「楽天プレミアムカードの特徴」くわしく知ることで上手に活用しよう

September, 10, 2018

記事が良かったらシェアして下さいね♪

コンテンツ

楽天プレミアムカードのメリットは多い

通常の楽天カードを作成する際は、無料で作れますが、楽天プレミアムカードは、年会費として10,800円の年会費が別途かかります。しかし、年会費に負けずおとらず、さまざまなメリットがあるので、通常の楽天カードと比較しながら、どのようなメリットがあるのかをみていきましょう。

楽天カードとプレミアムカード共通基本情報

楽天カードと楽天プレミアムカードは、クレジットカードとして使用することで、さまざまなお店やサービスでの利用でポイントがもらえる「楽天ポイントカード機能」がついています。貯まったポイントは、加盟店や、楽天グループのお店などで、使えます。
また、楽天プレミアムカードには、初めから電子マネー「楽天Edy」がついています。そのため、現金をチャージすることで、カードをかざせば支払いがスムーズになり、かつ、ポイントが貯まるというお得なメリットも。さらに、Apple Payにも対応しているため、登録することで利用することが可能となります。

楽天ポイントカードが付帯している

楽天プレミアムカードには、楽天ポイントカード機能が付帯されています。また、楽天は、ユーザーがさまざまな場所で、ポイントが使えるように、百貨店・コンビニ・ガソリンスタンドなど、幅広くジャンルを増やし、加盟店を日々拡大しています。
もちろん、楽天グループである、「楽天市場」や「楽天トラベル」も利用できるため、とても利便性の高いカードとなっています。

貯めた楽天ポイントを街で使える

楽天ポイントは、街のいろいろなお店での買い物や食事のほか、サービスなどにも使えるように対応しています。たとえば、回転ずしで有名な、くら寿司やバーガーレストランの、マクドナルドといった食事で利用する場合や、引っ越しや不動産、レンタカーなどでもポイントの利用が可能に。
また、貯まったポイントは、電子マネー楽天Edyにも対応しているので、1ポイント=1円分として使えます。
【参考URL:https://pointcard.rakuten.co.jp/partner/

楽天Edy機能が付帯している

楽天プレミアムカードには、電子マネー「楽天Edy」が付いているため、全国のコンビニなどで、現金をチャージすることにより、カードをかざすだけで支払いが可能となります。
また、楽天Edyを加盟店で使えば、楽天ポイントが200円(税込)ごとに、1ポイント貯まります。つまり、現金で支払うより、カードを利用するほうがとてもお得なので、うまく活用していきましょう。

Apple Payに対応している

楽天プレミアムカードは、Apple Payに登録ができます。Apple Payとは、iPhoneやApple Watchをかざすだけで買い物ができるほか、電車やバスの乗り降りにも使えます。登録方法もとても簡単なので、楽天での買い物をする機会が多い人におすすめです。
しかし、このApple Payは、iPhoneやApple Watchなどを持っていなければ、利用できません。また、これらの機種を持っている場合でも、対応していない可能性もあるので、注意が必要です。
【参考URL:https://support.apple.com/ja-jp/HT208531

楽天プレミアムカードの基本情報

楽天カードの年会費は無料となっていますが、楽天プレミアムカードを作るためには、年会費が発生します。また、ショッピング限度額や、自由に設定が可能なキャッシング限度額は、どうなっているのでしょうか。ほかにも、個人事業主や会社のオーナー限定の、楽天ビジネスカードがあるので、あわせてみていきましょう。

楽天プレミアムカードの年会費

楽天プレミアムカードの年会費は、10,800円(税込)となっています。さらに、本人以外の家族がつくれる「家族カード」の場合、5,400円(税込)かかるので、知っておきましょう。
また、楽天プレミアムに入会するだけで、通常3,900円(税込)かかりますが、入会後1年間に限り、無料となります。ここで注意しておきたいことは、1年間の無料特典終了後、サービスの自動更新はされない点です。つまり、このサービスを引き続き利用する場合は、自身で登録することが必要です。
楽天プレミアムとは、楽天グループの特別会員プログラムのことをいいます。また、楽天プレミアムに入会することで、さまざまなサービスが受けられます。

