【楽しく節約】毎日無理なく続けられる方法とコツを身に付けよう

February, 09, 2018

記事が良かったらシェアして下さいね♪

楽しく続けられる節約術

自分には、節約することは無理だと決めつけている人は多いのでは?節約の仕方がわからないと続けにくく、ストレスになってしまいます。しかし、無理なくできる節約方法を知ることで、楽しく長く続けられます。自分が楽しく取り組める節約術を見つけて、普段の生活に盛り込んでいきましょう。

今すぐ始められる節約方法

料金プランを見直してみる

すぐに始められる節約法として、スマホや携帯などの料金プランを見直しすることがあげられます。安いプランに入っているつもりでも、実はもっと安いプランでもよい場合も。また、以前より通話が多くなったという人も、プランを変更することで、通話メインのプランに変更でき、通話料金を安く設定できます。

また、電気代もプランを変えることができ、アンペアの変更や深夜料金を安くするプランもあります。使用する時間帯によって電気を有効活用でき、電気料金が安い深夜に、洗濯や料理を済ませるという家庭も。アンペアを変更するだけで基本料金が変わるので、電気をあまり使用しないという家庭は、アンペアなどの料金プランも見直してみるとよいでしょう。

毎月決まった額を貯金する

毎月決まった額を貯金することで、確実に貯金額を増やせます。設定額にもよりますが、決めた金額を貯金するという目標が持てるので、使い過ぎないような生活を意識できるのです。余った金額を貯金する方法もありますが、最初に決めた額を貯金するという方法もあります。

最初に貯金してしまえば、残ったお金でやりくりできるようになり、節約したいという気持ちをより高められます。最初は無理のない金額からスタートして、できそうならば金額を増やしていきましょう。貯蓄する楽しみもでき、自分の節約術を発揮できる生活ができます。

買ったつもり貯金をする

買ったつもり貯金も、よい節約法になります。購入するものは、基本的に欲しいものではなく、必要なものを購入します。本当は欲しいけれどがまんする。この「がまん」というとらえ方ではなく、買ったつもりで貯金する方法です。この方法は、「欲しいものを取るか」「貯金をするか」という選択が求められます。

買ったつもり貯金は、別の通帳や専用の貯金箱を作り、少しずつ貯めていくことで、残高を確認するときの楽しみがあります。自分のがんばりが、貯金という資産になって積み立てられていくので、楽しく取り組めます。ちょっとした金額でもよいので、続けて取り組んでいくことが大切です。

使っていない電化製品のコンセントはこまめに抜く

使っていない電化製品のコンセントは、こまめに抜くようにすると、待機電力を節約できます。使用していなくても、コンセントに挿しているだけで待機電力が発生してしまいます。1日にすれば微々たる金額ですが、これが1カ月、1年間となると金額はおのずと増えます。したがって、面倒ですが、使っていない電化製品はコンセントから抜くように心がけましょう。

100円ショップなどに、スイッチ付きの延長コードがあるので、まとめて抜けないという場合は、このようなスイッチが付いたタイプのコードを使用することをおすすめします。コンセントを挿したままでもスイッチ一つでよいので、こまめに抜けない場合に活用すると便利です。

しかし、冷蔵庫やテレビの場合は、コンセントから抜くと壊れてしまう場合があります。テレビは電源が付きにくくなり、最近の冷蔵庫は故障の原因になるので注意しましょう。

あらかじめ献立を決めてまとめ買い

毎日の料理は、あらかじめ献立を決めておくとまとめ買いができ、効率よく節約ができます。生活費で一番かかるものが、食費とされています。この食費にかかる費用をどれだけ抑えられるかが、節約のカギになるといっても過言ではありません。そのため、安いスーパーを見つけておくことも大切です。

献立を決めておくと、何を買えばよいのか、何が必要なのかを明確にでき、むだな買い物を抑えられます。旬な食材は価格帯が安いので、季節に合わせた献立を作ると、楽しく取り組めます。献立を作ることは面倒に感じますが、節約にもなり栄養バランスにも配慮ができるので、家族の健康を考えながら楽しく取り組める節約法になります。

家族の人数にもよりますが、4人家族の場合、1週間に1回の買い物にして、会計も5,000円前後を目標にしてみましょう。

必要なものだけ買う

欲しいものを買うことはできるだけ控えて、必要なものだけを購入しましょう。生活していく上で、必要なものだけを購入することがポイントです。子供の服などは、成長に合わせて着られなくなり、購入すると高額になります。

