかもしれません。
長く勤めているからといってもあまり昇給しない可能性もあります。ただし、仕事が早く的確にこなすことができるような人の場合には、この人にはずっと務めていてほしいということで大きな昇給がある可能性もあります。これも勤務する病院やクリニックによって違ってきます。
医療事務の場合には、長く務めることで少しずつ昇給していくと考えた方がよいでしょう。資格は、一度取得してしまえば、ずっと使うことができますから、一度現場を離れても再び戻ることができますし、全国で使える資格でもありますから、経験を積みながら長く医療事務の仕事を続けることが大切でしょう。

年齢別年収推移と給与ボーナス推移

医療事務の仕事をしている人の年齢別の年収をみてみると、20~24歳の平均年収で183.5万円、これが50~54歳になると平均年収386.4万円となっています。50~54歳は、平均年収がもっとも高くなっている年代ですから、医療事務で一番貰えるようになるのが400万円弱程度となります。
ボーナスを見てみると20~24歳で平均が45.9万円、50~54歳で96.6万円程度です。医療事務は資格の必要な仕事ですが、収入を見ると一般的な事務の仕事よりも多少よい程度になっています。

大企業・中企業・小企業それぞれの年収

医療事務の給与は勤務する病院やクリニックで大きく変わってきます。実際にどの程度の差が出てくるのかを見てみると、大企業の医療事務であれば収入平均373.5万円、中企業なら309.1万円、小企業の医療事務が280.1万円程度です。
大企業と小企業を比べると年収で約100万円の違いが出てきています。ただし、大企業ならだれもがそれだけの給与をもらうことができるわけではなくやはり長く勤めていることで給料も上がります。小企業の医療事務の場合には、平均的に給料は少なく給料が大きく上がることも難しくなっています。

平均年収が高い職場

医療事務で平均年収が最も高いのは大学病院で平均249万円です。大学病院であれば病院に規模も大きく安定した収入を得ることも可能でしょう。また昇給を考えても規定に合わせて行われることになり、昇給しやすい勤務先とも言えます。
ただし、大学病院でも正社員の場合になりますから、契約社員やアルバイトの場合には条件が全く違ったものとなり、昇給なども可能性は低くなります。

残業代の支給の有無もポイント

医療事務の給与が大きく違ってくる原因として残業があります。通常業務では残業を行うことはほとんどなことが多いのですが、月末は違います。医療事務では月末にレセプトの請求を行います。月末のレセプト請求期間にあると仕事量が一気に増えるため残業を行うことが多くなります。
残業を行った場合にはきちんと残業手当が出るのか出ないのかが給与に大きくかかわることになります。どの程度残業が発生するのか残業代はどうなっているのかも重要なポイントです。
正社員は残業もありますが、契約社員などの場合には、残業を行わないこともあるため、こういった点デモ収入に大きな違いが出る可能性があります。

医療事務の仕事について

医療事務とはどのような仕事を行うのでしょう。医療事務というと資格をとっておけば全国で役立てることができます。実際にどのような仕事を行うことになるのか、仕事内容が分かればより資格を取る必要があるのかも判断しやすくなるでしょう。

医療事務の役割

医療事務とはどのような仕事なのでしょうか。医療事務は、病院やクリニックで医療にかかわる事務や経理といった処理を行う仕事です。医療関係の事務処理や会計処理は一般的な事務処理とは違ったものとなります。特に経理関係に関してはかかる必要と患者が支払うべき費用には違いがあります。また、カルテの管理など一般的な事務では行うことのない仕事を行うことになります。
病院やクリニックでも欠かすことのできない仕事となります。医療費の自己負担分を正確に請求したり、支払の場合でも保険の種類などによってどのような手続きが必要となるかなど専門的な知識が必要ですから、病院の運営をスムーズに行うためには欠かすことができません。

主な仕事内容

医療業務といっても実際の仕事では様々なことを行います。その中でも主な仕事となるのが病院での受付業務、レセプト作成業務といった医療事務となります。
医療事務の仕事についたからといっていきなりレセプト作成などを行うことはあまりなく、まずはカルテの管理などから始まり慣れてきた段階でレセプト作成を行うといった流れで経験を積んでいくことになります。
最も専門的な知識が必要となるのがレセプトの作成ですが、レセプトは、カルテをみながら使った医療制度に基づき、医療費の計算を行い、さらに患者さんに請求する分を計算することになりますから、カルテを理解することができるといった知識も必要です。
また、受付業務では病院などの顔となり、さらに看護師や医師に患者さんを引き継ぐ役目も果たすことになります。