楽天プレミアムカードの限度額

通常の楽天カードのショッピング限度額は100万円ですが、楽天プレミアムカードのショッピング限度額は、3倍の300万円にアップします。また、キャッシングとしての限度額は50万円までと決まっており、入会時に限度額を0~50万円までの間で、自由に設定できます。
楽天プレミアムカードには、会社のオーナーや、個人事業主の会社経費の支払いに便利な、楽天ビジネスカードを付帯することが可能です。このカードは、会社経費の支払いでもポイントが貯まるほか、何に利用したのか一目でわかるため、経費処理の作業が楽になるなどのメリットがあります。
【参考URL:https://www.rakuten-card.co.jp/campaign/premium_card/business/8000/

楽天プレミアムカードの特典

楽天プレミアムカードは、年会費として10,800円の入会費がかかります。しかし、特典がとても充実しているので、これからさまざまなサービス内容を知ると、とても割安に感じるかもしれません。
このほか、楽天プレミアムカード会員であれば受けられる、たくさんのサービス内容に加え、無料で利用できるラウンジサービスなどもあります。また、海外・国内旅行には旅行傷害保険が自動付帯されているため、旅行の際には所持しておきたいカードの一つとなるのではないでしょうか。

楽天プレミアムカードの基本特典

楽天プレミアムカードの基本的な特典として、楽天プレミアムが1年間に限って無料で利用できたり、ETCカードも無料での入会が可能です。また、新規登録会員となると、ポイントが最大で13000ポイントもらえるという、お得な特典もあります。

楽天プレミアムが1年間無料

楽天プレミアムカードに入会すると、楽天プレミアムが1年間無料で利用できます。この楽天プレミアムには、3つのお得な特典があります。1つめは、楽天市場で払った送料分相当のポイントが還元され、1回の買い物につき、最大で500ポイントがもらえるので、とてもお得です。
2つめの特典として、楽天トラベルや楽天ブックスなど、楽天グループのさまざまなサービスが受けられます。たとえば、楽天トラベルからの予約や、利用でポイントが2倍となったり、楽天ブックスで商品を購入するとポイントが2倍になったりする特典も。
そして3つめの特典は、楽天プレミアム会員限定として、専用のサイトからクーポン券がもらえます。このクーポン券を利用すれば、割引価格で商品を購入できます。ただし、購入金額が2,000円未満の場合、送料分ポイント還元サービスは対象外となるので、注意しましょう。

ETCカードの年会費が無料

楽天プレミアムカードに付帯しているため、楽天ETCカードを申し込めば、年会費が無料となります。このETCカードは、100円につき1ポイントを貯められるので、少額な通行料金でも利用が可能です。
また、ETCマイレージサービスに事前に登録しておくことで、通行料金として使える「ETCマイレージポイント」も、同時に貯まります。さらに、ENEOSで給油や洗車などを行った場合、ポイントが2倍貯まるので、高速道路を利用する機会が多ければ、とてもおすすめです。

新規入会で最大13000ポイントもらえる

楽天プレミアムカードは新規入会すると、すべての条件をクリアーすれば、最大で13000ポイントもらえます。まず、新規登録をすることで、5000ポイントが自動で付与されます。その後、カードが届いたら、楽天会員専用オンラインサービス「楽天e-NAVI」に会員登録後、受け取り申請することで、プラス2000ポイントがもらえます。
そして、カード申込日の翌月末までに、1回でもカードを利用すれば、プラチナ会員で6000ポイント、ゴールド会員で4000ポイント、シルバー・レギュラー会員で3000ポイントが受け取れます。
また、期間限定でキャンペーンが行われることがあります。たとえばカード利用特典でもらえるポイントが、プラチナ会員で9000ポイント、ゴールド会員で8000ポイント、シルバー・レギュラー会員で6000ポイントをもらえるキャンペーンも。こうしたキャンペーンを活用して、ポイントをたくさん貯めましょう。

