icocaとスマホを合せて使うにはSMART ICOCAがいい

icocaとスマホを合せて使うにはSMART ICOCAがいい

家計の知恵 2018.09.10

様々なICカードがスマホに対応している

FeliCaという日本独自のテクノロジーにより、スマホに非接触ICカードの通信システムを搭載している機種が日本では大多数になっています。
アップルのiPhone7以降の機種にもFeliCaが搭載されました。それにより、ICカードによる支払いがスマホでできるカードが増えています。今のICカードの中では楽天EdyやWAON、nanacoなどが利用できるようになっています。これからも増えていくであろうサービスの中で、交通系ICカードのicocaをスマホで活用する方法を教えます!
ストレスと疲労

icocaとは

全国で普及している交通系ICカードですが、関西ではJR系のicocaと私鉄系のpitapaがあります。JR系のICカード、icocaについての基礎知識をおさえておきましょう。

タッチするだけで改札が通れるJR西日本の交通ICカード

icocaとは、JR西日本が発行する、料金プリペイド(前払い)方式の交通系ICカードです。JR西日本管轄のみどりの窓口や、icocaのマークのある自動券売機で購入できます。
通常のicocaは最初に2,000円を支払い、その中の500円をデポジット(預り金)として、残りの1,500円を交通費として利用できます。足りなくなったら、自動券売機や精算機などで現金をチャージして繰り返し利用します。使い方は、入るときも出るときも改札機にタッチするだけです。
【参照URL:https://www.jr-odekake.net/icoca/purchase/icoca.html
【参照URL:https://www.jr-odekake.net/icoca/guide/charge/icoca/payment.html
【参照URL:https://www.jr-odekake.net/icoca/guide/train/ticketgate.html

お店での支払いにも使える

icocaでチャージしたお金は、電子マネーとして、icocaでの支払いに対応している店舗で利用できます。コンビニのセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンや、飲食店のマクドナルド、モスバーガー、ガスト、松屋、ドトールコーヒーなど、スーパーのイオン、マックスバリュ、イトーヨーカドーなど、家電量販店家電量販店のビックカメラ、ヨドバシカメラなど、そのほかヤマト運輸や紀伊国屋書店、Mobil石油やオリックスレンタカーなど、さまざまな店で利用できます。
もちろんキオスクや駅ナカコンビニでも大丈夫です。icocaは全国相互利用ができるため、Kitaca、PASMO、Suica、manaca、TOICA、はやかけん、nimoca、SUGOCAの交通系ICカードが使える店で支払いができます。
【参照URL:https://www.jr-odekake.net/icoca/guide/money/

SMART ICOCAを使おう

SMART ICOCAとは、クレジットカードの保有を前提とした、現金不要でチャージができるicocaです。ほかにも普通のicocaと違ってパワーアップしたところがあります。その機能を見てみましょう。

icocaの機能をパワーアップさせたSMART ICOCA

SMART ICOCAは、icocaのチャージを自分のクレジットカードから引き落とせるようにしたicocaカードです、VISA,MasterCard、JCB、など、ほとんどのクレジットカードが利用できます。SMART ICOCAを発行するには、JR西日本のインターネットサイト「JRおでかけネット」からの申込み、入会申込書を郵送しての申込みの他に、大阪駅のTiS大阪支店内にある「Club J-WESTサービスコーナー」でSMART ICOCAの発行申込みをすると即日発行してくれます。
さらに、200円で1ポイント、「J-WESTポイント」が貯まるのもSMART ICOCA独自のサービスです。「J-WESTポイント」が貯まると、さまざまな商品に交換したり、SMART ICOCAにチャージすることが可能です。商品は、美容グッズやグルメコースなど、全部で12のコースから選ぶことが出来ます。SMART ICOCAを電子マネーとして買い物をしても、200円につき1ポイント「J-WESTポイント」が貯まります。
【参照URL:https://www.jr-odekake.net/icoca/purchase/smarticoca.html
【参照URL:https://www.jr-odekake.net/icoca/about/smarticoca.html