「レセプト(診療報酬明細書)」について

医療事務を行う上で最も専門的で重要となるのがレセプトの作成です。レセプトとは、診療報酬明細書のことになり、保険者、つまり患者さんに請求する際に作成される書類です。
医療費は点数で表されますから点数を元に計算を行うことになります。実際の計算はコンピューターに必要事項を入力することで計算されますが、入力を行う際にもカルテから必要な数字などを入力して作成することになります。

医療事務の勤務時間

医療事務の勤務時間は正社員であれば薬8時間程度です。契約社員やアルバイトの場合には、それぞれの契約によって違いがありますが、診察時間に合わせての勤務になることが多くだいたい8時間程度が一般的となっています。
勤務時間に関してはアルバイトなどの場合には、相談して決めることもできますが、正社員の場合には、診療時間はもちろんですが、診療時間を過ぎても勤務時間は続くこともあります。

医療事務の休日

医療事務の休日に関しては、基本的に勤務先の病院やクリニックによって違います。勤務先の休診日に合わせて休日になるのが一般的です。
一般的には土・日が休診となっている病院が多いので、休診日に合わせて土・日休みが多くなってはいますが、当番医などもありますし、大きな病院になると緊急受付などもあるため必ずしも休みが決まっているともかぎりません。

他の事務職との違い

医療事務は、資格もありますが、必ずしも資格を思っていなくても行うことができます。誰でもできるということにもなりますが、資格があるからには、一般的な事務とは違いがあります。どのような違いがあるのかを理解して医療事務を行うのに必要なことを理解しましょう。

一般事務との違い

医療事務と一般事務の一番の違いは勤務先です。医療事務は、病院やクリニックが勤務先であるのに対して一般事務は民間企業が勤務先になります。
また医療事務の場合には、レセプトの作成という一般事務では行うことのない仕事があり、そのためにはカルテを理解することも必要ですから、医療に関する知識といったように専門的な知識が必要となってきます。
一般事務では医療に関する知識などは特に必要とはなりませんが、簿記資格を持っていると有利に働くこともあります。このように医療事務と一般事務では必要となってくる知識に違いがでてくるため目指すためには、学ぶものも違ってきます。

介護事務との違い

医療事務に似ている事務職に介護事務があります。どちらも事務職には違いがありませんが、専門的な部分にはやはり違いがあります。
まずは勤務先ですが、医療事務は、病院やクリニックなどの医療施設が中心になるのに対して、介護事務は、介護老人保健施設やデイサービスセンターなどの介護関連施設が中心です。
医療事務でも介護事務でもレセプトを作成しますが、レセプトには違いがあります。医療事務で作成するレセプトは医療保険制度に基づいて診療費の計算をしたものですが、介護事務で作成するレセプトは介護保険制度に基づいて作成する介護報酬請求書です。
一見すると似たように感じますが計算方法に違いがあるため全く違ったものとなり、それぞれに専門知識が必要です。

調剤薬局事務との違い

医療事務に似たよに感じるものに調剤薬局事務があります。調剤薬局事務での仕事は医療事務に似ている部分も多くなりますが、調剤事務は調剤薬局が勤務先となり、処方箋の内容を元にして患者さんへの請求額と保険請求額を計算するのが主な仕事になります。
調剤薬局は、様々な病院からの処方箋が持ち込まれることになり、近年ではドラックストアの中にも設置されていることが多いため勤務先も多様化していますし、応対する患者さんも様々となります。
実際の事務仕事では、医療事務では入院患者と外来患者とでも点数に違いがあり、また、治療方法も様々であるため広い知識が必要となります。一方調剤薬局事務では、調剤と投薬が中心ですから、知識としては医療事務よりも狭くて済みます。

医療事務になるには

医療事務になるためにはどのようなことをおこなったらよいでしょう。医療事務は必ずしも資格がなくても行うことができる仕事です。ただし、就職する際には、やはり資格を持っている方が有利に働きますから、そのことも考えておくことが大切でしょう。

資格を取得しておくと有利

医療事務を行うために必ず必要になる資格はありません。レセプトの作成に関してもほとんどがコンピューターに入力することで計算することができるため、細かい知識がなくても行うことは可能ですし、仕事をしながら学ぶこともできます。
ただし、医療事務に就職することを考えると資格を持っていることが有利に働くことも多くなっています。医療事務の募集を行っている場合も資格保持者や医療事務経験者優遇である場合が多くなっているだけでなく、資格を持っていることを条件にしている場合もありますから、目指すのであれば資格取得は考えておいた方がよいでしょう。