楽天プレミアムカードの旅行特典

楽天プレミアムカード会員になると、国内はもちろん、海外の空港ラウンジを無料で利用できる特典がついています。ラウンジを利用することで、出発の待ち時間までの間、ゆっくりとくつろぎの時間を過ごせます。このほか、世界各国に拠点を持つトラベルデスクで、無料でサポートをしてくれるというお得な特典も。

海外空港ラウンジサービスが無料で利用可能

通常であれば、399USドル(約45,000円)の年会費がかかる、プライオリティパス年会費が、プレミアムカードの無料特典としてついてきます。このプライオリティパスさえあれば、世界各国の空港ラウンジが無料で、何回も利用が可能となります。
またラウンジには、インターネットに接続できるサービスや、軽食やドリンクなどのサービスを、無料で利用できるほか、シャワー室も完備されています。早めに搭乗手続きをすませることで、出発時間までの間、ラウンジを利用すれば、くつろぎのひとときを過ごせます。

国内空港ラウンジが無料で利用可能

日本国内にある空港ラウンジも、無料で利用できます。利用方法は、楽天プレミアムカードと当日航空券や半券(座席番号、搭乗日時や目的地の書かれた切れ端)を提示すれば、国内主要空港のラウンジが利用できます。
ただし、満席の場合や、ラウンジによって利用時間に制限がある場合には、利用はでないので注意が必要です。
【参考URL:https://www.rakuten-card.co.jp/service/lounge/

トラベルデスクが無料で利用可能

ニューヨークやホノルル、パリ、ミラノ、上海など世界38の拠点を持ち、旅のサポートをしてくれるトラベルデスク。パスポート・カードの紛失や盗難被害に遭った場合、または、病気やケガなどの緊急時の対応のほか、現地の観光情報、各種予約手配などのサポートも受けられます。
もし、現地サポートデスクの営業時間外や定休日の際には、「楽天プレミアムカード24時間緊急デスク」に連絡することで、サポートが受けられるので、知っておきましょう。
楽天プレミアムカード24時間緊急デスク:TEL 03-3865-4751(24時間年中無休)
【参考URL:https://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-premium-card/service/travel_desk/

楽天プレミアムカードの保険特典

楽天プレミアムカードには、海外旅行傷害保険が自動付帯されているので、海外で病気やケガに見舞われた場合のほか、盗難被害に遭った際にも利用できます。
また、国内旅行にも傷害保険が自動付帯されています。このほか、動産総合保険も自動付帯されているので、さまざまなケースの補償額や補償内容について、あわせてみていきましょう。

海外旅行傷害保険が自動付帯

楽天プレミアムカードには、海外旅行傷害保険がついており、死亡・後遺障害では最高4,000万円、また、病気やケガなどの傷害治療費用、疾病治療費用が最高300万円まで自動付帯されています。
海外で、病気やケガなどにより治療を受けた場合、地域によっては、虫垂炎などの治療でも300万円ほどかかる国もあります。しかし、この保険を利用すれば、最高300万円までは補償されるので、もしものときの備えとして、とても安心です。
このほか、携行品損害に遭った場合、最高30万円までの補償や、救援者費用として、最高200万円が自動付帯されています。救援者費用では、カード会員が現地で事故などに遭遇した場合、被保険者や親族が負担した交通費や、宿泊費などの諸経費が保証されます。

国内旅行傷害保険が自動付帯

日本国内においても旅行中の事故や、ホテルや旅館での火災事故などに遭った場合の補償が、自動付帯としてついています。
死亡・後遺障害で最高5,000万円、また、旅行先で病気やケガに遭い、入院した場合の傷害入院保険金として、日額5,000円の補償や、このほか傷害通院保険金が、日額3,000円補償されます。これらすべてが、自動付帯されているので、旅行の際は、楽天プレミアムカードを持って行くことをおすすめします。

