コンビニでauwalletを使いこなして、お得に買い物しよう

September, 10, 2018

記事が良かったらシェアして下さいね♪

auwalletはコンビニで使うと得なのか

auのスマートフォンやタブレットを契約したことがあるなら、それまで使っていた端末の下取りやキャンペーン特典である「Walletポイント」をもらうためにauWalletカードを作りませんでしたか。

auはこのカードを「電子マネー」と説明していますが、国際ブランド「MasterCard」がついていることからわかるように実はクレジットカードに近いものです。
ということは、いつも現金で支払っているコンビニでも使うことができるはずです。

せっかく作ったauWalletカードです。
コンビニで便利に利用し、お得になる方法を探ってみましょう。

UKANOイメージ

コンビニで使えるauwalletの種類

auWalletは、auが提供する決済サービスで、MasterCardに加盟しているお店ならどこでも利用できます。
auWalletカードには「プリペイドカード」と「クレジットカード」があり、どちらもコンビニでは使えますが、使い方が異なります。

チャージして使うプリペイドカード

auWalletプリペイドカードは、電子マネーと同じように先にチャージして使え、チャージした金額までしか使うことはできません。
しかしチャージできるのが最大10万円までとなっているため、コンビニでのほとんどの買い物には使えるでしょう。
チャージ方法はローソンで直接現金を支払ったり、auでスマホ料金を支払って得るWalletポイントを使う、auショップで販売されているWalletチャージカードを買うなど全部で6通りもあります。

プリペイドカードなので使いすぎてしまうこともなく、未成年でも安心して利用できます。

年会費無料のクレジットカード

au Walletクレジットカードには、プリペイド機能はありません。
その代わり、あらかじめ登録することでプリペイドカードではできない公共料金などの支払いにも使うことができます。
コンビニの店頭で使うときは他のクレジットカードと使い方は全く同じですが、きちんと管理しないと「使いすぎ」の危険があるため敬遠する人もたくさんいます。

UKANOイメージ

auwalletをコンビニで使うメリット

auWalletプリペイドカードは、MasterCard加盟店ならどこでも、もちろんコンビニでも使えるます。
コンビニでの利用にはどんなメリットがあるのでしょうか。

ほとんどのコンビニで利用可能

全国各地に店舗を持つセブンイレブンやローソン、ファミリーマートだけでなく、auWalletプリペイドカードはサークルKサンクスやミニストップの買い物にも使えます。

コンビニでもチャージができる

auWalletプリペイドカードへチャージする方法はたくさんありますが、急いでチャージしたいときはローソンがおすすめです。
レジでスタッフにカードを渡して金額を指定するだけの簡単手続きだからです。

セブンイレブンはポイントの還元率が高い

コンビニでauWalletプリペイドカードを使うと、金額に応じて200円ごとに1ポイントのWalletポイントがもらえます。
ほとんどの場合還元率は0.5%ですが、一部のポイントアップ店ではより高い還元率になります。

ポイントアップ店のセブンイレブンなら1.0%、TOHOシネマズや紀伊国屋書店なら1.5%、スターバックスならなんと3.5%です。
セブンイレブンでは定期的にauWalletでの買い物に付与するポイントをアップするキャンペーンを実施しています。
過去に「200円ごとに5ポイント(還元率2.5%)」「200円ごとに10ポイント(還元率5.0%)」などがありました。
タイミングよく利用するとたくさんポイントを手に入れることができます。

UKANOイメージ

コンビニでのauwalletカードの使い方

では、コンビニではどのようにauWalletプリペイドカードを使えばいいのでしょうか。
実際の買い物の流れに沿って、具体的に見ていきましょう。

お店のレジの人にカードを渡す

買いたい商品をレジまで持って行ったらレジで「カードで支払います」と必ず伝えましょう。
ほとんどの場合クレジットカードだと思われますが、auWalletカードはほぼクレジットカードのように使うため問題ありません。
「auWalletプリペイドカードで」と伝えても構いませんが、それより「カードで」だけの方がわかってもらいやすいかもしれません。

支払い回数は1回と伝える

すると必ず「何回払いでしょうか」または「1回払いでよろしいですか」など支払い回数を尋ねられます。
そのときは「1回払いで」と伝えましょう。
auWalletプリペイドカードは、コンビニでの扱いはほとんどクレジットカードですが「一回で払う」ことには変わりはありません。
間違いなくチャージしてある金額からだけ代金が支払われます。
また逆にいうと、分割で支払うことはできません。

UKANOイメージ

コンビニでのカードへのチャージの仕方

auWalletプリペイドカードに急いでチャージしたいときは、大手コンビニチェーンの「ローソン」がおすすめです。
24時間365日営業していますし、auWalletプリペイドカードに直接現金でチャージできるのはローソンだけだからです。

近くのローソンへいく

現金を使って急いでチャージしたいときは、ナチュラルローソン・ローソンストア100などを含めた「ローソン」に行きましょう。
普段からいきつけのローソンがあれば慌てないでしょうが、近所にない場合はあらかじめどこに行けばいいか決めておきましょう。

レジで店員にチャージする旨を伝える

ローソンに入ったらレジに向かい、店員に「auWalletプリペイドカードにチャージしたい」と伝えます。
するといくらチャージするのか尋ねられますから、希望する金額を伝えましょう。
一度にチャージできるのは1,000円から45,000円までとなっており、金額は1円単位で自由に決めることができます。
必要な金額だけでも、余分にチャージするのも思いのままです。

カードリーダーにカードをスライドさせる

店員の操作の後、レジ横にあるカードリーダが点灯したら、自分でau Walletプリペイドカードをスライドして読み込ませます。
カードのオモテ面左上に記載されている「MasterCardプリペイド」を下にしてスライドしてください。

チャージ金額を確認し承認ボタンを押す

カードを読み込んだ後、レジ画面にチャージ金額が表示されます。
金額が間違いなければ「承認ボタン」をタッチし、その金額の現金を店員に渡しましょう。
承認してしまうと取り消しや返金はできなくなります。
承認手続きには十分注意してください。
チャージが完了するとレシートが発行されます。

UKANOイメージ

auwalletカードを積極的に使っていこう

au Walletプリペイドカードを持っていても、どこにどのように使えばいいかわからず引き出しの奥に閉まったままという人も多いかもしれません。
au Walletプリペイドカードを、普段使っているコンビニの支払いに使えば使った分だけポイントがもらえます。
セブンイレブンではより高い還元率になりますし、チャージをクレジットカードからにしておけばチャージした時と支払った時にそれぞれポイントがもらえます。

au Walletプリペイドカードはチャージした金額分しか使えませんからクレジットカードのように使った金額を心配することもありません。
「いつもコンビニでは現金払いだ」という人なら、ぜひau Walletプリペイドカードを積極的に使いましょう。

きっとその使いやすさとお得さに満足するでしょう。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

記事が良かったらシェアして下さいね♪