メジャーな資格

医療事務の資格は、民間の資格です。国家資格といったものではないため比較的取得しやすい資格デモあります。代表的なものが財団法人日本医療教育財団が行っている医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)と財団法人医療保険事務協会の診療報酬請求事務能力認定試験です。
資格取得のためには、専門学校や通信教育などが一般的です。特に通信教育は、女性からの人気が高まっています。子育てしながら資格を取得し子育てが落ち着いたところで資格を生かして就職を考えるといったことがありますが、民間資格ですから、通信教育もどういった種類を目指すのかがそれぞれで違います。どのような内容になっているのかをしっかり確認することも大切です。

医療事務になるルート

医療事務になるためには、特別な専門知識が必要となります。もちろん勉強しなければ試験に合格することは難しくなります。勉強する方法は専門学校や通信教育といった方法があり通信教育が女性に人気となっています。
子育ての合間などに通信教育で学びたいといったことが多いのですが、その一方で専門学校に通う人も少なくありません。専門学校であれば集中して学ぶことができ、さらに期間を区切って学ぶことができるのでいずれ医療事務になりたい人よりも卒業後には医療事務として働くと考えている人などに人気です。

医療事務を目指す人向けの学校

医療事務を学ぶ方法として専門学校やスクールがあります。医療事務に係ることを学ぶことができ、即戦力として活躍することもできますし、資格取得のためにも役立ちます。
具体的に学ぶのは、医療保険の仕組みやレセプトの作成方法、医療現場では当然となってきている電子カルテの取り扱いといったように医療事務の基本的なことから必要となるであろう知識を身に着けることができますから、医療事務を目指す人にはピッタリの学校です。

大卒を応募条件にしている病院もある

医療事務は、大規模な病院から個人医のような小規模な病院など様々な病院やクリニックで必要となる職業です。基本的には資格などなくても行うことができる仕事ですが、専門的な知識が必要となる仕事でもあるため医療事務の資格を持つ人の方が就職では優位に働きます。
さらに大きな総合病院の一部では、第測を応募の条件にしているような場合もあります。これはそれだけ豊富な知識を持った人材を求めているということでしょう。
大規模な病院での医療事務を目指すのであれば大学を卒業することも視野に入れておくことが必要です。

医療事務になるための費用

医療事務の勉強を行うのにはどのくらいの費用が必要となるのでしょうか。医療事務になるための方法はいくつかありますが専門学校の場合、1年間で70~100万円程度が必要です。
2年生の学校であれば200万円程度、また、民間のスクールで半年の講座を受講する場合で、30万円程度が必要です。民間のスクールの場合には、重点を絞った短期間の講座なども開かれており、そういった講座なら、数万円で受講することも可能です。

どんな人が医療事務に向いているか

医療事務に向いている人というのは、どんな人でしょうか。医療事務は、専門的な知識も必要です。知識だけでなく受付などで多くの人とかかわることを考えるとむいている、むいていないもあるでしょう。
自分に向いている仕事を見つけることは、とても大変なことですが、どのような仕事を行うのか、どんなことが必要なのかがわかればその仕事が向いているのかもある程度判断することができるでしょう。

人の気持ちを大切にできる人

医療事務の仕事では病院やクリニックでの受付も重要な仕事です。また、入退院の手続きを行うなど何かと患者さんと接することの多い仕事ですから、病気などで不安を抱えている患者さんに安心感を与えることができるような対応をできる人がよいでしょう。
健康な人と接するのとは違った気遣いのある対応が大切です。そういったことを理解して行うことができる人が求められます。レセプト作成などの事務仕事を行うだけでなく相手の気持ちや状態を考えて対応できることが大切です。

スピーディー且つ正確な仕事ができる人

医療事務で重要となるのがレセプトの作成です。レセプト作成には締め切りがありますから、スピードのある作業が必要です。また、患者さんへの請求、健康保険への請求といったように複雑な計算も必要となり正確に行うことも重要です。
正確にスピードのある仕事を行うことができることが大切です。もちろん最初から手早い仕事を行うことは難しいでしょうが、正確にスピードを上げる努力を行っていくことも大切です。