動産総合保険が自動付帯

楽天プレミアムカードには、最高300万円の動産総合保険が自動付帯されます。たとえば、楽天プレミアムカードで購入した商品が、盗難や破損、火災などによって損害が生じた場合、購入日より90日以内であれば、最高300万円まで補償してもらえます。
また、カード紛失や盗難によって不正使用された場合にも、その損害に対して補償されます。ただし、10,000円未満の商品や、食料品など一部保険の対象とならない商品もあるので、知っておきましょう。

楽天プレミアムカードのポイントアップ

楽天プレミアムカードで、効率よくポイントを貯めるためには、どうすればよいのでしょう。ここでは、お得に貯められる効率のよいカードの活用法や、自分の生活スタイルにあわせることで、お得に貯まるポイントサービス、誕生月を利用することでポイントアップする特典などについて、あわせて見ていきましょう。

スーパーポイントアッププログラムで5倍

楽天市場での買い物で、通常ポイントが1倍に加え、楽天プレミアムカードに入会すると、ポイントが2倍加算されます。これに、通常の楽天カードポイント2倍もプラスされるため、合計最大でもポイントが5倍になるという特典もあります。
楽天市場を利用することが多ければ、ポイントがたくさん貯まるので、楽天プレミアムカードはおすすめです。

3つのポイントアップサービスから選べる

楽天プレミアムカードには、自分のライフスタイルにあわせて、3つの選べるサービスがあります。買い物で得する「楽天市場コース」や、旅行好きなら「トラベルコース」、このほか、映画や音楽を楽しむことでポイントが貯まる「エンタメコース」の中から、お気に入りのサービスが選べます。
【参考URL:https://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-premium-card/service/choose_p/

楽天市場で買い物してポイント増やす楽天市場コース

買い物でポイントを貯めたいなら、楽天市場コースを選びましょう。毎週火曜日と木曜日のプレミアムカードデーを利用して、楽天市場で買い物をすると、プラス1倍が加算されて合計ポイントが最大で6倍になります。
ポイントの内訳として、楽天市場での買い物で1倍、楽天プレミアムカードで決済をすればプラス4倍、さらに、プレミアムカードデーを利用すればプラス1倍が加算され、合計6倍のポイントが付与されることになります。楽天市場での買い物は、火曜日か木曜日のプレミアムカードデーを活用しながら、上手にポイントを貯めましょう。

旅行好きにおすすめのトラベルコース

旅行好きなら、楽天プレミアムカードのトラベルコースがお得です。航空券やホテルの宿泊代は、高額なため、ポイントが貯まりやすいという特徴があります。また、トラベルコースの楽天トラベルを利用することで、ポイントが最大で3倍になるという特典のほか、手荷物宅配サービスや国内宿泊ご優待サービスを受けられます。
手荷物宅配サービスは、年2回までと限定されていますが、自宅から空港、空港から自宅まで荷物を運んでくれて、「手ぶらで出発、帰宅」ができるという便利なサービスです。ただし、利用できる空港は、成田国際空港、羽田空港国際線、関西国際空港、中部国際空港のみとなっているため、これ以外の空港での利用はできません。

映画や音楽が充実しているエンタメコース

休日は自宅でゆっくりしながら、映画や音楽を楽しみたいのであれば、エンタメコースがおすすめです。映画や音楽を楽しむ際に、楽天TVを楽天プレミアムカードで決済すれば、ポイントが1倍加算されます。また、オンライン書店の楽天ブックスを利用することでも、ポイントが1倍加算されるのでとてもお得です。

お誕生月サービスでポイントアップ

楽天プレミアムカードで、お得なのが誕生月ポイント。この企画を利用すれば、最大6倍になるという会員限定の特典がついています。
このほか、楽天市場の「アプリ」で買い物をすると、さらに1倍加算されて合計でポイントが7倍になるので、覚えておくとよいでしょう。

楽天カードとプレミアムカード共通特典

楽天カードと楽天プレミアムカードには、共通したカードの特典がいくつかあります。ここでは、楽天カード会員として、上手に活用することで得られる特典についてみていきましょう。また、国内と海外で利用できる特典には、どのようなものがあるのでしょうか。