SMART ICOCAはクイックチャージに対応

SMART ICOCAはクレジットカードと紐付きのため、JR西日本管内では現金チャージする必要がありません。SMART ICOCAカードを自動券売機や乗越精算機、チャージ機を使えばクイックチャージができます。現金でのチャージも選択可能ですし、「J-WESTポイント」からチャージポイントに変更することもできます。
icoca、SMART ICOCA共に全国相互乗り入れ可能なカードですので、全国どこの交通機関や店舗でも鉄道系ICカードを利用できるところで使えます。しかし、面倒なのはSMART ICOCAのクイックチャージは、JR西日本管内でしか利用できないので、例えば北海道で利用しようとして、チャージの残額が足りないとなると、現金でチャージする必要があります。また、クレジットカードとつながっているにもかかわらず、オートチャージはできないので注意が必要です。
【参照URL:https://www.jr-odekake.net/icoca/guide/charge/smarticoca/quickcharge.html
【参照URL:https://www.jr-odekake.net/j-west/point/
【参照URL:https://www.jr-odekake.net/icoca/area/
【参照URL:http://www.jr-odekake.net/icoca/guide/charge/smarticoca/quickcharge.html

SMART ICOCAとスマホで利用が更に便利に

JRおでかけネットから、J-WESTネット会員になれば、SMART ICOCAの利用履歴やクイックチャージ履歴、定期券購入履歴、J-WESTポイント照会、商品交換申込みがパソコンやスマホで見られます。
MoneytreeというAndroid携帯にもiPhoneにもあるアプリなら、SMART ICOCAに対応していて、交通費などの利用履歴が反映されます。SMART ICOCAを使えばMoneytreeに反映されて、利用駅まで分かって正確な精算ができます。いちいちJRおでかけネットを開く必要がありません。ICOCAユーザーにとって優れたアプリだといえます。
【参照URL:https://www.jr-odekake.net/cjw/about/

スマホのおサイフケータイ機能とicoca

おサイフケータイ機能とApple payに対応した交通系ICカードはモバイルsuicaしかありません。SMART ICOCAには対応していないことを知っておきましょう。

icocaはおサイフケータイに未対応

現時点でおサイフケータイ(およびiPhoneのApple pay)に対応している交通系ICカードは、JR東日本のモバイルsuicaしかありません。ですので、これはicocaに限らずsuica以外の全部の交通系ICカードはおサイフケータイに対応していないということです。

icocaのJR東日本版であるsuicaはおサイフケータイに対応している

おサイフケータイ、およびiPhoneのApple payに対応しているモバイルsuicaは、クレジットカードを登録しておくと、そのクレジットカードを呼び出してチャージすることができるので、オートチャージと同じくらい便利です。
これはJR東日本管内に限らず、どこでも可能です。オートチャージは、ビューカードを持っていて、紐付けしていればできるのですが、これは首都圏、仙台、新潟のSuicaエリア・PASMOエリアの自動改札に限られます。

icocaをおサイフケータイのように使う方法

icocaはおサイフケータイに対応していませんが、それに似たような形で活用することはできます。機能としてではありませんが、スマホとicocaを一緒に持つことで解決できます。

スマホのケースにicocaを入れる

これは、おサイフケータイのように見える、というだけで全然別物です。チャージするときにいちいち取り出さなくてはいけないので要注意です。スマホからは電磁波が出ていて、それがICカードに干渉する恐れがあります。電磁波対策として、非接触ICカード用の電磁波保護シートをスマホとカードの間に入れておくとよいでしょう。

ICカードが入れられるスマホケースはたくさんある

手帳型ならICカードを入れられるスペースはたくさんあります。しかし、手帳型ケースを使うのがデザイン的に抵抗があるということもあるでしょう。
普通のケース型の保護ケースにもカードを入れられるものはたくさんあります。中には、ケースにICカードを入れたまま、カードの残高確認ができるというのも売っています。 「nocoly Air(ノコリーエアー)」という商品で、ボタンを押すと、ICカードの残高を表示してくれます。対応する機種は、AppleのiPhone6以降の機種です。?

西日本エリアではSMART ICOCAを利用しよう

西日本では、カード単体で使用するなら、クイックチャージ可能なSMART ICOCAが便利です。J-WESTポイントも貯まりますし、それに定期券を載せるならSMART ICOCAしかJR西日本管内では対応できません。残高確認や、コンビニなどでのキャッシュレス決済も簡単です。SMART ICOCAをうまく活用して快適に過ごしましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/ukano/ukano.me/public_html/wp-content/themes/ukano/parts-pickup.php on line 26