コンピュータの知識も必要

医療事務で重要となるレセプト作成ですが、実際に1つ1つ手計算を行っているわけではなく、ほとんどがコンピュータを使います。実際に書類の多くはコンピュータで入力し作成することになりますから、コンピュータを使いこなすことができることも医療事務を行う上で必要な能力になります。
事務処理を行う上で必要となるコンピュータの知識を持っていることも大切です。また、ちょっとしたことであれば自分で解決することができるだけの知識があればそれだけその人の魅力は高くなります。

医療事務の求人状況

医療事務を目指すうえで知識を身に着けることは基本的なことですが、どれほど知識を持った人材であっても求人がなければ働くことができません。
医療事務の求人情報はどのようになっているのでしょうか。医療事務といっても働く場は様々ありますからどういったところの求人が多いのかといったことを調べることも医療事務の仕事に就くためには重要な情報です。

医療事務の需要

医療事務の仕事は病院やクリニックなどの医療機関で必要です。現在でも医療事務の資格を持っていれば全国どこへいっても役立てることができると言われていますが、現在の状況よりもさらに先を見ると需要が高まることが予想できます。
現在日本は超高齢化社会となっています。そのような状況の中で医療機関を利用する人は増加することがさらに見込まれます。そsれに伴って医療事務の需要も高まることが見込まれています。

正社員の採用は狭き門

医療事務は需要が高まる傾向にありますが、正社員として働くことは難しいのが現状です。正社員であれば勤務条件の面でも優遇されており安心して働くことができることからできれば正社員で就職したいと考える人が多いのですが、医療事務の現場では正社員は少なく、契約社員やアルバイトが多くなっています。
正社員として働くことは難しいのが現実ですが、アルバイトとして働いて経験を積んでいずれは正社員を目指すという方法もあります。求人を見ても正社員での募集はあまりありませんから、正社員にこだわることは医療事務への道を狭くしてしまう可能性もあります。

アルバイト・パートの募集も多い

医療事務の募集を行っている病院やクリニックは少なくありません。内容を確認してみると多くの求人がアルバイトやパートです。
実際に医療事務を行っている人の場合、結婚や出産によって一度仕事から離れ、生活が落ち着いたところで復帰するといったことも多くなっています。子育てもあるためアルバイトの方が時間の都合がついて働きやすいということもあります。
どういった働き方をしたいのかも重要な選択のポイントです。最初はアルバイトでも経験を積んでその職場にはなくてはならない人材などになれば雇用形態も変わってくることも期待できますが病院の規模によっても違いますから最初にきちんと確認しておくことも大切です。

雇用形態によるメリット

医療事務では正社員で働く場合もあれば派遣やアルバイト・パートなどで働くこともあります。それぞれの雇用形態によっても働き方には違いが出てきますし、メリットなどにも違いがあります。
雇用形態でのメリットやデメリットも理解したうえでどのような雇用形態で働くのがよいのかを考えましょう。

正社員として働くメリット

正社員を目指す人は多いでしょう。将来のことを考えてなど理由は人それぞれですが、実際に正社員として働くことはどのようなメリットがあるのでしょうか。
まずは、収入面ですが、給与は他の雇用形態よりも優遇されていることが多くなっています。また賞与もありますから収入面で優遇されています。さらに社会保険などの福利厚生面でも手厚くなっているため安心して働くことができます。
きちんと仕事を行うことでキャリアアップの可能性もあるのも正社員の魅力です。また、退職金があるのも正社員ですから、そのメリットは大きなものとなっています。

派遣で働くメリット

派遣で働いている人もだいたい3カ月程度のことが多いので、契約期間の終了を機会に他の職場に移って仕事を行うことで多くの経験を積むことができます。
いずれは正社員を目指している人でも契約社員として様々な職場で経験を積むことで幅の広い知識を身に着けることができます。

アルバイト・パートは勤務時間を調整できる

医療事務の仕事をしている人の中でも雇用形態として多いのがアルバイトやパートです。アルバイトやパートの場合には、勤務時間や出勤日の調整がしやすいというメリットがあります。契約社員や派遣社員でもこのメリットをいうことができますが、アルバイトやパートの方がより調整しやすいことが多くなっています。
まだまだ子育てに時間がかかるといった場合などはアルバイトやパートのような雇用形態の方が自由がきいて仕事をしやすい面があります。所得税を考えて年間の勤務時間の調整を行うということもありますから、働く時間がある程度限定されている場合にはアルバイトやパートの方が働きやすいともいえます。