楽天カフェでコーヒー紅茶が半額

東京都渋谷区にある楽天カフェで、コーヒーや紅茶の代金を楽天カードで支払うことで、代金が半額になります。ただし、楽天Edyや現金払いでは半額にはならないので、楽天カード払いがおすすめです。
また、店内は高速の無料Wi-fiの利用が可能で、コンセントも全席に標準装備されているので、パソコン作業にも最適な環境です。楽天カフェが近くにあるのなら、オフィス代わりとして活用されてみてはいかがでしょうか。

国内旅行での特典

楽天カード会員は、約31000軒の提携旅館やホテルなどの宿泊で、1,000円割引クーポンが利用できます。しかし、利用する際の注意事項として、「20,000円以上の国内宿泊が対象であること」「クーポン券を利用するには、楽天e-NAVIからクーポン券を獲得する必要があること」の2点があげられます。
この、クーポン券を使いたいのであれば、事前に楽天e-NAVIへの登録をすませておきましょう。

海外旅行での特典

海外旅行での特典として、お土産宅配サービスや、ハーツレンタカーを優待料金で利用できるという、お得な特典もあります。さらに、割引料金で利用が可能な、手荷物宅配サービスを利用することで、身軽に旅行が楽しめます。このほか、グローバルWiFiを、世界中で割引価格にて利用できるというメリットもあります。

海外お土産宅配サービス

海外お土産宅配サービスとは、出発前に海外旅行先のお土産を、カタログで選べるるサービスです。電話や郵送、またはインターネットによる注文ができます。
また、海外旅行先のお土産を旅行前に購入することで、ポイントが10倍、かつ送料が無料となり、さらに海外のお土産品の全品が5%OFFになるという、お得な特典がついています。

ハーツレンタカーを優待料金で利用できる

楽天カード会員であれば、世界中の各国にあるハーツレンタカーを利用する際に、優待料金での利用が可能となります。たとえば、ハワイで4日間以上レンタルすると、レンタル料金が1日分無料となります。
ほかにも、アメリカ合衆国やカナダ国内で、コンパクトクラス以上の車を利用すれば、特別優待料金に加え、レンタル料金が25ドル割引されるというメリットも。

割引料金で対応してくれる手荷物宅配優待

手荷物宅配優待を利用することで、出発時には自宅から空港、帰国時は空港から自宅への荷物の宅配を、割引料金で利用が可能です。バスや電車を利用する場合や、家族旅行で小さいお子さんがいるご家庭のほか、とにかく手ぶらで旅行がしたいのであれば、とてもオススメなサービスです。

海外用のWi-Fiルーターを割引レンタル

海外でも、スマホで快適にインターネットができるグローバルWiFi。世界200以上の国と地域で使える、パケット定額制の海外用のWi-Fiルーターを、楽天カード会員特典として、20%OFFの割引料金でレンタルが可能となります。
利用するまでの流れとして、まずはWEBからの申し込みが必要です。また、申し込みの決済にはクレジットでの支払いが必要となります。さらに、WiFi端末は、国内空港や宅配での受け取り・返却が可能なため、とても便利です。しかし、利用金額は地域によって異なるので、事前に確認しておきましょう。

ハワイ楽天カードラウンジ利用サービス

2017年8月1日より、新しく「ハワイワイキキ T ギャラリア ハワイ by DFS内」に、楽天カード会員専用のラウンジがオープンしました。楽天ラウンジ内サービスは無料で、さらに日本語スタッフが対応してくれるのでとても安心。
また、小さなお子様連れの場合でも、ベビーカーのレンタルや、授乳室のほか、キッズスペースも用意されているため、ファミリー層でも、十分に楽しめます。しかし、ベビーカーは7日間限りのレンタルで、数に限りがあるので注意しましょう。

楽天プレミアムカードのプライオリティパス

楽天プレミアムカード会員であれば、無料でプライオリティパスが利用できます。これにより、世界各国の空港ラウンジが利用可能となります。また注意事項として、プライオリティパスには有効期限があることに加え、会員本人のみが空港ラウンジを無料できるなどの制約があるため、知っておきましょう。