服の場合は、譲り受けるという方法や、自分で付け足しアレンジして再び着るという方法も。また、リサイクルショップなどの古着コーナーを利用してもよいでしょう。通常価格よりはるかに安く購入でき、着られなくなった服を再び売ることもできます。

必要なものでも、いろいろなものを集めて、自分で作る方法も素晴らしいことです。自宅にあるものを使えば0円で済むので、生活に必要なもだけを購入し、そのほかのものは、できるだけ購入しないように工夫しましょう。これだけでも限りなく出費が抑えられて、楽しく節約できます。

コンビニはやめてスーパーで買い物する

買い物をする際はコンビニではなく、スーパーで購入するようにしましょう。コンビニは手軽で、レジも混雑せずに済みますが、スーパーは並ばなければならないストレスや、駐車場が遠いという場合も。しかし、節約をしっかり行いたい人は、ちょっとした買い物でもスーパーを利用しましょう。コンビニは手軽ですが、価格がどれも高いため、節約にはつながりません。

惣菜でもスーパーのほうが格安で、フードコートではお湯やレンジも利用できます。飲みものも、スーパーのほうがはるかに安いので、面倒でもスーパーを利用することをおすすめします。コンビニにしかない食べ物もあるので、どうしても欲しい場合はそれだけを購入するようにして、ほかのものは買わないように注意しましょう。

外食は減らしなるべく自炊をする

外食は、気分転換として取り入れることもよいですが、できるだけ自炊する習慣を定着させましょう。外食は、家族の人数やお店にもよりますが、3,000円~5,000円と高めです。ランチなら安いですが、ディナーとなるとさらに価格が高くなるので、節約生活を意識している人は、外食しない習慣を続けてみましょう。

休日も自宅で自炊となると、リフレッシュや気分転換ができないと感じてしまいます。しかし、休日は作ったことがないようなメニューにしてみたり、子供と一緒に作ることもよい方法です。また、ピクニック感覚でお弁当を作って外で食べれば、外食気分を味わうことも。意識を変えることで楽しく自炊ができ、外食なし生活でも、十分に気分転換ができます。

電子書籍を利用して本代節約

読書や雑誌を読むことが好きな人は、電子書籍を利用すれば本代を節約でき、簡単に情報を取り入れられます。スマホやケータイ、タブレットやパソコンなどの専用端末で、電子書籍を利用できます。さらに、ネット環境が充実している家庭の場合は、動画でも本を見ることができます。

YouTubeでもいろいろな動画がアップされ、料理や収納術の動画も見れて、本を購入しなくても十分な情報が得られます。節約レシピなども簡単に調べられて活用できるので、専用端末を使用して、本代を節約してみてはいかがでしょう。

金券ショップを利用してみる

金券ショップを利用してみる方法も、節約術の一つです。金券ショップには、旅行券やイベントのチケットなども取り扱われており、通常より安く手に入れられる場合が多いです。旅行を計画する場合は、このような金券ショップの情報も確認しておくと、安く利用できることになります。

しかし旅行券では適応していないホテルもあり、一部のサービスは利用できないという場合もあるので、購入する前にスタッフに確認してから購入することが大切です。自分たちで利用してもよいですが、ギフトでも活用できるので、お得で安く利用できる金券ショップの存在も知っておきましょう。

節約を楽しく続けるコツ

節約を楽しく続けるためには、お金を貯める目標や目的を持つことです。子供の学資金、老後の貯蓄でもよいでしょう。さらに、自分たちのご褒美となる資金も作ることです。これは外食でも旅行でもよいでしょう。このような目標を明確に持つことで、あきらめずに続けられて、楽しく取り組めます。

貯蓄することが定着すれば、残高が増えていく楽しみも増えます。自分の節約術の幅も広がり、ものを大切にむだなく使おうという意識も高まります。自分のモチベーションを高めるためにも、無理なく取り組める内容から始めていきましょう。

毎日コツコツ続けよう

節約は、毎日続けないと意味がありません。微々たる金額ですが、毎日節約して貯金をすることがポイントになります。最初からハイレベルな節約生活をすると、続けられずにストレスの原因になります。

したがって、自分が無理なくできる範囲からスタートしていき、毎日続けることを意識しましょう。買い物方法を見直したり、外食を減らしたりするだけでも、大幅に節約できます。目標をもって、楽しく無理なく取り組んでいきましょう。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

記事が良かったらシェアして下さいね♪