アルバイト・パートには早出・残業はない

アルバイトやパートのメリットとなるのが、残業や早出がないということです。勤務先にもよりますが基本的には、早出や残業は正社員の仕事になっておりアルバイトやパートにはないことが多くなっています。逆に早出などがある場合には、退社時間が早くなっているなどの調整がされていることもあるので、仕事を行うことができる時間をある程度選択することができます。
また、休日出勤もほとんどない場合が多くなっています。つまりアルバイトやパートの場合には、空いている時間を仕事の時間に充てることができると考えることができます。

子育てと両立して働ける理由

勤務時間を自分の都合に合わせやすい

仕事を行う上で問題となってしまうのが、家事や子育てと仕事の両立です。特に子供が小さいうちはなかなか仕事に時間をさくことができないことも多いですし、できるだけ子供と一緒にいてあげたいということもあります。
そのような状況の中で仕事を行う場合には、契約社員やアルバイト、パートであれば時間をある程度自由に選択することができます。医療事務では契約社員やアルバイトなどの場合、午前中だけであったり午後だけ、また勤務日も毎日ではなく週に3日程度といったように自分の都合に合わせて働く時間を選択しやすくなっています。

復帰しやすい

医療事務の魅力となっているのが仕事復帰がしやすいということです。医療事務は、資格がなくてもできますが、専門的な知識が必要な仕事ですから資格を持っていたり、経験があればそれだけ就職でも優遇されやすくなっています。
子どもがまだ小さいうちは仕事を控えていても医療事務の資格をもっていたりスキルがあれば復帰する際に有利に働きます。また、引っ越しなどをしても全国どこでも資格を生かすことができる仕事です。

医療事務の将来性について

医療事務の仕事を行うために医療事務の将来性を考えてみることも必要でしょう。長く仕事をすることを考えるのであればその仕事の将来性を考えることは重要です。
これからの展望を考えてどのように働いていくのが良いのかを判断する必要があります。

医療事務の現状

医療事務の仕事は人気の職業となっています。医療事務は、それぞれのライフスタイルに合わせた働き方をすることができるメリットがあり、そういったことから特に女性に人気の高い職業となっています。それだけに一度医療事務で働き始めると長く働くことが多く、人材不足になることが少なくなっています。そのため新卒者にとってはなかなか職場を見つけることができないのが現状です。
なんらかの形で一度医療事務の仕事を行うことで経験を積むことができ、その経験を生かしてその後も再就職などしやすくなりますから、まずは最初に医療事務として働き始めることがポイントになってきます。
新卒で医療事務を目指すのであればできるだけ早い時期から活動を始めることも広い範囲で探すことも必要でしょう。

医療事務のニーズ

医療事務に新卒で入ることは難しいのが現状ですが、その反面、医療事務のニーズは高まってきています。というのも少子高齢化に伴って保健医療分野のニーズが高まってきているためです。ただし、単に医療事務の資格があるというだけでなく経験がある方がニーズは高くなります。
さらに医療事務の現場でもIT化によって事務の効率化が進んでいます。そのためパソコンスキルがある人材も重要なポイントです。医療事務のスキルと同時にパソコンのスキルも磨くことでより求められる人材に近づくことができるでしょう。

医療事務の将来性

医療事務は、少子高齢化によってニーズの高まりもありますが、それと同時に事務の効率化などによってIT化が進み仕事量は減少していく可能性も十分に考えられます。こういったことを考えると医療事務の資格を持っているからといっていつでも働くことができるといった安心感はないでしょう。
医療事務の資格を生かして働きたいということであれば、その資格だけにこだわるのではなくパソコンのスキルを身に着けるといったさらに有利に働くことができるものを身に着ける必要があります。現在医療事務で働いている場合であっても将来を考えるのであればやはり必要なスキルをより高めるといった努力が必要になることが考えられます。

医療事務で自分に合った働き方をしよう

医療事務は、専門的な智識も必要となる特殊な仕事です。そのため資格を取得したり経験を生かすことができる仕事でもありますが資格があれば簡単に就職することができるとは限りません。
医療事務では、ある程度時間の融通がきく契約社員やアルバイトといった雇用形態が活躍している職場でもあります。今後の世の中の変化なども考えながらどのようにして働くのが良いのかを考えてみましょう。
医療事務は、比較的、自分の都合に合わせることもできる仕事でもありますから雇用形態をどうしたいのか、どのくらいの収入がほしいのかなど良く検討して求職活動することも大切です。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

記事が良かったらシェアして下さいね♪