最大の特典プライオリティパスとは

世界的に広がりをみせている、プライオリティ・パス・ラウンジ。現在でも、世界1200カ所以上の空港ラウンジを利用できる会員制サービスとなっています。搭乗手続きをすませて出発時間までのあいだ、待ち時間が発生してしまうことがあります。
しかし、空港ラウンジを利用すれば、出発時間までの時間を、ゆったりとくつろぎながら過ごせるというメリットがあります。また、空港ラウンジを利用する際の手続きは、受付で会員証と搭乗券を提示するだけで利用できるため、事前予約の必要がありません。

プライオリティパスの会員種類

プライオリティパスの会員種別と年会費には、3段階の種類に分けられています。まず、スタンダード会員(1回27ドルで利用可)なら、年額99ドル、スタンダード・プラス会員(10回まで無料)であれば、年額249ドル、さらに、プレステージ会員(使い放題)は年額399ドルを支払うことで、プライオリティパスの利用が可能です。
これらのプライオリティパスは、楽天プレミアムカード会員であれば、無料で取得できるという、お得な特典がついてきます。

プライオリティパスの申請

楽天プレミアムカードがあれば、プライオリティパスの申請ができます。通常であれば、ラウンジを利用するには、最低でも10,800円、最高でも43,600円かかるのに対して、楽天プレミアムカードを所持しているだけで、無料でラウンジを利用できるのは、とても魅力的。
また申し込みから、プライオリティパス受領するまでにかかる期間は、平均で約2週間ほどかかるので、覚えておきましょう。

プライオリティパスの有効期限

注意しておきたいことは、楽天カードのプライオリティパスには有効期限があり、2年間という期間が定められています。また自動延長はなく、2年経過後は再度申し込みが必要となります。
しかし、有効期限が近づいてくると、事前にメールでのお知らせがあるので、期限が切れる前に再申し込みが可能です。もし、期限が切れていたら、ラウンジを無料で利用できないので、ご注意下さい。

プライオリティパスは本人のみ有効

楽天プレミアムカードのプライオリティパスは、会員本人のみ無料で利用できますが、同伴者が利用する場合は有料となり、1名につき3,240円(税込)が別途かかります。
また、プライオリティ・パスを利用するためには、楽天e-NAVI各種お申込みメニュー「プライオリティ・パスのお申し込み」への事前手続きが必要となるので、知っておきましょう。

楽天プレミアムカードでチャージする

楽天プレミアムカードで、チャージすることでポイントが貯まる電子マネー。楽天Edyを利用すれば、ポイントを貯められます。しかし、現在では、チャージでポイントが貯まらない電子マネーもあることも現状です。ここでは、付与対象外となってしまった、電子マネーについても、あわせて見ていきます。

チャージでポイントが貯まる電子マネー

クレジットとして利用することで、ポイントが貯まることはもちろん、電子マネーにチャージすることでも、お得にポイントが貯まります。代表的な電子マネーとして、楽天Edyにチャージすることで、ポイントが付与されます。さらに、クレジットカードと楽天Edyを上手に使い分けることで、お得にポイントを貯めていくことをおすすめします。

楽天Edyにチャージ

楽天プレミアムカードで、楽天Edyにチャージした場合、200円ごとに楽天ポイントが1ポイント付与されます。還元率に換算すると、0.5%ということになります。また、このポイントはANAマイルへの交換も可能なので、覚えておきましょう。

チャージでポイントが貯まらない電子マネー

以前は、楽天Edyにチャージするよりも、高還元率が1.0%以上もあった電子マネー、nanaco、モバイルSuica、SMART ICOCAですが、すべてポイント付与対象外となりました。

Suicaはチャージ可能だがポイント付与対象外

楽天カードで、モバイルSuicaにチャージできますが、残念ながら、「楽天カード利用獲得ポイント」進呈対象外となっているため、チャージしてもポイントは貯められません。

ICOCAはチャージ可能だがポイント付与対象外

SMART ICOCAも、以前は還元率が1.0%と高還元率を誇っていたのですが、2017年11月1日より、残念ながら、チャージすることは可能ですが、ポイントが貯まらなくなってしまいました。

nanacoはチャージポイント付与対象外

nanacoも、SMART ICOCAと同様に、チャージすることで1.0%という高還元率のポイントが付与されていたのですが、2017年10月31日を持って、ポイント付与サービスが終了してしまいました。現在でも、nanacoもチャージが可能ですが、ポイントは貯まりません。

楽天プレミアムカードの審査ポイント

楽天プレミアムカードの審査ポイントを知っておくことで、入会できる確率が高くなります。このほか、入会の最低条件として、年齢が20歳を過ぎている必要があります。
また、ある程度の年収があることも、条件とされています。現在の日本の平均年収が約400万円なので、このラインをキープしていれば、楽天プレミアムカードを発行できる確率が、一段と高まります。
さらに、携帯電話料金滞納や、クレジットカードの未払いの履歴など、クレヒスに傷がなければ、比較的審査に通る確率が高いかもしれません。

楽天プレミアムカードと他の楽天カードの違い

楽天カードには、通常の楽天カードや、楽天プレミアムカードのほか、楽天ゴールドカード・楽天ブラックカードがあります。ここでは、個々のカードと比較しながら、自分の生活スタイルに最適なカードとして、どれが一番あうのかを見ていきましょう。

楽天カードとの違い

楽天カードと比較すると、大きく異なるポイントといえば、楽天カードは年会費無料なのに対して、10,800円かかることや、利用限度額が大きく変わること、通常の楽天カードでは、ショッピング枠100万円までに対して、楽天プレミアムカードの場合、300万円までショッピング枠の限度額が増えることなどがあげられます。
このほか、プライオリティパスの無料発行、国内空港ラウンジの無料利用や、海外や国内旅行傷害保険が、楽天プレミアムカードには自動付帯されています。もちろん有料ではありますが、トータル的には、楽天プレミアムカードを所持するほうが、お得ではないでしょうか。

楽天ゴールドカードとの違い

楽天ゴールドカードと比較すると、大きく異なるサービス内容として、年会費がゴールド会員の場合は2,160円(税込)と割安です。しかし、楽天ゴールドカードのショッピング限度額は200万円までに対し、楽天プレミアムカードは300万円までに限度額があがります。また、海外旅行の付帯保険の内容は、楽天プレミアムカードのほうが充実しています。
ゴールドカードとの共通点としては、ETCカード年会費無料、ポイント還元率、プライオリティパス以外の空港ラウンジ利用などがあります。結論として、自分の生活スタイルに合わせながら、どちらのカードが最適なのか選択していくことを、おすすめします。

楽天ブラックカードとの違い

楽天カードには、楽天カードプレミアムよりさらにランクの高い、楽天ブラックカードがあります。楽天ブラックカードは、年会費が32,400円(税込)と割高ですが、家族カードを作成する場合は、2名まで無料で作れます。
また、プライオリティパスが同伴者2名まで無料、このほか保険の内容などがさらにグレードアップするなど、保険の充実度が断然お得となっています。

楽天プレミアムカードの楽天ポイント還元率

楽天プレミアムカードの楽天ポイント還元率を見てみましょう。通常利用で1.0%、楽天市場利用で5.0%。また、楽天スーパーポイント加盟店利用で2.0%、楽天Edyチャージで0.5%と、還元率が異なっているのがわかります。
ポイント還元率を知っておくことで、効率よくポイントを貯められるので、上手に使い分けしていくことがおすすめです。

楽天プレミアムカードは海外旅行におすすめ

楽天プレミアムカードは、年会費10,800円(税込)にかかわらず、海外旅行傷害保険が充実しているので、ほかのカードと比べても、持っておきたいカードおすすめのカードといえます。
このほかにも、空港ラウンジを無料で利用することができることや、さまざまな特典がついていることを考慮すると、トータル的には、十分なサービス内容となっているのではないでしょうか。楽天プレミアムカードを利用しながら、効率よく貯められるように、上手に使いこなしていきましょう。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

記事が良かったらシェアして下さいね♪